147
明治・大正・昭和の写真 @polipofawysu
1920年の本「日本と日本人」より、各界知識人が予想した100年後の日本です。ほぼ現在の日本ですがどうなっているでしょうか。 pic.twitter.com/znT27zFMMh
 拡大
アナヲ .:*.゜゚.* =≡[▓▓]ε¦)0 マヂムリィ @__wCloverAnaco
>RT 欧米から袋叩きは25年ほどで達成できますって教えてあげたい。0(¦3 )〜
ワン・チャン・アルディ @WangChangHardy
100年前の偉い人のこの「どうせ未来のことはよくわかんねえからごまかしとくけど、俺は頭いいからな、お前が有利な立場で質問しただけだぞ」っていう感じの回答好き。僕もこういう人間になりたい。
@wideangle
こういう質問に「10年後もわからないのに100年後がわかるか」的な解答してる奴、ずるっちいな……。
おすし @plutoniurn
100年後の日本を占うとき、科学技術的なことはともかく、世界情勢を鑑みたときに日本がどういう立ち位置にいそうかということは大体予想できるという感じか。だとすると多分中国寄りの国家になってるんじゃないかな
arun @arun86880032
とーそん先生のコメントが切ないRT
リンク Wikipedia 17 島崎藤村 島崎 藤村(しまざき とうそん、1872年3月25日(明治5年2月17日)- 1943年(昭和18年)8月22日)は、日本の詩人、小説家。本名は島崎 春樹(しまざき はるき)。信州木曾の中山道馬籠(現在の岐阜県中津川市馬籠)生まれ。『文学界』に参加し、ロマン主義詩人として『若菜集』などを出版。さらに小説に転じ、『破戒』『春』などで代表的な自然主義作家となった。作品は他に、日本自然主..
ZX-14R_Ninja @ZX_14R_ZZR1400
RT 凄い、末広重雄さんの予言がほぼ当たっている。 以外なのは結構自由に発言できていること。 この時は、憲兵に捕まることが殆ど無かったのかな?
リンク Wikipedia 末広鉄腸 末広鉄腸(すえひろ てっちょう、1849年3月15日(嘉永2年2月21日) - 1896年(明治29年)2月5日)は、反政府側の政論家・新聞記者・衆議院議員・政治小説家。幼名雄次郎、後に重恭(しげやす)。号に鉄腸、子倹、浩斎。宇和島藩の勘定役『禎介』の次男として、城下の笹町(現、愛媛県宇和島市笹町)に生まれた。1860年(万延元年)、四書五経の素読を終え、翌年、藩校の『明倫館』に入..
一剛 @ichigouazakami
宮武外骨さんの答えがめっちゃcool RT
コミナトケイ「」 @Wts_mtsti02
特に右下の宮武外骨氏にらしさを感じます
リンク Wikipedia 122 宮武外骨 宮武 外骨(みやたけ がいこつ、慶応3年1月18日(1867年2月22日) - 昭和30年(1955年)7月28日)は、日本のジャーナリスト(新聞記者、編集者)、著作家、新聞史研究家、江戸明治期の世相風俗研究家。明治・大正期にはジャーナリストとして、政治家や官僚、行政機関、マスメディアを含めた権力の腐敗を言論により追及した。日本における言論の自由の確立を志向し、それを言論によって..
リンク Wikipedia 和辻哲郎 和辻 哲郎(わつじ てつろう、1889年3月1日 - 1960年12月26日)は、日本の哲学者、倫理学者、文化史家、日本思想史家。『古寺巡礼』『風土』などの著作で知られ、その倫理学の体系は和辻倫理学と呼ばれる。日本倫理学会会員。日本的な思想と西洋哲学の融合、あるいは止揚とでもいうべき境地を目指した稀有な哲学者と評価される。主著の『倫理学』は、近代日本における独創性を備えたも..
鈴木残骸 @suzuki_zangai
室生犀星が女の話しかしてないの笑う>RT
ナリア(ウズムシ) @himanatu_kataru
RT)政治について語ってる人が多い中、室生さんだけ女の人についての予想…(笑)でも身近なことの予想って面白いし、当たってるっちゃ当たってる󾌾
なでしこみよぴ @miyopiv
室生犀星ええなあw 1920年って大正9年。山川さんの言うように、もう自由にはものが言えなかった時代だったのかな。
塰渺莉氷漁 @jarijarisuigyo
矢張り室生、島崎は詩人であり文学家だなァ。国ではなく人を見ている感じがある。
おじさんbot @suki_bad_
室生犀星センス良すぎ問題

コメント

sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2017年12月31日
大正9年といえば1919年くらい。第一次世界大戦で日本に特需が来てウハウハしていた第一次バブルといってもよいころ。軍人が軍服を来て外に出ることがはばかられ、背広に着替えて外出し、旧憲法下でも政党内閣が定着していくかも、と期待がもたれていたころだから、これくらいの言論の自由は当たり前だったでしょう。そもそも旧憲法でも一定の制約つきながら言論の自由は憲法で保障されていましたからね。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2017年12月31日
国民の進学熱も高まり高等教育機関(旧医専→医科大学に昇格、ナンバースクール(一高など)に加えてネームスクール(東京高等学校、静岡高等学校etc.)、私立の大学)が数多く設立されたころでもあります。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2017年12月31日
その一方で中国における「特殊権益」を求め、「対華21箇条の要求」が行われたり、特殊権益を巡ってアメリカとの対立が深まり、「日米戦争」をテーマとした仮想戦記がさかんに出版されはじめたりした時期でもあります。(日本の国防方針でアメリカが仮想敵国と名指しされたのは1907年)もっとも一般市民は(アメリカ大衆文化をアレンジされた)大衆文化を通じてアメリカ文化に親しんでいましたし、東京などではクリスマスが祝われるようにもなってきたころです。
@mouth0717 2017年12月31日
根本正の未来予想がいちばん野心丸出しで好き。島崎藤村のやつは汎用性が高いから、いつか答えられない未来予想を聞かれたときのために覚えておこう。
tamama @tamama666 2017年12月31日
美しくデリケートな女の子は絶滅危惧種ですなぁ
かつま大佐(対象年齢10歳) @kamiomutsu 2017年12月31日
山川均や宮武外骨の回答を見るに、「結構自由に答えて」はないよね。彼らが本当に言いたいことを言える時代ではもちろんない。それでも知識人としてインタビュー対象に選ばれているのは、まだ時代がそこまで悪化していない頃だからか。
ゆき @ulbvbdkp23409 2017年12月31日
宮武外骨 有名なんだね NHKの番組で知ったけどそんな有名人とは思わなかったよ
田中 @suckminesuck 2017年12月31日
死んだ婆さんが大正9年生まれだったな。しかし元衆議院議員とその他の温度差すごい。
dag @digital_dag 2017年12月31日
「戦前だから言論統制されている」というのもケースバイケースなんだよなぁ。 足利尊氏論で中島久万吉が失脚した後、足利尊氏を肯定的に見るのは世俗的にはタブーとなっていたけど学会内ではまだ自由が効いていたというし。 「言論の自由が利かなかった」というのが必ずしも上からの統制を指していたのではなく、敵性言語排斥運動のように下からの運動を指している場合もあるからややこしい。 後者の場合は現代でいう反ワクチン運動みたいなもんだ。
Mill=O=Wisp @millowisp 2017年12月31日
翻って2120年頃の日本は果たしてどうなっているやら
オトラント公 @JosephFouche521 2018年1月1日
満州に一大移民も、袋叩きにあうのも、日清戦争の小日本に戻るのも、100年後には100年後を憚らずに予想できるのも、かなり正確に予想できていて感心した。 まさか100年も経たずにその大半が達成されたことを喜べばいいのか、悲しめばいいのか。
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2018年1月1日
Sukebenayarouda 前憲法は割とダメダメながら作られた当時は諸外国に「マジそこまでやっていいの?」と心配されるレベルだし、今の与党とそれを翼賛する政治家の大半より伊藤博文の方がよほど「憲法を理解してる」レベルという実はワロエナイ話……。ちなみに女性が参政権を得て、女性国会議員が大量当選した選挙は大日本帝国憲法傘下ですよ(憲法に選挙の規定はなかったしね)。
胸焼け @lia_yfmo 2018年1月1日
室生犀星は優しいんだよ…女性への優しさは森茉莉の生活能力の無さに不眠になるくらいくらいだから…
Mill=O=Wisp @millowisp 2018年1月1日
JosephFouche521 現代の情報からある程度正確に予測できるのはせいぜい数十年先の話が限界であるというだけかもしれない。
online_cheker @online_checker 2018年1月1日
室生犀星「食物の進化(主として肉類などから)に従って……だんだん西洋化され」 21世紀、自分が学部生だった頃、とある生命科学の学者(ノーベル賞の人の知り合い)が同じような事を講義で言っていた(だから、足の長さは遺伝とちゃうねん、と)。 肉食と身体との関係に言及していた室生犀星は、凄い。
ワス @wsplus 2018年1月1日
そのうち何人かサーヴァントになって戦ってそう
akupiyo @akupiyocco 2018年1月1日
1920年前後っていうのは先進国でそれまでのフェミニズム第1波が女性の選挙権として結実して行く頃なのね。室生犀星は彼なりの感性でこのことを言ってる。1911年の有名な青鞜の巻頭言「元始、女性は実に太陽であった。…今、女性は月である。他に依って生き、他の光によって輝く、病人のやうな青白い顔の月である」はよく知られてるでしょう。ちなみに日本で女性参政権が実現したのは1945年ね。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2018年1月1日
Hirarinmac 伊藤博文自身が留学して海外の憲法事情を調査研究し、起草委員でしたから。ご指摘のとおり、日本のような未熟な国家で、議会に予算編成権などを与えたらたちどころに行き詰まる、というのが当時の西欧の憲法学者の意見だったようですが、幸い「三方一両損」とかなんとか妥協をつけられたことが幸いでした。自由民権運動の理論的指導者である中江兆民は第一回衆議院議員選挙で当選したものの純粋な思想家であるが故に妥協が横行する議会に失望して辞職したのは興味深いところです。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2018年1月1日
Hirarinmac akupiyocco 旧憲法下での普選運動というと男子限定ということが強調されますが、もちろん女性も含めた普選ということを主張する人たちももちろんいました。そして(すべてのではないですが)地方議会では女性が選挙権、被選挙権を得て、女性議員も誕生しはじめていました。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2018年1月1日
大日本帝国憲法の悲劇の原因は「父ちゃん社長、母ちゃん専務、息子常務くらいの規模の中小企業のころにつくった定款を変更できずにグループ総数4万人の大企業に成長してしまい、有能な相談役たちがなんとかやりくりしていたところ、相談役たちが死に絶えてしまった。」というところにあるのではないでしょうか。
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2018年1月1日
大正時代つったら、「国産戦車の前で興奮する軍国主義者氏」とかいう記事が新聞に載るユルい時代。今ならブルドーザーで轢き殺されてるわ
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2018年1月1日
女性が明るくなる!:室生犀星「キネマなる活動写真があるそうだが、女性を被写体にした作品が撮られるであろお。なお、観たい部分だけ、何度もユックリ再生も出来るであろお」言うまでもなくスロー再生の語源である!
Fox(E) @foxe2205 2018年1月1日
wsplus 昨日放映されたFate年末スペシャルのギャグパートでは石川啄木がサーヴァントになって宝具「一握の砂」を発動してたから、多分アリかとw
しぇりりん(予定潰れ) @m_sheririn 2018年1月1日
サーヴァント室生犀星、念願の美少女になって登場かな?
弱犬 @yowainu2 2018年1月1日
元議員の人間だけが将来の日本は超大国になっているから心配は(当時敵対国の)中国の小さな反抗程度だと言っているあたり昔から政治家は国家昂揚を掲げるものなのだな
F414-GE-400 @F414_GE_400 2018年1月5日
日米戦争は割と予想してた人いたのね。でも負けてもなお繁栄してるとは思わなかったようで(普通思わんわな)。
きーもぐ @bndyk 2018年1月7日
「日本の女も顔を剃らない」とあるが、「顔剃り」の検索結果上位は女性向け美容関連でなのであった。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする