エロゲ新旧百番勝負 六十番~六十九番まとめ

2017年ベストエロゲー投票の宣伝として不肖このよろづ集計人が行っている企画、 #エロゲ新旧百番勝負 のまとめです。 こちらは六十番~六十九番を纏めました。
ゲーム
2
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
#エロゲ新旧百番勝負 第六十番、「セカイ系」! 03年1位!生きてる人、いますか―――? 『CROSS†CHANNEL』!! 09年1位!"言葉と旋律"の物語――― 『素晴らしき日々 ~不連続存在~』!! pic.twitter.com/YJJJKF4DpI
 拡大
 拡大
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
定例の大型カード、今回のお題は俗にセカイ系と呼ばれるジャンルです。 世界が主人公の周りで完結し、心の問題が世界の存続に直結する作品、と言えばよいでしょうか。 そんな作品から二本を選出しました。
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
「エロゲ史上最高のシナリオ」に最も近い場所にいる作品といえば、後者ではないでしょうか。 田中ロミオ氏の代表作であり、変人揃いの8人の悩める少年少女達を描いた青春物語です。 展開に驚き、構成に引き込まれ、設定に唸り、主題に胸を打たれる。シナリオゲーとして完成されきった大傑作でした。 pic.twitter.com/H0Bxg55ynM
 拡大
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
後者はケロQ初期作『終ノ空』のリメイクであり、すかぢ氏の代表作。 電波だ鬱だレズだホモだグロだ哲学だと人を選ぶネタを詰め込みつつ、章によって変わる視点や綺麗な伏線回収で読み手を強烈に引き込み、「幸福に生きよ」という普遍的で強いメッセージを投げかけた稀代の名作でした。 pic.twitter.com/ClDNZ7rRBa
 拡大
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
双方共に恐ろしい完成度のシナリオと強いメッセージ性を持つ作品。 決して万人受けする味付けではなく、理解するためには考察を要するという気難しさをものともせず、多くの心を掴んできたエロゲならではの傑作です。 それでは今回は、どちらに投票されるか……始めッ!
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
投票数299票 41% 対 38% (21%観戦のみ) 第六十番「セカイ系」勝者、「CROSS†CHANNEL」ッ! ギリギリ300票には届かなかったものの、大激戦となったこの対決。 最後まで横並びで競り合いながらも、C†Cがエロゲ全盛期のトップランナーとしての意地を見せつけました。
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
#エロゲ新旧百番勝負 第六十一番、「ループ(死に戻り)」! 04年14位!3日で適う恋もある―――3日では何も変えられない――― 『3days -満ちてゆく刻の彼方で-』!! 08年1位!や、それとも一緒に戦いの旅に出てみようか―――! 『スマガ -STAR MINE GIRL-』!! pic.twitter.com/SqwYYExP6y
 拡大
 拡大
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
「同じ日を繰り返す」というループものはゲームという媒体と非情に相性の良いジャンルです。 今回はその中から「死ぬこと」がループの条件になっている作品二作を選出しました。
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
前者はLassの出世作。 惨殺された先輩、飛び降り自殺した少女、そして目の前で生きながら解体された幼馴染――― 彼女達の運命を覆すべく、同じ3日間を何度も繰り返すサスペンスホラーが前者です。 終盤の超展開こそよくネタにされるものの、ループ突破までの盛り上がりは一級品の力作でした。 pic.twitter.com/rPF1ACczCf
 拡大
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
目が覚めると空から落ちていた。しかも何も思い出せない。そしてそこには悪魔と戦う魔女達の姿が。 神様にリベンジ能力を貰った少年が、彼女達を救うために頑張るお話が後者です。 ご都合主義を逆手に取ったシナリオと、長い物語の果てに迎える最高のハッピーエンドが素晴らしい作品でした。 pic.twitter.com/fJW88Y9AQq
 拡大
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
「女の子を救うために何度死んでも立ち上がる」なんて、もう題材の時点で滾るじゃないですか。 Re:ゼロがヒットしたときにエロゲにもこんなのがあるんだぞう、とちょっとムキになったことが今回のカードのきっかけになったとかなんとか。 それでは今回は、どちらを選ばれるか……勝負ッ!
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
投票数200票 36% 対 32% (32%観戦のみ) 第六十一番「ループ(死に戻り)」勝者、「3days -満ちてゆく刻の彼方で-」ッ! 作品評価であればスマガが上でしょう。ですが「このお題」においては、今回は3daysが上回りました。 ループものはシステムに組み込まれてこそ、ということでしょうかね。
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
#エロゲ新旧百番勝負 第六十二番、「擬人化」! 05年19位!モノごころ願いが適う奇跡が起きる! 『モノごころ、モノむすめ。』!! 16年18位!キミが必要だと言われたい言わせたい! 『Amenity’s Life』!! pic.twitter.com/sReREjWpD3
 拡大
 拡大
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
次回からまた小特集開始予定、その前哨戦も兼ねて選んだお題です。 身の回りの「モノ」が女の子になっちゃった!?という設定で繰り広げられる二本を選出しました。
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
前者はあかざ&箒星コンビの出世作。 ものを大切にするあまり擬人化能力を得た主人公とモノむすめ達によるドタバタギャグです。 個性豊かな10人のバカが終始ドッタンバッタン大騒ぎする日常は実に笑えてエロも濃い目、 そこに不意打ちで泣かせるメノウ√と、笑いありエロあり涙ありの良作でした。 pic.twitter.com/wrOt5wIzzf
 拡大
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
後者はHOOKのLifeシリーズ3作目。 ファンの間ですら睡眠ゲーと揶揄されるHOOKが分家SMEEの作風を取り込んだ結果、可愛いキャラとテンポのよさを両立した良質の萌えゲーが誕生しました。 特筆する点こそ無いものの、ギャグよしラブよし主人公も好しとHOOK系列のいいとこどりをしたような作品でした。 pic.twitter.com/zd2NjfvUR2
 拡大
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
擬人化ものの長所は、日常を構成する要素が全てネタとして成立する点でしょうか。 そう考えると両者は共に日常全てが楽しく、ジャンルの長所を活かしていると言えましょう。 かつ、それだけに留まらない魅力を持つことが両作を更に引き立てていますね。 それでは本日はどちらを選ばれるか……始めッ!
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
投票数132票 27% 対 19% (54%観戦のみ) 第六十二番「擬人化」勝者、「モノごころ、モノむすめ。」ッ! 流石にお題がマイナーだったか、投票数プレイ率共に少な目な結果に。 それでも現メイビーソフトのバカゲーメーカーとしての基盤を築いたのは伊達ではありませんでした。
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
#エロゲ新旧百番勝負 第六十三番、「スラップスティック(S)」! 07年11位!事件っていうレベルじゃねーぞ! 『遊撃警艦パトベセル~こちら首都圏上空青空署~』!! 11年7位!うおおおおすげぇ濃厚なっとるーーー!! 『恋愛0キロメートル』!! pic.twitter.com/D5cRo6qHNb
 拡大
 拡大
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
笑えるエロゲー対決一発目はスラップスティック。俗に言うドタバタコメディです。 Sはシナリオの意、今回はシナリオの勢いを重視したセレクトです。 言うなればギャグの無呼吸連打、終始笑いで押し切った二作を選出しました。
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
前者はあかざ&箒星コンビの代表作。 怒濤のパロディと圧倒的なハイテンションを絶妙なテンポでブチ込んでくる超絶のバカゲーです。 中でも一切シリアスに寄り道せず、終盤のクライマックスで終始ギャグシーンのBGMが流れ続けるロール√は、当チームの集大成と言っていい最高のギャグシナリオでした。 pic.twitter.com/6hcqBOAYcF
 拡大
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
後者はギャグと変顔でお馴染みアサプロの代表作。 どいつもこいつもギャグ要員で、全編通して何が何でも悪ふざけしないと気が済まないという徹底っぷりは「攻略終了直後ですら、『バカみたいに面白かった』という感想しか生まれず、ギャグが強烈過ぎて、中身なんか覚えていなかった」と評されました。 pic.twitter.com/Sc2NOiCxMd
 拡大
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
心に強い余韻を残す名作達とは全くの別物、どちらも何も残らない作品です。 ですがそれがいい。嫌なことや不安な気持ちも一緒くたしてに笑い飛ばしてくれる、それこそ娯楽の本懐です。 だから中身を忘れても、今でも好きだと言えるのでしょうね。 それでは今回は、どちらに投票されますか……始めッ!
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
投票数171票 17% 対 49% (34%観戦のみ) 第六十三番「スラップスティック(S)」勝者、「恋愛0キロメートル」ッ! 個人的に今まで一番意外な結果でした……まさか3倍近い差が付くとは……。 パロネタは水物ゆえ時が過ぎると一気に厳しくなる、ということなのでしょうか。
よろづ集計人@ベストエロゲ―投票20周年企画準備中 @besterogeyorodu
#エロゲ新旧百番勝負 第六十三番、「スラップスティック(C)」! 01年4位!私のいやらしい教科書を見てくださいと切なげに囁け! 『秋桜の空に』!! 09年6位!愛で斬るなら痛くな~い! 『真剣で私に恋しなさい!』!! pic.twitter.com/mPoMNcHXuN
 拡大
 拡大
残りを読む(35)

コメント