メガテン雑記まとめ

ハッシュタグ「#メガテン雑記」を付けたツイートのまとめです。メガテンシリーズ(デビサマペルソナなど派生作品も含む)の悪魔やアイテム、システムなど何でも持ち出しては私見マシマシでユル~く解説していきます。記憶頼りなところも多々ありますので、間違いがあればどうぞ遠慮なくツッコんでやってください。
女神転生 デビルサマナー ペルソナ ゲーム
0
R @Reverse_txt
・ノッカー たいてい最低位の地霊。序盤に遭遇し、ザンは一般人に毛の生えた程度の主人公らには脅威。しかし同時期に出会う大人気悪魔ピクシーのせいで影が薄い不憫な奴。 #メガテン雑記
R @Reverse_txt
しかし、なんだかんだで最初の悪魔合体に使ったプレイヤーも多いのでは。カジャ系を持ってたり(低レベルなので2回も使えなかったりするが)ちょっと後まで出没したりして、アーシーズの材料にも使いやすく地味に便利な奴でもある。

R @Reverse_txt
・リャナンシー 鬼女。初出はソウルハッカーズ。登場したときはレベルは低めで魔が高くMPも多めで、序盤の回復要員に使いやすい。攻撃魔法を持たない場合は上手く継承なりしたいところ。 #メガテン雑記

※ごめんなさい。初出の件ですが、後日デビルサマナーの時点でもう出ていたのを確認しました。

R @Reverse_txt
最初のビジョンクエストで、ウラベの仲間として地霊プッツ(みのむし)、幻魔ベス(リトルおじいちゃん)と共に登場。必ず同行するうえ美人なビジュアルに人気が集まる。 イベントでやむなく別れたのちウラベはフィネガンの手にかかり、ビジョンクエストは終わる。
R @Reverse_txt
その後、だいたいVR美術館のストレンジエリアで普通に遭遇するのだが、会話すると主人公を見てウラベを思い出し仲間になってくれることがある。 主人公が持つ、彼の遺品であるGUMPを見てのことかは不明だが、初会話の悪魔が知っていたことを考えると……?
R @Reverse_txt
個人的には公式アンソロジーだかで見た、彼の仇であるフィネガンがマルスムに敗北し、瀕死の状態で主人公に会う直前に遭遇したがあえて見逃す話が記憶に残っている。

R @Reverse_txt
・アメノウズメ 主に真シリーズに登場し、最下位に位置する女神。出演作ごとにLVはやや上下し能力値にもバラツキはあるが、種族補正もあって序盤の回復役に使いやすいうえ、複数回の通常攻撃を備えたりセクシーダンスや雷霆蹴りのおかげで器用な働きを見せる。 #メガテン雑記
R @Reverse_txt
「真III」でリデザインされたが、私は「真II」や「if...」の飛んでいるドット絵が好み。雷霆蹴りを今にも放ちそうでステキ。
R @Reverse_txt
「if...」のアンソロジーでは秋月しょうさんの作品で登場していた。高校生である主人公(男・目標は悪魔ハーレム)にちんちくりん扱いされる幼い姿で描かれていたが、最下級と他の女神に馬鹿にされてもめげずに鍛錬に励む努力家熱血少女として描かれていて、割とツボだった。
R @Reverse_txt
作中ではぞんざいな扱いを受けつつも、主人公を主として守り通そうと奮闘する姿が描かれていた。ナイスバディ目当てで主人公が召喚したウンディーネの性格が酷くて痛い目にあわされた(自業自得)ところ、それを誅すべく彼女が放った雷霆キックは見事の一言。

R @Reverse_txt
・マハラギオン 1)マハラギダイン未実装のころは最上級だった火炎属性の全体攻撃魔法。低級の屍鬼など有効な悪魔が分かりやすい。 デビルサマナーではキョウジが使うシャッフラー(敵全員をカード化して火炎に弱くする)とのコンボが有名。 #メガテン雑記

通称、キョウジスペシャル。

R @Reverse_txt
2)魔神マハラギオン。「真」に存在するバグ悪魔で、表示のおかしいホブゴブリンの外見を持つ。 後に「廃墟の中のジン」に登場する地下シェルターEDENを守る人工悪魔の名前となった。
R @Reverse_txt
悪魔たちからEDENを守る存在となるはずだったが、核戦争の直前、保身に走る支配階級に嫌気が差した科学者がプログラムを書き換えたため、人間さえEDENに寄せ付けないようになってしまう。 漫画版である「真・女神転生EDEN」では元ネタに因み、ホブゴブリンの姿を非戦闘時の擬態に使う。

R @Reverse_txt
・魔石 使うとHPを最大値の1/4回復できるが、主な用途はそちらではなく悪魔会話での交渉。多くの作品でよく要求される定番アイテム。 悪魔が割とポロポロ落とすのだが、ほとんどの作品では非売品のため纏めて入手できる機会に乏しく、あまり調子に乗って使いすぎると少しだけ苦労する。 #メガテン雑記
R @Reverse_txt
後に、悪魔全書など仲間を増やす手段が会話以外にもある作品の後半にはだぶつくことも増えてきた。 しかし戦闘時に使うには物足りない回復量で、売値もたかが知れているため戦闘後の回復に使ってMPを節約するくらいにしか使えない。 「真」〜「if...」時代の主人公らに恵んでほしいものである。
R @Reverse_txt
逆に話した悪魔から貰えることもあるが、使用頻度が割と高いせいで「ませきをよこせ」→「ではませきをやろう」となることもしばしば。なにがしたいのおまえ……

R @Reverse_txt
・ガキ 幽鬼。「真」では最初に出会う悪魔としてインパクトのある登場をしてみせたが、以降は序盤のザコということもあって取り立てて言うことは無い。 #メガテン雑記
R @Reverse_txt
……はずだった。 「真IIIマニアクス」の難易度HARDでは、最序盤での強制戦闘で戦うことになるコイツがやたらと強い。 まだ戦略を練るほどの選択肢も無く、よほど運が良くなければたいてい何度も戦う羽目になるためHARDの理不尽な難度を叩き込まれる憎い相手として覚えのある方も多いと思われる。
残りを読む(90)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする