編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら

映画合宿2018-1

1/8~10にかけて開催した一人映画合宿セルフまとめ テーマは「何でお前これ観てないの?」
映画
4838view 0コメント
43
観た映画:

・オーメン
・E.T.
・遊星からの物体X(1982)
・フリークス
・ニュー・シネマ・パラダイス
・パルプ・フィクション
・時計仕掛けのオレンジ
・ショーシャンクの空に
・鳥
・トゥルーマン・ショー
・バック・トゥ・ザ・フューチャー1/2/3

@aubergine_k
こころが虚無虚無プリンなので明日お仕事が終わったら超個人的映画合宿をしたいと思います 今回は「何でお前これ観てないの?」をテーマに映画を選んでいく所存
@aubergine_k
かなり眠いのでとりあえず眠気を吹き飛ばせそうなホラー×ショタの金字塔映画こと『オーメン』(1976)から行きます
@aubergine_k
後味が悪い! 構図が良くてシーンの移動の違和感を感じさせない映画は良い映画なのでこれは良い映画 死ぬとは分かってても好きなキャラが死ぬとやっぱり悲しい 最後の警察登場が謎だけどダミアンの微笑みは良かった(小並) 処刑用BGMことAve Sataniは凄みがあって良いですね
@aubergine_k
人が死ぬ時にこんな曲が流れるんだぜ……こんなの息呑んで引っ繰り返っちゃうよ…… Ave Satani (The Omen) Tenerife Film Orchestra & Choir (2009) youtube.com/watch?v=6H3Uiw…
 拡大
@aubergine_k
オーメンに対するパロディであり一種の解答として『リトル・デビル』が作られていて、オーメンでは結果的に親が子を殺そうとするけれどリトルデビルでは共存の道を探すんですね 悪魔の子であれど実際は小さな子供っていう、そこにスポットライトを当てた素晴らしい映画なんですよねリトルデビルは
@aubergine_k
リトルデビルを観てしまうとオーメンだってあの家政婦とわんちゃんがおらず親のハートが強くて子に愛情を注いでいれば幸せに暮らせたかもしれないと思ってしまうわけですね
@aubergine_k
多分ぼくリトルデビルのことめっちゃ好きだな いやいい映画なんですけど 家族愛に弱いせいで該当作品に対する評価がダダ甘なところもありますけど ホラー描写もそこまでない、父子の交流を描いた作品ですごくいいんですよね……(語彙力)
@aubergine_k
そういや666=悪の三位一体ってのは初めて聞いたな オーメンのオリジナルかな
@aubergine_k
次、ショタつながりで『E.T.』
@aubergine_k
なんかもう誰でも知ってる超有名作なので言葉はいらないですね 全世界の人間は観た方がいいやつ ひと夏(秋)の少年の想い出兼成長譚といえばそれまでなんだけど音楽は泣かせに来るし悪い人間は一人もいないしE.T.と少年の心の通い合わせがもう耐えられないんだよな
@aubergine_k
「悪い人間がいない」ってのめっちゃ大事だと思うんですよ 主人公をパシる兄の悪友もETを見たら目を輝かせるし、ETを診る人々も彼を単なる実験体ではなく一つの命として見て救おうとするわけです 悪い人間が登場しないんですよ
@aubergine_k
"stay" "come"の字幕に対しては色々言いたいことがあって、例えば診察中の"stay"は主人公を宥めるためにここにいるよ、とずっと言っていたのだとぼくは解釈するし、別れのシーンの"Come." "Stay."は「一緒に来て」「ぼくはここ(地球)にいる」だと思うんですよね まあ人それぞれだけど
@aubergine_k
主人公は唯一の理解者である(っぽい)父を失い孤独を抱えており、それを癒やしたのがETだった為、ETは親友兼父親の代わりも果たしているんですよ そしてETのお陰で主人公は”想い出”という友を手に入れ、また、兄の友人と共に冒険≒儀礼を行った為恐らくあの後彼らにも認められてるんですよ
@aubergine_k
ETのお陰で主人公は物理的にも心理的にも友を得、またきっとETも主人公の想い出という”友”を得たわけで、つまりとても、とても尊い そして初め主人公はETとの別れを受け入れられなかった訳だけれども、一度疑似的な別れを行い、ETへの想いを言葉にしたことで、心構えが出来たのだと考えるとやっぱり尊
@aubergine_k
ETを観て泣いた人間の涙はきっと悪魔を倒せると思えるくらいには尊い映画ですET
@aubergine_k
物理的に涙は流してないけど心の中では大号泣ですよこんなの こんなの ずるい ウィリアムズの音楽もズルいわ これでもかってくらい親しんだ音楽をねえ あんな うつくしいシーンで流されたら泣いちゃうでしょ……
@aubergine_k
次 特につながりはないけど『遊星からの物体X』(1982)
@aubergine_k
いいぞカーペンター!!! ラストが兎に角最高ですね 普通のB級だとやっぱオーメンラストみたくしてしまうと思うんですが(オーメンをディスっている訳ではない)こういう、観客の想像に任せた、って終わり方、とても好き あとモンスターが気持ち悪くて良い
@aubergine_k
同監督の『ハロウィン』はじわ恐演出なんですけどそのせいでまあ、テンポは悪いんですよね その点物体Xは展開も人死にもテンポが良い 楽しい めっちゃ元気出る
@aubergine_k
ご飯を食べたら合宿二日目
@aubergine_k
「何でお前これ観てないの?」四本目、『フリークス』
@aubergine_k
サーカスサーカス言ってるのに何で観てないんだ?って思って観たんだけど、資料的価値がありすぎる 筋はフリークス(奇形)を馬鹿にしてあまつさえ殺そうとした美女が復讐される話なんだけど、この映画の凄いところはフリークス役を本当のフリークスが演じているところなんですね
@aubergine_k
終盤の嵐の中フリークスがじわじわ詰め寄ってくるシーンは凄みがあって好きですね 髭女に子供が生まれる下りも好き
@aubergine_k
次 『ニュー・シネマ・パラダイス』
残りを読む(56)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする