カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。

土器の発明による人類史上のインパクトは意外と小さい

土器の発明により初めて煮炊きが可能となり調理の幅が一気に拡がった 土器によって貯蔵が可能になり定住生活ができるようになった …まことしやかに流通する通俗説をマヤ考古学者でフォトグラファーの@RawHead博士が退治する
人文 定住生活 土器 土偶 貯蔵 煮炊き 考古学
93
リンク ダイヤモンド・オンライン 7 users 104 土器の発明はヒトに時間と豊かさを与えた大イノベーションだ 人類は石器とともにその進化を続けてきました。石器は主に、斧や槍として用いられ、ヒトに武器を与えました。しかし、ヒトがその勢力を大きく拡大する上では食糧源を拡げることが必須でした。そこで大いに役だったのが、土器でした。
DJ RawheaD @ 6/28~7/26一時帰国 7/19 渋谷VISIONでDJ @RawheaD
面白いけど、考古学的に間違い。土器がなくても煮炊きはできる。皮や木製の器に水を張り、そこに熱した石を放り込めば水は沸騰するし、器も燃えない。このような調理法は、遅くとも後期旧石器時代(5〜1万年前)には行われていた形跡が豊富にある。 twitter.com/dol_editors/st…
DJ RawheaD @ 6/28~7/26一時帰国 7/19 渋谷VISIONでDJ @RawheaD
熱した石を使った沸騰法(stone-boiling)では石が水に投入された時のショックで割れ易く、そうして割れた石(fire cracked rock)が遺跡で多く見つかるのが後期旧石器時代なんだけど、この論文ではさらにそのような方法を採らなくても皮等の器で沸騰が可能な点を指摘してる paleoanthro.org/media/journal/…
DJ RawheaD @ 6/28~7/26一時帰国 7/19 渋谷VISIONでDJ @RawheaD
簡単に言えば、炎の上空に十分に炎から離して器を設置し、水が張ってさえいればどんな素材の器でも「燃えずに水を沸騰させられる」というわけ。この痕跡を考古学的に同定するのはなかなか難しいが、原理的には、調理に火を使い出したあと(多くが3〜40万年前と見てる)ならいつでも可能だったと
五味馨 @keigomi29
器が大丈夫なのは水が100℃より上がらないからかな
くられC96月曜-南1-ア44b @reraku
@RawheaD @S_Kakita 紙皿鍋と同じ原理ですね 沸騰しない限り燃焼温度になれない
DJ RawheaD @ 6/28~7/26一時帰国 7/19 渋谷VISIONでDJ @RawheaD
土器の発明は考古学的には新規な調理法の発明云々ではなく、主に「定住生活」に密接してると考えられてる。しかも、「土器を発明したから定住できるようになった」じゃなく「定住するようになったから(以前から作り方は知ってたけどあえて作らなかった)土器を作るようになった」と考えられてる。
DJ RawheaD @ 6/28~7/26一時帰国 7/19 渋谷VISIONでDJ @RawheaD
まぁ、というわけで先ほどの話はストーリーとして面白いし、考古学者の仕事の一部は間違いなくああいうストーリーを紡ぐことなんだけど、データ的にちょっと間違いかなぁ、ということで本日の考古学者らしい連ツイ終わり。
えりぽらさん@バトパ山城/摂津 @sanpolan
これ新潟県粟島で「わっぱ煮」っていう郷土料理あるよー 木製の器に焼き魚、ネギ、水を入れて、焼けた石を投入し、味噌で味付けるの twitter.com/RawheaD/status…
ウナギイヌの蒲焼 @kokirikoo
@RawheaD 後期旧石器時代にも定住と交易していた可能性が高まっていますからね。そのような遺跡が既に群馬県の岩宿遺跡の近郊で見つかっています。
diablo rosso @fiendishtyrant3
たまにアマゾンとかそっちの方のドキュメンタリーでやってるよね 葉っぱの器で煮る調理 twitter.com/RawheaD/status…
山田実理@FTM/ASC @mitsusato_
移動のたびに重い土器持って歩くわけいかないからそうだろうね。定住化と土器の発達は関係が深そう。この指摘は色々と深い。定住から都市化が始まり、やっと文明が発生するのだから。 twitter.com/RawheaD/status…
DJ RawheaD @ 6/28~7/26一時帰国 7/19 渋谷VISIONでDJ @RawheaD
まさにその通りで、定住化以前に土器が生産されなかったのは、作れなかったからじゃなく、作っても持ち歩くのがかったるいから、というのが定説です。 twitter.com/mitsusato_/sta…
GentlyNaughty @Ranger_Oops
@RawheaD 本多勝一の「ニューギニア高地人」でも、土器を持たない彼らが分厚い濡れて葉っぱで焼けた石とイモを包んで蒸し料理をしていた記述があったかに思います。
DJ RawheaD @ 6/28~7/26一時帰国 7/19 渋谷VISIONでDJ @RawheaD
だって、3万年前ごろにはこのビーナス像を土器で作ってたんだぜ?旧石器人。器を作れないわけないじゃん en.wikipedia.org/wiki/Venus_of_… pic.twitter.com/BvIb0GhDE3
 拡大
LR @LR_ery
スレッドごと。 そうかー、割れ物持ち歩きたくないもんね。穴掘って蒸し焼きとか粘土にくるんで蒸し焼き、焼き石に持ち歩ける皮の鍋…夢が広がる>RT
kotonoha @makisssss
そうなんだ... 昔、実家の近くに古墳があって社会科見学に行ったら、まさに「縄文土器が発明されたから煮炊きができるようになった」と説明を受けた記憶があります。別に土器使わなくても熱い石放り込めば良くないか?と思っていましたが、やはりそうなのですね。 twitter.com/RawheaD/status…
とっぽ @toppor
@RawheaD なるほどね。でも素人的には土器があった方が楽だね。キャンプでも鍋がなきゃ煮炊きする気にゃならない。そういう意味で画期というのも当たってるんじゃない?出来るのと簡単に出来るのはまったく別の意味でしょ。カマドと炊飯器みたいな。旧石器時代でもそうだと思うが。
DJ RawheaD @ 6/28~7/26一時帰国 7/19 渋谷VISIONでDJ @RawheaD
その論理で行くと、ライターが発明されるまでは面倒臭がって人類は火を(滅多に)使わなかった、みたいな結論になりますね。煮炊きすることがこの記事にあるような便益をもたらすのなら、土器がなけりゃ木だろうが皮だろうがバナナの葉だろうが、使えるもの使って煮炊きしますよ、人類 twitter.com/toppor/status/…
R.Murakami(仮名) @murakami_r
人類は缶詰めを発明して50年近く缶切りを発明しなかったという話にも通じるような。>RT
mhl@元カリフォルニア移民 @mhl_bluewind
日本食でもたまに紙を鍋にする料理がありますもんね twitter.com/rawhead/status…
DJ RawheaD @ 6/28~7/26一時帰国 7/19 渋谷VISIONでDJ @RawheaD
最近は大体の答えはYouTubeにあるので、検索して見たら早速「紙の容器で水を沸騰させる」ビデオがあったよ。 まったく かんたん だ youtube.com/watch?v=cHy6Lk…
 拡大
ちゅるふ完全体 @cthulhucthulhu
@RawheaD 「紙鍋」ですね。こんな風な、利点もあるようです。 ameblo.jp/umeda-fugunosu…
マメミム @mamemimu
@RawheaD 私も、土器発明前に煮炊きがあったというのをラジオで聴いてました。tfm.co.jp/garage/smartph…
残りを読む(59)

コメント

ヘルヴォルト @hervort 2018年3月2日
調理を考え出したり土器の作り方を考え出したりした無名のやべー奴はやべーってのはわかった
Amts @amts1 2018年3月2日
焼いたり蒸したりはまあ分かるんだけど煮るって相当なエポックメイキングだと思う
カイセー👺Staffel2 @Ksyzr 2018年3月2日
そうだそうだ竹めしなんてのもあるものな。土器は煮炊きに必須ではない。
nekosencho @Neko_Sencho 2018年3月2日
紙のような薄手の鍋を使うには安定した炎がいるので焚火ではきついが、原始時代だとそもそも紙がない
easyiizi1111 @easyiizi1111 2018年3月2日
熱した石を、器の中までどうやって移動させたんだろう。なんとかすればなんとかなるんだろうけど、今パッとその方法が浮かばない程度にはめんどくさそう。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2018年3月2日
easyiizi1111 それより石に煤がついてる事の方が気になる。
ぺったん@Tempo rubato @pettan_72 2018年3月2日
easyiizi1111 二本の棒きれがあれば挟んで持ち上げられる焦げたり燃えたりするけど折れたらあたらしいの使えばいいだけだし
水面計@いつのまにかオッサン @W_L_G 2018年3月2日
人類は文明化して頭が悪くなった って、こういう記事を見ると思っちゃうね〜 文明の利器に頼りすぎて、自然の中で生きる想像力が無くなってしまったというか・・・
Dally @Dally_Shiga 2018年3月2日
ヒョウタン(ユウガオ)でも煮炊きができますね。最古の栽培植物と言われるくらいで、原産地のアフリカを離れて世界各地の遺跡から出土するそうですし、土器の起源自体をヒョウタンに求める説さえあるようです
和田名久司 @sysasico1 2018年3月2日
W_L_G 文明化する以前の人間の個人個人が頭が良かったという査証にはなりませんよ?
和田名久司 @sysasico1 2018年3月2日
一気に文明化の起爆剤になったという評価は過大だとしても、土器の普及が人間社会に及ぼした影響は少なくなかったと思いますよ。
和田名久司 @sysasico1 2018年3月2日
hervort ナショナル・ジオ・グラフィクスで、猿人の人類(原人)化は、火を手に入れた事で良質の栄養を吸収出来るようになったために、顎や消化器に回す生理的リソースが小さくなったためという説が紹介されてましたね。後報は聞きませんが。
rainy season @jkgkikllh 2018年3月2日
じゃあなんで定住生活するようになったんだろう
やし○ @kkr8612 2018年3月2日
土器もやっぱり山火事の後とか粘土質の土の上で焚き火した後とかに下の土が固まってるの見て思いついたとかなのかねえ。
ゆゆ @yuyu_news 2018年3月2日
作るのにある程度の技術が必要な、土器も含めた道具類は、分業や資産の概念につながる面でも意味があるんじゃないかな。
ゆゆ @yuyu_news 2018年3月2日
.easyiizi1111 穴掘って器を埋めて、そこに焼き石を転がして放り込めばいいのでは。焼き石を使った加熱方法だと、むしろ穴に石を入れて焼いて、そこに加熱するもの入れて葉っぱや土をかぶせて蒸し焼きのイメージが強いけど。
Tamemaru🔞俺得本舗 @Tamemaru 2018年3月2日
easyiizi1111 順番的には逆で、焚き火で熱せられた石が何かの拍子で水たまりに落ちたことが「お湯」の発見に繋がったという説が。そこから「水に焼き石落とすとお湯ができる」→「穴掘ったらたくさんお湯作れる」→「食べ物入れてもいいんじゃね」と改良発展してく
取鳥族ジャーヘッド @torijar 2018年3月2日
jkgkikllh 定住猟漁(ワナ猟)の発達に基づく説、「財」の概念の拡大によって移動して持ち歩ける量を超えた説、移動生活の果てに洞窟などの好立地以外で抗悪環境の為に頑丈な寝床を作成する必要ができた説、などなど。
CD @cleardice 2018年3月2日
「無くても出来る」と専用の道具があることには大きな差があると思うんだけどなあ
あぶらな @ab_ra_na 2018年3月2日
「専用の道具」という視点だと、皮や木製の器と大差ない程度の専用っぷりだったんじゃないですかね。やっぱ「石器や土器と比べた時の金属器の優秀さ」みたいな方向での革新だと思う
akiran @akiran32748624 2018年3月2日
必須じゃなくても楽になる時点で実施回数や普及に影響するんだからインパクトでかいですわ
ととっと @xyrLuoihI9vhuex 2018年3月2日
薪は一瞬で燃え尽きる訳じゃないんだから投入前の物で挟んで移動させればいいんじゃないかな。
moxid @moxidoxide 2018年3月2日
生産時のリスクがなくて作りやすくて口径が自由自在で、入手量に限界がある持ち運び用の自然由来容器を保存用に回さなくても済むのは無視できないレベルのメリットじゃないの。扱う資源が増えれば増えるほどプラスに効いてくるはず。 まあ柔らかいものが火で固くなるという新しい発見に興奮してはっちゃけただけのような気もするけど。
なんもさん @nanmosan 2018年3月2日
火の発明(発見)がエポックメイキングなのは誰にでもわかるんだけど、定住しない狩猟採集生活だとかまど等の遺跡が残らないからわかんないですよねえ。火も一種の文明ですから後代への継承も必要。なので案外土器が発明された定住時代とはそんなに離れてないんじゃないかという説も否定はできないかもです。
もこ @mocomb 2018年3月2日
代わりはあっただろうけど、それが出来たことでより生活が豊かになることってのはよくあることで。革や植物による器は扱い方を間違えると失敗するけど、土器はより雑に扱っても大丈夫っていう点で利便性の向上につながってるよね。文明の進化は「利便性の向上」が主目的の一つ。土器ができたことできれいな水をより多くためられるし、より安全に永く保存できるようになる。
なんもさん @nanmosan 2018年3月2日
まあ現代の遊牧民が季節ごとに住む場所を変えるサイクルを繰り返す生活であるように、火の継承ができる程度の文化があるなら、狩猟採集期の人類も土器が置いてあるねぐらを複数持つくらいのことはできたはずなんですよねえ。煮炊きと土器がセットで扱われてるのはこのへんにも原因ありそうな気がします。
cinefuk 🌀 @cinefuk 2018年3月2日
アイヌの樹皮で作られた食器は参考になる http://www.town.biratori.hokkaido.jp/biratori/nibutani/juyo_yukei_minzoku/nah-b-0004.htm このYouTuber動画も感心するなあ(今度真似してみよう) https://t.co/NItMvIk1Td
すいか @pear00234 2018年3月2日
こういうデタラメをデタラメと見抜くためには人文系の学問の見識が必要だよね、デタラメを平気で出してくるメディアや会社に騙されないためにも。
大海笑(鬱展開超苦手) @daikai31 2018年3月2日
ドングリ類のアク抜きみたいな長時間の煮沸は、土器が無いと無理じゃないかな?縄文土器でも厳しいかな?
UMA-k @UMA_k_ 2018年3月2日
まとめのタイトルがちょっと土器を過小評価する方向の印象を与えすぎだと思う。引用されてる考古学者の人もダイヤモンド・オンラインの記事の勘違い部分を指摘する流れで土器なし煮炊きの可能性を語ってるだけだし。
エロ本大好きマン @onaneta_M 2018年3月2日
まあその利便性の向上と定住、狩猟採集から稲作への移行で増えたのは争いと飢餓なんだけどなw
stackfield(たまです) @stackfield_jpn 2018年3月2日
土器ができたから遠くに液体の物産品や発酵品を遠くに運べるようになって地域間の交流が促進されたとかないかな? 発酵で、皮とかは腐りかねない要素ありそうだから、不適だろうし。
Kitty_Guy_Records @cherry_ITO 2018年3月2日
何気ない考古学者のツイートが、はに丸王子の心を傷つけた
オオバンゾクコウ @banzokuuuu 2018年3月2日
土器は保存にも役立ちそう。とりあえず上に蓋しておけばなかなか虫が入ってこないだろうから倉庫に置いておくだけなのよりかなりいい
dag @digital_dag 2018年3月2日
陶器取っておかないと穀倉庫が作れないから拡張に支障が出るじゃない。(civ脳)
ジョンお姉さん @MagnaCarta2 2018年3月2日
人間は土器を手に入れて煮炊きや貯蔵ができるようになったという説が巷間流布されているが、お姉さん個人の考古学上・歴史上の遺物、文献からはアルミニウムの鍋にステンレスの包丁が最も古く、次いで鉄の鍋に鉄の牛刀、出刃包丁等、最後に土鍋とセラミックの文化包丁という順であり、土器が最も年代的に新しいことが解っている。
ゆゆ @yuyu_news 2018年3月2日
焼き石調理法に使われた石の発見より、煮炊き形跡のある土器の方が「煮炊き」が一般化した証拠として強いんだろうなと。(焼き石+水の形跡では、「蒸し煮」なのか「煮炊き」なのか判別は難しいのでは)
shun @shun62129 2018年3月3日
土器へのドキドキ...
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2018年3月3日
《土器がなくても煮炊きはできる。皮や木製の器に水を張り、そこに熱した石を放り込めば水は沸騰するし、器も燃えない。》 子供の頃に学研の本か何かで“土を掘った窪みに獣の生皮を裏返しで(壁の部分も隠れる様に)敷き詰めて材料を入れて水を注いで焼けた石を入れて縄文鍋”とかやってたのを読んだ記憶がある。
●▲■ @marusankshikaku 2018年3月3日
確か高校の頃の物理の実験で、紙の器と電熱でパン焼いたことはある。焼きあがると電気が通らなくなるので焦げない。器も焼けない。
芹沢文書 @DocSeri 2018年3月3日
や、その、「土器製造の技術は人類史的に重要ではない」て話ではなくて「土器が定住を可能にしたのではなく定住が土器を可能にした」て話ですよねこれ。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2018年3月4日
shun62129 女の子のハート、んギュッと掴むには バラやキャンディーなんかは時代遅れ
のぶさ@MR2(SW20V型Gリミ) @nobu_azuma 2018年3月4日
タイトルがまとめアフィサイト並みに頭悪そう
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2018年3月4日
( ´H`)y-~~土器!女だらけの水泳大会…また思いついたことをそのまま言ってしまった…
釣本直紀 @turimotonaoki 2018年3月4日
今迄煮炊きができなかった訳ではないが土器のお陰で楽に成り人間の生活を一変させた、という話を、ダイヤモンドオンラインは『土器の発明により「煮炊き」ができるようになりました』と書いてしまっている点が間違いなのか。喩えて言えば『炊飯器の発明により日本人は米を食べ始めました』と書く様な。
令和の美術科教育(仮.bot @art_education_ 2018年3月4日
土器は米飯と結び付けて捉えるべきかと。
和田名久司 @sysasico1 2018年3月4日
jkgkikllh 定住生活ですが、非主流の珍説、奇説を焦点にする事で悪名高いNHKスペシャルで、「酒を造るため」という説が紹介されていました。妥当性はどれだけ有るか判りませんが。確かに遊牧民にも馬乳酒みたいな物がありますが、定住と言わずとも拠点を定めた方が穀物酒や果実酒は作り易いでしょう。また狩猟採取生活でも物々交換は有ったでしょうし、それが大きく成ると商業地が発生するという説も有ります。
Sひろし @1970er 2018年3月4日
jkgkikllh 先週聞いた縄文時代に関する講演を受け売りすると、栗、大豆、ゴマ等で簡単な栽培を導入したのが要因という説がある。栗を選別して植えている説は三内丸山の発見あたりからあるが、大豆も痕跡が野生種にしては粒が大きすぎるものが多くて栽培種である疑いが出ている。
Sひろし @1970er 2018年3月4日
stackfield_jpn 地域交流については、ヒスイや黒曜石の流通は古くから言われているし、最近だと海産物の干物や燻製が流通していたのではないかという話が出ていて、土器の有無はあまり重要じゃないかと ◆坂津寺貝塚、加工場の可能性高く 豊橋、18日に現地説明会 http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20180215/CK2018021502000057.html
Sひろし @1970er 2018年3月4日
上の加工場の記事の「関東ではこうした例が報告されている」とある例の一つは、おそらく大量のカキ殻が出土している東京の中里貝塚。
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2018年3月7日
《縄文貝塚が干し貝生産工場だったという説がある》《縄文人も海水の塩分で貝や魚の干物を生産し、内陸部の人々と交易していたのだろう》 セネガルの4000年にわたる貝塚群https://repository.nabunken.go.jp/dspace/bitstream/11177/1359/1/AA11581556-31-6t.pdf
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2018年3月7日
製塩土器の発明で(貝の殻を器にして海水で貝の身を煮詰める必要が無くなった事により)貝塚が作られなくなったと仮定すると、(日本列島での)定住革命には定点での塩分補給を可能とする技術が不可欠という事なんだろうか。
ぽんぽこたぬき @pompocotanuky 2018年3月8日
キャンプ道具で何か一つだけ持ってく場合、鍋にするかフライパンにするかみたいな。欧米人のハイカーは意外にフライパン派多い。
ぽんぽこたぬき @pompocotanuky 2018年3月8日
「煮炊き」という言葉自体が、日本人の調理の傾向を示してる気がする。海産物煮たり、植物から灰汁取って食用にするイメージが染みついているというか。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする