黒澤映画「蜘蛛巣城」のあの伝説的なシーンの撮影で使われたトリックについてのお話「それでもやっぱり怖い」

超望遠の圧縮効果の話
126
高寺 彰彦 akihiko takadera @Ace_Number1

三船敏郎に本物の矢を射掛けて撮影された、と伝説的に語られる『蜘蛛巢城』のクライマックスですが、実はトリックは存在します。矢は本物です。トリックはレンズに有るのです。三船の真横に突き立つ矢と三船の間には実は充分な距離が有るのですが、超望遠で撮っているので距離が圧縮されてしまう。 pic.twitter.com/V28Ms63Hjn

2018-03-23 12:41:40
拡大
高寺 彰彦 akihiko takadera @Ace_Number1

『蜘蛛巣城』ラストの矢の雨の撮影法の内、壁に突き立つ矢の説明をしましたが、当然全てをそれだけで撮った訳では有りません。三船のボディやすぐ側に刺さるものは『七人の侍』で黒澤が発明した、矢を中空に(詰まり管状)してテグスを通して的に固定し、射る手法です。テグスが弛むと危険な方法ですね。

2018-03-23 23:34:11
高寺 彰彦 akihiko takadera @Ace_Number1

最後の、三船の首を横様に矢が貫くカットは、まず三船の前を矢が何本も通り過ぎる所を撮影。この内、三船の首付近を矢が通った瞬間を狙ってフィルムをカット。矢を首に装着した三船のショットに編集で繋ぐ。この時若干位置がズレるのが、却って刺さった瞬間の衝撃に感じられて効果を増幅させています。 pic.twitter.com/VYJnULx4QU

2018-03-23 23:48:42
拡大
リンク Wikipedia 蜘蛛巣城 『蜘蛛巣城』(くものすじょう)は、1957年(昭和32年)1月15日公開の日本映画である。東宝製作・配給。監督は黒澤明、主演は三船敏郎。モノクロ、スタンダード、110分。シェイクスピアの戯曲『マクベス』を日本の戦国時代に置き換えた作品。ラストに主人公の三船が無数の矢を浴びるシーンで知られる。原作の世界観に能の様式美を取り入れ、エキストラ人員とオープンセットは黒澤作品では随一の規模で製作された。第31回キネマ旬報ベスト・テン第4位。北の館(きたのたち)の主・藤巻の謀反を鎮圧した武将、鷲津武時と三木義明は、喜 48
高寺 彰彦 akihiko takadera @Ace_Number1

『蜘蛛巣城』の矢の場面の撮影方法、解り難い部分も有ったかに思えたので補足。望遠レンズに拠る、奥行きの消失と云うのは、撮影に詳しいか、レンズに興味有る人以外には中々把握出来ない部分だと思います。望遠で撮影された場面を見て奥行き数cmに見えてもすんごい離れてたりするんですよw pic.twitter.com/eKZrCX7jl4

2018-03-24 03:21:41
拡大
高寺 彰彦 akihiko takadera @Ace_Number1

と云う事なので、その場面で使われた望遠レンズが何㍉か判らない状態で、奥行きの距離数センチじゃん!とか決められないんです。数メートルかもしれない訳で。特に黒澤明は、狭い茶室のセットの内部を撮影するのに、スタジオの外にカメラ置いて超望遠で撮る人ですからねw

2018-03-24 04:50:21
リンク Wikipedia 高寺彰彦 高寺 彰彦(たかでら あきひこ、1960年7月18日 - )は、日本の漫画家。静岡県下田市出身。漫画情報誌『ぱふ』へマンガの投稿をしながら、まついなつきの紹介で大友克洋と知り合い、大友の『気分はもう戦争』第4話からアシスタントを始める。1980年、『マンガ奇想天外 SFマンガ大全集 No.4 1981年 WINTER』に「FOGGY GOBLIN」を発表してデビュー。デビュー後も自作品を描きながら、大友のアシスタントを『AKIRA』の頃まで続ける。他にも白山宣之の仕事も手伝い、逆に大友や白山がデビューした
Otowa @070vv4

@Ace_Number1 @mondocomics2013 写真の教本とかで出てくる圧縮効果ってやつですね

2018-03-23 19:35:35
こいずみりく@9月中は秋休みを頂きます🐢 @koizumiriku5133

いわゆる、「箱根駅伝で2位の走者が1位のすぐ後ろに迫って見えるけど空撮で見ると実は結構距離がありました」現象ですね。 twitter.com/Ace_Number1/st…

2018-03-23 19:44:49
鮪鯨人(ゆうげいじん)@角刈り @yuugeijinn

航空機撮影でも、超望遠による圧縮効果で編隊飛行の距離が極端に詰まる例は枚挙にいとまがないが、映画でもあったとは…… twitter.com/Ace_Number1/st…

2018-03-23 21:21:51
放牧執事 @situ_ji

@Ace_Number1 スチールで見ると三船敏郎の指が壁の穴にでも入っているように見えますがこれは遠近感を誤魔化すために矢の当たる板が演者と同じ平面上ではなく前に出ていて指が隠れてしまっているんですね。

2018-03-24 00:54:36
地虫兵衛 @zimusibei

@Ace_Number1 首に矢が刺さるこのシーン、好き、すごい。いくらコマ送りしてもよくわからなかったのですが、なるほど、そういう方法だったのですね。よくわかりました、ありがとうございます。今でもすごいと思います。

2018-03-25 19:47:51
高寺 彰彦 akihiko takadera @Ace_Number1

@zimusibei ロンドンの王立劇場のこけら落とし作品としてイギリスで初上映された時は場内に悲鳴が渦巻き、失神者もでたそうですw

2018-03-25 19:49:33
勝見ふうたろー @FuutalowK

@Ace_Number1 矢が首に刺さって「トッ…!」と一瞬固まってこちらを睨みつける三船さんの顔は凄かったですね…

2018-03-23 12:48:18
高寺 彰彦 akihiko takadera @Ace_Number1

@FuutalowK 矢の刺さる前と後でメイク変えてますしねw

2018-03-23 12:56:43
the OMEN daihonei @BLP4003

@Ace_Number1 とは言えこの距離で矢を射たれては怖いでしょうね pic.twitter.com/yT07D00Tcb

2018-03-25 16:00:14
拡大
高寺 彰彦 akihiko takadera @Ace_Number1

@BLP4003 前日眠れなかったとも言いますし、三船の顔色が只事でなく、撮影を延ばしたとも言いますね。当然だと思いますw

2018-03-25 16:31:17
しのぐ @_shinogu_

@Ace_Number1 @nawokikarasawa これだけを読むと安全を考慮していたようによめますが、一応七人の侍の撮影時に本当に役者に矢が刺さったことがある例を付け加えておくと当時の状況が理解しやすいと思われます。

2018-03-24 13:34:04
高寺 彰彦 akihiko takadera @Ace_Number1

@_shinogu_ @nawokikarasawa 七人の侍の時の事故は、黒澤考案のテグス方式がまだ発案して間も無くである故の事故なので、安全を考慮しなかった訳では無いと思いますよwテグスに緩みが有ると的を外れてしまうんです。逆に七人の侍以降にこの事故は起きていません。

2018-03-24 14:22:17
ncc1701 @ncc170116

@Ace_Number1 @sunafukin99 この場面、父が昔から「あれはすごかった、あれはすごかった」としつこく言うので観たら本当にすごかったです。レンズによる圧縮は映画で実によく活用されてますね。私の好きな『ブルーサンダー』で、下から浮上してぬっと現れるヘリの威圧感も圧縮による効果だったと思います。

2018-03-24 10:20:55
高寺 彰彦 akihiko takadera @Ace_Number1

@ncc170116 @sunafukin99 ブルーサンダー面白かったですねwジョン・バダムは映画好きの心をくすぐる作品が多いです。

2018-03-24 14:45:13
残りを読む(9)

コメント

nekosencho @Neko_Sencho 2018年3月26日
奥行きが消えるのは、マラソン中継を思い出してもらえばいいんじゃないのかな。 正面からの画像で、すぐ隣くらいを走ってるはずが、横から見たら車何台分も遅れてる(あるいは先に行ってる)ってのは珍しくないし
7
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2018年3月26日
トリック云々のことについては知っていたが、高寺彰彦さんのツイートであることにちょっと驚いた。
5
BUFF @geishawaltz 2018年3月26日
上の『指輪物語』で思い出したけど、伊丹十三の『お葬式』冒頭のトリック撮影でCM撮ってるシーンもそうだったかなぁ?大きな女性に小さな男性がお酌してもらってるシーン。
0
Ichigo Mayo@Vまよーん @15my 2018年3月26日
圧縮効果警察ってあれか。圧縮効果はレンズ種別によるものではなく遠方から撮っていることによるものなので広角レンズだろうが十分に離れれば発生する。ただ、その場合被写体が豆粒になるので普通はそんなことはしない。
7
ろんどん @lawtomol 2018年3月26日
ともあれ、「蜘蛛巣城」は面白いので未見の方は是非ご覧になってください
8
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2018年3月26日
15my いまだと、デジタル写真だから、簡単に再現出来ますよね。ま、画質荒くなるけど。
0
緋蓮@雑多 @hiyokurenri688 2018年3月26日
蜘蛛巣城は『マクベス』を日本に置き換えた作品なので、『マクベス』も観るといっそう面白いよ。あと蜘蛛巣城では能の動きも取り入れられてるので、能好きの方にも良いかも。
2
inu @inu1122 2018年3月26日
望遠レンズばかりの例しかないけど、例えば、未知との遭遇のオープニングで、砂漠に巨大な船があるシーンは、ミニチュアの船をカメラの直ぐ側に置き、その背景で人物が動く事で、巨大な船が砂漠に存在するように見せています。ピーカンなので被写界深度が稼げるのでできる技ですね。 でも、こんなの昔からあって、シフトレンズをムービーカメラに取り付けたり、カメラの先端に改造したスチルカメラをさらに取り付けたり、昔からみないろいろやってます。
1
K.Yanagisawa @K_Yana47 2018年3月26日
応用したのがドリーズーム。原田知世の時かけラストシーンで使われたのが印象深い。当時は不思議な画だな、と思った程度だったが。
1
marumushi @marumushi2 2018年3月26日
こうしたトリック的な撮影のほかにも、黒澤監督は望遠で撮っても画面の隅々までピントが合ってる状態(パンフォーカス)じゃないと許さないので、光量を稼ぐために他の作品の現場からも照明借りてガンガンあてまくり、役者のズラから煙が上がってたとかなんとか
1
signal9.jp @Signal9J 2018年3月26日
高寺彰彦さんって『サルタン防衛隊』の? 『悪霊』の? だよね?
4
いかおとこ @mororeve 2018年3月26日
是非ともウィキペディアの撮影エピソードを読んでくれ… 監督も三船も頭狂っとる。
1
†近似死† @near_death 2018年3月26日
米軍ヘリ、ベイブリッジに低空接近 市民団体が撮影 真横飛行「危険だ」
5
すなのうつわ @host_st 2018年3月26日
映画監督は発明家なんだな
0
oohmyhead @notuttifrutti 2018年3月27日
蜘蛛巣城は黒澤映画でたぶん一番セリフを聞き取りづらい。
4
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2018年3月27日
notuttifrutti 初見時は、冒頭の婆さんの予言なんて何言ってるかさっぱりわかりませんでした。たぶん蜘蛛巣城と七人の侍が、セリフの聞き取りにくさワースト1と2では。
6
人間ジェネリク @DividedSelf_94 2019年4月8日
望遠いうても三船が手を伸ばしたら触れる距離に弓撃ってんだから全然怖いよ。
0
空弁者 @scavenger0519 2019年7月11日
味気ないことを書く。 https://twitter.com/BLP4003/status/97780231849309799 この画像を見ると、射手の立ち位置って凄くヤバイ!現代の労働安全衛生法からは許されない足場。腰より高い位置の枠とかないもんね。落下したら大怪我。なのにこの人数がいるなんて。よろけたらアウトジャン
0