編集部が厳選した「いま、みんなに見てほしいまとめ」をイチオシとして紹介しています!グサッと刺さる良質まとめはこちら!
2
ログインして広告を非表示にする
ブロッコリー @nihonbuson
書籍『テスト駆動開発』はKent Beckが書いた唯一の本なので読んでほしい #JaSST
ブロッコリー @nihonbuson
ワイルド・サバンナが恫喝の道具になっているw #JaSST
ブロッコリー @nihonbuson
「動作するきれいなコードはあらゆる意味で価値がある」 良い言葉や #JaSST
ブロッコリー @nihonbuson
Red Green Refactorの説明 「いきなりテストコードを書き始める」は大きな間違い テスト駆動開発の設計成果物として箇条書きのTODOリストがあったりする #JaSST
ブロッコリー @nihonbuson
着手に近いものほど詳細に。 やる内容(TODOリスト)をテキストに書いておく TODO項目の中で優先度や条件に基いて1つだけ選び、1つずつ倒していく #JaSST
ブロッコリー @nihonbuson
本来のリファクタリング技術はテスト駆動開発におけるリファクタリングとは少し定義が異なる #JaSST
ブロッコリー @nihonbuson
動作するきれいなコード=動作するコード+きれいなコード 両方をいっぺんに追い求めるのは難しい 従来だと、動作するコードをきれいにすると動作しなくなっていた→「動くコードに手を触れるな」となったりする #JaSST
ブロッコリー @nihonbuson
動くコードを触るという恐れに対抗するためにあるのがVersion管理、CI、TDDである #JaSST
ブロッコリー @nihonbuson
実装中に新たにやるべきことが見えたりする。 TODOリストをどんどん更新していく必要がある。 #JaSST
ブロッコリー @nihonbuson
ペアプログラミングに対してソロプログラミングっていうのか。 初めて知った。 #JaSST
ブロッコリー @nihonbuson
FizzBuzz問題を切り出していく。 1. 改行する 2. 「1から100までの数」が面倒。 3. 「プリントするプログラム」って難しい。 #JaSST
ブロッコリー @nihonbuson
TODO ============ - [ ] 数を文字列に変換する ただし、 - [ ] 3の倍数のときは数の代わりに「Fizz」と変換する - [ ] 5の倍数のときは数の代わりに「Buzz」と変換する - [ ] 3と5の両方の倍数の場合は数の代わりに「FizzBuzz」と変換する - [ ] 1から100まで - [ ] プリントする #JaSST
ブロッコリー @nihonbuson
箇条書きに分解する。 着手順に並び替える。 「ただし」で身構える。(異常系が来そう) #JaSST
ブロッコリー @nihonbuson
failのテストを書く理由 eclipseやJUnitなど、環境起因の失敗を確認するために必要 #JaSST
ブロッコリー @nihonbuson
テスト駆動開発では ・前準備 ・実行 ・検証 を下から書く #JaSST
ブロッコリー @nihonbuson
海外とテストコードを共有する機会がなければ、日本語名のテストメソッドでOK このメソッドを呼び出すこともないので #JaSST
ブロッコリー @nihonbuson
TODOリストでできた気になっても、テストコードを書くことで具体的な値を考えることの重要性に気付くこともある #JaSST
ブロッコリー @nihonbuson
それによってテストコードのメソッド名も明確になるように変更したりもする #JaSST
ブロッコリー @nihonbuson
1週目は設計に費やされる。 なので、1から100までをいきなりやると、非常に長くなってしまう #JaSST
ブロッコリー @nihonbuson
テストコードを起因してプロダクトコードを作成するのが分かるライブコーディングや… #JaSST
ブロッコリー @nihonbuson
テストコードにバグがあったら? テストコードのテストコードを書いて… となると堂々巡り。 例えば、ミューテーションテストもその1つ。ただし、理論上ではできるが、現実的なコードでは時間がかかる。 TDDは、まずはプロダクトコードを単純にして、テストコードに自信を持たせる。 #JaSST
ブロッコリー @nihonbuson
コメントを消したりするだけでもテスト実行をしてみよう。 #JaSST
残りを読む(18)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする