江戸期の独裁者による大量虐殺についての一考察

タイトルはウソ、オオゲサ、マギラワシイかもしれない。 個人的にまとめ。
79
(,,゚д゚)ウマー @pianist_danna

昔、暴れん坊将軍の被害状況について真面目に検討したことがある。放送回数800余回×大立ち回りの侍20人で計算すると、死者負傷者あわせて阪神大震災クラスの局地的災害が将軍様によってもたらされたことになった。

2011-04-01 16:56:09
マイスター @meister00001

@pianist_danna 水戸黄門で当時のお代官様より数が多い成敗してるってやつですね。

2011-04-01 16:57:05
Baalのようなもの@扶養不休 @E_NxD

あの時代にあんなに浪人者が居たのか?という突っ込みも野暮ですかRT @pianist_danna: 昔、暴れん坊将軍の被害状況について真面目に検討したことがある。放送回数800余回×大立ち回りの侍20人で計算すると、死者負傷者あわせて阪神大震災クラスの局地的災害が将軍様によっても

2011-04-01 17:06:44
(,,゚д゚)ウマー @pianist_danna

さて、さっきチラッと話をした暴れん坊将軍による局地的災害について話をしようか。

2011-04-01 17:40:23
(,,゚д゚)ウマー @pianist_danna

暴れん坊将軍の通算放送回数は831回。 Wikipediaによると1回の大立ち回りでなぎ倒される侍の数は平均35人。 極めて単純計算すると29085人。うち死者数は、成敗される悪人が2名+峰うちとは言え鉄の鈍器で殴られるので1/3が死に至ると仮定しても、10803人となる。

2011-04-01 17:43:16
(,,゚д゚)ウマー @pianist_danna

吉宗の在職期間は1716年~1745年。 この近辺の江戸の正確な人口の記録が無いが、元禄年間で85万人,18世紀初冬に100万人を超えたところから90万人と仮定し、江戸の人口の約半数が侍だったことからすると、江戸の侍の15%は上様に成敗(時として死亡)したことになる。

2011-04-01 17:45:43
(,,゚д゚)ウマー @pianist_danna

「め組」の所在地は今でいう芝大門あたりだったらしい。上様はお忍びなので江戸城~め組の移動は徒歩だったと考えられ、また行動範囲もめ組を中心とした半径1.5km程度と考えられる。(続

2011-04-01 17:48:24
(,,゚д゚)ウマー @pianist_danna

江戸時代の町人街の人口密度はピークで四万人/キロ平米.武家屋敷街の人口密度を算出するために面積比(64:20)で人口密度を換算すると12500人/キロ平米.当時の芝大門近辺の人口密度を間を取って20000人/キロ平米として計算すると…(続

2011-04-01 17:49:25
(,,゚д゚)ウマー @pianist_danna

上様の行動範囲(芝大門から半径1.5km)の人口は141372人、うち侍は70686人となり,当該地域の侍の41%が暴行に遭っていることになる。 しかもそのうち死者が1万人以上。 これだけの局地的大災害でも「お忍び」は通用したのだろうか。 江戸の治安はどうなっているのだ。

2011-04-01 17:51:08
(,,゚д゚)ウマー @pianist_danna

ちなみにこの計算はあくまでも統計数値をいじっただけなので、実際のところ芝大門あたりの人口密度と侍の総数は実際より低い可能性がかなり高い。 そうなると、なおさら芝大門近辺の被害者率は跳ね上がる。60%近くになっていてもおかしくないだろう。

2011-04-01 17:54:46
(,,゚д゚)ウマー @pianist_danna

@meister00001 水戸黄門はむしろ移動距離と期間からその評定速度を算出するのが面白そう。

2011-04-01 17:58:29
(,,゚д゚)ウマー @pianist_danna

@deny_religions 浪人かどうかはともかく侍の数は結構いたようです。

2011-04-01 17:58:55
(,,゚д゚)ウマー @pianist_danna

ちなみに吉宗の在任期間中ずっと暴れていたという前提だと吉宗の大立ち回り周期は12日ごと(ただし太陽暦計算)となる。

2011-04-01 18:05:58
Baalのようなもの@扶養不休 @E_NxD

なるほど。流石に吉宗に殲滅させられるような人数ではなさそうですね。RT @pianist_danna: @deny_religions 浪人かどうかはともかく侍の数は結構いたようです。

2011-04-01 18:16:06

コメント

我乱堂 @SagamiNoriaki 2011年4月1日
昔山本貴嗣先生の漫画で「峰打ちでは十人に一人くら死んでた」という突込みがあったように記憶しているので、それが正しければ、確率的には死者数はもう三分の一にまで減ると思う。ただし打たれた者は炎症、骨折などを負った可能性も高く、当時の医療レベルでは深刻な社会問題を引き起こしていたかもしれない
0
長 高弘 (獣脚類ティラノサウルス科ズケンティラヌス) @ChouIsamu 2011年4月2日
時代劇ドラマの「破れ奉行」で、「最近、幕府の重役や大店の主の変死が異常に多いので、調査に乗り出した役人が居たんだけど……」ってネタが有ったな。
0
ひよす @Wickedheart_ktz 2011年4月2日
ぼけちゃった水戸光圀の「正義欲」を満足させるため、各地の領主は生贄的に「悪役」を提供させられていた。見返りは参勤交代の免除などだった。
0
Nicholai MARO @MAROCKs 2011年4月2日
実在の吉宗様より長く将軍様をやっているのだから・・・(笑)
0
イズミ(イズミ オブ 津島) @ni_to 2011年4月3日
武士は不生産階級で頭数がいてもしょうがないので、文字通りの首切りをどんどんやってくというのは社会全体からみれば良いことなのかも。
0
ののまる @nonomaru116 2011年4月7日
ぜひ次は「天保改革期における町奉行専断による死罪の増加についてーー享保改革期と比較してーー」をお願いします!w
0
@nemu_tyger 2019年11月8日
将軍様が番組で述べ何人切ったのか?を疑問に思ったらすでにまとめが出来ていて吹いた
0