2018年「イナンナの冥界下り」欧州(ロンドン、リトアニア)公演ツイート

てんらいイナンナプロジェクト・欧州公演のようす。随時更新します。
6
前へ 1 ・・ 10 11
ヲノサトル @wonosatoru

種類はぜんぜんちがうが明和電機も常に「出たとこ勝負」のプロジェクトだ。なにしろ使う楽器が自主開発製品なので、演奏中よく壊れる。壊れても the show must go on(幕は閉じられない)わけで、「明和電機の製品はすぐに壊れます(観客・笑)そのかわり、すぐに直せます」が初期のキメ台詞だった

2018-02-19 16:11:55
ヲノサトル @wonosatoru

承前)このキメ台詞どおり、ひとたび製品から煙や火花が上がると工員らが駆けつけ、すかさずステージ場で修理してしまう。本来の上演計画にとっては完全に想定外のその工程もまた、「明和電機のパフォーマンス」の一部なのであった。

2018-02-19 16:14:32
ヲノサトル @wonosatoru

承前)明和電機における「事故」のポジティヴな意味については、ヴィリリオを参照しながら「ステージ上で事故が起こることによって初めて、そこにあるテクノロジーが可視化される」という文章を書いたことがある。事故が起きて初めて、行われていたのがじつは綱渡りのような曲芸であったとわかるのだ。

2018-02-19 16:18:56
ヲノサトル @wonosatoru

というわけで再来月は久々の明和電機公演に出演します。何が壊れるかお楽しみに…(結局ステマか) maywadenki.com/news/jigyouhou…

2018-02-19 17:08:06
安田登 @eutonie

『イナンナの冥界下り』欧州公演のブログ。今日は「ちょっと息抜き」ということで、大英博物館で見た楔形文字のタブレットの話を書きました。あまり時間がない(ブログなど書いてないで仕事や報告書をやれ!と言われそう)ので、ちょっとしか書いていませんが。 inanna.blog.jp/archives/10697…

2018-02-19 10:27:28
安田登 @eutonie

それにしても今回の欧州公演はアクシデントが多かった。生真面目な人だったら、最初の数回で胃をいためるか、失踪するか、怒り大爆発するか、隣りの人を殴っちゃうかしそうだけど、今回のメンバー(含む海外)は最後の最後まで「面白くなってきたぜ(byヲノさん)」の人たちばかりでほんとよかった。

2018-02-20 17:19:41
安田登 @eutonie

今回のメンバーに共通していることは、何かアクシデントが起こったとき(例えば用意されているはずのものがなかったとか、使えるはずの会場が使えない)というときに「なぜ、そんなことが起こったのか」とは聞かずに、「じゃあ、どうやってカバーするか」とすぐに動くこと。誰かを責めている暇はない。

2018-02-20 17:22:27
安田登 @eutonie

最高のアクシデントは、リトアニアの会場が独立100周年で突然使えなくなったこと。それを聞いたのが10日ほど前。奈々福さんに話したら、「まあ、いざとなったら個人のお宅ででも」なんて感じ。気楽。リトアニアのグレタも「神に任せましょう」と。そして結局国立ドラマ劇場で通路にも座る満席。すごっ

2018-02-20 17:28:13
安田登 @eutonie

すべきことをちゃんとして、最後は神さま(阿弥陀様でも大日如来でも運でもいいんですけど)に任せるって大事ですね。気持ちが楽になります。僕はこういうときに『荘子』の「天鈞に休(いこ)う」って言葉を思い出して、宇宙空間にぽっかり浮かんで、天の天秤の真ん中に座っている感じになります。

2018-02-20 17:37:05
安田登 @eutonie

海外の方と仕事をしていると、やはり神さまを信じている強さってあるなぁと感じます。僕は『荘子』とか『論語』とか、そして『聖書』などが支えになっていますが、自分自身しか支えがない人は危機状態ではその自分自身が揺れているわけですから大変すぎる。だから人を頼って、人を責める。

2018-02-20 17:50:19
安田登 @eutonie

神さまを信じるということは、あまりに大変なときには神さまを責めたりもするという可能性もある。イエスも、神さまに「なぜ私を見捨てたのか」というし、天を怨みずと言った孔子も高弟、顔回の死に際しては「天、予を喪(ほろぼ)せり」と恨み言を述べている。まあ、それでいいんですね。

2018-02-20 17:56:19
安田登 @eutonie

これから(22時すぎから)欧州公演の会計の打ち合わせ。本当はもう少し早い時間からできると思っていたのですが、こんな時間に…。「別に今日でなくてもいいよ」とは伝えたものの、じゃあ、いつできるかという約束ができないので結局、この時間から。ほんと、数字に弱い自分のせいで申し訳ないです。

2018-02-20 21:51:04
KT @uduhayla

昨日東洋英和生涯学習センターのシュメール語、アッカド語、聖書ヘブライ語すべての講座が終了しました。講座を担当し始めてから早10年近く、たくさんの受講生に恵まれ、充実の日々でした。受講生からたくさんの刺激もいただき、シュメール語講座からは『イナンナ』プロジェクトも生まれました。

2018-02-20 09:50:41
玉川奈々福 @nanafuku55

「イナンナの冥界下り」ブログを更新しました。「欧州公演報告」……長いです。inanna.blog.jp/archives/10698…

2018-02-22 02:51:31
小二田 誠二 @KONITASeiji

素晴らしい公演の、すばらしいレポート。 twitter.com/nanafuku55/sta…

2018-02-22 08:24:18
安田登 @eutonie

『イナンナの冥界下り』欧州公演のまとめのブログを玉川奈々福さんが書いてくれました~!写真もいっぱいあって楽しいです。 inanna.blog.jp

2018-02-22 07:47:17
安田登 @eutonie

ロンドン大学中近東音楽考古学教授のRichard Dumbrillさんから先日の『イナンナの冥界下り』ロンドン公演の感想をいただきました。以下、ご紹介します…が、ほめ過ぎで、恥ずかしいので和訳はつけません。

2018-02-25 10:54:22
安田登 @eutonie

Thank you for such a wonderful masterpiece. It was extraordinary, magical. It sort of prooves that Sumerian was a spoken language. The writing was perfection. The beauty and simplicity of the presentation was amazing. Very different to the west. I was really impressed. 続)

2018-02-25 10:54:44
安田登 @eutonie

承前)it is of international standard.Should be shown at Yale, Stanford, and everywhere where there is Sumerian education. The representation of Inana, as a doll was wonderful. She looked so real. Your dancing was amazing.(続

2018-02-25 10:55:23
安田登 @eutonie

承前)Please come again, also to Paris, there is a beautiful audotorium at the Sorbonne University. 以上

2018-02-25 10:55:44
安田登 @eutonie

もう3月。先日の欧州公演でひと区切りが『イナンナの冥界下り』、そのプロジェクトも終わりに近づいています。お世話になりました「てんらい」もこの3月で役目を終えます(9月17日の「てんらい能の会」がありますが)。新たな会員の募集や延長はいたしません。本当にありがとうございました!

2018-03-01 23:43:15
玉川奈々福 @nanafuku55

欧州公演の写真見てたら、ヲノサトルさんが撮ってくれたこの写真みつけました。ヴィリニュスの聖堂の前にて。かすかに雪の舞うなかを、夜中、あるいておりました。公演終わってほっとして、リトアニア料理たっぷりたべてお腹もいっぱいで、空気は澄み渡っていて。 pic.twitter.com/IqLetbcmnK

2018-03-02 00:46:55
拡大
安田登 @eutonie

『見えないものと仲良くなる』の第7回目がアップされました。「見えないものと仲良くなるためのツール5、祈り(1)」です。今回の欧州公演の話から「祈り」について考えています(次回に続きます)。どうぞ~! akishobo.com/akichi/yasuda/…

2018-03-22 18:43:17
前へ 1 ・・ 10 11