2018年1月25日

古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 #6

更新6回目のまとめです。 岸本に対する金剛の反駁。鎮守府の成り立ちと今に至るまでの歴史とは。
1
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

「おや、それはどうしてかな?」 「アナタ方海経連に、個別の鎮守府や艦娘に対する命令権なんてないからデスヨ」 海経連? その言葉は、どこかで聞いたことがあった。確か、鎮守府を統括する各地の司令部の母体となっている組織だと青葉から聞いたような覚えがあった。

2018-01-25 21:49:00
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

「そもそも、『得体の知れない艦娘』とやらを何も知らない提督たちに押し付けて鎮守府を運営させたのはアナタたちでショウ。勝手にやれと放り出しておいて、今更首輪をつけようナンテ道理が通ると思いマスカ?」 金剛さんの言葉でやっと思い出した。艦娘が今の形で運用されるようになった経緯を。

2018-01-25 21:53:00
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

海経連――正式には日本海上経済連合会というのは、海運や造船、保険業界など各分野の大企業が寄り集まってできた経済団体だ。その昔、世界の海に突如深海棲艦が現れて船を襲って人類への攻撃を始めた時、これらの企業は最も大きな被害を受けた。その打開策を求めて共同で設立されたのが海経連だ。

2018-01-25 21:57:00
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

海経連はありとあらゆる方面から深海棲艦への対抗策を探し求めた。現代の戦闘艦は当然砲やミサイルなど深海棲艦への対抗能力を持っている。けれど、深海棲艦の真の脅威はその数だ。高額な砲弾やミサイルをいくら費やしても深海棲艦の侵攻を押しとどめることはできなかったし、人類の首が先に締まる。

2018-01-25 22:01:00
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

深海棲艦を殺す薬剤、深海棲艦を追い払う音波、深海棲艦の脳に作用する電波、深海棲艦を幻惑する光線などありとあらゆる研究が試みられたが、そのいずれも奏功しなかった。そんな状況下で唯一の希望となったのが、海上で砲や魚雷を背負った女の子が深海棲艦と戦っていたという複数の目撃証言だった。

2018-01-25 22:05:00
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

その女の子たちは深海棲艦同様海から現れる正体不明の存在だったものの、一時的には深海棲艦を圧倒し撃沈せしめることもあったという。その女の子たちを集めてタンカーや客船の護衛をさせたり、人間の手で指揮して深海棲艦に対抗させられないか。それが海経連の至上命題になった。

2018-01-25 22:09:00
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

しかし、その女の子たちに接触するには深海棲艦のいる海を探し回らなければならないし、意思の疎通ができるのかもわからない。そんなある日、知らせが舞い込んだ。曰く「吹雪」と名乗る艤装を背負った女の子の「提督」となった一人の青年が、横須賀の港に「鎮守府」を構え深海棲艦と戦っているという。

2018-01-25 22:13:00
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

青年はある日の夕方、横須賀の港に打ち上げられていた「吹雪」と出会った。青年は海とは何の関わりもない一般人だったが、初対面の吹雪は彼を「司令官」と呼んだ。そしていつの間にか彼と吹雪にしか見えないヘルメットをかぶった小人が現れ、近くの建物を「鎮守府」として設えた。

2018-01-25 22:15:00
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

吹雪は青年の指揮のもとで深海棲艦と戦い、戦果を挙げ、同じように艤装を背負った女の子を増やしていった。そして、同じような事例が日本の各地でも報告された。「鎮守府」が置かれた場所はいずれも旧帝国海軍が鎮守府や泊地を構えた場所で、女の子たちはいずれも旧帝国海軍の艦の名を名乗った。

2018-01-25 22:17:00
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

横須賀のほか、呉、佐世保、舞鶴、大湊と各地に鎮守府が構えられ、いつしか「艦娘」と呼ばれるようになっていた艤装を背負った女の子たちも、その数を増やしていった。同じ艦の名前を名乗る女の子が複数存在する場合もあったため、最初に横須賀に打ち上げられた吹雪は「はじまりの吹雪」と呼ばれた。

2018-01-25 22:21:00
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

海経連は「提督」と艦娘の確保、それに戦力の拡充に躍起になった。艦娘の提督に選ばれるには、血筋にも性格にも年齢にも能力にも関わりのない何がしかの素質が必要だったために、提督となれる人材の確保は困難を極めたという。

2018-01-25 22:25:00
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

それ以外にも問題はあった。多くの場合海のことなど何一つ知らない上に「旧帝国海軍の艦がどういう訳か女の子の姿に生まれ変わったらしい」艦娘を指揮して深海棲艦と戦えなどと言われた「提督」は皆往生した。そんな彼らのために、海経連は各地に「司令部」を立ち上げ、各鎮守府の指導に当たらせた。

2018-01-25 22:29:00
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

司令部は各鎮守府に「任務」という名目で護衛や出撃などの仕事を与え、それが達成されると鎮守府や提督はその報酬を受け取る。任務と銘打ってはいたが、これは少なくとも形式上は命令ではなかった。艦娘という武力に命令を下す武装組織=旧日本軍の復活だという批判を海経連が受けないためだ。

2018-01-25 22:33:00
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

大企業が「武力」を握っていると見なされれば、国や国民からの反発は避けられない。艦娘がいずれも旧帝国海軍の艦の名を名乗っているという点も懸念材料だった。艦娘という武力を運用し命令を下しているのはあくまで鎮守府と提督であり、海経連は業務を依頼しているだけという形式を堅守したのだ。

2018-01-25 22:37:00
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

古いことな上、普段任務をこなすにあたっては意識に上ることも滅多にないため、最近着任した艦娘にとっては座学の時間に教えられても実感のわかない話だ。けれど、今回は金剛さんがそれを覚えていてくれて助かった。岸本がぶち上げた言い分に従ってやる道理など、私たちにはないのだ。

2018-01-25 22:41:00
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

しかし、岸本は怯んだ様子を見せることはなかった。 「そう、我々海経連には君たちに対する命令権がない。その状況こそがおかしいと思わないかい? 君たちは実質野放しだ。その状況を打開して、艦娘をきちんと国家の鎖の下に置かなければならない」

2018-01-25 22:45:00
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

金剛さんの返答は冷静さを保っていた。 「それが艦娘法だとでも? 艦娘法の趣旨は国が海上輸送網とその護衛の艦娘の割り振りを一元的に管理することで輸送の効率の向上と艦娘の負担を軽減することデス。国からの護衛の指示にしても法的な拘束力はありまセン。なぜなら艦娘は軍隊ではないカラ」

2018-01-25 22:49:00
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

「そう決めたのはアナタがただ。違いマスカ?」 岸本のニヤニヤ笑いはやまないものの、反論はなかった。 「サア、もうお帰り願いまショウカ。もともと私たちにはアナタがたの視察を受け入れなければいけない道理もノーなんデスカラ」 金剛さんの言葉に、雷ちゃんがかすかに身体を震わせた。

2018-01-25 22:53:00
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

肩をすくめた岸本がドアに向かって歩いていき、吹雪改二もそれに従う。このまま大人しく帰ってくれるのかと思いきや、戸口で岸本が振り返った。 「相変わらず小知恵が働くようだけどね金剛。まあ、所詮艦娘風情ではその程度というところか。私はもっと大きな視点で物事を考えている」

2018-01-25 22:57:00
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

のちのち後悔しないように気を付けるんだね、と捨て台詞を吐いて、岸本と視察団は部屋を出ていった。金剛さんが大きくため息をつく。 「マッタク。やっと引き下がりましたネ。アレはあの程度の器の人間デスが、悪知恵は働きマス。油断はノーデスヨ」 黙りこくったままの雷ちゃんが小さく頷く。

2018-01-25 23:01:00
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

雷ちゃんのことも心配だったけれど、それよりもまずは古鷹ねーさんだ。 「ねーさん大丈夫? あんなの気にしなくていいんだからね?」 「うん……あの、金剛さん。私まずいことをしちゃったんでしょうか?」 心細げに古鷹ねーさんに尋ねられた金剛さんは、それまでとは打って変わった笑顔になった。

2018-01-25 23:05:00
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

「心配ナッシング! 古鷹は何も悪くないんデスから、悩む必要ありまセン! 青葉とデートでもして忘れることデス!」 金剛さんに背中を叩かれ、古鷹ねーさんがぎこちなさを残しながらもしっかり頷く。 「サア、テートク! 執務室に戻りまショー! 余計な時間をとられて仕事が山積みデスヨ!」

2018-01-25 23:09:00
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

古鷹ねーさんに手を振って、金剛さんに背中を押された雷ちゃんとともに部屋を出る。そう、何も心配することはないのだ。私たちは何も悪いことをしているわけじゃない。堂々と胸を張っていればいい。そう思うと足取りも軽くなった。そう、この時まだ、私は知らなかった。

2018-01-25 23:13:00
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

私たちが置かれている状況の、真の危うさを。

2018-01-25 23:17:00
残りを読む(1)

コメント

オオグンタマのエヒフ @n_and_a_dad 2018年1月26日
古式若葉に見えてびっくりした(笑)
1