Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

アニメカイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡を巡る旅、ルパン三世2nd132話脚本:己を貫く主人公達

アニメカイジに感動し、かつ高屋敷英夫さんは子供~大人になるまで、よく見る名前なので気になった…と思ったがこの方の歴史は膨大すぎた。 今回はルパン三世2nd132話脚本。 前回は蒼天航路シリーズ構成。 続きを読む
0
まきもgpfb @makimogpfb

カイジが好きというだけで始めてしまった、カイジのシリ構、高屋敷英夫さんの歴史を追うシリーズの続きやります。 今回はルパン三世2nd132話脚本。 前回は蒼天航路シリーズ構成。 ブログ: makimogpfb2.hatenablog.com/entry/2018/02/… ブログ関連ツイートまとめ: togetter.com/li/1200769 他: togetter.com/id/makimogpfb

2018-02-25 14:08:15
まきもgpfb @makimogpfb

高屋敷氏脚本ルパン三世2nd132a 大分前に視聴していた作品だが、去年がルパン三世誕生50周年だったのでピックアップ。 ━━ ルパン三世2ndは、アニメ版ルパン三世の第2シリーズ。ルパンのジャケットが赤いのが目印。今回の演出コンテは三家本泰美氏(コンテの“石原泰三”は三家本氏の変名)。

2018-02-25 14:12:00
まきもgpfb @makimogpfb

高屋敷氏脚本ルパン三世2nd132b 割と整理しやすいので、今回も詳細はブログにしました: ルパン三世2nd132話脚本:己を貫く主人公達 - カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡 makimogpfb2.hatenablog.com/entry/2018/02/… #はてなブログ

2018-02-25 14:14:48
リンク カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡 ルパン三世2nd132話脚本:己を貫く主人公達 - カイジのシリーズ構成・高屋敷英夫さんの軌跡 ルパン三世2ndは、アニメ版ルパン三世の第2シリーズ。ルパンのジャケットが赤いのが目印。今回の演出コンテは三家本泰美氏(コンテの“石原泰三”は三家本氏の変名)。 ━━━ 今回の話は、モンキー・パンチ先生の原作漫画「変装防止」をアニメ化したものだが、内容の追加や変更が多々ある。原作漫画は各エピソードがかなり短く、アニメにするには、色々な工夫をして尺を埋める必要があるため、そこが脚本や演出の腕の見せ所となっている。 ━━━ 舞台はネパール。大事なコレクションであるナポレオン紙幣を盗まれたルパンは、実行犯とみら
まきもgpfb @makimogpfb

高屋敷氏脚本ルパン三世2nd132c 今回の話は、モンキー・パンチ先生の原作漫画「変装防止」をアニメ化したものだが、内容の追加や変更が多々ある。 原作漫画は各エピソードがかなり短く、アニメにするには、色々な工夫をして尺を埋める必要があるため、そこが脚本や演出の腕の見せ所となっている。

2018-02-25 14:16:31
まきもgpfb @makimogpfb

高屋敷氏脚本ルパン三世2nd132d 舞台はネパール。大事なコレクションであるナポレオン紙幣を、ファンダー教を騙る泥棒組織に盗まれたルパンが、コレクションを取り返すべく、ヒマラヤにあるファンダー教総本山に乗り込む。そして教祖・ファンダーと対決する。

2018-02-25 14:23:38
まきもgpfb @makimogpfb

高屋敷氏脚本ルパン三世2nd132e 話の序盤にて、ルパンのコレクションを盗んだ実行犯の帽子を、不二子が拾って彼にかけ直してあげる場面がある。 1980年版鉄腕アトム脚本にも似た描写があり、あしたのジョー1のシーン(画像中段)に重なるものがある。何らかの形で、高屋敷がこの回に参加していたかも? pic.twitter.com/4LMoWb8uE5

2018-02-25 14:31:13
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

高屋敷氏脚本ルパン三世2nd132f ファンダー教(その実体は泥棒組織)は、色々なインチキを使い信徒を騙すが、高屋敷氏の作品には、こういったインチキオカルトに対する怒りのようなものが感じられる。 画像は歴代インチキオカルト師達。 今回、元祖天才バカボン演出、チエちゃん奮戦記・花田少年史脚本。 pic.twitter.com/TeKP1QZF7n

2018-02-25 14:37:00
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

高屋敷氏脚本ルパン三世2nd132g ファンダー教の地下アジトに潜入したルパンは、敵の使う変装解除装置で全裸にされ、そのままファンダー達に捕まる。 ファンダーはルパンに、部下にならないかと持ちかけるが、ルパンはその誘いを一蹴。「自分を強く保て」という高屋敷氏のテーマが出ている。

2018-02-25 14:42:13
まきもgpfb @makimogpfb

高屋敷氏脚本ルパン三世2nd132h そんなルパンにファンダーは、3つのうち1つが毒入りというリンゴを、ルパンに次々と食べさせる。負けたら死ぬ博打は、カイジ(シリーズ構成・脚本)でもおなじみ。 pic.twitter.com/vA6TyIJfKS

2018-02-25 14:44:58
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

高屋敷氏脚本ルパン三世2nd132i 結局のところルパンは毒入りリンゴを食べさせられてしまうが、胃に仕込んだトリックで生還、形勢を逆転させる。 全裸でピンチ→知略で形勢逆転は、カイジ脚本でも強調された。 また、ど根性ガエル演出や監督作忍者マン一平にも似たような状況・展開がある。 pic.twitter.com/d3LZtmRvsZ

2018-02-25 14:49:27
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

高屋敷氏脚本ルパン三世2nd132j そこへ次元・五右衛門も合流。二人の協力もあり、ルパンはコレクションを取り戻す。 だが、ファンダーは体に巻きつけたダイナマイトを見せて、自爆すると脅す。しかし、銭形の行動が結果的にファンダーを邪魔し、ルパン達は窮地を脱する。

2018-02-25 14:54:07
まきもgpfb @makimogpfb

高屋敷氏脚本ルパン三世2nd132k ルパン達が脱出する際、ファンダー達がお宝を貯えていた神像の首を、五右衛門が斬る。 ここも、高屋敷氏があらゆる作品で出す「偽の神に対する怒り」が感じられる。しかもこれはアニオリ展開。 カイジでも、首のない女神像(ニケ像)が意味深に描写されている。 pic.twitter.com/vQo4fj7lJ7

2018-02-25 15:00:16
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

高屋敷氏脚本ルパン三世2nd132l ファンダーはお宝に対する執念を見せ、安らかな顔で自爆する。 次元は「欲深い神様だ」と彼を評する。ここも高屋敷氏の、偽神(神を騙る人間)に対する批判が見て取れる。カイジでも、神のように振る舞う会長の禍々しさが強調されている。

2018-02-25 15:04:47
まきもgpfb @makimogpfb

高屋敷氏脚本ルパン三世2nd132m ルパンはナポレオン紙幣を取り戻したものの、ファンダーの自爆のせいで、他のお宝は取れずに終わる。これもアニオリ展開で、原作では全てのお宝を、ルパンはゲットしている。 自爆による敵の矜持を描くのは、善悪の区別を難解にさせる、高屋敷氏らしい展開。 pic.twitter.com/YF0ysPpR9J

2018-02-25 15:10:10
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

高屋敷氏脚本ルパン三世2nd132n 不二子がヘリで迎えに来てくれるが、ファンダーのお宝を取れなかった罰として、しばしルパン達は、追ってくる銭形とのマラソンを強いられるのだった。 ちなみに原作には不二子と銭形が出ない。高屋敷氏は、銭形の活躍場面を所々で作り出しており、同氏の好みが出ている

2018-02-25 15:16:47
まきもgpfb @makimogpfb

高屋敷氏脚本ルパン三世2nd132まとめ1 詳しくはブログ( makimogpfb2.hatenablog.com/entry/2018/02/… )に書いたが、ファンダーに部下にならないかと誘われたルパンが、「俺はアルセーヌ・ルパンの孫だぜ」と言って頑なに誘いを断る場面に、「自分とは何か」「己を強く保て」という高屋敷氏のテーマが前面に出ている。

2018-02-25 15:20:27
まきもgpfb @makimogpfb

高屋敷氏脚本ルパン三世2nd132まとめ2 あと、ルパンが他のお宝より自分のコレクションにこだわる姿が原作より強調されており、オリジナル要素も大分追加されている。 前ツイートも含めて考えると、「自分の主義を曲げない・自分を強く持っている」というルパン像を押し出したい高屋敷氏の意図が窺える pic.twitter.com/qBS71DrtXR

2018-02-25 15:26:05
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

高屋敷氏脚本ルパン三世2nd132まとめ3 原作全体は、ルパンが何を考えているのかわからない描写が多く、ミステリアスである。その分、アニメでルパンをどんな人間に描くかは、自由度が高い。 そのため、アニメスタッフの個性が出やすくなっている部分である。 代表的な例が、宮崎駿氏版ルパン。

2018-02-25 15:35:16
まきもgpfb @makimogpfb

高屋敷氏脚本ルパン三世2nd132まとめ4 高屋敷氏版ルパンである、「自分の主義にこだわり、己を強く保つ男」は、よく考えれば、ワンナウツ(シリーズ構成・脚本)の渡久地やカイジでも適用されている。 渡久地は最初から最後まで、勝負というものに厳正な男、カイジは義理を貫く男として描かれている。

2018-02-25 15:40:59
まきもgpfb @makimogpfb

高屋敷氏脚本ルパン三世2nd132まとめ5 アカギ(シリーズ構成・脚本)においても、命を賭けてでも丁半博打の結果にこだわるアカギが強調され、自分の主義を貫く男として描かれている。 つまり原作つきであろうとオリジナルであろうと、高屋敷氏が前面に出したい主人公像は共通する。

2018-02-25 15:45:45
まきもgpfb @makimogpfb

高屋敷氏脚本ルパン三世2nd132まとめ6 今回の原作にあたる話は、ルパンがいかにピンチを脱し華麗にお宝を盗むかが描かれている。 アニメの方は、ルパンの自我の強さや、ファンダーのプライドが、オリジナル要素として描かれている。 全体を通して、高屋敷氏の理想とする主人公像が窺えた回だった。

2018-02-25 15:50:31

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?