まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!
9
塩見卓也 @roubenshiomi
京大・ユニオンエクスタシー事件判決:端的に言えば、従来の日本的職業観・家族観では、現在我が国に蔓延している数多くの諸問題に対処できなくなっているという社会的現実を全く理解せず、逆にそれら諸問題の根源となっている従来の価値観に基づく差別意識が前面に出た不当判決である。
塩見卓也 @roubenshiomi
続き:唯一評価できる部分は、「有期労働契約という雇用形態は、原則として期間を定めなければならばない理由がある場合に採用されるべき」との判示部分。この判示は、労働契約は期間の定めがないのが原則であることを宣言したと読める。この点が述べられた判決というのはおそらく初めてではないか。
塩見卓也 @roubenshiomi
続き:しかし、その先が明らかに問題である。パートタイム労働を「家計補助的労働」と位置づけ、そのような労働は「労働契約が更新されなかった場合に労働者の生活そのものが崩壊するというようなことを想定しなければならない類型の労働とはいい難い」と。
塩見卓也 @roubenshiomi
続き:この判示部分には、大きくは2つの問題があるといえる。一つは、短時間労働であったからといって、それに就労する労働者が「家計補助的に」収入を得るために働いていると論理的にいえるはずがないこと。シングルマザーの例を挙げるだけで破綻が明らかな論理である。
塩見卓也 @roubenshiomi
続き:二つ目は、今の社会の現実が、短時間・低賃金の労働であったとしても、それを選択せざるを得ない若者や女性が数多くいるということ。若者や女性の非正規率は過半となっていることは統計上も明らかなことである。その点で、明らかに社会の現実に沿わない非常識な社会観であるといえる。
塩見卓也 @roubenshiomi
続き:この点にも、裁判官の時代錯誤的価値観をまざまざと感じさせられる→RT@bigcamellia 男で、京大や東大出た人間は、裁判官が言う「家系補助的労働」に就いたらダメなんかい? →この判決、本当にこういう意味のことを言っています。
塩見卓也 @roubenshiomi
続き:私はこれまで、偽装請負、違法派遣、細切れ有期雇用と、数多くの非正規労働問題の事件をやってきたが、この深刻な社会問題に対する裁判官の無理解には、ほんとに絶望的な気持ちにさせられる。しかし、絶望してしまっては決して世の中は変わらない。だから、引き続き原告と一緒にがんばります。
塩見卓也 @roubenshiomi
そうですね。本当に。RT@fuyusawa 世間知らずも甚だしいです。司法修習では、コンビニでの勤務も必修に加えるといいです。また、法曹の人事交流もインナーサークルではなく、市区町村の役場から田舎駅の改札窓口まで、幅を広げるといい。あるいは、自動車工場の期間工に。
塩見卓也 @roubenshiomi
この数日間、この3/31をもって雇い止めされるという相談を何件聞いたことか。そんな日にこの判決。@bigcamellia @seika_SocoSoco 3月31日、この日をもって雇い止め解雇となる人達は全国でどれ位いるのか?私、有期雇用は絶対終わりが来ると信じて闘っています。
塩見卓也 @roubenshiomi
私も@bigcamelliaさんのように、常勤の代替として使い捨てられる有期雇用に終わりが来ることを信じたい。
塩見卓也 @roubenshiomi
昨日の判決はこの方たちも傍聴している前で言い渡された。 希望なき夜の希望にむけて - 京都精華大学嘱託教職員組合 SocoSoco (id:soco-soco / @seika_SocoSoco) http://t.co/YULr54Y
ログインして広告を非表示にする