編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら
1
ログインして広告を非表示にする
1日目 C4
ぱいん🍍🍬 @pineapplecandy
みかままさんの淡々とした司会が和む #JaSST

C4-1

「探索的テストにおけるストーリーベースのアプローチ」
KEN-san @krsna_sub
熊川さん、いかりや長介的なツカみで登場。#Jasst
ぱいん🍍🍬 @pineapplecandy
熊川さん「午前中はGoogleは全部テスト自動化やってまーすっていう話をされてました。ここでは、手動テストの話をしまーす」 会場爆笑 #jasst
Kazu SUZUKI @kz_suzuki
「googleは100%自動テストと言っていたがおれの話は手動テストだ」#jasst
KEN-san @krsna_sub
「今日の発表はすぐに使える役に立つというものではない。手段の提案という形なので気をつけてください。」 #jasst #C4
Kazu SUZUKI @kz_suzuki
くまさん、探索的テスト研究会で練った図を論文中で使ってくれた~ #jasst sites.google.com/site/explorato…
KEN-san @krsna_sub
探索的テストの定義について説明中。「私が探索的テストで大事だなと思うところは探索的テストのモデルの中でThink(思考する)サイクルの部分 #jasst #C4
みかまま @mikantsuki
#JaSST #jasst2018tokyo_nichidai_ochanomizu 論文セッション、経験論文/事例発表、始まりました。NTTデータの熊川さんから。関西味を感じる(そこ?
くっきぃ @MAQ69
探索的テストの事例、立ち見なり #JaSST
KEN-san @krsna_sub
「テストに入る前からテストしたいことが頭に浮かんでいる、それを流すようなものは探索的テストとは(僕は)思わない。バグを見つけてからの思考/観察つまり振る舞いを見てから次のテストにつなげていくことが探索的テストだと(僕は)思う」(私の意訳含みます) #jasst #C4
KEN-san @krsna_sub
「テスターの直感/感情/知識/経験を引き出すことが(僕の)役割。」#jasst #C4
KEN-san @krsna_sub
ツアーの概念についてノリツッコミ中。熊川演芸 #jasst #C4
Kazu SUZUKI @kz_suzuki
縦軸機能×横軸ツアー種別マトリクス出た。#jasst
KEN-san @krsna_sub
「ツアーの概念が腹落ちしにくい。チャータ作成者の思いとテスターの理解が一致しないことや範囲が異なる場合がある。ツアーの回数を集計しているがテスターにツアーの意図が伝わらず不一致が発生する場合がある。」(意訳含みます) #jasst #C4
くっきぃ @MAQ69
チャーター適合率かぁ。面白い。 #JaSST
KEN-san @krsna_sub
「これには対策を打っており、チャータ適合率という指標をとっている。これはチャータに沿ってテストできましたか?という問いに対するテスターの回答。ツアー中に(スコープ外の)別の機能をテストしてしまい適合率が下がる場合がある。」 #jasst #C4
KEN-san @krsna_sub
「但しチャータ適合率が低いからといってテスターを攻めたりしない指示の改善に使う。これはテスト管理者の作業負荷がすごい。(毎回ヒアリングするので)この問題に対する改善に取り組んだのが今回の発表です。」(意訳含みます) #jasst #C4
KEN-san @krsna_sub
「探索の考え方、テストの意図が伝わらない、指示されたスコープを外してしまう。これらの問題に対し、チャータ記述方法の改善として提案する。」 #jasst #C4
KEN-san @krsna_sub
「以降の話は専門外のところも多く、間違った解釈を含む可能性があるので注意してください。」 #jasst #C4
KEN-san @krsna_sub
「人はどうやって知識経験や直感を得るのだろうかということを考えた(専門外だけど)。結果、人はパターンマッチングによって思考を持つらしいということが分かった。」 #jasst #C4
Kazu SUZUKI @kz_suzuki
「雨が降り出した後、鈴木さんは歩き始めた」、突然くまさんに指名されたかと思った。#jasst
KEN-san @krsna_sub
「人間は知識や経験を物語で捉えて、パターンマッチングしているのではないか?」 #jasst #C4
くっきぃ @MAQ69
ユーザーストーリーマッピングに通じるねぇ。 #JaSST
残りを読む(66)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする