限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!

オウガ・ザ・コールドスティール #6

翻訳チームによるサイバーパンク・ニンジャ活劇小説「ニンジャスレイヤー」リアルタイム翻訳 (原作:Bradley Bond-san & Philip Ninj@ Morzez-san) ニンジャスレイヤー公式ファンサイト「ネオサイタマ電脳IRC空間」 http://d.hatena.ne.jp/NinjaHeads/ 続きを読む
ニンジャスレイヤー
36369view 1コメント
6
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
(ニンジャスレイヤーは接近しながら、ほとんど無雑作にカラテを構えた。「ピガガガガガ……イヤーッ!」モータードクロの右手がイビツなカラテ・チョップを繰り出す。ニンジャスレイヤーは歩きながら左腕を掲げてそのチョップを反らした。そして右腕を、真っ直ぐに突き出した。「……イヤーッ!」)
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「ピガガーッ!」ニンジャスレイヤーのチョップ突きはモータードクロの下腹部を深々と抉り、肘関節まで潜り込んだ。「イヤーッ!」「ピガガーッ!」ニンジャスレイヤーが右腕を引き抜く!スシ・ハンドがギュウタンのごとく根元から引きずり出される。黒い機械油とシャリとタマゴに濡れたハラワタだ!
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「戦闘続行が難しい!モード変更があまりよくない!」モータードクロはもがき、両腕でニンジャスレイヤーの背中を殴りつける。ニンジャスレイヤーは意に介さぬ!「イヤーッ!」スシ・ハンドと消化器官が内部から根こそぎ引きずり出され、引きちぎれた!「ピガガーッ!」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「カラテッ!カラテッ!オムラ、オムラ!ムカンケイ!オムラ!」叫びながら回転する頭部をニンジャスレイヤーは両手で鷲掴みにした。そのニンジャ膂力で、モータードクロは無理矢理オジギめいた前傾姿勢を取らされる。「人間の真似事はおしまいだ」「オムラ、オムラ、オムラ、オムラ」「イヤーッ!」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「ピガガーッ!」モータードクロの頭部は人工脊椎とともに引きずり出され、引きちぎれた!黒い機械油とシャリとタマゴが撒き散らされる!「イヤーッ!」地面に投げつけたそれをニンジャスレイヤーが無慈悲に踏み潰すのと、がらんどうの体が黒煙を噴き上げ力無くくず折れるのは同時だった。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「サヨ……ナラ……」破壊されたモータードクロの頭部は最後に弱々しい音声を発し、それきり動かなくなった。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
オムラ・インダストリのプレゼンテーション室では、ただモニタ砂嵐の音だけが聴こえていた。ダブルのスーツと邪悪なメンポ、頭巾が特徴的なラオモト・カンは、しばらくその砂嵐を無表情に見つめていた。そして振り返った。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ホリゴタツにかけた出席者は全て沈黙している。半数が失神し、半数が心停止に至っている。耳や目から出血している者もいる。失神した者の何人かは、あるいはこの後に社会復帰ができるかもしれない。それには体力と幸運が必要だ。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
怒りとともに己のニンジャソウルをむき出しにしたラオモト・カンを間近で目撃し、まともでいられる非ニンジャなど存在しないのだ。一方のラオモトは再びもとの冷酷な平静を取り戻していた。「……」出入り口に視線を送ると、そこにひざまずく影はダークニンジャである。「ドーモ。お迎えの時間です」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
風がスス焦げた空気を運んでゆく。遠くにいくつかの黒煙の筋が見え、ヒケシが鳴らすサイレンが聴こえてくる。橋を挟んで睨み合っていた地元の人間とオムラの下請けチームはどちらも解散し、一人も残っていない。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
この広範囲な破壊行為を引き起こした存在の成れの果てである鉄屑を傍らに、サブロ老人は息子のなきがらを抱き、ニンジャスレイヤーを見上げていた。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「モリタ=サン」サブロは呟いた。「モリタ=サン。これは、わしの人生に下された罰であろうか……インガオホー……」ニンジャスレイヤーはしばし無言であったが、やがて答えた。「オムラ・インダストリというシステムが暴力をおこない、貴方の息子はその犠牲になった。ただそれだけだ」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「やれやれ」サブロはつとめて苦笑した。「この息子、いきなり帰って来たと思うたら、このザマとは。親不孝の極みよ」「……」「……だが、よく育ったものだ。よく育った」ニンジャスレイヤーは無言である。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
「モリタ=サン」「……」「あんたの正体は知らぬ。知らぬが、何者かはわかる」「……」「頼んだぞ……これからも」サブロとニンジャスレイヤーの目が合った。やがてニンジャスレイヤーはサブロに背を向け、近くの屋根へ跳躍した。「Wassyoi!」屋根から屋根へ。彼はすぐに見えなくなった。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
ヒケシの鳴らす半鐘が鎮魂歌めいて、サブロの頭上の焦げ臭い空に鳴り響くのだった。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
(「オウガ・ザ・コールドスティール」終わり)

コメント

オスツ🍣 @alohakun 2011-04-07 21:27:48
オウガ・ザ・コールドスティール #1 http://togetter.com/li/109984
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする