21
講談社学術文庫&選書メチエ @kodansha_g
話題沸騰の『なぜ世界は存在しないのか』の著者マルクス・ガブリエルさんから、編集部に日本の読者の皆さまへメッセージが届きました(*^ー^)ノ♪今から連続でツイートします! pic.twitter.com/xib69VNQBT
 拡大
講談社学術文庫&選書メチエ @kodansha_g
① 日本の読者の皆さまへ 『なぜ世界は存在しないのか』が日本語で読めるようになったこと、とても嬉しく思っています。この本では、哲学に時代の転換をもたらそうとしました。つまり、ポストモダンの後に来るべきは「新しい実在論」だということです。
講談社学術文庫&選書メチエ @kodansha_g
② 新しい実在論は、二つのテーゼからなっています。「わたしたちは、現実をあるがままに認識することができる」。しかし「現実は、何か巨大な対象として存在しているわけではない」。現実それ自体は、現実に存在する物ではありません。
講談社学術文庫&選書メチエ @kodansha_g
③  これによって、今日の自然科学的世界像は、一種の形而上学として厳しく批判されることになります。どんな形をとっていても、およそ形而上学は、存在するあらゆるものを見渡すことができると考えます。しかし現実は、見渡しがきかないほど複雑で、果てしなく重層的です。
講談社学術文庫&選書メチエ @kodansha_g
④ ちょうど東京の街のようなものです。東京は、単一物として存在しているわけではありません。日本でさえ、単一物として存在しているのではない。存在しているのは多種多様な様相や相貌であって、そこには、すべてを包摂する単一性などありません。
講談社学術文庫&選書メチエ @kodansha_g
⑤ 単一物としての現実、すなわち「世界」に代わって、さまざまな意味の場の果てしない増殖と拡散、果てしない生成と変化が立ち現われてくるのです。そこには始まりも終わりもありません。
講談社学術文庫&選書メチエ @kodansha_g
⑥  日本でも多くの方がこの本を読んでくださるといいなと思います。わたし自身、これまでも「日出ずる国」に旅するなかで、日本文化にみられる美、細やかさ、現実経験の在り方に触れる機会を得てきましたが、いっそう日本文化と対話を重ねていきたいと思っています。
講談社学術文庫&選書メチエ @kodansha_g
⑦ 今こそ、ハイデガーとデリダの後で、ヨーロッパの思考と日本の思考のあいだに再び新しい橋を架けるときなのです。 マルクス・ガブリエル 訳=清水一浩
講談社学術文庫&選書メチエ @kodansha_g
お待たせしました!『なぜセカ』3刷重版出来しました(((o(*゚▽゚*)o)))各書店にてご注文くださいませ!! goo.gl/gEHGr6 #マルガブのなぜセカ pic.twitter.com/7AeGmGgh0b
 拡大
河村書店 @consaba
【動画1時間26分21秒】マルクス・ガブリエル+大河内泰樹 ドイツ観念論の現在『神話・狂気・哄笑』(2015/12/9収録) youtu.be/6e-ry3TBLeg
 拡大

コメント

通りすがりのだいこん @KansaiF 2018年2月17日
色んなモノの観方という「モノサシ」の基準が問われるようになるだろうね、「そんなものは存在しない」て。統一基準を作ろうという時の理由に出来なくなるわけで、どんな流れが現れてくるだろう、これが標準の思考法に変わった後は。
dag @digital_dag 2018年2月17日
色即是空と何が違うんだこれ?
rainy season @jkgkikllh 2018年2月17日
「わたしたちは、現実をあるがままに認識することができる」っていう点かな。錯覚、錯視、思い込みどこいったんだよと思うけど。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする