Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能
2018年3月25日

西遊記 沙悟浄 沙和尚 沙僧の前世である深沙大将 深沙神

まとめました。
11
鬼塚kama✦虹かけ星🌒Sky星の子 @fennec_kama

「悟浄が三蔵を9回殺してる」話し探してみた(その1) →西遊記には無いが、西遊記の原型「大唐三蔵取経詩話」に「三蔵は2回生まれ変わったがそのたびに深沙神に殺された」「深沙神が持っている2つの髑髏は三蔵のものである」という話がある(続)

2013-12-26 22:15:40
鬼塚kama✦虹かけ星🌒Sky星の子 @fennec_kama

「悟浄が三蔵を9回殺してる」話し探してみた(その2) →西遊記には悟浄が三蔵を9回殺したとは書いてないが、三蔵は9回生まれ変わり、悟浄は今まで9名の取経者を殺し9つの髑髏を持っている。→悟浄の持っている髑髏は三蔵の前世かもと解釈することも出来るって事らしい。ほほう!

2013-12-26 22:15:47
takuhiro (kinosy) @Kino_see

@kattarikaa どうも『覚禅抄』所収「慈恩伝」に手がかりが。玄奘の旅の途中に訪れた流沙で深沙神が玄奘の前世7度に渡る取経失敗を示す七髑髏を示し、玄奘に対してすみやかに東土に帰らねば死ぬぞと脅したという逸話ですね。(つづく)  #陰陽道

2014-04-24 17:25:12
takuhiro (kinosy) @Kino_see

@kattarikaa つづき)宋代の『大唐三蔵取経詩話』第8話では、深沙神は二度まで前世の玄奘を食らって頭蓋骨を首に下げていたという話もあります。深沙神はその起源や役割を様々持ちますが、寂寞たる砂漠の神格化として同神が生死を司る所から関係性が出来た可能性がありますね。 #陰陽道

2014-04-24 17:29:10
🍜 @_mod12_

玄奘(げんじょう)を励ましたのは毘沙門天(びしゃもんてん)だといわれ、後にその化身である深沙大将(じんさたいしょう)(あるいは深沙神)が玄奘が夢で感得した神であるといわれるようになったのだそうだ。そしてその深沙こそが沙悟浄(さごじょう)の前身なのだという。

2015-03-22 14:16:58
鳥⤴️⤴️ @pollo_tori

沙悟浄は、流砂河を渡る際に現れたんだけど流砂「河」ってあったせいで、水が流れてるイメージがついてしまい、日本の妖怪の河童と同視されるようになった。深沙神と言う名で登場した神様でイメージ画では9つの頭蓋骨をくびにさげてるけど、あれは前世で取経の旅に出た三蔵法師のものです。

2017-05-13 17:19:37
鳥⤴️⤴️ @pollo_tori

前身の深沙神は流砂河を渡るために橋を作ってくれたのみで、西遊記の前身の書では仲間にならない。民間仏教信仰の中で、毘沙門天の化身と考えられている。ちなみに縁結びや良縁の神様。中国の挿絵では基本的にはげの親父なんだけど、これは仲間になるさい、三蔵法師に教えに帰依し、剃髪したから。

2017-05-13 17:23:11
マツシタ・チクロ @chicmatu

玄奘三蔵法師と深沙神についての伝説でとてもグッとくる部分があるんですが、 玄奘さんは莫賀延磧で深沙神に西行の旅を促される反面、同じく「阻む存在としての深沙神」に何度もここで首を狩られてるんだよね。玄奘さんは莫賀延磧で何度も死んで、その度に転生して、やはり取経の旅に出かける。

2017-10-17 20:20:21
マツシタ・チクロ @chicmatu

いつしか、死んでは生き返って取経しにいく玄奘三蔵法師と旅を促しながらもそれを阻む深沙神はペアとして取り上げられるようになり、双方に「どくろの首飾り(このどくろは玄奘三蔵法師本人)」が描かれるようになる。 莫賀延磧にはいくつものどくろが落ちていて、そのどれもが玄奘三蔵法師のもの。

2017-10-17 20:26:41
マツシタ・チクロ @chicmatu

ひじょーーーーーにこれは幻想的で印象に強く残る伝説であります。

2017-10-17 20:30:06
仏師・『快慶』の仏像 @kaikei33

【和歌山・金剛峯寺/深沙大将立像(鎌倉)】「南無阿弥陀仏作善集」所載の高野新別所に重源が安置した像にあたるとみられる一対の像で快慶作の四天王像に通じる造形を示す。像内に「ア(梵字)阿弥陀仏」の銘記と経巻二巻が存在することが判明した。 pic.twitter.com/0EX812BjjD

2017-11-27 16:08:25
拡大
仏師・『快慶』の仏像 @kaikei33

【和歌山・金剛峯寺/深沙大将立像(鎌倉)】西遊記に登場する僧・玄奘(三蔵法師)がインドへ行く途中、砂の中から現れ玄奘を守護したと伝えられる大般若経の守護神。蛇や髑髏の瓔珞をつけ,腹部に子の顔を現す。2012年に仏師・快慶の作と判明。 pic.twitter.com/NMg4Nd9iG3

2017-12-13 08:08:37
拡大
仏師・『快慶』の仏像 @kaikei33

【京都・金剛院/深沙大将立像(鎌倉)】快慶前半生の作。同寺の快慶作執金剛神像と同じ像高約85cmである。足ほぞの銘も同様で、一具としてつくられたものと考えられる。執金剛神像と比較し体勢が自然であり、生き生きとした雰囲気を持つ。 pic.twitter.com/ptFijpPAOn

2017-12-16 08:08:35
拡大
美しい日本の仏像 @j_butsuzo

【福井・明通寺/深沙大将立像(平安後期)】像高は256cm。桧材。一木造。左手に蛇を、右腕は戟をつかみ台座上に直立する。多聞天の化身とも言われ、髪は逆立ち、頭頂には髑髏を載せ、眼を大きく見開き、口を強く閉じて忿怒の形相を表わす。 pic.twitter.com/Sz9Z7bPquu

2017-12-10 11:01:26
拡大
拡大
ふるり @fururi555

PC内の写真管理していたら深沙大将が! この頃は塔にしか興味なかったのに、インパクトあって収めたんだなぁ。 #善宝寺五重塔 pic.twitter.com/ePiTnRTeMf

2018-01-02 23:01:25
拡大
Ayako Kimishima @kimi_aya_

平安時代の深沙大将の像だそうです。 毘沙門天や執金剛神のようにも見えますが、、、、 pic.twitter.com/Ovl0uQAc4O

2018-03-18 13:06:27
拡大
拡大
仏像紹介BOT @butsuzobot

金剛峯寺深沙大将像:和歌山県にある高野山真言宗総本山。重源が安置したといわれる。伝奇小説『西遊記』の基となった唐代の僧・玄奘三蔵が天竺から持ち帰った「般若経」の守護神として祀られる。沙悟浄のモデルでもある。快慶による制作。 pic.twitter.com/KJVoGgxXg7

2018-03-18 19:42:44
拡大
美しい日本の仏像 @j_butsuzo

【和歌山・金剛峯寺/深沙大将(鎌倉)】西遊記に登場する僧・玄奘(三蔵法師)がインドへ行く途中、砂の中から現れ玄奘を守護したと伝えられる大般若経の守護神。蛇や髑髏の瓔珞をつけ,腹部に子供の顔を現す。2012年に仏師・快慶の作と判明した pic.twitter.com/DJVnCxLxcJ

2018-03-19 13:01:13
拡大
拡大
拡大
拡大
小山田浩史 @magonia00

本日のお悩み相談はPN深沙大将さんから、「よく河童と勘違いされますがどうしたらいいんでしょうか?」 pic.twitter.com/1gKEyMkokO

2018-02-18 14:01:57
拡大
小山田浩史 @magonia00

河童懲罰士(中野美代子先生支持派) 「沙悟浄は河童じゃねえ!! ヨウスコウカワイルカだ!! 深沙大将の名において懲罰だ!!」 pic.twitter.com/19UxF5TfDb

2018-03-24 15:42:48
拡大
せんだい歴史学カフェ @SendaiHisCafe

沙悟浄のモデルは流沙河砂漠に住む深沙神という神仙なので河童ならとうに干からびているわけだが、そんなことよりも『西遊記』は少しずつ話が付け足されて現在の形になった大衆娯楽文学であり、実は孫悟空や猪八戒よりも先に作られたキャラクターなのである。セーラームーンのヴィーナスみたいな。 pic.twitter.com/6wzxEEFCi5

2018-03-24 16:10:33
拡大
ひっかけ丸大好きクラブ @sugi_touken

>RT 定期的に何度もいうけど、沙悟浄は河童ではなく取経僧のやる気を削ぐ深沙神という妖怪が元で、三蔵法師はこの妖怪にも負けずに取経を達成したよ!むしろ従わせたよ!という比喩でお供として書かれているので河童ではないのだ。そりゃ禿げてるけど河童ではないのだ。そこんとこよろしく。

2018-03-24 19:02:09
幣束 @goshuinchou

RT モデルになった深沙大将がいるんだよおおおおって言えばよかったのに pic.twitter.com/JZH6VEXrlo

2018-03-24 16:37:27
拡大
幣束 @goshuinchou

ていうか河童のルーツの一つが中国の水虎とかだとすると中国にもいるよカッパ。 いや(現実には)いないけど。いや(好事家願望的には)いるけど。

2018-03-24 16:46:11
幣束 @goshuinchou

沙悟浄のモデルになった深沙大将は玄奘三蔵が砂漠で死にそうになった時に命を助け守護したとされます。この絵でもあるように首に七つの髑髏をかけていますがこの髑髏は玄奘の前世の髑髏です。玄奘は生まれ変わる度に天竺へ向かいますが何度も深沙大将に食べられてしまいます。食われた玄奘の頭蓋骨。

2018-03-24 16:55:29
残りを読む(12)

コメント

CD @cleardice 2018年3月25日
仏教神は属性盛りすぎて普通に化け物っぽいのがちょくちょく居るよね・・・なんだよ腹に子供の顔が浮かぶって
1