編集部が厳選した「いま、みんなに見てほしいまとめ」をイチオシとして紹介しています!グサッと刺さる良質まとめはこちら!
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
パシ@竹内潤平 @pacificus
これはほんとそう思う。できることはどんどん経験したい。 「私が感じているのは、他の人の口コミとかレビューよりも、自分で経験して書いている記事は、やっぱりどこか違うし、読んでいる人に響くと思うんですよね。」
本田雅一(本人未確認) @rokuzouhonda
ネットの記事をリライトして掲載するとバレやすいから、元ネタをテレビにして、ネタやファクトデータをテレビ情報番組便りで集めてバイラル書く人が増えてる気がするな。画像は盗用かアマゾンなど
マーケターZ @marketer_z
コンテンツマーケティングだといって、当たり障りのない中長文の記事を大量に投入していても、みんなが同じことするので、差別化要因にはならない。そういった記事はゆくゆくは埋もれる。他人とは異なる主義・主張・体験をしっかり入れることが大切だと思う。それで読者の共感を得られればベスト。
みやえら@『SEO作業会』運営 @hebrakaela
分かりやすいけど意外性のない主張って、 優しいけど良い人止まりの男性と似ていて、 ホワイトSEOで行くとサイト評価はなかなか上がりづらいのだと思っている。ナチュラルリンクも貼られない的な。 既に上がっているなら、分かりやすく考える必要のない記事で良いけど。 上げるならギャップ。
クロネコ屋@若ハゲ社長ブロガー @NINJAkusokuso
どんなにパクってリライトしても、個性や経験、独自の魅力がなければSEO以前にユーザーにそっぽを向かれてアフィリエイトとして終わる。有名作家の発想をパクってもディティールまでは模倣出来ずクオリティが下がるのと同じ。やはり自分の筆力を上げていくのが最強のSEOだと私は思う
クロネコ屋@若ハゲ社長ブロガー @NINJAkusokuso
雑記ブログは、やっぱり筆者の経験が記事のネタ&クオリティになるので、アクティブに行動出来る人にはオススメ。引きこもって何の経験もしない人はブロガーとしても厳しい。ただ、調べ物をして読者に分かりやすく有益な情報を伝える作業をサボらなければ、経験がなくても稼げる。経験・知識は資産
つじもん@YouTube @tsujim0n
▼ヨッピーさんが間違ってると思うブロガー戦略 「たくさん記事を書く」 「炎上させること」 「どこにでもあるライフハック記事を書く」 ▼ヨッピーさんが思う良いコンテンツ 「記事は数よりも質」 「ちゃんと外に出て取材しよう」 「独自性大事」 「批判を恐れろ」 #ブロフェス2016
クロネコ屋@若ハゲ社長ブロガー @NINJAkusokuso
いわゆる取材や実体験なしで書く『こたつ記事』ですが、創造力を鍛えれば良質なこたつ記事が書けますし、こたつでもCVします。青汁のテレビCMを見てみなさい。絶対ウソだろアレ・・・。ガチンコファイトクラブもそう。例えやらせでもガチでも面白い。人は真実ではなく心打たれる文章に惹かれる
のんくら淡路島移住Blogger @matari39
自分で使っていないものを紹介しているアフィリエイトサイトはクソとかも不毛な議論だな。オムツ会社の社長はオムツ履いて歩いてるんかいな…車販売の営業マンは売ってる車を全部持ってるんかいな…使ったものを紹介した方が伝わりやすいなら分かるけど、一切紹介しちゃダメってのはねぇ。
クロネコ屋@若ハゲ社長ブロガー @NINJAkusokuso
使ったことも体験したこともない商品やサービスを広告としてねじ込むのは、確かに印象悪いけど、貧乏で今すぐお金がほしい、なりふり構ってられない人に「ステマはダメだよ。信頼が一番大事~」なんて悠長な事を言うのは残酷過ぎない?私はグレーでもステマでも貪欲に取りに行く方が好きだけどな~
オウンドメディア軍師 @webgunshi
@NINJAkusokuso これ同感です。自分が購入しないと商品サービス勧めたらいけないんだったら、住宅営業マンや高級外車営業マンは全て「金持ってるおっさんのみ」に限定されてしまい、新卒で人を取ることができなくなってしまいます(苦笑)あとこれ私の実体験ですが、新卒時にデパートでスーツ購入する際に、
オウンドメディア軍師 @webgunshi
@NINJAkusokuso 女性店員さんに接客いただき、大変満足いく買い物ができた思い出があります。この女性店員さんは女性用スーツは着ていますが、男性用スーツは着たことはないはずです。が、ネクタイの合わせ方まで適切にコンサルしていただけました。従って販売者=ユーザーである必要はまったくないかと思います。
オウンドメディア軍師 @webgunshi
@NINJAkusokuso もちろん、ユーザー=販売者の方が商品サービスを実際に体験していることになるので、有利と言えば有利かとは思いますが。いわゆる「名監督必ずしも名選手ならず」、ってやつですね。
クレジットカードの読みもの @cardmics
#SEO】気になったので検索順位が1位から落ちたキーワードと、その代わりに1位になったサイトを見て回ってみた。傾向としては ・滞在時間が長そうなページ(長文) ・数値などの詳細が多い ・魅力的なタイトルが付けられている ・「実際に使ってみた」記事 という納得なものばかり。
クロネコ屋@若ハゲ社長ブロガー @NINJAkusokuso
「自分が経験した事がある方が良い記事が書ける」と思って外注で借金した事がある人に借金に関する記事書いてもらったけど、ただの愚痴っぽい記事になってCVにつながらなかった。経験無しでも文章力があるライターに任せたほうが効率的だったなぁ
T.村上@🇵🇭海外事業マネージャー @SY_SI_Murakami
経験を語れることとCVさせるスキルには大きな隔たりがありますからねぇ。 両方を兼ね備えた人が理想ですけど、どちらか選べと言われたらCVさせるスキルになりますよね。 そのスキルを持った人がなかなか居ないんですけど… twitter.com/NINJAkusokuso/…
MaX2000@【WEB選挙参謀&専業アフィ】 @ma_x2000
Googleさん、商品でもサービスでもきちんと使ったり体験したりした上で書いた記事を優遇してるような…。どんなロジックで見抜いているのか不明ですが、そんなページが上位に出ている気がします…。Facebookはまだまだ追いつきそうにないですが。
らりるちろ @SEO_Chiro
@ma_x2000 @creditcardmiu 確かにそうですよね。 「〇〇を食べてみた」や「〇〇を使ってみた」などの記事は、なぜか上位載せやすいです。 体験してない記事を書いても30%くらいの確率で上位載らない…。 何でだろうかな。
クロネコ屋@若ハゲ社長ブロガー @NINJAkusokuso
自分で体験して記事を書くと、やはり強い。運動やダイエット、資産運用、貯金、料理など、元手や道具が無くても手軽に出来る『体験』はたくさんあるので、どうしてもブログネタが浮かばない人は体験を進んで行いネタを増やすのが吉。
小林亮平@アメリカ横断中(〜8/30) @ryoheifree
記事を書いて、「内容が薄いな」と感じた時は、自身の体験談を何かしら入れて見る。 「僕は実際に経験したが~」 「●●と言っている人は多いが実際にやってみると~」 そのコンテンツを入れるだけで、記事にグッと密度が増す。 説得力が出る。 ブログは経験主義だなと、実感する時です。
クロネ@回想モード @kurone43
どんだけ足で稼いだ価値ある情報をブログに書いたとしても、テクニックで上げられた中身のないコタツ記事があると本当に悔しい。 だから価値ある情報を書く人は、テクニックも学んでどんどん駆逐してほしい。 良いものだけ作っていたら勝手に売れるわけないんだから。
Ryota@パラレルワーカー @Blue_Rat_Web
ランキングページだと体験談の無いサービスでも売れる傾向がありますが、特定のサービスを紹介する場合は体験談(写真含む)の有る無しで売れ行きが違います。 記事内でサービスの ・競合製品より優れている点 ・使った結果、どんな素敵なことがあったのか を書きましょう。
アクセルSEO@寺子屋アフィリ @axcel0901
リサーチが嫌いな人は、アフィリエイターやめて体験談だけを書くブロガーかユーチューバーになればいいと思う。
残りを読む(39)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする