Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

小田原市、二宮金次郎を訪ねて

中央公論社「日本の名著 二宮尊徳」に感銘を受けた庄野孝行が、小田原市まで自転車旅行をおこなった簡単な記録。
0
庄野高行 @en_maromi

中央公論社「日本の名著」の二宮尊徳の巻を読み終えた。門人による伝記「報徳記」語録集「二宮翁夜話」独自の世界観を開陳した理論書「三才報徳金毛録」嘆願書などの公的性格の強い文書「仕法関係諸篇」に書簡と日記がついた現代語訳であった。実直や勤勉の象徴といった印象が強い彼だが、門人製二作に

2018-03-09 00:35:44
庄野高行 @en_maromi

おける仁者ぶりが凄まじく、古今の思想を徹底的にかみ砕いた(神五、儒仏二分の五の割合で調合した「飲むとマジメになる丸薬」と自賛している)言葉の端々から教養の深さがにじみ出まくっている。好き嫌いは別にしても、こんな傑人が銅像ともども死蔵される社会的損失は計り知れない。勤勉を拗らせた

2018-03-09 00:36:11
庄野高行 @en_maromi

モーレツ社員の元締めに見える部分も多々あろうが、例えば、聖フランチェスコの伝記を実学的にのみ読む西洋人はいないわけで、一つの高潔な精神の軌道が人を絶望から救うこともある。かくも非の打ち所がない男が存在し、大きく正道を外れた人生ながら、そんな人物に感動できる心がまだ自分の中に残って

2018-03-09 00:36:35
庄野高行 @en_maromi

いることに心安らぐ思いをした。  尊敬する人物を聞かれ、長渕剛と答えるのは奇を衒って見える。両親ですとお茶を濁すのも平凡である。そんな時、二宮金次郎は召喚すべき名だと言える。 pic.twitter.com/8hk3KehGrL

2018-03-09 00:37:45
拡大
庄野高行 @en_maromi

近々小田原まで自転車旅行に行こうと思う。

2018-03-12 23:52:44
庄野高行 @en_maromi

薪を背負い「大学」を読む姿が、無言の内に歩きスマホ推奨のメッセージを発しているとの忖度から、全国の学園から二宮金次郎(尊徳)像が撤去されていると聞く。うがった見方をすれば児童労働の推奨にも、異常な勤勉にも見えうる像から歩きスマホ推奨の声を聞く所が保護者の保護者たるゆえんで、彼らも

2018-03-14 23:18:08
庄野高行 @en_maromi

子供が可愛いのだと思う。ただ、ギリシアにソクラテスが、印度に仏陀が、中国に孔子がいるように、「では日本に誰がいるか」と考えた古人が捻り出した答えが二宮金次郎だとして、他に誰の像を設置すれば良いかと言われると頭を抱えてしまう。坂本龍馬や吉田松陰とかになるのだろうか。

2018-03-14 23:19:50
庄野高行 @en_maromi

今夜、小田原へたちます。

2018-03-17 08:53:02
庄野高行 @en_maromi

小田原一人旅終了なう。楽しかったけど、やっぱり自転車で行くのは無理があると思った。 pic.twitter.com/y2j4ffBv4a

2018-03-18 13:20:58
拡大
庄野高行 @en_maromi

到着後、小田原駅通りの松屋店員が甘辛く仕上げた牛卵とじ丼を楽しんでいた折、ひと足先に食べおえた隣席の野球少年が、空のうつわとバイト店員に深々とおじぎをして退席した。昔気質な教師が強いたマナーでない自発的な感謝ならば大したマジメさである。

2018-03-19 21:08:56
庄野高行 @en_maromi

坂をのぼれば小田原城、麓に報徳二宮神社が鎮座する美しい町では、こんな今時珍しい少年が育つのだなと感心しつつ、私は無言で退席した。

2018-03-19 21:09:10
庄野高行 @en_maromi

全国の少年少女に遊ぶ楽しさとアウトドア趣味を教えた偉大なゲーム「ポケモンGO」の製作者はまた、旅行の楽しみも熟知していたらしく、全国各地の名勝に希少価値の高いクリーチャーを配置し、観光収入の増益にも一役買っているそうである。小田原城付近も例外ではなく、このフェラチオの上手そうな

2018-03-19 21:11:28
庄野高行 @en_maromi

キャラがあの辺一帯に多く生息しているそうである。尊徳翁の偉徳を慕い静かに参拝する土地の人々(ポケモン?)にガキの歓声は残念な副産物だろうが、そんな中でも平和を願い、敵の安全を心配さえするところに尊徳翁の精神が生きていると私には思える。 pic.twitter.com/oNJUmb2fTA

2018-03-19 21:13:56
拡大
拡大
拡大
拡大
庄野高行 @en_maromi

さしたる願いごともないまま参拝を終え、本殿脇にある土産物屋の巫女さんから、この旅の目的でもある報徳二宮神社のお守りを買った。純粋素朴を尊ぶ神道イズムでは、精液が付着しない赤剥けのプッシーに古人が見上げた夕空の古代紫を重ね、処女が尊ばれるそうである。私は処女厨ではないが、そんな

2018-03-19 21:16:30
庄野高行 @en_maromi

予備知識から「いやぁ、色んな金次郎さんがおって目移りしちゃうよ、へへへ。ねえ巫女さん、どの金次郎さんが一番ええと思う。おすすめしてよ」なんて気持ち悪いキャバクラ的感性が口をついて出た。恥じいるばかりである。巫女さんは丁寧にニーズを聞いて、お守りを処方して下さった。 pic.twitter.com/rDozKtIkCD

2018-03-19 21:18:16
拡大
拡大
庄野高行 @en_maromi

小田原かまぼこ通り、英語で言えばフィッシュ・ケーキ・ストリートである。通りのおでん屋の名物は、きりたんぽ風にしあげた自然薯だそうだ。 pic.twitter.com/CzTOZyaoeh

2018-03-19 21:21:09
拡大
拡大
庄野高行 @en_maromi

城南ハスラー 胆座った奴ら 城南マーダラー 掴む韻の刀… pic.twitter.com/fdzE50nSqF

2018-03-19 21:23:28
拡大
拡大
庄野高行 @en_maromi

神社の隣の坂道には報徳博物館もある。料金は大人200円、子供100円と手頃だが、展示内容はわりと質素である。一階の売店には巨大な二宮尊徳全集、普及版の諸著作、専門的な研究書、門人関連の書籍がバランスよくならぶ。富田高慶日記は少し欲しかった(が超高い。いつか図書館で借りる) pic.twitter.com/PqrICoAMYS

2018-03-19 21:26:17
拡大
拡大
拡大
庄野高行 @en_maromi

二階は資料類が展示されていた。愛用足袋の解説に、成田山から桜町までの11キロを歩いて帰ったと書いてある。私は桜町なる地名を神奈川県の一農村だと誤解しており、「二十一日も断食した体で成田山から小田原まで歩くとか凄すぎる」と尊敬を膨らませていた。実際は栃木県らしい。 pic.twitter.com/EU29VbiQCt

2018-03-19 21:28:57
拡大
拡大
庄野高行 @en_maromi

宇宙開闢からの社会の変転を独自解釈した陰陽で示した尊徳マンダラ、に館員が自分で書いた図を混ぜこんだ物。さらに単純化して言えば「わたくしのおはなしは、みんな林や野はらや鉄道線路やらで、虹や月あかりからもらってきたのです(注文の多い料理店序文)」という意味の理屈である。 pic.twitter.com/6fefmPC9z4

2018-03-19 21:30:42
拡大
庄野高行 @en_maromi

二宮氏を代表する語彙の報徳とは、「徳に報いるに徳を持ってする」一種の贈与経済である。一般に、勤勉を推奨するブラック企業精神の持ち主だとの誤解があるが、「二宮翁夜話」などで縷々述べているように、彼の合理的な分度にもとづく倹約には、窮民にほどこす大目的があった。粗末な藍染めの着物を

2018-03-19 21:32:32
庄野高行 @en_maromi

きた大男が、懐に大金を忍ばせ、飢饉で明日をも知れぬ身の家々を一件また一件と訪ね歩き、その悲しみを測り、苦しみをのぞいていく姿は科学の極限であり、私のごときおおよそ仁義とは無縁の浮き草でも感銘を受けざるをえない。 pic.twitter.com/2xzrbLMvcw

2018-03-19 21:33:56
拡大
拡大
庄野高行 @en_maromi

童心あふれる汽車ぽっぽと、しりを突きだすエッチな南国美人が同居する小田原駅前、地下へつづく階段の前に乞食が座っていた。数年前の新聞配達時、千代田区の高速道路下でみかけて以来、女性ホムレスに遭遇するのは久しぶりである。少し眺めるだけでも某かの精神疾患が確認できるボロボロの老女で、

2018-03-19 21:35:15
庄野高行 @en_maromi

天保大飢饉もかくやと思われる悲惨な有様であった。私には金も甲斐性もないが、どうかなんとか上手くやって欲しいと祈るばかりであった。 pic.twitter.com/z5ewegMz1i

2018-03-19 21:36:06
拡大
庄野高行 @en_maromi

海山のあいだに憩う町の縁どりには、浜へつづく扉がいくつも穿たれ、遠く停泊する漁船の側で足びれをつけた海女さんが逆さに貝をひろっていた。かくも明媚な土地に育ち、潮の響きを身近に感じたはずの尊徳氏の言葉には、不思議と海のモチーフが見えない。名実ともに土が支えた人生だとも言えるが、

2018-03-19 21:37:49
残りを読む(9)

コメント

言葉使い @tennteke 2018年3月20日
三波春夫が博識なので永六輔が「二宮金次郎の銅像って、なんで薪を背負って本を読んでいるんですか?危ないじゃないですか」と質問したら、「あれは薪を町で売って、そのお金で本を買って、帰り道読んでいるんです。その行きと帰りを同時に表現しているのです」と答えていたけど、公式はどうなんでしょう?
0
KAMON @KAMON_Yammani 2018年3月20日
https://togetter.com/li/950210 小田原には30年前から座像の二宮金次郎像がある、という話は前にまとめました。
0
KAMON @KAMON_Yammani 2018年3月20日
ベロリンガを「フェラチオがうまそうな」とな。
0
. @en_maromi 2018年3月20日
@tennteke 富田高慶「報徳記」に、「採薪の往返にも大学の書を懐にして途中歩みながら之を誦し少しも怠たらず」とありました。薪の売買は、母と弟を養うための仕事で、必ずしも学問のみのためとは思えませんが、三波春夫さんの答えは公式を正確に述べたものだと思います。
1
麻樹・あるいはまお @maki_miquette 2018年3月22日
とはいえ地元小田原市の小学生の間でも『金次郎の銅像』は七不思議ネタから外されてないんだけどな。地元じゃ薪しょって読書より洪水対策に酒匂川に松の木植えたとか勉強関係なら自分で菜の花植えて菜種油調達したとかの逸話の方が有名なのもあって二宮尊徳=あの金次郎って繋がらなくて後で『あ~っ!!』ってなる
0
麻樹・あるいはまお @maki_miquette 2018年3月22日
後今二宮尊徳の映画撮影中ですんでミニシアター公開ってなるでしょうが公開時はよろしくです<勝手にPR
0
. @en_maromi 2018年5月6日
二宮金次郎bot @sontoku_houtoku を作りました。このまとめを読んだ人はフォローするように。
0