日本ハム本拠地移転構想・北広島市、札幌市、球団が道に協力要請(2/27~3/2)

プロ野球・北海道日本ハムファイターズの本拠地移転を巡り、候補地の北広島市・札幌市と、球団がそれぞれ道庁を訪れて協力を要請。札幌市は道の許可を得て、道立真駒内公園を正式提案しました。 毎日新聞の取材担当記者の私が、3者の訪問と囲み取材の内容をまとめました。一連の日本ハム移転構想の理解につながれば幸いです。
プロ野球 札幌市 北広島市 北海道 野球 日本ハム
3
野原寛史 @mainichikitaspo
高橋知事の発言要旨は以下の通り。 球団は広大な北海道で地域に思いを寄せ、選手は応援大使として地域振興に力をいただいている。そういう中でのBP構想なので、できる限り支援して、よりよい判断をしていただけるようにしたい。これからも道民球団として我々の夢と希望を一歩一歩進めてほしい。
野原寛史 @mainichikitaspo
竹田球団社長の要請後囲み取材要旨は以下の通り。 Q・きょう要請した内容は A・北広島の場合は道路拡幅だとか、JR新駅だとかの交通アクセスのバックアップ。真駒内の場合は交通アクセスの前に、道の公園を使用していただける許可と使用料の減額をお願いしている。
野原寛史 @mainichikitaspo
Q・社長と知事は同郷(富山県)だが、顔を見て要請・協力の感触は A・詳しいですね。その(感触の)答えは150点。要請に対する答えも、協力もご指導も、道からのバックアップは絶対(いただける)と思っています。
野原寛史 @mainichikitaspo
Q・真駒内では一部住民の反対があるが、配慮は A・もちろん慎重に、行政の方々とご相談しながら。 Q・自治体の協力は大きなウエートを占めるが、どのように判断するか A・協議中なので、個々の協議内容については差し控えさせていただく。今月末までには必ず一定の方向性を出す。
野原寛史 @mainichikitaspo
Q・一定の方向性が出た後、ファンに直接説明する考えはあるか。スタンドでの取材では「球場に来ている我々ファンに説明を」という声が多い。試合前などに説明の場は設けるか A・決まってからしっかりと動き出す。球団はファンの存在あってのもの。活動はファンサービスファーストで進めていく。
野原寛史 @mainichikitaspo
Q・札幌市の支援と北広島市の支援策を比べると、札幌は充実していないように見える。追加要請はあるか A・北広島でも札幌でも、行政は頑張って提案をしていただいている。道民から愛され、日本からアジア、世界へ北海道の良さを伝えられる球団を目指していく。行政とも一緒になって頑張りたい。
野原寛史 @mainichikitaspo
Q・残り1カ月で両市に求めることは A・協議は続いているので、個別案件は容赦いただきたい。 Q・真駒内では反対する人が目立つ。真駒内を選んだときに理解を得られると考えるか A・もちろんそのつもりで、市からも提案されたと思っている。必ず納得していただけるように誠実に努力していきたい。
野原寛史 @mainichikitaspo
Q・選定ににあたって一番重視することは A・BPが北海道のシンボルになること、少なくともアジア一のBPになって、野球を見たり応援するだけでなく、道民の方がいろんなコミュニケーションを取れる、体験できる、子どもや高齢者に向けた課題の対応策、そういうことを一緒にできるBPを(続く)
野原寛史 @mainichikitaspo
目指すことが絶対。道民球団として絶対。三方よしの、ファンよし、北海道よし、ファイターズよしで。我々は(球団を)公共財と思っていますから、公共性と事業性をしっかりミックスして皆様が良くならないと、前には進めない。ファンの皆様と一緒に新たな道を進んでいきたい。
野原寛史 @mainichikitaspo
Q・札幌市からの正式提案の受け止めは A・真摯に受け止めており、ありがたい。市民、道民の方が喜んでもらえるように微力だが共生していきたい。市には感謝している。
野原寛史 @mainichikitaspo
日ハム本拠地移転:月末までに判断 社長が知事に報告 - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20180… きょうの記事です。関連記事や過去の関係記事のリンクも貼られています。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする