【二年前のツイートから】カセットボンベの廃棄って(事故の多発で)穴をあけないのが今のスタンダードなんだよね。

安全に関しては低レベルに合わせる、というのも一つの考え方なんだろうねぇ…。 自治体の言う「穴を開けないでゴミ回収に出して」は「そうしなきゃいけない」との意味ではなく、市民が穴を開けるときの事故を回避する、との意味。 使用済みスプレー缶やカセットボンベに穴を開けたらリサイクルなどそのごり処理が出来なくなる、なんて事は無い
1
ぴの @ppuripha

誤解している人も多いけど、カセットボンベの廃棄って穴をあけないのが今のスタンダードなんだよね。(事故の多発で) 説明書にも穴をあけろとは書いてなくって、地域の取り決めに従ってとある。 関西では穴なしは、京都、堺、大津、和歌山。 pic.twitter.com/XT7xnCnEnx

2016-02-25 22:59:30
拡大
拡大
拡大
拡大
ぴの @ppuripha

カセットボンベ(スプレー缶)、大阪市でもようやく穴を開けずに回収することになった。 pic.twitter.com/QxpK1cJyDz

2017-04-13 19:55:31
拡大

 
 

Nicholai MARO @MAROCKs

カセットボンベの廃棄で「穴を開けないで」が増えているという事だけれど、これは穴開けをするときに事故が発生したから。ガスを出し切らずに、また周りに火気があるところで穴を開ければそりゃ引火すると。で、自治体は市民に理屈を理解してもらうのを諦めて「ガスは出し切ってね」で穴あけ無しと。

2016-02-26 14:31:15
Nicholai MARO @MAROCKs

まぁツイッターで「カセットボンベ 廃棄」で検索すると「ガス出しが怖い」とのツイートも見かけるので、穴開けどころかガスの出し切りも徹底されない可能性はあるけれど。 プラモデルのスプレー塗装をやっている人たちは「使い切ったら穴開け」なんて苦でもない。(^_-)

2016-02-26 14:36:28
Nicholai MARO @MAROCKs

穴開けで事故を起さない自信・経験があれば、ゴミ回収を担う自治体が「穴を開けないで」と言っている地域に住んでいる人でも、穴を開けてごみだしした方が清掃員や焼却場での事故は防げ安全。

2016-02-26 14:39:37
Nicholai MARO @MAROCKs

自治体の言う「穴を開けないでゴミ回収に出して」は「そうしなきゃいけない」との意味ではなく、市民が穴を開けるときの事故を回避する、との意味。 使用済みスプレー缶やカセットボンベに穴を開けたらリサイクルなどそのごり処理が出来なくなる、なんて事は無いから! #反省堂国語辞典

2016-02-26 14:42:49
Nicholai MARO @MAROCKs

中学の理科、高校の物理と化学できちんと気体の性質を学んだ人は、出し切ったと思ったボンベの中にかすかに残ったガスは、周囲温度でそま体積を大きく変える=金属容器の大きさは変わらないから内部圧は高まる、を理解できてますよ。(^_-) #反省堂国語辞典

2016-02-26 14:45:10
Nicholai MARO @MAROCKs

訂正 誤:そのごり処理 正:その後の処理 m(__)m

2016-02-26 14:50:00
Nicholai MARO @MAROCKs

訂正 誤:そま体積を 正:その体積を m(__)m

2016-02-26 14:50:33
Nicholai MARO @MAROCKs

なんか、「の」を打とうとして隣合う「ま」とか「り」のキーを打ってしまっているな…。(^_^;) #なんてこったい twitter.com/MAROCKs/status… twitter.com/MAROCKs/status…

2016-02-26 14:51:48
Nicholai MARO @MAROCKs

まぁ自身にとって容易な事項でも、ある人にとってはとてつもなく障壁の高い事項・敷居の高いこと、なんてこっはある。安全に関しては低レベルに合わせる、というのも一つの考え方なんだろうねぇ…。 #なんてこったい

2016-02-26 14:58:39
Nicholai MARO @MAROCKs

諭されて考えてみれば理解できる「清掃員が怪我をする、処理施設が破損する」可能性がある「中身のあるままの廃棄」を、影響を考えずに行う人たちが多々いる、との現実もあり。何故?それを考えないのか?が僕には判らないけれど。 #反省堂国語辞典

2016-02-26 15:02:15
Nicholai MARO @MAROCKs

一般人がそのような事故に巻き込まれる確率は交通事故より低いのかも? 「こんなこと理解できなくても、そんな事故に巻き込まれなければ、生きていけます!」 「中身の残っているスプレー缶・カセットボンベを廃棄しても事故に遭うのは私じゃありません!」 ってことなんだろうね…。

2016-02-26 15:11:46

 
 

Nicholai MARO @MAROCKs

「清掃員が怪我をする、処理施設が破損する」との事故は起きています。 #なんてこったい #反省堂国語辞典 twitter.com/G2d7vpre0FXSLS…

2018-02-26 21:45:19

コメント

ヘルヴォルト @hervort 2018年2月26日
塗装用スプレーは穴開けると残った塗装がダバーしてくるから嫌い
1
ポテサラすこすこ @G2d7vpre0FXSLSx 2018年2月26日
自分とこは穴開けてから集積所に出す地域だけど友人とこはそのまま出せるようになったと言ってて「回収する業者さん達大丈夫なんだろうか」と心配になった。大丈夫なのかな。
1
夏越丸@ねんくり引き取り先募集 @nagoshimaru 2018年2月27日
G2d7vpre0FXSLSx プロ(というか慣れた人)が外でやったほうが安全なんじゃないのかな
1
空弁者 @scavenger0519 2018年2月27日
ゴミとして出す前に、各世帯で「缶に穴を開けて中のガスを出しておく」との行為が、ある程度の人たちらは「敷居の高い行為」要スキルな行為だったわけで、周囲に火気があるのに可燃性ガスを出して事故を起こす、があった。そこで地域住民の身体生命の保護を目的として「穴を開けず」「ガスを出し切って」ゴミとして出す、を言い始めたのだけれど、「ガスを出し切る」の意味が理解できない人たちがいて、ゴミ処理施設の損傷や作業員の受傷という事態が発生している。
2
空弁者 @scavenger0519 2018年2月27日
頭の悪い人たちが、自身で怪我するのならともかく、(カジュアルに)他人を怪我させているのだけれど、当人にその自覚は多分無い。事故は目の前ではないところで起きているから。「缶に穴を開けず、ガスを出し切ってゴミに出す」との指導は、その理屈が判らない人にとっては「缶に穴を開けず、中にガスが残っていても出し切らずにゴミとして出す」になり、事故の起きる場所が変わるだけ。
2
空弁者 @scavenger0519 2018年2月27日
現在主流となりつつある方法では、家庭での事故は減り、ゴミ処理の作業員が怪我を負う確率が高まった。「ガスを出し切」ったつもりでも微小なガスが残っている可能性、そして「気体は温度上昇で体積を増やす」性質を考慮すると、理屈を理解してもらって事故の起きない様に各家庭で穴を開けるのが望ましいと思う。大事なのは、教育と啓蒙活動、だと思う。
2
BUNTEN @bunten 2018年2月27日
はめ込みの合わなかったボンベのガスを空中に投棄してから穴開けしてゴミに出したことならある。
0
でき🌂 @dekijp 2018年3月2日
ガスの中身が燃えないフロンガスから燃えるプロパンに変わっているので爆発するのです。オゾン層の破壊など当然考えなければならない話ですけれど。
0
@todohami 2018年3月3日
田舎→認知症患者の増加  都会→過密地域でのガス臭は近所迷惑。詰まった古いスプレーが出し切れない。などで増加してるのかな?
0
空弁者 @scavenger0519 2020年1月22日
dekijp 燃える気体・燃えない気体、の話だけではなく、気体は温度上昇で体積を増やすので「缶そのものが破裂する」との話でもあるのです。
0