編集部が厳選した「いま、みんなに見てほしいまとめ」をイチオシとして紹介しています!グサッと刺さる良質まとめはこちら!

2018年 1月7(日)国分寺例会報告

・スリーマスケティア ・ナイトチェイス ・トロイカ ・ナインタイル ・SIDEREAL CONFLUENCE 続きを読む
カードゲーム 国分寺 ゲーム ボードゲーム
486view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
流星キック @ryuuseikick
【昨日遊んだゲーム】◇:初プレイ ◇スリーマスケティア ◇ナイトチェイス ・トロイカ ・ナインタイル ◇SIDEREAL CONFLUENCE ◇ガンジスの藩王 ・マジェスティ
流星キック @ryuuseikick
【スリーマスケティア】「シドサクソンのゲーム大全」より。非対称2人用アブストラクト。3駒の銃士(黒駒)の他は、敵駒で埋め尽くされた盤面でスタート。銃士は敵駒を除去してそのマスに移動する。ただし縦か横ライン上に3駒並んだら負けるのだ pic.twitter.com/iXzhuSbFDp
 拡大
流星キック @ryuuseikick
じゃあ移動しなきゃいいじゃんと思うが、銃士(黒駒)は周囲に敵駒がある限り除去移動しなければならない。逆に言えば、相手(敵)は、三銃士をライン上に並ぶように、うまく敵駒で誘導しなければならない
流星キック @ryuuseikick
次から次へと挑みかかってはバッタバッタと撃退されるザコキャラに悲哀を感じながらも、あまり気前よく突入しても後半コマ不足で銃士をライン上まで誘導できない。やってみるとなかなか難しく、攻守を交替して2戦したが、どちらも三銃士側の勝ちで終わった。これ敵側が勝てるのかなぁ
流星キック @ryuuseikick
解析すれば最適解が出そうな感じもするが、さくっと遊べてなかなか面白かった。ドットを食べていくパックマンみたいでもあるし、エサをついばむニワトリモチーフで具象化しても楽しいかもしれない
流星キック @ryuuseikick
【ナイトチェイス】続いてランドルフ作のアブストラクト。本来はチェスボードを使うが、100均で買ってきたオセロ版で代用。こちらも目的は両者で違う。片方は逃げ切ること、片方は相手を捕まえるのが目的だ pic.twitter.com/YTTPz58PTJ
 拡大
流星キック @ryuuseikick
逃げる方も、負う方もチェスのナイトの動きで移動する。そして移動元のマスと、移動後好きなマスに1チップづつ配置する。つまり手番では2チップを盤面に置いていくのだ。チップマスには移動できないのでこれで相手の動きを制限しようっていうわけ
流星キック @ryuuseikick
ところが、これがなかなか追い詰められないのがナイトの動きの面白さ。ブロックしたはずなのにチップを軽々とジャンプされてしまう。つまりなかなか捕まらない。30チップを使い切った後は、追う側が10手番以内で相手を追い詰められるかのナイトムーブプロブレムとなる2段構え
流星キック @ryuuseikick
捕まえられそうで捕まらないもどかしさがなかなか楽しかった。これは「馬糞」というタイトルで製品化されているらしい。なるほど、あのチップは馬糞か pic.twitter.com/YSijgMHvpm
 拡大
流星キック @ryuuseikick
とんがらしさんが仕事前に用事で立ち寄られたので、軽めの「トロイカ」「ナインタイル」を。ナインタイルは得意不得意が出るタイプのゲームだけど、4人でなかなかいい勝負になって面白かった。トロイカは本当にあのスコアリングでいいのか、いまでも疑問だ pic.twitter.com/LJxm1nUp9g
 拡大
 拡大
流星キック @ryuuseikick
【SIDEREAL CONFLUENCE】リアルタイムで交渉によってリソースを交換し、変換装置を駆使してまた資源を増やしたり勝利点をこっそり得たりする。種族ごとにメリット/デメリットがあり、そのあたりを上手く交渉でカバーできるかどうか、だ pic.twitter.com/8QYZHASMHq
 拡大
流星キック @ryuuseikick
交渉というと「本当にこれで自分は得するんだろうか」と疑心暗鬼になり、カタンなんかでは港に直行しがちな人も多いかもしれないが、自前でうまくリソースが溢れるようなサイクルを作るのは大変。一応、リソース間の適正レートがリファレンスされてるのでそれほど理不尽なトレードにはならない(はず
流星キック @ryuuseikick
4~9人までプレイ可能だが、基本リアルタイムで全てが進行するので人数でそれほどプレイ時間が伸びるということもないかな。今回は4人でインスト込みで3時間以上かかったけど 多人数で交渉だけのゲームといえば「チャイナタウン」も面白いね
流星キック @ryuuseikick
【ガンジスの藩王】お金か名誉点を伸ばしていき、両方が交差したらゲームに勝つ。お金の方が伸ばしやすいと思うから、お金戦略が強いのかなぁ。 pic.twitter.com/Zq9qrLwugZ
 拡大
流星キック @ryuuseikick
ワーカープレースメントではワーカーを増やすのが基本戦略だと思うが、このゲームでは3つのトラック上に追加ワーカーがあり、そのポイントを通過するとワーカーが増える。
流星キック @ryuuseikick
お金と名声トラックには通過するとボーナスアクションがある。個人ボードにタイルを配置して道を外周に繋げてもボーナスがある。 僕はこういう「なにかのきっかけでボーナスを得られて、さらにそれらが連鎖してウハウハするゲーム」が好きなのかもしれない
流星キック @ryuuseikick
しかしそのボーナス連鎖が続き過ぎると、手番内での最大効率を探すために長考になってしまうゲームはいただけない。 このゲームはせいぜい1~3連鎖止まりで、しかもアクション効果はシンプルだから処理も楽なのだ
流星キック @ryuuseikick
ワーカーを配置するエリアは市場や建築現場、港などいろいろあるけど、宮殿では人物の効果を得られる。ダイス2個とボーナスタイルを貰える踊り子は一番人気で、毎ラウンドワーカーが押し寄せてたなw ガンジスはナンパ師であふれてるで
流星キック @ryuuseikick
カルマを消費すると出目の裏面を使えるんだけど、カルマを使って出目操作してまで踊り子に会いに行く輩も絶えなかった。これこそ人間の業(カルマ) 今度は上級ルールでも遊んでみよう
流星キック @ryuuseikick
【マジェスティ】B面でサクッと遊ぶ。ゲーム終了時のマジョリティ争いを考えたら12枚のカードをどう配分していくか、が問題だけど、やっぱり7種類人物は揃えておいた方がいいかな pic.twitter.com/NzeORDr6z1
 拡大
流星キック @ryuuseikick
もしかしたらプレイ中に特定の効果を特化して小銭をガンガン稼いでいっても勝てるのだろうか。酒場の主人は「最大枚数のエリアのカード数×2金」で、しかも酒場の人物カードの枚数分発動するから、すごく得点効率がいいように見えるけど、あまりそこに特化しすぎると他のエリアに人物を配置しにくい
流星キック @ryuuseikick
酒場特化するにしても、最低1枚づつ7種類配置すると、あるエリアと酒場には残り5枚の分配しかできないから酒場を3回発動させようとすると他のエリアでは最大4枚か。8×3で最大24金稼げるな。まあそう都合よく酒場の主人を引いてこれるかどうかは別の問題だけど
流星キック @ryuuseikick
最大枚数のエリアは、酒場も対称になるんだっけか(ずっと対称になるで遊んでたけど)
流星キック @ryuuseikick
そういえば、公民館でゲーム会をやっているとたまに別の集まりの方らしき人が間違えてドアを開けて「あ、すいません」ということがある。昨日もそういう人が間違えてノックしたのかと思ったら「こちらボードゲームの会ですか?」と聞かれたから一同、驚いた
流星キック @ryuuseikick
ときたま、参加者が友人を招待して、時間差で合流することもあることはあるが、昨日はそういう話は聞いてなかった。
残りを読む(1)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする