燃えろ!トップストライカーについて

トップストライカー全49話の視聴感想になると思います。
90年代アニメ 燃えろ!トップストライカー 日本アニメーション 康村諒 アニメ サッカーアニメ
0
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
続いて、009-1から代わりまして今日から燃えろ!トップストライカーについて取り上げていきましょう。この作品についてはU-NEXTで見る作品はひとまず見終わりそうと3月末で退会しようかと思った為、U-NEXTでしか見れなさそうな作品で90年代までから探す中で #燃えろトップストライカー pic.twitter.com/5KmIvdiwnv
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
これはなかなか、そういえばあった度が高そうな作品だろうなーとの事から選んだ。それと別にキャラデザの岡迫亘弘先生のファンなのでこれは機会があれば見ようとも思っていた。タイトルからお察しと思われるが純粋なサッカーアニメであり、視聴感想でこの手のジャンルを #燃えろトップストライカー
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
取り上げるのは初めてになる。そんでもって1991年に放送された作品だが、イタリアを舞台にしており主人公の吉川光以外のチームメイトは全員イタリア及び海外の面々ばかりと国際色豊かな点は時代を先取りしたような感じもしなくもない。それと別に実際海外へ輸出される #燃えろトップストライカー pic.twitter.com/ymDQoMQQlY
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
前提で制作された経緯もあったらしいのだが。制作担当の日本アニメーション(実製作はトランス・アーツ)は当時世界名作劇場が健在だったとはいえ、まる子、ピグマリオなど日本の漫画原作つきの作品を前年から手掛けていた頃で、翌年にはみかん絵日記やパプワくんなどと #燃えろトップストライカー
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
90年代は大体漫画原作作品がメインになってくる。一方世界名作劇場以外の名作ものは翌年の金髪のジェニーが実質最後になっており、同社の海外文学などの名作路線から漫画原作路線へシフトする過渡期に放送された作品ということになる。またスポーツものでは #燃えろトップストライカー
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
あしたへアタック!、グランダー武蔵、ハングリーハートなどが日本アニメーションが企画から携わった作品になる。ただそれらの作品は漫画原作者との共同で進められていたものであり純粋なオリジナル作品でのスポーツものはこれが一応唯一ということになる。 #燃えろトップストライカー
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
前置きはそのくらいにして、大体2~4話ずつ取り上げていく予定であり最初はさわりの1、2話までを。主人公の光はサッカー留学でイタリアに住んでいるものの、名門少年サッカーチームサンポデスタでは万年補欠だったが、かつて伝説の選手だった町医者ロブソンに才能を #燃えろトップストライカー pic.twitter.com/SD8eeXysDl
拡大
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
見込まれた事で、サンポデスタを退団して彼の秘密特訓を受けた後に、弱小チームコロンブスへ入団すると……なんとなく名門チームでの補欠が弱小チームでけん引していく存在になりそうな主人公となれば、がんばれ!キッカーズを彷彿させる所があるようなないような #燃えろトップストライカー pic.twitter.com/fWcJzepuNf
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
今の所のストーリー展開としてはそんな感じ。雰囲気としては今の所荒唐無稽な必殺シュートなどは見られず全体的に堅実なつくりかとは思う。それと別に画風だが海外輸出前提の作品が多かった当時の日本アニメーションっぽい雰囲気に、やはり岡迫先生がらみで高橋陽一先生の #燃えろトップストライカー
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
タッチが混ざったような独特の雰囲気はある気がする。なんとなくキテレツ大百科やドラゴンリーグ辺りの90年代前半のぎゃろっぷ作品っぽくもあるような。第1話がロブソンに光の才能が見出される話だが、#燃えろトップストライカー pic.twitter.com/FLBrcc9qqT
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
それと別にイタリアへ向かっていた光の両親がついこの間飛行機事故で死んだことがサラリとのっけから明かされるのは自重してほしい(汗)結構淡々とした雰囲気で述べられているせいでこの辺りは結構シュールな味わいになっているような #燃えろトップストライカー pic.twitter.com/GICHblrujp
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
その為、東京から叔母が光を引き取りにやってくるが、サッカーの才能ヲイタリアで伸ばさないかとの話で揉める。余談ながら光は幼いころからサッカーボールで友達を作ってきたとのネタはやはりキャプテン翼辺りを意識していたのだろうか…… #燃えろトップストライカー pic.twitter.com/alXHDrdWoG
拡大
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
第2話……ロブソンからの秘密特訓を受ける話で、許可が出るまでボールに触れてはいけないネタはキッカーズであったような記憶が……。鶏を捕まえるまで追いまわす、砂浜をジョギングしての通学、港の丸太でのバランス感覚などなど、鶏を追いまわす特訓は最初よく意味が #燃えろトップストライカー pic.twitter.com/08qfpN1EPW
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
分からなかったのだが、鶏をボールに見立てて自由自在に動き回る鶏に足腰が付いていけるかの点は一理あるなーと後で感じた。最も周囲から理解に苦しむ特訓だからボールを触らせてあげてとの声が出てくる展開で、光は基本的おとなしい良い子っぽいキャラなので #燃えろトップストライカー pic.twitter.com/LVgY05PSMu
拡大
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
特に愚痴ることなく耐えるのだが(次回予告では結構愚痴っていたのだが)、サンポデスタのジュリアンから逃げた臆病者とバカにされ、周囲の成り行きでロブソンの特訓の成果を披露する事になる訳だが、光はロブソンの言葉を思い出してボールを蹴らずに喰らってしまった事で #燃えろトップストライカー pic.twitter.com/lFnwyDUNC9
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
手加減して蹴ったボールもまともに蹴れないとジュリアンから公衆の面前で馬鹿にされてしまう。流石にこの辺りで彼もくじけそうになり、下宿先のおばさんからこっそりサッカーボールをもらった際に、人目に付かない所で蹴ろうとするがヒロインのアンナが目撃して #燃えろトップストライカー pic.twitter.com/i7rau6CpnW
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
見なかった事にすると彼女なりに気を使う所で、蹴ろうとした寸前でロブソンや周囲の人々の期待に応える身で約束を破るのはいけないと踏みとどまった場面は結構良かった。アンナが事情を察して見なかった事にしようとしたうえで期待を裏切らない展開は #燃えろトップストライカー pic.twitter.com/HlJiehj0ko
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
彼が信頼されている上で仕方ないとなる所を踏みとどまって期待に応える流れだったと思う。この特訓のオチについて光は優れたキック力を持っているが、試合でそのキック力を生かすだけの体力をつけなければ意味がないとの事での基礎トレーニングだったとの事は #燃えろトップストライカー pic.twitter.com/T8n2d0ZpiP
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
まぁ一理あると思った。それと別にこの特訓に耐える精神力を鍛えるのは若干根性論が入っている気がするが、耐える精神力を身につける事で周囲の観察力が備わり、チームワークを培う事が出来るという点はサッカーの場合確かにあり得そうだとも感じた。#燃えろトップストライカー
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
そこからチームワークを養う特訓の矢先に、コロンブスとマルゲリータがグランドをめぐっての諍いに遭遇、コロンブスが一方的にマルゲリータの横暴にさらされている事もあり成り行きで光がコロンブスへ入団してマルゲリータとの対決を申し出るが #燃えろトップストライカー pic.twitter.com/gMWGwC9wfJ
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
そのコロンブスの選手は弱小の面々ばかりで試合になるのだろうか……ここから正念場だと思うが名門チームで補欠だった光は弱小チームをけん引できる存在になるのだろうか。余談ながら本編とEDでの彼が別人のように違う #燃えろトップストライカー pic.twitter.com/XaMfmhY1Gz
拡大
拡大
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
続いて燃えろ!トップストライカーについて第3~6話を書いていく。第3話は外出先で見ていたので画像は用意できていない。大まかなあらすじはマルゲリータとの試合が描かれる第4話までが序章といった所で、第5話からはイタリアの少年サッカーチームが集って #燃えろトップストライカー
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
覇権を競うジェノバカップ編となるのだと思う。余談ながらOPでレギュラーメンバーがどうやらコロンブスではなくさまざまな少年サッカーチームから選抜した面々っぽく、序盤で誰がレギュラーでそうでないかコロンブスのチームメンバーから見て分かってしまうのは #燃えろトップストライカー
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
すこし先が見えてしまう。第3話はコロンブスがまともに勝った試しのない弱小チームだったが、1週間の特訓について結構ダイジェストで消化されておりマルゲリータとの試合では既にそれなりのレベルに上がったような感じであり、がんばれ!キッカーズみたいな弱小から強くなる #燃えろトップストライカー
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
過程の作品ではないらしい。しかし少年サッカーチーム同士の草試合かと思えば、練習場が普通のサッカー場そのもので、観客が満員だが実況は子供のアナウンサーが務めているなど妙にカオスな環境のような気がしなくもないのだが #燃えろトップストライカー pic.twitter.com/CIkzyKfh3Y
拡大
拡大
拡大
拡大
残りを読む(188)

コメント

名無し・A・一郎(再) @774a16 2018年4月27日
第41~49話までの感想を総評を追加して終了です。これで非ロボットアニメ系の視聴感想は多分終わりです。この後はビッグオーを取り上げる予定