編集可能

「初版部数が大幅減少?書店にも行き渡らず…最近の出版事情は、さらに厳しいらしい

偶然目についた話題でした。実際のところは分からないのですが、そうなってきているのでしょうか。ネット動画やゲームなど時間消費の競争相手もあり、初版の概念がない電子書籍も普及し…ただ、そうすると創作者や編集者の生活にも大きく関わってきますよね…打開策はあるのでしょうか。カテゴリは「経済」に。 ツイートを使わせていただいたアカウントはこちら(※追加は除く) @gryphonjapan @kitajirushi @catucatu @comiccraft @takuna_shinjo @taro_evergreen @ericc_518933 @nekomin7 @ponimoe @ohnuki_tsuyoshi @MayaWozumi @gajipyon @QandAmaretto @kitsunetennouji @macchiMC72 @67cd84ef31af456 @unilabo @MAD_AGI1 @honyasannohito @g2studio @jai_dolphin @yaginuma_san @hilandiaman @future_ta @mittsun3214 @chitose_4829 @hatayuu220 @sengoku_YM @nyan_mof @obenkyounuma @amareviewer @sinkurou @kagoiki @uorya_0hashi @seijimatsuyama
118
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

これから、初版部数に関するまとめを作る(あまり楽しくない内容…) やはりサムネイルは「重版出来」の部数決定会議から入れたい pic.twitter.com/eav5vkeBMn

2017-12-04 08:57:42
拡大
拡大
拡大
うおりゃー!大橋@最後のレトロ派漫画家 @uorya_0hashi

「単行本書き下ろし。原稿料出ない。印税で払う。初版の部数が少ない」とかいう「なに考えてんだろ?」とか言いたくなるお仕事。「時給計算したら、だいたい1時間400〜500円になったよ」「そんなのやる馬鹿がいるのか」「いるから凄い」「そんなの社員が自分で漫画描けばいいじゃん」そういう額だよね

2017-11-20 12:38:52
きたみりゅうじ @kitajirushi

だいたい初版部数については「社の基準で」ってなるんだけど、ここで不思議なのが、「自社は説得できないけど著者は説得できると思い込んでる編集さんが多い」ってこと。 普通は逆であるべきだろと思う。

2017-11-20 12:44:21
catu @catucatu

まだいろいろ手を打てることがあるとは思うけど、これだけ漫画の発行点数が増えた以上、日本全国の規模の小さい書店まであらゆる漫画が行き渡るというのは現実的ではない。

2017-11-25 09:25:23
catu @catucatu

もしそれを実現しようとすると、どんな銘柄であっても全国書店に行き渡る規模の初版部数を刷る必要があるが、もしそんなことしたら返品が凄いことになるし、書店側もスペースが限られているからキャパオーバーになる。現状ではすら返品は高く、店頭は溢れかえっているから、 現実的ではない。

2017-11-25 09:30:46
catu @catucatu

となると現在の刷り部数のままで、より適正に個店に配分する方が現実的なんだけど、ただこれが簡単ではない。同じタイトルでも個店の需要が一定ではないからだ。自分もそうだけど、同じタイトルでも毎巻買う店が違う人も結構いる。

2017-11-25 09:48:38
catu @catucatu

巻数ものですらそうなんだから、第1巻目や単巻で適正に個店に分配するのはさらに難しい。「新刊を個店に売れる数だけ分配して、返品が全く出ない」というのが理想だけど、それは神様でもないと出来ない技だ。

2017-11-25 09:58:21
catu @catucatu

じゃあ新刊をより適正に個店に分配する方法が全くないかと言うと、そうでもない。現状、個店の需要と供給を近づける一番確実な方法は「事前予約」だと思う。

2017-11-25 10:04:28
catu @catucatu

ネット書店に比べてあまり利用されてないが、書店でも事前に予約をして発売日に店頭で受け取ることが出来る。発売日直前だと間に合わないこともあるけど、余裕をもって予約すれば発売日に確実に手に入る。(もちろん例外のお店や銘柄はあります)

2017-11-25 10:14:12
catu @catucatu

「書店店頭で店員に申し込むのは面倒くさい」という人もいると思うけど、今ならe-honやHonya Clubみたいにネットで事前予約して、発売日に店頭で受け取るという仕組みもある。

2017-11-25 10:19:02
catu @catucatu

まあ読者に手間をかける方法ではあるんだけど、あまり部数規模が大きくない漫画を新刊発売日に確実に近所の本屋で手に入れる方法は今のところこれしかない。個店の需要予測が難しいから、需要が確実にあることを読者側が伝えるのだ。

2017-11-25 10:27:19
元NET21恭文堂コミッククラフト店2019/9/1閉店 @comiccraft

@catucatu 問い合わせだけでもしていただければ次巻からは入荷するかもしれません。

2017-11-25 13:25:49
catu @catucatu

@comiccraft ないから黙って帰られてしまうと一向に反映されないですよね。

2017-11-25 15:58:15
新条拓那 @takuna_shinjo

本屋の経営が厳しいって話はしばしば聞くのだけれど。 「発売日に新刊を置かない」 「小説を著者名並びに配置変更して 見た目が汚い」 とかやって、客が来ないと嘆いても そりゃ自業自得やろと思うここ数日 ハヤカワ新刊のSF飯もジョンハンケの自伝も見つけられなかったんやで地方じゃ・・・

2017-11-25 20:24:13
ルー・ルル@CMDR DAIFUKU @taro_evergreen

@takuna_shinjo 元本屋ですが、小さい書店には30冊頼んだはずのジャンプの新刊(某ハンター○ハンターです)が、調整という名目で1冊しか来なかったりします… また書店が契約している取次店次第ではありますが、ラノベのレーベル丸ごと来なくなるとかもザラなんす… そもそも、いくら赤黒とはいえ仕入れ値が(お誰来

2017-11-26 14:09:28
新条拓那 @takuna_shinjo

@taro_evergreen なんと・・・。そんな裏事情もあるのですか( ゚д゚) 本屋だけでなく流通方法全体にも改善点があるのですね

2017-11-26 14:26:28
藍原@Indhigo06 @Indhigo06

@takuna_shinjo そういえば、とある作家さんが初めて本を出版するにあたり出版社の方とのやり取りなんかをフィクションという体で纏められてるものがあったのですが、曰く何所で何がどれだけ売れたか等の基礎的な情報伝達さえもなされていない場合もあるとか問題が多そうです。ncode.syosetu.com/n0934ec/

2017-11-26 15:04:11
猫井ヤスユキ@お仕事募集中 @nekomin7

近頃の単行本の初版部数もめっちゃ絞られてるしほんと夢のない業界になってきてる。マクドナルドの話じゃないけど、作家絞めて出版社守ってく風潮はいずれ業界にとっても跳ね返ってくるのではないかと。つまりもっと初版刷ってほしいしすぐ打ち切りじゃなくじっくり様子を見て欲しいのだ…

2017-12-02 15:07:14
ポニ萌え @ponimoe

@nekomin7 同人でかなり売れてる人が、出版社から言われたえっ?と思う事。 いや〜うちで描くメリット出せませんわ、多分あなたクラスの場合同人だけの方が収入多いです。 って編集さんが言っちゃうって。

2017-12-02 15:12:27
猫井ヤスユキ@お仕事募集中 @nekomin7

@ponimoe 作家のありようはそれぞれなんで同人誌で儲かる方はそうするのもいいとは思うんですけど、うちならもっといい夢見させられますくらい言えないのかなと…

2017-12-02 15:15:37
ポニ萌え @ponimoe

@nekomin7 ですよね。 出版社側が道を閉じてどうすると思いましたね。

2017-12-02 15:25:56
大貫剛 @ohnuki_tsuyoshi

初版の少ない本をたくさん出版して、棚が取れなくて部数が出なくて、作家の本1冊あたりの実入りが少ないのってタクシーと同じだよな。台数を増やしてタクシー会社ごとのシェアは稼げても運転士1人あたりの売り上げは減るから生活が苦しくなる。 twitter.com/nekomin7/statu…

2017-12-02 16:17:07
魚住まや@もう少し涼しくなれ @MayaWozumi

@nekomin7 大手出版社の有名コンテンツでも、スピンオフなどになると相当絞られるとか。なので取次が特定書店にしか品物を卸されなかったり…と、流通不均衡→販売難のスパイラル。コストカット風潮は、株主の意向を反映しすぎたためともいわれますが、その前段階にハゲタカファンド問題もありました。FF外失敬。

2017-12-02 20:02:01
tamura のり子 @gajipyon

ウーーーン、そうなんですけど、 そうですね、としか言いようがない・・・ 出版不況が後を引いてます。 初版刷、出してどーする? 在庫かかえるだけ。。 おそらく多くの出版元は部数控え気味。 いい本書いてnya^^(←本ってネットで読めちゃう twitter.com/nekomin7/statu…

2017-12-03 02:53:42
Q 今年は折る折る詐欺返上(予定) @QandAmaretto

@MayaWozumi @nekomin7 流通不均衡に加えると結局Amazonで良いか➡️書店つぶれるのデッドスパイラル

2017-12-03 13:29:23
残りを読む(81)

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年12月4日
各氏に多謝(アカウントは前文の欄に)。誰でも編集可能です
0
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年12月4日
「ボクシング化」があるかもしれないと思うのです。世界のトップに立てば王様なみの収入が入ることは変わらないだろうけど、日本王者や世界ランキング10位だと、まだまだ食えないみたいな…
1
安庭やよい⋈9/20ドルショお疲れ様でした @yayoy_amber 2017年12月4日
書き下ろしでギャラでないのは本当にやめて。
36
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年12月4日
書店のPOSデータを持ってるのは出版社じゃなくて取次やね。出版社は取次に聞くことは出来るけど、他社には教えないで、と言っている出版社のデータは、他社にはわからないはず。
18
まっくろなねこ @blackcat009 2017年12月4日
版権を出版社に渡す契約にしない、あるいは打ち切られたらその後は作家が自由にして良い契約にする。んで、打ち切られたら作家が自分でアマゾン経由で売ればいいねん
16
言葉使い @tennteke 2017年12月4日
尾崎豊がデビューアルバム出したとき、喜び勇んでレコード屋に行ったら入ってなくて、ディレクターに驚きというか怒りの電話をして、日本中のレコード屋に置かれるほどの枚数が作られていなかったというエピソードを読んだことがある。
5
さとうあきひろ @akihirosato1975 2017年12月4日
アンケート結果とかPV数とかの効果測定指標ですら、編集部がデータを抱え込んで作者(ライター)にデータを渡さないとかざらですからねぇ。昔某Web媒体の連載持ってたときも、前回比でPVが伸びたかどうかとか、同媒体の他の連載と比べてどのへんのポジションかとか教えてくれなくて、連載をどういう方向で展開すればいいか判断に困ったことが何度か。
17
やし○ @kkr8612 2017年12月4日
嗜好が細分化された分出版点数が増えて本屋の店舗数は減ってるからパイの食い合いで本刷っても置けない出せないってのをある程度吸収するのが電子書籍なんだろうけど独自規格乱立状態じゃ不便で仕方ないので電子書籍の規格を統一してどこで買ったもんでもどの端末でも読める(特定の端末ないしアプリから買うと独自の割引や特典が読めるといったサービス面で差別化)ようにしろってね。交通系ICですら割と相互利用進んできたってぇのに…
45
やし○ @kkr8612 2017年12月4日
あと著者が何かやらかした時に購入済みのものを勝手に読めなくするとか明らかな誤字脱字を除いて改稿・改版があっても勝手にアップデートしない(あるいは旧版買った人はそっちもちゃんと読める状態を保つ)とかも地味に重要。本読みはそういうのが嫌いなめんどくさい()人種が多い。ソースは俺
21
言葉使い @tennteke 2017年12月4日
これで「在日○国人が増えているからその人達向けの○国語で書かれた書籍や雑誌を出そう」と始める人がでたら、どうなるのだろう?
1
Nisemono@MSNF @Fake_Otoko 2017年12月4日
編集と二人三脚でやってる人もいるんだろうけど、もうそう言うことが出来る人が殆ど居なくなって、イベント会場で名刺ばらまく『だけ』の山師ばかりになった感じがする。
0
コミケにsideMで申し込んだ魚 @rlyeh_safehouse 2017年12月4日
e-honとかあの辺も結局のところ使いにくいんだよね、あれ。 一年前に閉店してテナントで入ってたビルももう建て替え工事してるようなところが平気で残ってる。 システム周りというか登録店舗のメンテナンスもしてないから使いたくないんだよ、怖くて。 ほんとに本を売ってく気あるんだろうか。
14
まっしぶ(NSFW) @at_massibu 2017年12月4日
委託販売は薄利多売しかできないから、人気作家だけ集めて高額な本作るみたいな挑戦があれば面白いけど、結局それって同人出版と変わんないしね
0
ゼファード @zephyrd_prime 2017年12月4日
元々田舎だとマイナーどころの漫画や書籍は店頭に入荷せず取寄せやらが必要だったので、地方格差研究家としては何を今更感もあるのですが、確かに出版不況はえらい事になってきてるみたいですな…。原因が娯楽の多様化なのが、対策が難しいところですな…。
2
まうみん @maumin66 2017年12月4日
tennteke それ何が悪いの?需要があればどんなものでも刷られるべきだろう。
26
やまぬこ @manul_0 2017年12月4日
まあAmazonで買いますよね
6
NTB006 @NTB006 2017年12月4日
漫画を書店で買わないのは、立ち読みできないならネット通販でいいや。になるのが大きいかなと。実店舗のメリットって実際にものが見れる事だから、それができないとなると他に何か大きなメリットを用意しないと難しい。
1
FX-702P @fx702p 2017年12月4日
秋葉原の隣駅ですら駅前から書店が消える風潮。
3
川田零三 @kawada0zo 2017年12月4日
編集者がまるで出版社の代表のように語られがちだけど、この手の話では悪者は営業部(引用されてるマンガには描かれているようだが)。電書への移行の阻害要因でもある(自分らの仕事が無くなるからね)
8
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年12月4日
kkr8612 http://cafework.seesaa.net/article/449030079.html いろいろなところでいろいろな人に言ってるんですが、「日本での年間の新刊出版物の数は、平成25年までは増加傾向にありましたが、それ以降は減少傾向に転じています。」
2
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年12月4日
なんでそうなったかというと、雑誌の休刊・廃刊が続いて、雑誌編集者は書籍編集者にならざるを得なくなり、さらに数年前からその(退職を含む)リストラが進んだからです。
2
アオカビさん @Penicillium_ch 2017年12月4日
書籍の販売システムがどうこう、という話ではなくて、そもそも書籍のパイ全体が縮小してる、という話では。他の娯楽にお金と時間を取られてるということでしょ。それはそうと漫画の単行本ってじわじわじわじわ値上げしてるよね。
6
CAW=ZOO @CAWZOO 2017年12月4日
そりゃデジタルで買うわみんな・・・
3
ものけし @oekakiathume 2017年12月4日
フリーブックス閉鎖騒動の時に感じたけど、「海賊版サイトを潰せばその分の売り上げが転がり込む」と思い込んでる人が多数いるっぽいのがやばいなあと思う。かつての音楽業界と同じ道を歩んでる。しかも出版は音楽に比べてパイが小さいのに。
2
はくはく @F_hkhk 2017年12月4日
逆に電子書籍に力入れればいいのに未だに固く拒むのなんで?配信だから物理コストかからないし運ぶコストさえ無くなる。コピーしてネットにばら撒かれる、盗まれると言うけど物理本でも防げて無いじゃん。それならビデオみたいにコピーガードに金かければ?といつも思う
8
夏越丸@ねんくり引き取り先募集 @nagoshimaru 2017年12月4日
ずいぶん昔に、集英社の漫画は予約や取り寄せ対応してないって聞いて以来、あまり本屋でそういうことをしなくなった。
3
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年12月4日
そういえば、このまとめにも入れた拙ツイート「印刷技術の発達で以前より少部数で刷ったり、ほんのちょっとだけ増刷することが低コストになったから初版部数が減った」という説、事実かどうか詳しい人は教えてください(私は聞きかじりで「そうである」と断言できない)
0
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年12月4日
F_hkhk 作家さんにとっては、それはそれで「初版〇千部刷る、それは売れる売れないに関係なく印税として渡す」システムが崩れてうーん、だそうですね。/あと、書店(およびそれと直接交流する営業部)は「電子書籍に重点?…つまり、うちと取引したくないってわけね、ふーん。じゃあ、この雑誌を義理で棚に置く必要もありませんね」「ちょ、ちょっとお待ちください。私が体を張って止めます!」という逆方向の「陸王」みたいな感動ドラマが(笑)
3
野嵜健秀 @nozakitakehide 2017年12月4日
某社のお仕事、執筆にかかつた時間申告して時給でお金もらつたよ
1
上須輝郎(セン) @satohowakohi 2017年12月4日
nagoshimaru 誤解が広まるといけないので補足をすると、集英社は新刊コミックス(1ヵ月か2ヶ月か忘れた、ゴメン)の電話注文を受け付けない。そのためお客さんの注文分だからといって優先してもらうことができず、入荷の確約もできない。既刊なら普通に可能だし、問屋が在庫持ってる場合も可。 コミックスの予約は集英社に限らず取次に依頼することが多いのでその本屋の実力とタイトル次第。 その上で面倒だというのはご自由に
6
endersgame @endersgame3 2017年12月4日
説得する相手は自社じゃなくて金の貸主でもある取次なのでそりゃあ生半なことでは説得できぬよ。
5
bluemonkshood @bluemonkshood 2017年12月4日
mixiとかだと90%を公開しているのに、コミケで紙の現物を買うとか、たった1Pの書き下ろしのために紙の現物を買うとかの商売が成立しているので、発行部数と販売方法を進化させる時代なのかもしれないと思います。
2
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年12月4日
あと、この漫画雑誌の編集長の主張おかしいよね。営業(販売)は取次からのデータで戦い、編集は読者アンケートで戦う。つまり、「これだけ刷らないと全国の書店に回らない」じゃなくて、「雑誌のアンケートでは○十万部売れてる○○さんの作品より上」という数字で戦うのよ。
3
まうみん @maumin66 2017年12月4日
tennteke 真面目な話これは何が言いたいんだろう。前後の話と繋がってる訳でも無いし、在日外国人を対象にした雑誌なら今でもあるし。
12
RXF-91 @rxf_91 2017年12月4日
なんで電子書籍に完全移行出来ないのかと言うと、上でもう言われてるけど金主である取次と長年生死を共にして来た問屋に金が行かない商売にそう簡単には移行出来ないからだよ。だから完全に電子書籍のみで商売するには新会社立ち上げるしかねえんだなあこれが。
7
hide @samayoumono 2017年12月4日
本屋の棚を確保するのも楽じゃないんですよ、零細出版社は
1
言葉使い @tennteke 2017年12月4日
あ、私をdisるときだけ嬉々として登場する義明_サブ垢 さん、お久しぶりです。お元気ですか?私のコメントにイイネがついたり同意のコメントがつくときには全然お目にかかりませんね。このまとめでもお書きになるのはそれだけですか。なかなかのご活躍っぷりですね。 yoshiaki_idol
1
言葉使い @tennteke 2017年12月4日
maumin66 出版点数と配本数と店舗の広さ(棚)の話題のなかで、これ以上書籍雑誌が増えたらどうなるんだろう?という意味がわからないって、なかなかの読解力っすね。
1
言葉使い @tennteke 2017年12月4日
あ、捨てアカにレスしてしまったか。本アカは誰かな~。
0
ももさん @momo33san 2017年12月4日
今週号のしあわせアフロ田中がこんな話だったな
0
Amts @amts1 2017年12月4日
もういっそ一回滅べとは常々思ってる。また復活する確約がないからなるべく言わないようにはしてるけど
1
goya4 @goya4 2017年12月4日
書店に求める好店舗イメージ(戦略的な意味で)を、出版社・取次がどの程度具体性を持って相手に提示してきたか?は思う事がある。書籍分野販売のみで生き残るのは厳しい現状
0
RUN @Runagate 2017年12月4日
電子書籍はホント期待してるんだけど、現状の専用の媒体だとか、乱立&消滅しまくりのサイト依存アプリとかで、手を出しにくいんだよなぁ。ある程度柔軟な媒体対応と、どこの本でも読める共通のアプリ(もしくはEpubとかの規格)、データは買い切りで勝手に消されたりしない対応はせめて欲しいね。購入した本の情報をアカウント管理とかで、うっかり媒体故障しても再DL出来るとかだと尚嬉しい(が、そこまでは贅沢だろうか)
4
酒屋 @nakaei19351 2017年12月5日
なんで電子書籍に移行できないかというと電子書籍じゃ売れないからです。実本の半分も売れればいいんだろうけどその半分も売れない。電子書籍の売り上げは年々上がってるじゃないかという方もいると思いますが、電書の売り上げを支えているのは未だにエロ・グロ・サスペンスです。業界トップのめちゃコミックの先月の総合ランキングを見ると1位「透明なゆりかご」2位「リアル風俗嬢日記」7位9位10位とそれ系の作品がランクインしています。大人向けTOP3も同じくらいは売れているでしょうね。
0
酒屋 @nakaei19351 2017年12月5日
ですので出版社は電書は電書で売れるものを作っていこうとしています。例えば集英社「終末のハーレム」、講談社「食料人類」小学館「ノゾキアナ」などでしょうか。スクエニもボンデジではないですが「たとえ灰になっても」のようなウェブのバナー広告を意識したエログロやデスゲーム系の作品を作り始めてますね。
0
酒屋 @nakaei19351 2017年12月5日
何人の方が言うように規格を統一して出版社ごとに一元管理をしてどの書店サイトから買ってもアカウント管理でサポートとかできるようになるときっと便利なんでしょうけどね。
0
カメの子07 @westeye1182 2017年12月5日
紙媒体の本は書店に下ろした段階で収入が入るという利点があるからなあ、電子書籍だとそれが無いのが辛いんじゃないだろうか
0
モサオ・バルカ @mosao82 2017年12月5日
電子書籍ってそんなに規格乱立してる?3~4年前ならともかく今はKindle一強にしか見えないけど
2
IheY @kujira090 2017年12月5日
根本は少子化。電子化は同じ時間軸で起きてる現象の一つ。 収入となると同じものに見えるけれど、根源的に違う原因を同じプラットフォームで解決しようとするのは無理がある。
1
iksk @ikskC1F 2017年12月5日
「小説を著者名並びに配置変更して見た目が汚い」って何を言ってるのかさっぱり分からん。配置変更も何も棚差しは元々作者名順がポピュラーだろ。そもそも検索性を犠牲にしてどういう差し方をするんだ?
0
酒屋 @nakaei19351 2017年12月5日
言うほどKindle一強かな?と思ってちょっと調べてみましたが https://shimirubon.jp/columns/1677096 業界6割はいかないまでも5割のシェアはありそう。これは一強ですわ…。
1
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年12月5日
自分が電子書籍に切り替えるかどうか思案し続けてる経緯⇒ 電子書籍大評定!~キンドル買うか、買わないか脳内会議 - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20161031/p1
0
おいちゃん @semispatha 2017年12月5日
ワンピースやハンターとかの売れる新刊がコンビニでも取り扱ってるので、余計に書店にダメージ与えてるってのあるから。
1
KAIJIN28GOO @babel3sei 2017年12月5日
世界で一つだけの花といわれたって、作り手はうれしくあらへん。だって、そういうよみ手が一人なら。
0
secilia2010@療養中 @secilia2010 2017年12月5日
老人が増えたらますます書店巡りとかしなくなるよ。取次のシステムとか供給側の問題じゃない?いつまで消費者に不便を押し付けているんだという。
1
はげはげちゃびん @hagehagechabin 2017年12月5日
書店バイト時代、主な仕事が返本作業だった。配本・返本の実態は推して知るべしの有様だったので「そりゃこういう時代も来るよね」とは思う。>RT
1
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年12月5日
地味に収録ツイートを追加しているので、既読のかたも再読すると新しいツイートがけっこうあると思います。
0
コン蔵 @konzopapata 2017年12月5日
昔は本屋行って表紙買い、あらすじ買いとかしてはずれ引くなんて覚悟の上だったたけど、ネットが当然にある環境ではむしろ不自然だしな、本屋さんは適当チョイスの客が減るだけで大変そう
0
低浮上monolith@フォロー外から失礼します @se_monolith 2017年12月5日
[c4409521] 毎度毎度、棘で文句言う暇あったら出版社に通報でもしたらどうだ
1
出無精マスク @annoupoteto 2017年12月5日
[c4409521] こんなんで売上落ちるわけねーだろガイジ
2
出無精マスク @annoupoteto 2017年12月5日
紙なんか必要ねえんだよ!(電子書籍派)  既得権益で足引っ張る取次と問屋と営業は(地獄に)堕ちろ!
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年12月5日
ikskC1F 返品の利便性を得るために出版社別の並びに、たいていの書店の文庫本はなっています。
3
おいちゃん @semispatha 2017年12月5日
gryphonjapan まとめにいる荻野謙太郎(マンガ編集者)さんてこのツイートに出てくる編集者さんですぞ。 https://twitter.com/inushins/status/936110727537889281
0
kartis56 @kartis56 2017年12月5日
ikskC1F 出版社無視して著者名順に並べるのはツタヤ。普通は出版社>レーベル>著者の順にソートして並んでます
1
まおすけゆーか @arasili1 2017年12月6日
勘違いされがちだけどいいものをどんなに作ろうとも認知されない云々以前に消費者のお財布のサイズは変わらないってこと。 10人の作家が年二冊の本を出していた時代と100人の作家が年1冊の本を出している時代、 後者が本の冊数としては5倍に増えてるかもしれないけど消費者の財布が5倍に膨れ上がるわけじゃないからね。 自由業である以上自称作家が増えることは止められないけど結局増えすぎて飯を食っていけないラインにまで落ち込んでるってかんじがするなあ。
3