編集可能
2017年12月26日

「長文が書けない、書くことが苦しい」場合にどうしたらよいか

ちまちまRTなど戴くのですが、あまりに長すぎるので読みやすいようまとめました。長文が書けなくて「同人やめたい…」みたいな友達がいたらここのリンク投げたりしてお使いいただければ本当に幸いです いいですか、基本的には全部小説のせいです。いずれやつを倒す日まで長く楽しんでいきましょう。
760
路木 @rrrokio

質問が届いています peing.net/q/d368192a-b30… #peing_roki_o #質問箱 お気持ち、とてもよくわかります。なぜなら私も小説を書くのがたのしくなってきたの、ここ最近のことだからです。10年以上やって! ようやく!!

2017-12-25 13:01:03

はじめまして、相談というか聞いて欲しいだけなのかもですが、昔から読書が好きでおたくになってからはマイナーで細々と書いています。
しかし文才もないので長年書いても薄い本をたまに作れる程度、溢れる書きたいものもさほどなく絞り出している始末です。自萌えもないので書き上げたものを読み返して萌えることもなく、粗ばかり気付きます。
正直読み専をしている時が一番楽しい。
書くことへの憧れが捨てきれないのと、マイナージャンルなので創作をしている方が名刺代わりになるので書いてますが、世の中の1作目から素晴らしい神や、圧倒的筆力で100P200P以上の本や何万字もの作品を次々とアップしている方々の萌えや燃えの作品を読むと
(こういう人が小説家として生まれた存在なんだろう。絵も「絵描き」として生まれた人はも放っていても子供の頃からずっと描いてたと聞くし、書いても書いても溢れて書かずにはいられないとか、色々言って人間には向き不向きや書くべくして生まれたという才能はある)
と思ってしまいます。
自分が素晴らしい長編小説が大好きなだけに若くもない自分の時間を注ぎ込んで出来上がる物を考え、していることの意味を考えてしまいます。私の作品も有難くも感想をくれる方もいたり、短編のプロもいるし短編集を作ればなどの話も聞いたりします。指南本や練習で頑張れば今の自分よりは上達もするでしょう。
分かるのですがそういう納得とは少し違うというか……私は小説書きとして生まれなかったしそれが残念で哀しい、と書くたびに思い知らされる気持ちがなくならないのです……。長々とすみません。

路木 @rrrokio

同人活動の華やかさに憧れて、初めてキーボードに向き合ってSSを書いた時には、血がざーーと下がって指先がものすごく冷たくなったのをよく覚えてます。いま思うと憧れが強すぎたとか、小説を神聖視しすぎてたからとか言えるけどその当時はなんにもわからなくて怯えてました

2017-12-25 13:02:37
路木 @rrrokio

『小説は天帝に捧げる果物、一行でも腐っていてはならない』という中井英夫の言葉がありますが、バカなのでマジでこれを信じており、書くことにものすごい罪悪感というか、すんごい間違いを犯している……みたいな気持ちがありましたね。それでありながらなんで書き続けてたのか……なんでだろう……

2017-12-25 13:05:07
路木 @rrrokio

10年間もちろんずっとコンスタントに書き続けてたわけじゃなくて、飛び飛び、だましだまし、1年なんにも書かないってこともざらでしたが「書く」という行動のボタン自体はけっこう側に置いたまま過ごしたなという感じ。それでやっていっても10年経つとすこしだけ小説を思うように動かせるようになり

2017-12-25 13:08:11
路木 @rrrokio

そうなると「えーーー!これすごいたのしいじゃん!!」ってなってきたという感じです。……ちなみにこれの楽しさで調子に乗って負荷をかけすぎて三冊月刊で出して半年以上何も書けなくなって休んだ。我ながら頭がわるいなって思いました。

2017-12-25 13:08:11
路木 @rrrokio

自分がなりたいような才能はなかなか自分に備わっていることは稀で、なぜかというと憧れは「自分にないもの」を見たときに発生する感情だからだと思います。それを実現するには自分を強烈に変え続けていくか、あるいは別ルートで自分にもとから備わった才覚を活かしていくか……ということになる。

2017-12-25 13:15:51
路木 @rrrokio

個人的には、よっぽどじゃない限り後者がいいんじゃないかな~と思って生きてます。これは私が発育のばらつきが大きい子どもで、ちょーーーーがんばってようやく人並みのことと、大して頑張らないでめっちゃ褒められることの差が激しすぎたという経験上の体感です。

2017-12-25 13:15:51
路木 @rrrokio

だからそうじゃない人もいるのかも。とはいえ、ホントに欲しい才能って自分で選べないんですよね~。こないだ中田敦彦インタビューで「イラストレーターの中村佑介と対談で、俺絵を描く人になりたかったんですよ~っていったら向こうは、俺TV出る人になりたかったんですよーって言ってた」ってのを

2017-12-25 13:15:52
路木 @rrrokio

読みました。森博嗣は若い頃漫画書いてたんですが、完全に大島弓子のパクリで新しいもののなにもない……下手じゃないのにぱっとしない……。本当に、人生は万事がそんな調子だな……と思ってます。私も許されるなら神絵師とかになってイラスト一枚で推しカプ人口を増やせる人間になれたらなー。

2017-12-25 13:15:52
路木 @rrrokio

それでいうと多分あなたの『読者としての才能』に強い憧れや羨望を持つ人も必ずいるだろうな、と思います。読み専であることは、消費しかしない駄目な層……みたいな風潮ありますが、大きな間違いです。全ての芸術は鑑賞者がいて、その目線で再構成されることでようやく成り立つものだと思います

2017-12-25 13:19:41
路木 @rrrokio

そして質問者さんの「書くことへの憧れが捨てられない」というの、本当に、本当に大事にしてほしいすばらしい欲だな~~~!!!!!と文面読んで思いました。質問者さんには、苦しい、ずっと続く報われない片思いが続いてる状態だと思うんですけど、そういった強い欲、執着を持てる人生は稀です

2017-12-25 13:22:49
路木 @rrrokio

憧れは人生を照らす強い星ですが、その強さで自分の傍に落ちる影もまたあまりにも暗く、いいことばかりでは勿論ない……。でも、個人的にはその憧れはあなたを逃がしてくれない気がします。あなたが小説を選んだというより、小説があなたを選んでしまったのかも。

2017-12-25 13:24:23
路木 @rrrokio

才能がある人が「選ばれてしまった」みたいに言うのはちょいちょい見ますけど、実際は「選ばれてしまう」時に才能とか特性とかは全然相関関係にないと思うんですよね……。もらい事故というか。運命の神様のガチャの残酷さっていうか……。

2017-12-25 13:25:38
路木 @rrrokio

そういうインタビューって「選ばれてしまった結果ちょっとなんとかなった人が答えてる」みたいなそういう面があるだけなのかもと思ってます。オリンピック選手とかは選ばれてしまった時期が早くてかつ環境が揃ってたみたいなレアケース、それでも画面に映らない中に何千何万の辿り付けなかった人がいる

2017-12-25 13:28:13
路木 @rrrokio

だからお答えとしては選ばれてしまった以上なんとか付き合っていきましょうとか、そういう……。これ落ち込んでる方に塩をすり込んでるんじゃなかろうか……。片思いをやり続けるのしんどいですが、人相手と違い小説はそれを迷惑にさえ思わないのでどんなにストーカーしても大丈夫という利点もあるし…

2017-12-25 13:31:18
路木 @rrrokio

で、こっから質問者さんが要らないっていってた実利の話なんですけど、ぶっちゃけましょう! 二次創作の長編小説を書くことに、才能も根気もいりません!!!!!! マジです!!!!! ちなみに二次だから一次より簡単とかそういう話でもないです!(その理屈なら歴史小説が簡単という話になる)

2017-12-25 13:33:20
路木 @rrrokio

あと、質問者さんが「自分に適正や才覚がない」とおっしゃってますが……まあ、それはないな!ということは質問いただいた文面だけでもよくわかる。適正、ありますよ。お手紙もらうとか、それほんとに相当~~~~~のレアケースですからね……。マイナージャンルだともっとだ。

2017-12-25 13:35:59
路木 @rrrokio

そうじゃなくても、こう、文面から伝わってくる「魂がおしゃべり」感ある……。俺にはわかる……。俺もそうだから……。そして小説に「選ばれてしまう」人はだいたいそうだから……。ただ、それが形になるタイミングが少ないとか、あるいは言いたいことがコンパクトにまとめられるということはあるかも

2017-12-25 13:36:00
路木 @rrrokio

ちなみにご年齢を気にされてるようですが、小説はそれでいうとおそらくあらゆる芸術の中で最もアドバンテージがあります! なんでかというともっとも体力的な意味の労力がおそらくは絵よりも少なく済むから! 全然大丈夫!

2017-12-25 13:40:45
路木 @rrrokio

また書くことはおそらく人生の全てでつきまとう技量になりつつありますが、ジャンル違いでもこれは相関関係にあり、人生で書いてきた総量がおおければ多いほど洗練されると思います。報告書とかレポートとか会社のメール書いてきた経験も全て小説に反映させることができる

2017-12-25 13:40:45
路木 @rrrokio

実際「年齢の高い人が多いカプは、支部でがっつり読めるものが死ぬほど出てくる」みたいなとこありますしね……。小説というジャンルにおいて年齢は大きなアドバンテージです。他の芸術と同じように経験がものを言う中で、生きてると大体なにがしか書かされているから。

2017-12-25 13:42:10
路木 @rrrokio

小説を書くために生まれてきた、みたいな人種もいますが、私のお友達で今分厚い本を一番連発してる子は、第一子を出産されてから小説をはじめました。プロでも、沼田まほかるとか、全然ちがう人生からいきなり小説家になるタイプもいます。

2017-12-25 13:46:22
路木 @rrrokio

歴史小説家は、新聞記者から退職→作家コースが多いので、これも別に才覚がどうとかいう感じでもないですし……。ほんとうにそれぞれですよ、西尾維新も投稿始めた初回はしぬっっほどぼろくそ言われててログも残ってますが、投稿し続けて今アレですからね……。

2017-12-25 13:46:22
路木 @rrrokio

ただ、ある程度ものになるまで、片思いのしんどさばかりが感じられるし、のれんに腕押しで自分が小説に出来ることがない気がするし、つらい時期が続くだろうな~~~とは、思います。そこはこう「小説!私を選びやがってこのやろう!」みたいな気持ちで……こう……どうかな……

2017-12-25 13:48:36
残りを読む(55)

コメント

路木 @rrrokio 2017年12月27日
maumin66 見込まれたので諦めよう 才能とかいらないし多分ある 長い目で見てのんびり頑張って書こう  ですかね
35
iksk @ikskC1F 2017年12月27日
あー似たような話を絵本作家に聞いたことがある。アイデアの羅列を書き連ねるだけならいいが、それを繋げて文章に物語に仕立てていくのが最初は全くできなくて苦痛だったと。それで何年も苦しんでたけどある日理由もなく唐突かつ自然に言葉がアウトプットできるようになったと。またあるラノベでは脳がアイデアを食って物語にエンコードするプログラムを作るまでは試行を繰り返すしかないというような表現をしていた。
16
有村悠@C97 12/29(日) 西P-08b @lp_announce 2017年12月27日
俺は正直絵描くより小説書くほうがまだ苦労しないけどもう創作そのものが地雷。選ばれたのかなんかのか
0
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2017年12月27日
憧れこじらせて黒バス脅迫犯みたいになってしまうより、こうやって創作そのものにしがみつく事の方が余程いい。
8
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2017年12月27日
やりたいと思えるだけで才能なのでその才能と付き合っていくしかない。私なんて小説なんか書きたいと思った事もない。
28
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年12月27日
毎日400字書いていれば1年で1つの長編ができます。
9
鳥公 @crow_tori 2017年12月27日
才能はあるのはしょうがねえよ。憧れたもん全部に才能あるなんてありえないからな。 まあ、やりたいことより出来ることに注目してこうぜ。
2
猫造@フルチン(9/12モデルナ完全予防接種) @nekozou23 2017年12月27日
質問者の部分だけ読んで、「選ばれなかった」人たちの語りというジャンルがあっても面白いと思いました。
9
降鷹 @Oritaka365 2017年12月27日
長いけど物凄い有用なまとめ。紹介されてる本は全部買う。
1
KLEIN @klein_artifact 2017年12月27日
やりたいなら続ければいい。 グダグダ言わずにいられないのなら止めてしまえばいい。 下手の横好きとしてでも続けている人の創作に対する思いには敬意すら覚えるけれど、いい年をして自分の問題について進退の決断すらできず愚痴だけは一人前にこぼす人間には嫌悪しか感じない。 そこに才能や結果の有無など関係ない。
1
ヘルヴォルト @hervort 2017年12月27日
「書いてるの辛い」 「辛くない程度に続ければそのうち書きたくなる」 「それがわからない」 つまりあまり参考にならない
0
KLEIN @klein_artifact 2017年12月27日
kuginnya 「いい年をして、単なる自分の意思の弱さの問題をさも別の問題であるかのように飾り、他人に向けて垂れ流して構って貰おうとする人間に、まともに相手をする価値はない」と言っているだけですが、どこに人間の力だの過信だのといった要素があるんでしょう。SNSやネトゲ、ソシャゲによくある「止める止める詐欺」の類型と言ったほうが理解しやすいですか?
0
九銀@半bot @kuginnya 2017年12月27日
klein_artifact 「いい歳して」なんてのはジェンダーバイアスなんかと同じ理不尽な決めつけだと思います
29
あッきー @usakottu 2017年12月27日
どうかこれを、創作に悩んでいる友人が見つけますように。そして、あなたのかわりなどだれもいないのだ、と知りますように。
17
ナスカ(Nazka-U) @Chiether 2017年12月27日
ちゃぶ台ひっくり返すこというと。長編どころか中編も書くの諦めたら「書かないなりの制約と世界」というのが大変おもしろくておもしろくて。まったく戻る気がない人がここに1人います。 そこでたまにふと挑むのが(息抜きというかリフレッシュ目的なので公開しない)私にとって丁度いいみたいです。
1
ヘルヴォルト @hervort 2017年12月27日
お前のかわりなんていくらでもいるんだから安心していつでもペンを折れ
3
east @1963_east 2017年12月27日
棘のコメでも長々書いている人見ると、少し羨ましく思う。
3
路木 @rrrokio 2017年12月27日
klein_artifact まあそこは「匿名の相談箱でなんでも答えます」みたいにして遊んでる私に非がありますね。 とはいえ、私としては人間は群の生き物なので、どんな問題であっても一人で何とかしようとするより、誰かに頼ったり悩み吐き出して対話で整理したほうが向いてるし、効率もいいかなーと思ってやってます。 うまい頼り方、アウトソーシングを覚えるのが大人かなと。
7
ケイ @qquq3gf9k 2017年12月27日
構成とか何も考えないで書きたいシーンだけ書けばいい。
2
コパ @ahirukopa 2017年12月27日
同人やってるだけなら、気負わなくていいと思うんだけど。好きな時に好きなもん書いたり読んだりすればいい。
3
KLEIN @klein_artifact 2017年12月27日
kuginnya 元の話は何処にいったのでしょうか。貴方が言われていたのは「人間の力を過信しすぎ」ではありませんでしたっけ。自分の反論しやすそうなところだけ切り取って返すだけというのは楽で良さそうですね。お付き合いする分は構いませんよ。
0
KLEIN @klein_artifact 2017年12月27日
klein_artifact 「いい年をして」という言葉が気に入りませんか。はっきり言って下らないです。年を重ねたというのは、その期間を以て経験してきたことがあるということに他なりません。それが自らの意思で選んだ事物に関することならば尚更でしょう。にもかかわらず、その事物に対する己の軸足すら未だに定まらない人間の泣き言を表すのにこれ以上相応しい言葉はありますか? 今の自分に満足していない、というのとは訳が違うのですよ。
0
KLEIN @klein_artifact 2017年12月27日
rrrokio 産みの苦しみはありますし、今産み出そうとしているものの話を誰かとの間で交わしている最中に形が鮮明になっていくこともあるでしょう。ですがこのまとめにある相談は「それ以前の段階」の話です。「解けない問題がある」ではなく「机に向かうつもりはある(向かわなければならない)けど気が重い」と言っているだけなわけですから。言えることなんて「いいから座ってペンを持て。でなければ諦めろ」で終わりだと思うのです。
1
KLEIN @klein_artifact 2017年12月27日
klein_artifact 作品はどこまでいっても当人の手以外のところから産み出されるものではないし、当人がやるかやらないか、その意思があるかどうかでしかないのに、外的な要素を並べ立てて慰めの言葉を期待する姿は「やらない自分」を肯定して貰おうとしているだけと私は見ています。相談に乗ること(それをネタに文を書くこと)自体が目的であるようですから、実際のところ相談の前提や結果については問題ではないのかもしれませんが。
0
路木 @rrrokio 2017年12月27日
klein_artifact 基本的にはそのとおりなんですよね~。とはいえ、書くときにはいやおうなしに孤独にならざるを得ないので、それ以外のとこで別に一人でやる必要はないんじゃないかなーというスタンスです。これは「最初に出会ってしまった理想が高すぎてそれまでの道程があまりに長い」という場合の話でしかないので、目標設定を自分で調整できる方にはあまり必要ない話だなと思っています。
7
sola paradisum @3smuel 2017年12月27日
質問者さんの書きたいって気持ちとまとめ主の返答者さんの熱量に何だか元気になりました。
6
路木 @rrrokio 2017年12月27日
klein_artifact そういう点でこのお話が必要でない方から見たら「馬鹿らしい、手を動かせ」なのは当然だと思います。だから、相談の前提や結果については、私と質問箱を利用くださった方のものであってKLEINさんの話ではないんじゃないかなーと思います。 私は相談をネタにした文章を書きたいというか、真剣に問われたことにはちゃんと持っているものでお話したいんですよね。
2
路木 @rrrokio 2017年12月27日
klein_artifact 自分で選んだことの軸足すら定まらない、というのは憧れが強すぎてその光で足下が見えない、という状態にある人間にとって、特に年齢関係なく発生する事態だとおもいます。おそらくそういった場合の客観性のなさを「気にくわない」としてるのかもしれませんが、「憧れ」に憑かれている人間にしてみたらもう自分でどうにもできないんじゃないかと思って居ます。どんなにそれがみっともなく見えても、それだけ必至になれる人を私は尊敬しています。
0
路木 @rrrokio 2017年12月27日
「馬鹿らしい、手を動かせ」と言われた方がモチベーションがあがる人と、それでは下がる人がいて、私はどっちの創作も世にあって欲しいんで、今回は下がる方に向けて死ぬほど回りくどく長々と早口で書いているわけですね……
23
路木 @rrrokio 2017年12月27日
今ペンを持ちたくない人も、別にあきらめなくていいんじゃないかな~。明日持つ気になるかもしれないし。書く気持ちが強い人の創作しか許されないとか、そんな貧乏くさい話になると、私の好きな作家はだいたい脱落する……。
19
pekoe_tw @peckoe_tw 2017年12月27日
「創作者」に憧れて長文を書くスキルは身につけられても、「創作」が好きじゃなければ活動辛いんじゃないかな。他人の作品パッチワークやパクに流れて精神摩耗って自分にも周囲にもリスクも高いし。(そして個人的に嫌い)/長文作成スキル活かして評論に行くとか、逆に文章削り落として短歌とか詩とかに活動移してみて適正探すのも有りじゃないかなと思う。
1
トリニガス @torini311 2017年12月27日
妥協して短くて面白いのを連発してみるとか
0
KLEIN @klein_artifact 2017年12月28日
rrrokio その例えで言うのならば、憧れに目が眩んでいようと、足元が見えずとも足を進めることはできるのですよ。手探りにしろ、這うようにしてにしろ。結果的に進んでいた方向が自分の目指していた方向でなかったとしても、いつの間にか元の位置に戻っていたのだとしても、そこにいるのは元の場所にいた頃の自分ではありません。それを「眩しい」とか「足元(どちらに進めばいいか)が見えない」と理由をつけて動こうとしない人間だという認識です。
0
九銀@半bot @kuginnya 2017年12月28日
参考になったかどうかはともかく主の真摯で棘のない姿勢にはとても好感が持てる。厳しいつもりでただ叩いてるだけの人よりよほど良い。
32
KLEIN @klein_artifact 2017年12月28日
klein_artifact 「いいから進め、いつまでもグダグダと鬱陶しい」と後ろから尻を蹴り飛ばすのが私、「大丈夫だからまずは一歩進んでみましょう」と介助するのが貴方という感じでしょうか。合う合わないは確かに人によるでしょうね。
0
むーみん鳥 @mu_min_tori 2017年12月28日
うわあぁあ すごい勉強になる_φ(・_・
0
*ゆっっっけ🍙🐸 @CNANGyukke 2017年12月28日
読み手オンリーの期間が長かったようなので、「目が肥えすぎている」のが原因なのかなという気がする。幼い頃から絵を描いていた人は~っていう文があるけど、あれって自分の目が肥えていくのと画力の上達がだいたい同じぐらいのペースだから辛くならずに続けられたみたいなところあると思うんですよね。目が肥えすぎているから、最初から目標が高すぎて辛いんじゃないかな。もっと目標を下げて、「一箇所でも気に入った部分があればよしとする」とかにすれば楽になれたりしないかしらと思ってみたり。
16
路木 @rrrokio 2017年12月28日
klein_artifact あっ、まさに!まさにそんな感じです! 尻蹴飛ばすやり方の有用性もめちゃくちゃわかるんですが、これは目標設定をちゃんと煮詰めた上で対面じゃないと私は向いてないので……。KLEINさんのやり方こそが一番しっくりくる層も必ずいると思います。
1
KLEIN @klein_artifact 2017年12月28日
kuginnya ネガティブな意見から耳を塞ぎたいのなら、「叩きたいだけ」などとその意見を言った相手の意図を決めつけて自分の都合のいい想像を事実であるかのように聞こえよがしに吐き捨てるのではなく、自分に優しい人間しかいない閉じたコミュニティに籠るほうが確実ですよ。
0
あぶらな @ab_ra_na 2017年12月28日
とりあえず、面倒だ面倒だと愚痴ばっかこぼして結局描き続ける、進退も決めきれずグダグダ言ってる姿の多い宮崎駿っていう爺さんが大好きなので、 klein_artifact みたいなことに「私は」同意しない。
13
あぶらな @ab_ra_na 2017年12月28日
ab_ra_na 「作品が認められてようがなんだろうがあの態度は嫌いだ」とか「宮崎作品は好きだけどあの態度は嫌いだ」とかみたいなことだから、 klein_artifact は別に間違った意見ではないと思います。嫌悪の表明に正しいも間違いもない。私は好感を持つから反対だというだけ。
3
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年12月28日
割と全然関係のない場面を書いておいて、あとで適当に組み合わせるとうまくいく場合があります。適当な場面をとりあえず400字書きます。
2
08_Reader @08_Reader 2017年12月28日
果てのないマラソンは心が折れるので、マイルストーンを教えてやるのがいいかもね
1
☜ハルカ☞ @H_r_K264 2017年12月28日
書きかけの小説を、もう一度書いてみたいと思いました。いってきます。
13
08_Reader @08_Reader 2017年12月28日
「最初の1/4はツカミ。主人公がどんな奴なのか、何を目的に動くのかを読者に紹介。締めにストーリー展開に関わるイベントを起こして読者のハートをキャッチ」「次の1/4はタメ。主人公が悩んだり頑張ったりして問題に取り組む。主人公の頑張りや普段の活躍を見せるアピールタイム。締めにデカい成功かデカい失敗を配置して次の前フリにする」
0
08_Reader @08_Reader 2017年12月28日
「その次の1/4はピンチ。主人公を今まで以上の問題に直面させる。やべぇよやべぇよ…と読者に思わせろ。締めに作中一番のピンチをぶっ込め」「最後の1/4はクライマックス。終わりに向かってフルスロットル。ここでいきなり新要素とか出さない方がいい。締めにエピローグ入れる事が多いけど好みの範疇」 三幕構成をアバウトにまとめるとこんな感じだろうか
0
@nikoneko99 2017年12月28日
このまとめ自体がすごく読み辛いんですがそれは
2
ヘルヴォルト @hervort 2017年12月28日
08_Reader それを世の中では起承転結と言います
1
KLEIN @klein_artifact 2017年12月28日
ab_ra_na あの人は行動(と結果)を伴う人なので根本的に異なります。 気分が乗らない、書くのが辛いなど誰にでもあり、納期が守られる限り(気が乗るまで)は好きにすればいいし、壁を殴るなりネットに書き散らすなり好きに吐き出せばいいのです。それは自分の中で処理するもの、自分にしか処理できないもの。当たり前ですよね。自分以外の誰の責任によるものでもないんですから。 行動すらせず自分の責任であるそれを他人に投げて寄越すような人間についてのお話です。
1
KLEIN @klein_artifact 2017年12月28日
個別のコメントを本家側で引用する方法がないのでこちらから。本家側ツイートで「相談をネタに文を書くのが目的」と私から言われたことに対して反発されているようですが、そういう旨の発言(rrrokio "「匿名の相談箱でなんでも答えます」みたいにして遊んでる")をされたのは元より貴方自身であるということは申し上げておきます。
0
KLEIN @klein_artifact 2017年12月28日
rrrokio ついでなので、気持ちの強い人間にしか創作は許されないとは思わない、と言われていた点について。私の話から想像する人物像は貴方からしたら「気持ちの強い」人間ということなのでしょう。私からすると貴方の語る人物像は「気持ちが弱い」のではなく「考えが甘い」「自分に甘い」人間であるようにしか思えませんが、そこは表現の示す範囲の認識の違いでしょう。個人的にそれらはイコールではないのですけどね。創作に対する思いの強さと意思などの人間的な強さを混同していますから。
0
あぶらな @ab_ra_na 2017年12月28日
klein_artifact 「相談というか聞いて欲しいだけなのかもですが」と断った上でのことですし、受け手も不快になっていないのですから、今回の質問者の行動は「壁を殴るなりネットに書き散らすなり」の内に入れて構わないものだと「私は」思います。
2
あぶらな @ab_ra_na 2017年12月28日
klein_artifact ただ。「行動すらせず」は誤読ですよね。「書くことへの憧れが捨てきれないのと、マイナージャンルなので創作をしている方が名刺代わりになるので書いてますが」とある通り、なんだかんだで創作はしている。行動は伴っています。その一点に限っては、KLEINさんに見落としor言い間違いがあると思います。
2
路木 @rrrokio 2017年12月28日
klein_artifact 私がネット上のアドバイスでKLEINさんのやり方を選択できない理由なんですが、強い言葉で発破をかけ後ろから尻を蹴り飛ばすやり方は「指導者側を生徒側が掛け値なしに信じている」「生徒側がモチベーション高く修行的な頑張り方をするのが好き」なことが絶対条件だからなんです。この指導者役を生徒側自身が兼任できること、そして頑張り方の指向を持って「気持ちが強い」と表現しました。
8
路木 @rrrokio 2017年12月28日
klein_artifact そういった思考の整理ができないことを「考えが甘い」とは私はしませんね~。どちらかというと個人の得手不得手の範囲内でしょう。アウトソージングできるならそれでも全然かまわないと思います。そもそもモチベーション高くて、修行的なやり方が好き、というタイプ以外は書けない、書いてはならないということは、やっぱり全然ないのではないかと思います。
6
路木 @rrrokio 2017年12月28日
klein_artifact KLEINさんにこの手法が必要ないことは重々承知いたしましたが、そうでない人間がいる、ということはそんなにも許容しがたいのでしょうか……。KLEINさんの仰る「考えが甘い」「自分に甘い」人間は、挫折したら他者に相談することも駄目だとしたら、それこそ世の中の小説はどんだけ出版できなかったんだろーなーと私などは思いますが。とりあえず太宰治とか絶対駄目ですよね……。
12
08_Reader @08_Reader 2017年12月28日
hervort 三幕構成は単純な起承転結じゃなくて、もっとロジカルで細かい構成だよ。大別して3つ、細かく分けたら10や20のパートに別れる
1
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年12月28日
書きかけの小説は一週間も経つと設定その他登場人物の行動に関するバックグラウンドを忘れてしまうので、中断してしまったところまでを再読してから続きを書かないといけなくなります。
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年12月29日
1・高いところから落ちる 2・銃撃戦 3・カーチェイス 4・秘密基地の爆破 これが007の起承転結です。
0
RXF-91 @rxf_91 2017年12月29日
他人にケツ蹴られないと書けない奴が、その時は蹴ってくれる他人が居たからヨシとして、蹴って貰いたい時に蹴ってくれる他人が居ない場合どうするのか?って言う話ですよね
0
ユーコン @yukon_px200 2018年1月1日
アイデアプロセッサ等のツールを使ってツリー/カード/ノードを貯めていくんだよ。溜まってきたら並べ替えて再構成。不要な部分はバッサリ削る。
0
ユーコン @yukon_px200 2018年1月1日
1/4づつのパートから成り立つ三幕構成って算数の常識を超えてるなw
0
圧倒的不在。 @pkg_xxxrui 2018年10月14日
書きたい理想に追いつかない状況ってわりと先が見えないと思うから、不安になる気持ちはわかる。やっぱり選ばれてしまったものは仕方ないと気長に付き合っていくしかないんだなあ
1