【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!
630
ログインして広告を非表示にする
山猫だぶ @fluor_doublet 2018-02-04 02:38:25
撮影用に、毒の壁紙の額縁を、150年ぶりに開封してる。1852年から、開けられてないっぽい。 pic.twitter.com/OkZPFe89en
 拡大
山猫だぶ @fluor_doublet 2018-02-04 02:41:45
この、ヒ素を含んだ鮮やかな緑の顔料、パリグリーンは、カビが生えると毒ガスを出す。ナポレオンを殺したのは、この壁紙じゃないかと言われるぐらい。 pic.twitter.com/R7xrEQ6LU6
 拡大
ゆっくり会計士 @yukkurikaikeisi 2018-02-04 18:54:43
@fluor_doublet @satokeso ナポレオンの姉妹はジョゼフィーヌが緑のドレスを買ったと知って、嫌がらせに舞踏会の壁という壁を緑にしたことがあります。
ブランフェムト @egULour6W03pFqt 2018-02-05 12:26:48
@fluor_doublet ナポレオンの死因は毒盛られた(ヒ素)と見た事あるけど壁紙だったのか。
🍎 @_omomomo 2018-02-05 19:32:38
パリグリーンとヒ素の話、ナポレオンがめっちゃお気に入りの色(そもそもナポナポめっちゃ緑色好き)、政務室をはじめとする室内をとある緑色で統一してたとかいういわれがあって、その「とある緑」をフラ語だとvert empire とかvert impérial とかいって、これがパリグリーンてやつ多分。。
山猫だぶ @fluor_doublet 2018-02-04 02:43:49
今は、塩素化フタロシアニン銅のフタロシアニングリーンがあるから、鮮やかな緑色顔料には困らないけれど、150年前は、こんな厄介な色を使っていたのよね。
山猫だぶ @fluor_doublet 2018-02-04 02:46:28
ちなみに、パリ・グリーン (Paris green) って、なんかロマンチックな名前っぽいけど、ただ単にパリの地下水道のドブネズミ殺しに使われただけですから。
山猫だぶ @fluor_doublet 2018-02-04 02:55:54
亜ヒ酸銅系顔料は主に二つありまして、普通の亜ヒ酸銅が、シェーレ・グリーン(左)酢酸銅から作るアセト亜ヒ酸銅が、パリ・グリーン(右)です。パリ・グリーンはいろんな呼び名があるんですが、「エメラルドグリーン」とかつて呼ばれたのは、こいつです。 pic.twitter.com/XAvlzBB6IU
 拡大
山猫だぶ @fluor_doublet 2018-02-04 02:58:23
顔料としては、カビが生えると毒ガスを出して部屋の住人を病気にしてしまうのが明るみに出て、1850年ぐらいから使用が減りますが、ナス科の植物(タバコ、トマト、ジャガイモ)の害虫に劇的に効くらしく、農薬としてはだいぶ後まで作ってました。
山猫だぶ @fluor_doublet 2018-02-04 02:59:29
マラリア蚊をぶっ殺すのに、蚊の住んでそうな水たまりに放り込むって使い方を第二次世界大戦後までしてたらしいです。
山猫だぶ @fluor_doublet 2018-02-05 01:40:52
1880年頃のアメリカで刷られたパリ・グリーンの農薬トレーディングカード。当時、ブルックリンには多くの顔料・染料企業が林立し、多くの製品を生産していたが、パリ・グリーンはその毒性の強さもあって、1800年代末は顔料使用より農薬としての利用のほうが盛んだった。 pic.twitter.com/6UK22XCwrE
 拡大
山猫だぶ @fluor_doublet 2018-02-05 02:25:23
“Shadows from the Walls of Death” や、"Bitten by Witch Fever" の壁紙見本と比べ、だぶさんコレクションがすごく凝ったデザインなのかがわかるかと思います。なんかこれ、展示会で特別に刷ったものらしいのです。色を見ると、パリ・グリーンを使ってるな、ってのが瞬時にわかります。 pic.twitter.com/2zF5Ni6xpy
 拡大
山猫だぶ @fluor_doublet 2018-02-05 02:27:02
パリ・グリーンの緑は、独特の青みの強い緑で、カメラで取ろうとするとひどくホワイトバランスが高温側に転ぶんですよね。
山猫だぶ @fluor_doublet 2018-02-05 02:41:38
無機化学者のグメリンが「その壁紙は危ないからやめろ」と新聞記事を掲載したにもかかわらずしばらく使い続けていたのは、壁紙業者が拒否したからです。当時、銅製錬でヒ素がいっぱい出てきて、ヒ素が余ってたんですよね。で、何度も何度も顔料の名前を変えて逃げ続けて、混乱の原因になりました。
山猫だぶ @fluor_doublet 2018-02-05 02:42:46
それもあって、パリ・グリーンはいっぱい別名があります。一番有名なのは「エメラルド・グリーン」でしょうか。まあでもこの名は当初から使ってたらしいんですけれども。
山猫だぶ @fluor_doublet 2018-02-05 02:54:25
人間が、理想の「色」に行きつくまでに、どれだけ苦労したかがわかるかと思います。大昔の顔料は、毒ばっかりです。それを克服できたのは「化学」の力でもあります。
山猫だぶ @fluor_doublet 2018-02-05 02:57:13
そう考えると、ラピス・ラズリはあの鮮やかな色でありつつ、いっさいの毒性を出さない、ってのは奇跡的ですね。紀元前から今現在まで、途切れることなく使われている数少ない色です。まあ、天然から合成に切り替わり、値段は千分の一になりましたが。
ドレスになったパリグリーン

ドレスは毒以外にも、暖炉の火が引火!などの事故が多かったようですね。

山猫だぶ @fluor_doublet 2018-02-05 13:00:27
ビクトリア朝のドレス、面白いですよね。パリグリーンで染めてあるんですよ。たぶん、酢酸銅で媒染して、それを亜ヒ酸ナトリウム水溶液に放り込んで煮て洗って、を繰り返し染めたんでしょうね。きれいですよね。着たらヒ素中毒になるというおまけつき。 hyperallergic.com/133571/fatal-v… pic.twitter.com/iRyu04de90
 拡大
リンク Hyperallergic 436 Fatal Victorian Fashion and the Allure of the Poison Garment Opened this week at the Bata Shoe Museum in Toronto, Fashion Victims: The Pleasures and Perils of Dress in the 19th Century explores the dangers of style not just for the wearers, but for the people who made the clothing as well.
花粉絶許無謝歌八 @AI_Shinonome 2018-02-05 19:19:57
このドレスを着た女性は必ず死にます。
ほほほ @ez5 2018-02-05 15:07:29
@fluor_doublet @nasumoku 染色業者はいったい何人死んでるんだ?くらいのインパクトですね!
残りを読む(28)

ブックマークしたタグ

あなたの好きなタグをブックマークしておこう!話題のまとめを見逃さなくなります。

コメント

ろんどん @lawtomol 2018-02-05 21:22:03
まあこの頃より後でもラジウムを時計に塗ったりアスベストをそこら中で使いまくったりしてたんで
中野貴雄とギャルショッカーズ @galshocker 2018-02-05 21:51:25
「神州纐纈城」は人間の血でないと出せない赤色の布の話
筐ヶ瀬 巻飴 @KATAMIGASE_Mai 2018-02-05 22:17:56
ゴレンジャーの空中要塞だ!
巳堂鷺之丞 @saginojoh 2018-02-05 22:23:23
カイガラムシのピンクはどうなんだろうか…
やましよ @kkr8612 2018-02-05 22:37:15
農薬カードで虫が4本足で描かれてるのがすごく気になる。それだけ自然物の観察がいい加減だったということか。
せい @tarotaro2007 2018-02-05 22:40:04
昔は鉛を顔に塗り、水銀を薬と思って飲んでいました。
鈴木 @jack_tarou 2018-02-05 22:41:15
辰砂(赤)は水銀だし黄色もカドミウムだしで、顔料は毒系多い。 鍍金(めっき)するときにも水銀使ったりで大仏作ってる最中には結構沢山死んだんじゃないかなぁ。白粉も鉛使ってたっけか。
内藤冥夜 @nightmere666 2018-02-05 22:46:28
夜泣きする赤ちゃんにアヘンチンキ混ぜたミルクを飲ませておとなしくさせていたけど、気づいたら子供達が阿片中毒にっていう話もあったけど、それよりこわい話だった!
TD-M18もっこㄘん @Mokko_Chin 2018-02-05 23:47:09
発がん性があり病魚薬としても用いられるマラカイトグリーンも、こんな感じの綺麗な緑だね。
den3 @yoshiyukidenki1 2018-02-05 23:49:06
たどたどしそうだたどたどあここつ
リコ/みつき @rico_o 2018-02-06 00:01:00
子供の頃にエメラルドグリーンは舐めたら駄目みたいな話はされてたな…当時色としては基本色になかったから新しい色という感覚だった。
枝豆歯車な緋蓮 @hiyokurenri688 2018-02-06 00:01:45
鉛白によるシルバーホワイトもそうだよね。
ジュンドルキャン@国信生 @NKsinto1 2018-02-06 00:15:52
アホそうな女のハロウィン衣装に着させてやりたいな
歩 or Ex-S歩道橋 @10gal_Ayumu_146 2018-02-06 00:28:49
こういうの知ると「過去にタイムスリップして現代知識で無双!」とか、それする前に死んじゃいそうって思っちゃう…
胡蝶 @uturobuneco 2018-02-06 00:29:37
ヒ素色々もですが、壁紙自体も「張り替える」という概念が無くて、汚れたら新しい壁紙を貼る程度だったみたいですね。ナイチンゲールなんかは著書で塗料の害だけでなく、その辺りのことを「不衛生極まりない」と断言してたり
しぇりりん(金欠ちゃん) @m_sheririn 2018-02-06 00:43:31
水彩絵の具(小学生向けのやつじゃ無い奴)は結構重金属使ってるから甘くても舐めたらいかんぞ…
私は16TONS@大阪の崇高なるダダイストにして、尋常ならざる性癖を帯びたもの @moonintears16t 2018-02-06 01:09:14
緑自体は銅由来だけど、砒素と化合するとこんなにさわやかな色になるんだ。そら使いたくもなるわな。
ちら男 @vegykebexok 2018-02-06 01:52:44
宝石にもあるよ。昔、ラジウム照射でダイアモンドを緑色に出来ることが発見されたものの 出来上がった宝石は高い放射能を持つことになって「身に付けると死ぬ宝石」が出来てしまった。現在は安全に色を替える方法が確立されたけど、まだアンティークとして残っている可能性はあるっていう。
空家の恵比寿様(aka ココロのポス) @ebcdic_ascii 2018-02-06 05:48:38
そういや緑青に毒性は無いんだっけ、って以前別のまとめで書いた気が。 http://bit.ly/rokusho
田中 @suckminesuck 2018-02-06 07:09:18
ウランガラスとかゴイアニアのセシウム被曝とか似たようなことは近現代でもあるなあ
みゆう @MinamidaYminami 2018-02-06 07:11:28
綺麗な緑色だがな (=*´人`*=)💚
てのひら @TOan_canth 2018-02-06 07:23:55
昔の少女漫画では邪魔な相手を消すための毒のドレスってネタは見たことあるんですけど、創作じゃなくて事実だったのか…
ポテコ @poteccco 2018-02-06 07:41:55
日本の昔の浮世絵?絵画?とかに使ってた顔料も有毒なものあったよね。筆先を舐めて整える作法のある職人たちが軒並み短命だったと前に何かの番組で見たことがある。 毒の認識や知識が無いというのはそうだけど、美しいものを作ろうとする執念はすごい。
ネム @oekakinemu 2018-02-06 08:13:09
こういう話聞くとわくわくするなあ、毒で染め抜いた衣なんてもう、ヘラクレスを殺したネスソスの毒の衣みたいじゃん。中国あたりのこういう怖い話も読んでみたいなー
汐鈴@がんばろう瀬戸内 @cio_lunacy 2018-02-06 08:19:43
ウランガラスは岡山の人形峠で現在でも作られてますが、含まれるウランの量はほんっと微量なので毎日使ってても全く健康に影響無いです(´・ω・`) suckminesuck
ミの字 @wood0593 2018-02-06 08:20:44
化学会社のホームページを作ってた時、「一般の人は緑で植物や自然の色を連想するんでしょうけど、ケミカル屋にとってはグリーン=毒なんで、緑ベースのデザインはヤメテ絶対」って一番最初に担当者に言われたのを思い出した。
Rook(るーく) @Rook_AK 2018-02-06 08:21:38
中国では昔から砒素の毒性は理解されててかなり昔から暗殺とかで使われてた筈
マシン語P @mashingoP 2018-02-06 08:54:53
アメリカではグリーン=毒のイメージで子供が触れてはいけない薬品の入れ物は大抵緑だそうで。何故ブラックやレッドで無いのかと疑問でしたが、ひょっとしてこれが由来か…
(ワ) @soisophisophi 2018-02-06 08:55:03
美しさと残酷さはつねに背中あわせ…(だれ)
職人/げるびらりあ @gervillaria 2018-02-06 09:58:33
歴史上のミステリーってのがこの類の話で説明できたりしてね。
みみなが もとの @miminaga 2018-02-06 10:03:10
外国の昔話に出てくる「しめると死ぬ飾り帯」って意味分からなかった(毒針を仕込んでおいた、またはそれを目印に密かに別人がくびったとか思ってた)けど、もしかして染料が毒だった可能性も?
A.Ichiro@世をしのぶカエルの姿🐸 @A_Ichiroo 2018-02-06 10:24:49
昔の画家は、絵の具由来の中毒や病気になってる人が多かった、と何かで読んだ。
@sbayasi 2018-02-06 11:47:04
こういうの見てると、現代で一般的に使われてる技術や物質のなかにも「あの時代はこんな危険な物を日常品に使ってた」って後世言われるものが多数出てくるんじゃねーかなって気が。さすがにこんだけ色々知見が集まってる時代にさすがにあまり無いんじゃないかと信じたいが。
いとけい @itokei_ 2018-02-06 11:48:18
画材屋でコバルトが入った絵の具は見たことあります
ヘルヴォルト @hervort 2018-02-06 12:40:06
毒で緑をイメージする場合の由来なのかな?
やちよ @8000yo 2018-02-06 13:22:50
パリグリーンは19世紀に印象派で人気が出た色・名称で、ナポレオンの時代とかぶるのはシェーレグリーンだと思います。 仏語のWikipediaのVert de Parisでは印象派画家の死が、英語WikipediaのScheele's Greenではナポレオンの死について言及があります。
kartis56 @kartis56 2018-02-06 14:27:50
ひっくり返ってる害虫が足四本でもにょる…
純情キムワイプ @leafracoon- 2018-02-06 15:57:39
まとめにある壁紙業者の愚かな抵抗、新しいコスモスで出てきた鉛害を告発したヒトへの妨害工作を思い出した。
山猫だぶ @fluor_doublet 2018-02-06 18:17:40
ああ、パリ・グリーンのはっきりと記録の残る大規模生産は 1814 年(ウィーン)からです。ナポレオンがロングウッドハウスにいたのは、1815年から1821年まで。
蘭子(眠気のデス・ロード) @ranco1129 2018-02-06 19:06:49
ほんとうにあったこわいはなし。(・ε・)
巳堂鷺之丞 @saginojoh 2018-02-06 21:49:22
魔女の釜とか鍋とかで緑の何かがぐつぐつされてるのってこの辺由来だったりするのだろうか
しぇりりん(金欠ちゃん) @m_sheririn 2018-02-06 23:07:48
緑青(銅のサビ)が毒とずっと思われてたのはこの辺からの誤解かしらね。確かに緑青も毒っぽい感じするし
通りすがりのだいこん @KansaiF 2018-02-07 14:02:08
昔、化粧品に含まれていた銅由来の成分が毒で、奇形児がよく産まれたとかの話は、緑青ではなくカドミウムだね。亜鉛に含まれてて、そっちが化粧品で使われた。それとこのパリグリーンが混ざって誤解になったのかも。緑青が猛毒って思ってたクチだわ、勉強になりましたー。
岡一輝 @okaikki 2018-02-07 14:55:47
美術や歴史がいつの間にか化学に。文系理系の区別ってやっぱりナンセンスだよねえ。釉薬だの染料だの、昔は錬金術師の仕事だったというし。
しわ(師走くらげ)@余暇ください @shiwasu_hrpy 2018-02-07 15:00:20
miminaga 白雪姫のアレですか。可能性は無きにしも非ずそうですけどそれより先に魔女死にそうな気が(製造途中で)。
ぱんどら @kopandacco 2018-02-07 17:48:31
紫なら一目見て「あ、毒だ」と判るんだが(RPG脳
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2018-02-07 23:33:53
シェーレ・グリーンの名前の由来になったカール・ヴィルヘルム・シェーレは、この合成色素の世界初合成の他、各種の有機・無機化合物を発見し、青酸の別名にも名前が付いています。彼は発見した物質を舐める癖がありましてねぇ…。
kawonasi @kawonasi4989 2018-02-08 01:27:30
「緑青は猛毒だ」という誤認識←足尾銅山の鉱毒が原因だと思ってた。ま、あれも砒素が原因な訳だが
なんもさん @nanmosan 2018-02-08 02:02:39
lawtomol ラジウムの蛍光塗料はα線が金属やガラスでほぼ遮られるため、時計を装着する人に被害はほとんどありませんでした(被害を受けたのはほぼ全員が時計製造の職工さんで体内被曝)。そんなわけで結局のところ、わりと最近まで代替品がなかったせいもあって、蛍光塗料に放射性物質は普通に使われてたのでした。まあそれ以前に量産品のクオーツ時計は電気で対処できてましたけどね。
日本大好きakita_komachi @antiMulti 2018-02-08 15:00:28
印刷インクのCMYKのCってシアンのこと。シアン化カリウムが青酸カリ。(現代の家庭用プリンターインクは安全性に配慮した成分にはなっていると思う)
山猫だぶ @fluor_doublet 2018-02-08 17:40:25
シアンはもともとギリシア語の「青」の意。シアン化水素は青色顔料の「プルシアンブルー」(こっちは「プロイセンの青」の意)と酸から作られた物質なので、青(シアン)が名前に入っているのです。日本語では青酸。だからインクの「シアン」は、単なる「青」の原義どおりです。
佳璐 @_keiro_ 2018-02-08 17:41:54
天然の青や緑の顔料は宝石砕いてたり、金属だったりしますもんね… 子供の頃油絵教室に通ってたけどおやつタイムの時だけは緑とかカドミウム系の色の絵具触ったら手洗いなさいって口を酸っぱく言われた覚えが 即死ぬレベルではないけど今でも普通に画材屋で売ってるから絵を描く人や子供に習い事させてる人は気を付けた方がいいですね… 絵具の顔料の種類によっては大丈夫だけど
となりのみゅー @deepsnow374 2018-02-08 17:49:17
農薬トレーディングカードっていうのがあるのも驚きだけど、虫の脚が4本しかないのがものすごく違和感ある。当時の人たちには昆虫の脚が何本あるかなんてどうでもよかったんだろう
たるたる @heporap 2018-02-08 18:33:58
トリチウムを使った光るキーホルダーもありますね。 一部のキーホルダーは原子力規制委員会から指導が出てます。 http://www.nsr.go.jp/data/000203700.pdf
ぽんぽこたぬき @pompocotanuky 2018-02-08 20:22:33
緑色で思い出したけど、アブサンには中毒起こすほどの毒性がないらしい。ひょっとして有害な着色料でも添加してたとか?
まぢま @madimanori 2018-02-09 19:50:37
綺麗な緑が残ってる。そら使いたがるなぁ。
köümë @tknr_koume 2018-02-10 03:02:43
フランスファイブの追加戦士だな
しぇりりん(金欠ちゃん) @m_sheririn 2018-02-10 13:16:53
ピトフーイという有毒の鳥も色鮮やかだよなぁ
山下238 @Yamashita238 2018-02-10 16:38:57
ゴレンジャーのバリドリーンかと思った。
つがちはら @tsuga_chihara 2018-02-10 21:19:15
江戸時代の将軍が何代か早死にしたのは乳母の化粧品に毒性があったとか
すとろんぐすたいる @pepee0213 2018-02-12 19:42:26
自動車事故とか排気ガスは、将来から見たら無知蒙昧で野蛮って思われるんだろうな
@wanwanbawbaw 9日前
tsuga_chihara 鉛白粉や水銀白粉の時代ですね。当時女性は胸にもおしろいを塗っていました。赤ちゃんはそのおっぱいを吸ったり顔をくっつけたりしますので…
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする