2018年1月19日

熊本地震後2年目からの豊肥本線立野駅とその周辺の記録

2016年4月に発生した熊本地震により、豊肥本線・南阿蘇鉄道の立野駅は不通になりました。地震の2年後である2017年10月より、駅とその周辺を記録しています。
0

2017年10月来訪時

ゆう @YUroom88

10月訪れた熊本県豊肥本線立野駅。熊本地震以降、元の駅舎の様子ではないが、南阿蘇鉄道は赤錆が付いた状態でレールは残っている(JRのレールはない) pic.twitter.com/jIj1YBxrGw

2018-01-17 21:17:01
拡大
拡大
拡大
拡大
ゆう @YUroom88

待合室に置いてあった猫の置きエサ。にゃんこ先生方は元気のようだ pic.twitter.com/Bi7nbcOdVR

2018-01-17 21:22:48
拡大
拡大
拡大

2018年4月、南阿蘇鉄道と接続するためのホームが完成しましたが、再開はまだ未定の状態です

ゆう @YUroom88

駅を少し進むと白川を跨ぐ橋梁(第一白川橋梁)。廃線跡のようになってますが今後使用予定の雰囲気あり。これはこれで良い景色。 pic.twitter.com/vB8TZGhCQI

2018-01-17 21:28:02
拡大
拡大
ゆう @YUroom88

誤。立野橋梁でした。

2018-01-17 21:29:58
ゆう @YUroom88

立野橋梁は実際的には白川を跨いでいませんが、すぐ近くを白川は流れています。現在、このあたり治水工事中で立野ダムを施工中のよう。 pic.twitter.com/PI6KiX8HNW

2018-01-17 21:41:28
拡大
拡大
拡大
拡大

立野駅その周辺の状況

阿蘇大橋周辺の大規模斜面崩落で、立野駅があるJR豊肥本線と南阿蘇鉄道、そしてその2つの路線に並行する国道57号線も通行不能になりました

熊本市から阿蘇方面への道は現在ミルクロードに限られるため、国道57号線北側復旧ルートとして二重(ふたえの)峠トンネルの工事を進めています

二重峠トンネル阿蘇側入口をカルデラ壁より撮影

ゆう @YUroom88

立野方面から阿蘇市に抜ける道はミルクロードに限定されているため、現在新たにカルデラ外輪山をブチ抜く二重峠トンネル掘削工事中。地盤強度が弱い難工事のため施工者は先端技術を扱える清水建設など。発注者は国土交通省。2020年5月中に完成予定。図は清水建設HPより。 pic.twitter.com/W6G6QBsiuT

2018-01-17 22:06:39
拡大
拡大

二重峠トンネルは2019年2月に貫通し、2020年全線開通に向け現在も着々と工事を進めています

コメント

ゆう @YUroom88 2020年2月8日
まとめを更新しました。
0