原発に反対する前に考えておいてほしいこと #genpatsu 。

「今動いてる原発全部廃止しろ!」と主張するということはどういうことか?
24
グリルドチーズ無宿 @GrlldChsAsp

RTねえ原発反対デモに行かれる方。お願いがあるの。帰り道、その足で骨髄バンクのドナー登録をしてきてほしいの。今原発で作業をされている方が、もし骨髄移植が必要となったときに、他人間の適合率なんてすごく低いけれど、0.01%でも確率が上がるように、みんなで登録をしてきてほしいの。

2011-04-01 12:29:04
グリルドチーズ無宿 @GrlldChsAsp

RT 鍵 私はちいさい子供がいて、骨髄提供のための手術の日程を組むのがむずかしいの。だから、そんな方法もあるんだよってここで呟くくらいしかできないけれど。東海村の再臨界事故のときに、骨髄移植で助かったひとがいるっていう記事を読んだのが忘れられないの。

2011-04-01 12:30:09
渡邉哲也 @daitojimari

拡散!東京電力お詫びCMの件、東電本店に確認しました。お詫びCMのCM代金は利用者の電気代 何故、被害者でもある利用者がお詫びを見せられるために代金を払わされるのか 担当者 すいませんとその不合理は認める。上には伝えるが対応は約束できないとのこと #seiji #R_JPN

2011-04-01 13:01:30
吉田勇気 @worthmine

RT @daitojimari: 拡散!東京電力お詫びCMの件、東電本店に確認しました。お詫びCMのCM代金は利用者の電気代 何故、被害者でもある利用者がお詫びを見せられるために代金を払わされるのか 担当者 すいませんとその不合理は認める。上には伝えるが対応は約束できないとのこと #seiji #R_JPN

2011-04-01 13:07:11
吉田勇気 @worthmine

東電に限らず全ての企業のお詫びCMが該当するのでその指摘は微妙だなぁ。会社は誰のものか理論で言えば、株主がそうしろと言うならそうすればいいというのが正論。しかし、CMにかかる費用で「被災地お詫び割引」とかできるよね。で、どっちがCSRに響くかという判断が無いのは残念

2011-04-01 13:12:48
吉田勇気 @worthmine

なぜ原発が作られたか?端的に言えばそれはコストが低い=儲かるからだ。建設当時はそう思われていた。ではこれからはどうか。世論を納得しうる安全設計が理論上可能だとして、そのコストは天然ガス、太陽電池、風力、地熱のそれより抑えられるのか?私にはそうは思えない。

2011-04-01 17:26:16
吉田勇気 @worthmine

新しくなにかを作るより、維持する方がコストは低い。これは事実。では、今ある原発を止める必要があるのか?それには「止めるコスト」を考える必要がある。福島原発の廃炉により、これからそれは明らかになる。それを見定めたい。

2011-04-01 17:30:17
ななし@ABCD @abcd774

@Youth_Labo 事故が無い状態で廃炉のコストが、過去に浜岡を廃炉にしたときのおよそ900億円でしたっけ。今回は、それとは訳が違う金額になると思われます。廃炉にする際のコストを、通常の場合と事故の場合と、どちらに見込むかで大きく変わるコスト計算になりそうですね

2011-04-01 17:33:45
吉田勇気 @worthmine

知っての通り、ライターは危険かつ便利な道具だ。その危険性のほとんどは中に封入された燃料に由来する。では、「ライターでの事故が多いからライターを廃止しよう」としたときに、燃料の破棄の問題が避けられないことに気づくだろう。埋めればいいものではない。これは核燃料も同じ論理に従う。

2011-04-01 17:35:41
吉田勇気 @worthmine

ある熱量出力系統の中から燃料を抜いて廃棄すると仮定したとき、中の燃料を抜いてどうするか?という議論を抜きに語ってはいけないことは自明に理解していただけると思う。また、もっとも安全な燃料の廃棄方法が「安全に使いきる」ということであることも @Youth_Labo

2011-04-01 17:40:43
吉田勇気 @worthmine

今すぐ原発を止めろ!」と、言いたい心情も理解はできるのだが、「石油備蓄基地は火災になるから、貯めるな!とはならない。これは発電のメソッドの問題ではなくて、燃料というマターの性質の問題であることは皆、無意識に理解しているのではないだろうか?

2011-04-01 17:46:59
吉田勇気 @worthmine

RT @abcd774: @Youth_Labo 事故が無い状態で廃炉のコストが、過去に浜岡を廃炉にしたときのおよそ900億円でしたっけ。今回は、それとは訳が違う金額になると思われます。廃炉にする際のコストを、通常の場合と事故の場合と、どちらに見込むかで大きく変わるコスト計算になりそうですね

2011-04-01 17:48:19
吉田勇気 @worthmine

核燃料は下火でずっと燃え続けるタイプの燃料で、その燃焼の速度の目安が半減期だ。石棺に封入しても中にあるエネルギーの総量は減らない。理屈の上ではむしろ、自然発生する熱量を取り出して発電タービンを回した方がコストは抑えられる

2011-04-01 17:54:38
吉田勇気 @worthmine

現地にその仕組みが建設可能かどうかわからないで言っているから、とても無責任なんですけどね。その点は認めます。 @Youth_Labo

2011-04-01 17:55:53
吉田勇気 @worthmine

先程から呟いてる一連のツイートは、反対派に傾けば傾くほど受け入れなければいけない論理ですからね。できればシェアして頂きたいですね。

2011-04-01 18:06:14
吉田勇気 @worthmine

これを機にサイエンスライターの依頼来たりしないかなぁ。

2011-04-01 19:13:36

コメント

斎藤由良 @yura_saito 2011年4月2日
よく勉強されているようですので、もう少し踏み込んで、核エネルギー開発・利用の歴史の中で「内部被ばく」がどのように圧殺されてきたかまで調べてみられてはいかがでしょうか。 http://bit.ly/cymnxv
0
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2011年4月2日
私の半ちくな理解では未使用核燃料より使用済み核燃料のほうが時間あたり放射線が多くて危険かと。
0
hamp@横浜山中 @32hamp 2011年4月2日
難しいなぁ。核燃料自体のそのコストをかんがえるなら、火力発電とかのCO2で(温暖化の話も実は怪しいらしいですが)必要な冷房の数などが上がるコスト、風力水力で自然環境が破壊された時のコストも同等。でも、それらって「なってみないと解らない」んだよな……
0
hamp@横浜山中 @32hamp 2011年4月2日
今の原発関係の問題みてると、50~60年代の「公害」を思い出す。ちなみに親の知り合いに水俣病関係の弁護士さんが居るが、未だ問題を抱えててるけど、その弁護士さんはもう明日明後日ぽっくり逝ってもおかしくない歳。
0
hamp@横浜山中 @32hamp 2011年4月2日
話変わるけど、自然発熱での発電は、多分無理。お湯沸かすタービン方式は変換効率が悪い。(熱を集積する間にそれより多くの熱が逃げる) 光電管などでダイレクトに発電する方法もあるだろうけど、そんなパネルがあったら、太陽に向ける方がマシ。
0
hamp@横浜山中 @32hamp 2011年4月2日
原発は「ゆるやかに廃止」させるという意志の下に、イノベーションを急ぐべきというのは、実は原発が作られた頃、まさに燃料マターの問題で多く語られてきたんだけど(前後に米ソの核実験の事故が多数あった)、のど元過ぎて忘れさられてたのが現状。結果、反対派すら核の危険を正確に把握していない、原理主義的な嫌悪感に支配されている人が多いという……
0
Gloria @somebodyssin 2011年4月2日
50ヘルツ地域と60ヘルツ地域の相互送電システム作るって原発いくつ分コストかかるの?そもそも不可能?
0
Gloria @somebodyssin 2011年4月2日
自然に廃墟にならないのが困っちゃう
0
hamp@横浜山中 @32hamp 2011年4月2日
↑ 可能だけど、出力辺りの建設費だけでいうと原発作る方が安いそうです。
0
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2011年4月2日
@yura_saito 体内被曝なんてことは、放射性ヨウ素と甲状腺がんの関連性がほとんど常識と化してることなどを含め、ヒロシマ・ナガサキの頃から研究され、一般にも知られててますけど…?なに言ってるんだろ?ただ体内での放射線の影響についてはまだ諸説あるってだけだよ?
0
toshi fujiwara/藤原敏史 @toshi_fujiwara 2011年4月2日
@somebodyssin 電力会社の側では可能だけど、面倒くさいのはその電力を使う側なんですわ。まあ昨今、どっちでも使える電気製品の方が多いけど…。
0
粒㌳㌳㌳㌳㌳㌳㌳あ㌳㌳㌳㌳㌳㌳㌳ん @keroa18 2011年4月2日
産業機械には、電源周波数に依存するものがあったりします。
0
吉田勇気 @worthmine 2011年4月2日
.@sudahato 遠心分離器での濃縮をせずに同じ量(たとえばキログラム当たり)で考えると、使用済み核燃料は半減期の長い放射性元素と安定元素の混合体ですから、単位時間当たりの放射線量が増えるということは考えにくいです。http://www.aec.go.jp/jicst/NC/sonota/study/aecall/book/pdf/siryou1.pdf
0
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2011年4月2日
. @Youth_Labo MOX燃料の危険性が論じられていたときに、通常の ウラン燃料は運転前はほとんど発熱しないという話でしたが? www.pref.hokkaido.lg.jp/file.jsp?id=19531
0
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2011年4月2日
.@Youth_Labo 燃料集合体はこんな感じで脇にいても大丈夫ですが、ガラス固化体の脇にいたら2分で死にますよね。たかだか20倍の分離濃縮の話では済まないような。 http://www.seiryo-eng.co.jp/technology/nuclear/fuel.html
0
吉田勇気 @worthmine 2011年4月2日
@sudahato 私がいま問題点にしているのは、現在稼働している原発の停止です。装填前の未使用燃料、連続使用を前提とする燃料交換を引き合いに出すことがどれほど有効なのでしょう?
0
吉田勇気 @worthmine 2011年4月2日
私が想定しているのは、タービンを回すのに必要な熱量を産生しなくても、正常動作をする冷却機構の元で臨界が自然停止するまで運転すること。それがかえって問題が大きくなるという指摘ですか?
0
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2011年4月2日
@Youth_Labo 燃料交換しないってことは1年くらいで全原子炉を停止、廃炉ですか。それだけ過激な意見は脱原発派でもあまり見かけないですが。
0
吉田勇気 @worthmine 2011年4月2日
まさか1年で解決する問題だとは思っていません。燃料棒を交換せず、炉の中で臨界可能性がゼロになるまで冷却をして運転することが臨界量ある燃料を石棺で覆うことより過激ですか?
0
吉田勇気 @worthmine 2011年4月2日
さらにいうと、私は「一口に原子炉を停止しろと言っても、これぐらいの手続きが必要だ」ということを述べただけであって、原発停止を積極的に提案する立場にいません。
0
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2011年4月2日
@Youth_Labo 燃料棒を取り出すまでもちろん石棺はムリです。でもって燃料棒を交換しない臨界継続もめがっさ危険です。さきほど提示したこちらをご覧ください。燃料棒が変形し、ガスがたまり、熱が不均衡になり、制御が効かなくなります。http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa2174205.html
0
吉田勇気 @worthmine 2011年4月3日
OKwaveの匿名の回答者の意見を信じろと言われても困りますね。事実確認していないに等しいじゃないですか。
0
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2011年4月3日
@Youth_Labo あー、そうですか。科学的整合性じゃなくて権威で判断するんですね。じゃあこのへんで。運用面もよく書いてあるんでさっきのほうがわかりやすいんですけどね。 原子力百科事典 ATOMICA 軽水炉(BWR)燃料の損傷 http://www.rist.or.jp/atomica/index.html
0
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2011年4月3日
@Youth_Labo まさかとはおもいますが、「今日では軽減しているって書いてある!」とか短絡しないでくださいね。関連項目もきちんと読み込んで、期限内の使用ですらそういう問題がないように細心の注意をはらってやっとこさ運用ができているということを理解してください。
0
吉田勇気 @worthmine 2011年4月5日
. @sudahato さんからのご指摘により、私の認識の一部に誤りがあることが分かりました。そちらに関しては、後日時間を作って訂正をさせて頂きます。
0