【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!

『お茶は陸路で伝わった国で「chai」系、海路で伝わった国は「tea」系の名称になる』…沢木耕太郎「深夜特急」を思い出す人も

同じものの名称の分布が、過去の文化交流や物流のルートの名残を残す…という話は漢字の読みや翻訳語などでも良くありますが、お茶ぐらい世界に広まったものを題材にするとスケールが大きいですね。そして沢木耕太郎がユーラシアを横断した記録「深夜特急」にも、確かにこの話が載ってましたなあ。カテゴリーは「語学」でも良かったんだけど「歴史」にしました。 ツイートを使わせていただいたアカウントはこちら(※追加は除く) @PadraigBelton @podoron @schwartzkatze @shirosshu @traductricemtl @very_kind2_1223 @unamuhiduki @sasaminJD @riuemonn @Palmyra_Zanobia @ninebooks1 @MKwmt @jaatfong88 @Yoshi__Tanaka @cuerda @99mina_jeju @usagy_van @noharashiro @kakkou9999 @haruyama1115 @carp0422 @anqmb @koo_nya @takaraita @daikinho @kaizakikumota @hiro_044 @satsuki_momiji @Tartare_Naka @Sutgh_hell @CubeKakuzai @yiyushui @mechanic_tofu @p_moon @suika_no_ken @TMasuda31500754 @adelie @Ikkyuh0193 @kino8oj @ffmuteki9 @mijyuker @ciel_wsc @gryphonjapan
経済 お茶 深夜特急 言語 ことば 沢木耕太郎 歴史 語源 シルクロード 食文化史 tea
6897view 10コメント
63
ログインして広告を非表示にする
Pádraig Belton @PadraigBelton 2018-01-13 07:48:18
If tea spread to your country by sea, you call it ‘tea’. If by land, you call it chai. (*This is because the ports of Fujian and Taiwan use the coastal pronunciation ‘te’, whereas Mandarin uses chá.) pic.twitter.com/HQsesNik9d
 拡大
Podoron @podoron 2018-01-16 18:12:33
お茶が陸路で伝わった国では「chai」、海路で伝わった国では「tea」 これは、中国語(マンダリン)ではお茶を「chá」と呼ぶのに対し、海の玄関口だった福建省・台湾では「te’」と発音するからだと。 面白ーーい!! twitter.com/PadraigBelton/… pic.twitter.com/uSR1iJj4ty
 拡大
@schwartzkatze 2018-01-16 19:27:49
これは面白い。 沢木耕太郎の「深夜特急」のアジアからヨーロッパに旅する途中で、「お茶がCで始まる国が終わり、Tで始まる国が始まる」といった言葉があるんですよね。 なるほど、こういうことなのか。 twitter.com/podoron/status…
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2018-01-18 03:36:06
ティーとチャイに関するまとめtogetter.com/li/1190825 に、ここから沢木耕太郎の文章を引用しよう。 / “「C」の茶の国、「T」の茶の国 | 台湾で起業|台湾会社設立・台湾進出・台湾ビジネスサポート” htn.to/keJ4JRLn

http://taiwankigyo.pangoo.tw/blog/2280

…バックパッカーのバイブルともいわれる沢木耕太郎の紀行文『深夜特急』で、旅も終盤に差し掛かったにこんなくだりがあります。

これが紅茶というポルトガル語ですか」私が「CH’A」という単語を指差して訊ねると、鬚の息子はそうだと頷いた。
何ということだろう。私は、あのイスタンブールのハナモチ氏が言っていたとおり、ユーラシアの果ての国から出発して、アジアからヨーロッパへ、仏教、イスラム教の国からキリスト教の国へ、チャイ、チャといった「C」の茶の国からティー、テといった「T」の茶の国に入ったものだとばかり思っていた。事実、ギリシャもイタリアも、フランスもスペインもすべて「T」の茶の国だった。
ところが、そこを通り過ぎ、ユーラシアのもう一方の端の国まで来てみると、茶はふたたび「C」で始まる単語になっていたのだ。

「イスタンブールのハナモチ氏が言っていた」という理論は、アジアは茶をチャイ、チャといった発音で表現する「C」の茶の国、ヨーロッパはティー、テといった発音で表現する「T」の茶の国ということなのですが、実際はどうなのでしょうか?(後略)

リンク 台湾で起業|台湾ビジネス・台湾進出・台湾会社設立・運営サポート 1 user 「C」の茶の国、「T」の茶の国 | 台湾で起業|台湾会社設立・台湾進出・台湾ビジネスサポート (クリックするとAmazon.co.jpへ) バックパッカーのバイブルともいわれる沢木耕太郎の紀行文『深夜特急』で、旅も終盤に差し掛かったにこんなくだりがあります。 これが紅茶というポルトガル語ですか」私が「CH’A」という単語を指差して訊ねると、鬚の息子はそうだと頷いた。 何ということだろう。私は、あのイスタンブールのハナモチ氏が言っていたとおり、ユーラシアの果ての国から出..
シロッシュ @shirosshu 2018-01-17 01:35:10
おおお、これか! 世界のお茶が、「te系」と「cha系」に分かれる理由を知りたかった! twitter.com/podoron/status…
jiji @traductricemtl 2018-01-17 02:20:43
@podoron 中国から日本へ伝わったのは海路ではないのでしょうか?
べりーさんだよ!@MHWフレ募集 @very_kind2_1223 2018-01-17 02:42:54
@traductricemtl 陸路で伝わった地域の人が日本にお茶を伝えに来たのでは?
ささみん🐣 @sasaminJD 2018-01-17 03:35:27
びっくりした、ちょうど先週語学学校で韓国人のすっごい賢い子が語源学をテーマにこのことを発表してた。 twitter.com/podoron/status…
やおき @riuemonn 2018-01-17 05:11:29
日本はチャだけどそんだけ交流が盛んだつたって事だね。(・ω・)オモロイ twitter.com/podoron/status…
ウム・クルトゥム @Palmyra_Zanobia 2018-01-17 07:52:35
要するに15世紀以降の西洋、その後英帝国東インド会社が東方貿易路と茶貿易を完全に獲得して以降に拡がった地域がTe なんでしょー... twitter.com/podoron/status…
ninebooks @ninebooks1 2018-01-17 08:02:31
沢木耕太郎『深夜特急』の最終章に、この逸話と似たエピソードがあった記憶が…もう文庫本は梱包を完了したので裏取りできないのが悔やまれます。とても面白いですねー。 twitter.com/podoron/status…
こ~ちのかわもと(怪物親とちゃいます) @MKwmt 2018-01-17 09:08:56
実はこの説明ってビミョーで、正確に言うのはムズカシイ。地図にも明記されてるように、福建のとなりの広東(広州、マカオ、香港あたり=「海の玄関」でしょ?)の言葉ではチャーなんですわな( ・_・;)つまり陸路海路ではなく、伝わった時代にどの地域と結びついてたか?がポイント! twitter.com/podoron/status…
正宗粤菜 @yutchoi 2018-01-17 09:49:18
@podoron ちなみに、お茶を飲むは台湾や福建省の閩南語で 啉茶(lim te リムテー)と言います
Yoshi TANAKA @Yoshi__Tanaka 2018-01-17 10:35:38
@podoron これに似た内容が、沢木耕太郎の「深夜特急」の結末に書かれていて、ポルトガルは何でcから始まる単語なんだろって疑問に感じたことを憶えていますね。
くえるだ @cuerda 2018-01-17 10:57:04
おとなりなのに違うもんだなぁと思ってた言葉のひとつ。ポルトガル語はcháで、スペイン語はtéなんだけど、先にポルトガルに海路でやって来ておとなりに伝わっていったということなのかな。おもしろいねー。 twitter.com/podoron/status…
usagy.tvg @usagy_van 2018-01-17 11:12:22
これ、昔読んだ沢木耕太郎の深夜特急でも、触れられてた気がする。確かポルトガル編のあたりで。ポルトガル語もChaなんだよね。でも、隣のスペインもフランス語もteなの。 twitter.com/podoron/status…
野原シロ @noharashiro 2018-01-17 11:20:15
@podoron @s9uare6usher これ、興味深いなあ 文化の伝わり方と合わせて調べたら何か分かりそう
あおじゃ( し か ) @kakkou9999 2018-01-17 12:02:42
陸路→朝鮮chai→海路→日本cha の可能性 そうじゃなきゃ少なくとも一万年前からあることになりますよォ twitter.com/podoron/status…
ハルヤマ @haruyama241 2018-01-17 12:06:54
@podoron @anqmb よくわからないのだがあの時代のお茶は不味かっただろうね? 良薬口に苦し?
Yoshi TANAKA @Yoshi__Tanaka 2018-01-17 12:26:42
@cs1801 @podoron あああ、なるほど。で、ヨーロッパがだいたいTで始まる中、ポルトガルだけはCで始まったってことですか、そうなのかもしれないですね。ありがとうございます。
Yoshi TANAKA @Yoshi__Tanaka 2018-01-17 12:33:06
@cs1801 @podoron ああ、そうなんですね、じゃあきっと一理あるんでしょう。沢木耕太郎のその本では大陸を横断して最後にポルトガルにたどり着いた時に、「ヨーロッパ最端のここは「チャ」の国だった」みたいな記述があったんです。それを今回のツイートで思い出したんですよね。
バーバラ@carp&peace @carp0422 2018-01-17 12:52:49
面白い!と思って地理嫌いの息子に教えてあげたら案の定反応薄かった😔 twitter.com/podoron/status…
残りを読む(27)

ブックマークしたタグ

あなたの好きなタグをブックマークしておこう!話題のまとめを見逃さなくなります。

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2018-01-18 03:38:28
@podoron さんはじめ各氏に多謝(アカウントは前文の欄に)。誰でも編集可能です/幕末・明治時代の西洋概念の漢語翻訳も「日本系」と「中国系」があるな、そういえば。
紅茶中毒 @oogomanomadaran 2018-01-18 06:46:35
紅茶の消費量は毎年のように変動があって、トルコとかは上下してる。イスラム教の国なのでお酒代わりに紅茶を飲んでるのどけど、イギリスと違って同じ茶葉で何度も飲むから経済状況とかで変わるように感じる。
いかおとこ @mororeve 2018-01-18 08:03:10
茶の世界史持ってるけどまだ少ししか読んでない…この話は載ってた。
ま す @ryuta100kg 2018-01-18 09:42:22
シンガポールのバクテー(肉骨茶)の“テー”はteaだったのね
ま す @ryuta100kg 2018-01-18 09:47:30
沖縄だとどうなんだろう。さんぴん茶は“cha”だから、日本本土経由かな? 何か“Tea”系統の単語が残ってないかな。ただ、あったとしても沖縄の場合は台湾方面由来かアメリカ由来かの判別が難しいかも。
BIRD @BIRD_448 2018-01-18 10:18:53
イギリスの茶輸入は日本→中国→インドの順のハズ…
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2018-01-18 10:39:13
伝えた奴の方言という意味では、日本語の「漢音」「呉音」「唐音」に通じる話。
創世王 @souseiou 2018-01-18 12:19:46
船で運ぶ時に赤道直下の暑さで発酵して紅茶になったのかなぁ、とか。
紅茶中毒 @oogomanomadaran 2018-01-18 12:21:53
ryuta100kg 沖縄のお茶と言えば、さんぴん茶以外にぶくぶく茶、清明茶もありますが、どちらもチャと発音します。冊封使の中国人が茶を持ち込んだというのが記録にあるので、最初はティだったかもしれません。明治・昭和期になって本格的な茶の輸入が始まるので、そこからは日本の影響が出てチャに変わった可能性もありますね。
ま す @ryuta100kg 2018-01-18 20:21:34
oogomanomadaran なるほど~。ありがとうございます!
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする