466
ログインして広告を非表示にする
残りを読む(11)

コメント

  • 言葉使い @tennteke 29日前
    前はこの記事「『もしもインターネットがなかったら・・・昭和のビジネスを再現してみた』 http://bit.ly/2pG1gMC デイリーポータルZにあったんだけど、なんだか見つからなくなってしまった。パソコンが普及する前は大勢で担当をもって一つの仕事やったんですね。
  • mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 29日前
    無責任シリーズの映画を見ると分かるけど、「サラリーマンは気楽な稼業と云々〜♪」は実際はそうでないからウケたわけで。
  • ベアロ @bear_rode_stone 29日前
    むしろ昭和の方が終身雇用の代わりに滅私奉公強いられたイメージあるけどどうなんだろ あと昔は週休2日じゃなかったしねえ
  • ベアロ @bear_rode_stone 29日前
    ただ昔の方が働けば確実に生活が良くなるって実感が確かにあったんだよね 親の話とか年配者の話でそれは強く感じた 今は頑張っても現状維持がやっとだからな
  • ふゆういるど @tg524838 29日前
    うちの親はそのくらいの頃、毎月40~50時間残業するのが普通でしたよ、過労死て言葉もあったし、ただ終身雇用で社員の首を切る経営者は腹を切れていう言葉もあって、困ってる社員がいれば力になるっていう風潮はあったそうです。
  • たろー @hanpa64 29日前
    まぁどんな時代でどんな働きかたしてようと、毎年の昇給と年2回数カ月分のボーナスがあれば、だいたい幸せになれそうな気がする。
  • にんにん @shinobizato 29日前
    昔は残業する方がモーレツ社員とかいって小馬鹿にされてたなと
  • グレイス @Grace_ssw 29日前
    仕事の密度と責任の重量が右肩上がりなんだよ、今の社会って。昔はたくさんの人が一つの仕事を見てたから、役割も担当も責任も細分化してたし、みんなで一つの仕事って意識があった。今は担当が明確になり責任が一人に伸し掛かり所掌が細分化されたので同じ会社の隣のやつが「俺に関係する仕事をやってる奴」になっちまった。全員が小さな会社のライバルみたいになってどんどんギスギスしていく。そりゃ自殺者も増えらあ。
  • 点面悪鬼百之助 @x743 29日前
    こんな話聞かされてもね
  • ろんどん @lawtomol 29日前
    昔のおとーちゃんたちは巨人戦のテレビ中継みながら晩酌したりしてたわけで…
  • Yo-太 @Yota586 29日前
    確かに昔は個人の幸福が保障されてなかったかもしれないけど、現代だって個人の幸福が保障されているとは言い難い気が・・・「不幸なのは自己責任」みたいな言い草さえないわけじゃないし
  • 島村鰐 @wani_shima 29日前
    非労働者階級はどう思ってんのかね
  • trycatch777 @trycatch777 29日前
    いまは無駄でカットされちゃったことが、当時はちっとも無駄じゃなかったんだろう。まとめ本文で言うと、残業してる社員に弁当を支給するってことはその分仕出し屋さんが潤ってたわけだし。でもその分、会社勤めとは終身雇用前提だっただろうし、上司というのは今より絶対的な存在だっただろうから、単純に「昔はいいなぁ」ともならないかなぁという感想。
  • マシン語P @mashingoP 29日前
    機会があるごとに言っているけどPC普及期前は組織内に手書き原稿をワープロで清書する係、大きなところには清書専門部隊が居たからね。それを今は各社員がやっているわけだ。古いマンガでOLがコピー係やらされてキレるというのは専任が必要なくらい書類が山積していた裏返し。
  • signal9.jp @Signal9J 29日前
    業種によるのだろうけど、「パソコン一人一台」って90年代の後半(Windows95以降)当たりの話だとしたら、その前の10年(86~91,2年頃)はバブルで仕事が多くって、トンデモなく働いてた人も多かったような気もするのだが。
  • @meltyblue 29日前
    この人の言う30年ほど前に母は金融機関を寿退社したんですけど、よく「除夜の鐘を会社で聞いた」と言ってるので、会社によってかなり環境は違ったと思いますよ。
  • 2ch系まとめブログのデマ等まとめます。 @kinoko123456 29日前
    まとめるとパソコンが普及しだしたせいで残業が増えたってことだな
  • 亜麻にゆ @ama_niyu 29日前
    サザエさんみたいに空が赤いうちに帰ってきたりするのも、そういう時代か……生きにくい人には今より何十倍も生きにくいだろう時代
  • kyk @0_kyk 29日前
    金回りだけでも昔並に戻ったら幸せなんだけどねぇ
  • Game_you @game_yanyan 29日前
    まーこういう話聞いても虚しくなるだけかもねー
  • イチロー @sbzkichi 29日前
    バブルで上げた基準とリターンに対して崩壊で基準が下がらなかったという不幸。今でも好景気や業績についてバブル基準を持ち出すバカが多い。
  • ほげほげ @ts59h 29日前
    パソコン、携帯電話が普及してから(私の父親の)業務時間が増大したかも。バブル弾けて新人が入らなかったからという解釈もあるけど。
  • こねこのゆっきー @vicy 29日前
    tennteke 合理的な分業が機能しなくなったのは、バブル世代管理職に仕事を振分ける能力が欠けてるせいなんじゃねーの?分業を機能させるには、全体を見通し効率的に指揮する監督の存在が必要。IT革命()に乗り遅れたバブル世代が仕事を把握できてないんでしょ。
  • trycatch777 @trycatch777 29日前
    パソコンが普及始めの80年代からは、情報処理業者が企業からデータを受け取って処理するというビジネスがもう出来上がってたので、実は既にかなり効率は良くなってきたはずなんですよね(もちろん企業による)。で、90年代後半くらいに企業の個人にPCが行き渡る感じになり、さらに飛躍した感じでしょうか。
  • イチロウ @ichiro_wiz 29日前
    Grace_ssw そして仕事の密度と責任の荷重が右肩上がりなのに対して、給料は上がらない
  • 葵真碧(mao aoi) @maochin39blue 29日前
    まあ、先進国の全てが抱えてる問題だわな…。
  • おらおら@仙台(元道民) @oraora1966 29日前
    今から30年前、昭和62年(1987年)に大手コンピューターメーカーに就職した時はバブル真っただ中&第2次パソコンブーム&ワープロ専用機ブームで、東京都内の修理拠点は残業どころか徹夜続きで「不夜城」と呼ばれるほど仕事が多かった。自分は本社勤めだったが入社2年目は毎日残業が0時10分まであり、土日も自主的に出勤していた。ワープロ開発部門にいた奴は残業200時間を自慢していた。 20年前まで残業がなかったのはどんな業界なんだろう?
  • こねこのゆっきー @vicy 29日前
    つーかさ、パソコンが導入されようが、テレックスが導入されてようが、人間の頭数に対して、適切な量の仕事を振り分けることができてりゃ、いそがしくなんてならねーし、割高な残業代で人件費が無駄にかさむなんてこともねーんだよ。
  • toge365 @toge365 29日前
    1970年代前半のオイルショック、ドル・ショックが日本の企業環境を変えた。オイルショック、ドル・ショック以降、リストラ(主に大企業)、経費節減が常識になり、バブル崩壊後は、「過酷」なレベルに変わる。それが「ブラック企業」蔓延につながる。
  • Knappertsbusch @Knappertsbusch 29日前
    おかしいな。この定年の人とほぼ同世代なのだが、全く違う世界線に居る様だな、私は。
  • ひょろ @ihyoro 29日前
    「アフター5」が文字通りの意味で機能していた時代ですよね~。 うちの父親も普段は6時過ぎに帰ってきて一緒に夕飯食べたり風呂入ったりしてた。
  • おらおら@仙台(元道民) @oraora1966 29日前
    元ツイ読み直して思い出した。30年前は売上集計や経理、会計部門はコンピューター化がされていない企業も多く、自分がいた会社の当該部門はとにかく人海戦術、繁忙期はパートさん増員して定時でほぼ業務終了していた。
  • toge365 @toge365 29日前
    今60歳だと、高度経済成長期のお気楽なサラリーマン人生は経験していない。高度成長期は何をやっても儲かったし、企業も拡大する一方。ポストは幾らでもあったので、努力すれば金も立場も得られると、みんな出世の希望を持って働いていた。商店などの自営業者も含め、夜に接待や交際費使い回し(交際費は経費扱い。免税)で遊ぶのは当たり前だったので、精神的プレッシャーは70-80年代、バブル崩壊以降と全然違う。
  • 愛媛人と大阪人のハーフ @TmtRj 29日前
    パソコンの普及でビジネススピードが上がって、負荷もどんどん上がるもんだから残業で補う状況になったんかな
  • モサオ・バルカ @mosao82 28日前
    みんなそんなに残業してるならなんで6時台の電車が激混みなんだろ。あれに乗るのが嫌だからやる事無くても1~2時間は会社にいるな。
  • nakkk @leonleon222 28日前
    バブル崩壊後は人減らしと社会保険費用の値上げで死ぬほど残業せざるを得なくなった。パソコンはむしろ生産性向上で働く方にとってはプラスに働いてる。
  • あーまん @yaaasunn 28日前
    AIですべてがより効率化されて便利になって人間の仕事が減って暇な時間が増えると思ってる人も多いけど、さらなる地獄が待ってるんだろうなぁ
  • zap3 @zap3 28日前
    無責任シリーズというのは無責任艦長タイラー(主に1990年代)ではなく故・植木等などのクレイジーキャッツ映画(主に1960年代)のことだよ、という補足が必要な気がしたがどうでも良かった
  • kyk @0_kyk 28日前
    yaaasunn 効率化が進んだ上で人手が維持されるなら相対的に楽にもなろうもんですが、効率化の名の元に人手は相応に減らされるので 作業量としては良くて変わらない、最悪は増えるような事態になるのが簡単に想像できますかね。
  • ゆきんこ @yukin_co 28日前
    午前中はレタックスで来た手紙を各担当者に配るのが若い衆の仕事だったらしいからなぁ(レタックスの内容をチラ見しながらゆっくり仕事を覚えていく)。今は最初から担当者にメールが届くから相対的に仕事は減ったはずなんだけど、なぜ忙しいんだろうね。
  • Épouvante @epouvante 28日前
    30年前は、「24時間たたかーえますか♪」の年。
  • mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 28日前
    ITが単位時間当たりの生産性を上げる道具であり必ずしも仕事が楽になる進歩では無いというのは分かるのだけど、外国組織と一緒に研究をしていて、あちらは週報だか日報だかをSlackみたいなので書いて終わりなのに対し、日本の研究者は紙に打ち出して体裁が整う書式でというのをTLで見かけた。
  • kn @darks508 28日前
    17時に定時で帰れて、独身者のアフター5は寛容にほっといてくれたら理想的な職場だと思うな。
  • ましろ@人生の夏休み満喫中❣️ @mashiro_33 28日前
    退職して思ったが、昔より今の方が利便性は向上しているのに働いている人はちっとも楽になってない。どころか「有名企業だから」平気でブラック企業に嬉々として勤めている。どうしてこうなった?
  • なんもさん @nanmosan 28日前
    というかいまと30年前を比べると社会全体が夜遅くまで活動できるようになってるんですよね。たとえば午後6時にほとんどの商店が閉まる社会だったら午後6時以降まで働いてる人は少数派になるしかないわけで、30年前はちょうどそういう部分の転換期、もしくは過渡期だった気がします。
  • おらおら@仙台(元道民) @oraora1966 28日前
    とにかく業界や業種によってまちまちなんだな。「自分はこうだった」と書く人は業界や業種を書いてくれると嬉しいな。
  • ジュンドルキャン@国信生 @NKsinto1 28日前
    ろくに働いた事のないニートmaochin39blue の妄想でした。
  • 葵真碧(mao aoi) @maochin39blue 28日前
    NKsinto1 そんなに欲しがるなよ。このネタで、暴れる気はないわ。雑魚は黙ってろよ。
  • はまな @hamanaHSC 28日前
    インターネットが普及して個人がGPSを利用できてって凄い時代になったのに、まさか明るいうちに退社して家族と団欒ってのが掻き消えた未来に行きつくとはな……。テクノロジーによって社会は何倍も効率化されてるだろうに、それを上回る速度で無限に儲けよ拡大せよと押していった結果がこれかよと言いたくなるな。
  • 伍長 @gotyou_H 28日前
    昔に出張といえば新幹線で3~5時間、在来線でまた数時間、付いた先の宿に泊まって翌日出社、仕事終わって今度はその逆で都合3~4日は「いない」ものだったのが、今は日帰り・・・何ならオンラインで繋がって人が動きすらしない。 そらあね、駅弁屋さんも大変になるし、「新幹線内でなんか食うなんて!」って風潮も強くなってくるよね。
  • 伍長 @gotyou_H 28日前
    かように、いろんなとこに気付き難い影響が出ていて、それが今いたるところで噴出しているわけだけど、じゃあ昔はなんでものんびりしていてそれが良かったのかというと、そうとも限らないからいろいろ厄介なのよね。 おそらくこの話が発端の、問屋経済について言及してる人がいたけど、「昔は客側の選択肢が(今と比べると)極度に狭かった」と指摘してるけど、その通りだと思う。
  • 伍長 @gotyou_H 28日前
    個人的な、狭い視野における観測内での最後の「定番品」って、豚キムチラーメンじゃないかなというほど今って定番商品が作られていない、作れないんじゃないかなあ。数回食って飽きたら次で戻ってこないまま消える一方で。
  • jtoestep @jtoestep 28日前
    ただ、意識高い系が出没し始めてから少しずつ「残業する奴は無能」が浸透し始めてきてるのも事実。ウチの会社では月あたりの残業が10時間を超えると査定がマイナスになるから会社に残ってる奴は全くいないし、出勤時間は定時だけど、自分の業務が終わって他の業務に影響がないのを確認できれば何時に帰ってもいい。確認はSlackとの連携で一瞬で済む。収入と福利厚生に申し分なく超ホワイト。他の企業も同じような環境に変われば仕事がストレスにならない
  • ふーこ🐨 @fukuchi0606 28日前
    30年前、みんなが残業なかったと言うのは考えにくい。業種職種によって違うだろうね。その頃、親は共働きだったけど、母が帰ってくるのは8~9時頃で父はもっと遅かった。でも、サービス業は今より緩かったかもしれない。
  • アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 28日前
    vicy さすがにこの話の流れで「個人の能力」に原因を求めるのは筋が悪すぎると思うけど。特定の会社がこうだ、って話題じゃないんだから
  • はいぱ@玉ねぎ畑の小作人 @haipa2000 28日前
    そりゃネット上で終わる仕事はまだ合理化の余地はあるでしょうよ ただ実際物が動く現場は結局人が廻すしかない それがあらわになったのがヤマト問題でしょうに これを解決するのはサービスの低下を顧客が甘受する以外にないんだよな
  • めっしゅの靴下 @socks_of_MESH 28日前
    まぁ、職種によってそういう人もいたのかもしれんが、もし30年前の日本全体がそんななら、映画「就職戦線異状ナシ」のような大学生の青田買いや企業による大学生接待なんてまず考えられなかったよね。当時の人不足&好景気・有効求人倍率激高・物価高だったバブル全盛で毎日定時で帰ってアフター5を楽しめてたその人は勝ち組の人なんだろうな。
  • めっしゅの靴下 @socks_of_MESH 28日前
    今現在「4大卒しか取らないよ~。」なんてお高く留まってる会社も当時は底辺高校にまで人事担当が来てお願いする時代だったからね。あと個人的にもバブル全盛の頃に地元の某有名企業の入社試験を受けに行ったが、帰りに交通費として5千円もらってた。それが景気良すぎて人手が足りなかったバブルと言う時代。
  • かすが @miposuga 28日前
    残業する会社もあったし普段は残業なんてなかったってのも両方正しいんじゃないかな。アフター5なんて言葉があったくらいだし、週休二日制が広まったら花金なんて言葉も生まれたりしてた。中小や自営は忙しかったと思う。当該時代、父が起きてる時間に帰ってきた記憶がほとんどないわ。
  • きたあかり @kita_akari0420 28日前
    PCの導入がどうこうっていうよりも デフレ経済、非正規雇用と少子化の悪循環、 「無理すればするだけ会社が成長する」という幻想をぶち壊さないと良くなりそうにないですね……。
  • 娑婆助 @shabasuke 28日前
    toge365 パソコンガーとか一切関係なくて当時は将来に展望が持てたので人は今より潤沢に採用出来たし給与も上げ続ける事が出来たただそんだけの話だわな。パソコンの話は付随でしかないし低効率の日本人でもリアルExcel方眼紙みたいので金が簡単に作れ今では冗談みたいな原始的な仕事がゴロゴロあったわけで。
  • 娑婆助 @shabasuke 28日前
    厳密に言うと昔も残業は存在した残業代や手当がしっかり出たから率先してやりたくて仕事熟す人さえいたが現在は残業代も手当も消えて労働力無償供与使い放題コスパ重視という悪性系に進化しただけで残業が昔の日本には一切存在しなかったなんて話は流石にフカシ入れて盛りすぎ。
  • ち~の。地球に遊ばれるCメガワット乗り @cappuccinof6 28日前
    そりゃ新卒は3年でやめるわ。給料は安いし、何も得るものが無い。しかも、そんな世代の上司がマトモに組織運営なんて出来るわけがない。一番教育が必要なのは、管理職以上だよな 無理してこなすから、状況が改善されないからこなせない状況を作る事も大事だよなぁ。。
  • ヴィス @2vis 28日前
    この人のちょっと上に僕の父親(元国立大教授)がいますが、 まず7時過ぎに家にいたし、よく仕事も休みで家族旅行に行っていた記憶があります。 そして年収も僕の1.5倍w
  • ms.まくら @makuramama522 28日前
    逆だよ逆。この人たちが考えもせずに適当に仕事してたせいで、日本はあっという間に転落してしまった。戦中世代が死に物狂いで儲ける仕組みを作ったのに、なーにも考えずにノホホンとしてるうちに外国勢に追い越されちゃった。何人もで分担した分高くなってるのに付加価値もない商品を売ってたりしていつまでも食っていけるわけないじゃん。お前らのせいで今の若者が苦しいんだよ。その時にもっと考えて残業しなくていいね〜ってなんてノホホンと生きてなく新商品や技術に研鑽してたら、こんな若者に全て押し付ける国になってなかった。
  • ろんどん @lawtomol 28日前
    私がガキンチョだった30年前は「将来は事務仕事なんかは全部コンピュータに任せて、人間は創造的な仕事とか、余暇を楽しむ」なんて言われてたもんですが…
  • やまぬこ @manul_0 28日前
    社会に対して寛容さを求めるのならまず自分が他人に寛容にならないといけませんけどね
  • daeme @daeme 28日前
    冷戦終了→共産化の心配なくなる→フルスペックの資本主義化。 会社は収益を生み出す機関に特化し、問題は個人に押し付けられ消費を通じて解決するよう迫られる。 たとえば仕事で鬱になれば、その稼いだ金でクリニックに通う。悪循環。 または追い詰められた挙句、内憂外患ゴッコに逃避し、自分のクローンを量産する政策を支持する側に回る。よくできた悪循環。 #高卒
  • エビゾメ @ABzome 28日前
    会社によるというのは当然だから自分のところは昔から~というのはまあ出るだおるけど「ひとつの会社がその30年でどうなったか」という枠で話が聞けるのは貴重な話なんじゃないかしら。(当然これが会社代表ですべてのサンプルになるってわけではないというのは前提でね)。
  • @wanwanbawbaw 28日前
    うちの事務環境は30年前は七時までかかってたのが四時半になった 現場は人手不足・サービス増量から残業が増えた 事務13時間→11時間 現場11時間→14時間
  • ざの人(トギャッター用垢) @zairo2016 28日前
    でこの話。その会社はどのように発展していったか?については一切言及されていないので、そういう部分をしっかり想像し、発展していった部分も多くあるのでは?と受け止めることが大事かと、最初は町工場だった会社も、やることを段々と増やして、大企業に育った。というはよくある流れだから。 一方?その仕事の領域を変化させずに小規模で運営を長く続けることも大事ですけどね。
  • tamama @tamama666 28日前
    30年前ってのバブルの頃だけど普通にみんな残業して9時くらいに仕事終わってみんなでキャバで接待扱いで経費で飲んでた時代だったような
  • USS KONGO✨NCC1710hh2 (CV:東城日沙子) @AnamesonCraft 28日前
    大卒だとして81年入社、高卒だと77年。この方のサラリーマン人生は石油ショックか円高不況から始まってるんだな。それでもこういうエピソード。
  • 海軍幕僚🍼❤🔞 @kaigunmilk 28日前
    この世代の人達を責めた所でね、どうせ数十年経てば今の世代が叩かれる。
  • ヘボピー @hebop_ 28日前
    80年代前半のコンビニエンスストアとレンタルビデオ屋の発展で「夜の9時を過ぎても飲み屋じゃないお店がやってる」状況が生まれて、80年代後半のバブルによる好景気で店舗の営業時間がどんどん伸びていったという感覚はある。
  • せんたく @senn_taku 28日前
    60で定年迎えたいよなぁ俺もなぁ
  • 限りなく無職に近いフリーター @yuukoaozora 28日前
    30年くらい前頃から経費削減=人件費削減という風潮が生まれた。その頃私は子供だったがそんなことやっていけば必ず社会が破綻すると思っていた。リストラしないで経費削減をできる会社が生き残るのだろうと。
  • Neeko @Ne_ek_o 28日前
    残業多いかどうかは業種にもよるでしょ。 ただし、この頃は残業すればした分だけの残業代はキッチリ出ていた。 現在はそんなの何それ状態だしクソ労基は仕事しねぇけどなw
  • morita@著述業 @plmjp 28日前
    いい会社だね。どこの業界だろう
  • ニコラテスラ @nkltsl2 28日前
    自分の父親は今のリーマンと変わらないくらい残業してたから業種や役職によるんじゃないかな…
  • kame4477 @kame4477 28日前
    せやけど30年前に比べて労働災害の死傷者は大きく減ってるしな。パワハラセクハラも当たり前だった、というかそういう言葉がない時代。 http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11302000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu-Anzenka/0000165152.pdf
  • tkr @tkr_nkn 28日前
    PC使えなかったからだろ
  • パナマ某 @panamabou 28日前
    残業とPCという二つのキーワードで思い出したけれど、営業職だったうちの父はよく「持ち帰り残業」をしていたなあ ともすれば取引先の仕事(といっても内職レベルの梱包作業で、私も手伝った記憶あり)を休日に手伝ったりもしていた
  • ゴミ箱 @tlash_can 28日前
    月あたり40時間程度残業してる20代だけど、今の環境は自分にとって割と快適。多分昔の合コンもどき強制参加させられる方が自分にとって辛いから。
  • 弓道見習い@ぐっちー @165d51f33eba4c1 28日前
    環境の変化と時の流れか…俺たちの給料が平均20万の定時退社はまだ先かな
  • progknn@四月病 @progknn 28日前
    俺の父は毎日遅かったな。半分は接待や飲み会のようだったが。 でも、母は専業主婦で呑気に暮らしてた。 子供も地域にジャリ呼ばわりされるぐらいたくさんいたし、将来明るいという根拠のないふわふわした希望があった。
  • 七画形 @8kusa7kaku 28日前
    うちの母が最初に働いてた保険業の会社の話と結構一致するんだけど、どうなんだろう。
  • ephemera @ephemerawww 28日前
    「個人の幸福を欠片も保証してないクソみたいな時代」終身雇用制度は基本的に万人とその家族の一生涯の幸福を保証していたんだと思うけどね。企業が社員の生活に責任を持って家族のように扱うことをやめ、使い捨てるようになった現在こそ、個人の幸福をかけらも保証していないクソみたいな時代だと思う
  • gunjo-chan @yama4321 28日前
    うちの父も僕が起きてる時に帰ってくることなんてほとんどなかったけど。
  • Daiji @Daiji75 28日前
    会社が社員の人生を丸抱えだったからね。良くも悪くも。
  • bluemonkshood @bluemonkshood 28日前
    バブルの頃は、毎日午前様まで残業しても数万円のタクシーチケット使って帰宅できる贅沢な時代だったし、若い人は、全員正規職員の常勤だったし、終身雇用、出世するお約束があったからな。
  • しぇりりん(金欠ちゃん) @m_sheririn 28日前
    一つの例だけだからなぁ。他業種とかそのへんでも変わるとは思うけど。とはいえ今が暮らしやすくなって暮らしにくくなってる感はします
  • R @romrompon 28日前
    夕方にパン届けてくれるのってうちだけかと思ってたわ 交代制で働いてる作業員用のをついでに届けてくれてるのかと思ってたけど、残業の仕出し弁当の名残かな
  • ChanceMaker @Singulith 28日前
    30年前というと、1988年。バブル絶頂期だから、そんな悠長な事してる会社はほとんどなかったよ。20年くらいずれてる業界かな。
  • みなせ_通販開始 @Ton_beri 28日前
    密度はともかくとして、労働時間はバブル前後がピーク。それから08年まで、労働時間は減少傾向 http://www.esri.go.jp/jp/others/kanko_sbubble/analysis_06_05.pdf
  • 暁(人生は楽しいと思いたい) @orange34271 28日前
    30年前、私の周りでは毎日残業して帰りが深夜という人がゴロゴロいましたが?一人の人の1つの職場の経験を一般論にされてもねえ。単なる昔は良かった的な話にしか思えない。
  • いくた♥️なお/レイフレA27なまひめアンソロ頒布! @ikutana 28日前
    25年程前に就職したときは、19~20時くらいまでは特別な用事がなくとも残業するのが当たり前って風潮だった。 自分は、10年ほど前に管理職になったけど、その時から「残業時間が多いことを評価しない」と公言してずっとやってきた。実際、ずっと残業時間0の人間もいる。結局、時間内に仕事を終わらせるためにどうすればいいか?という発想に変わらなければ、永遠に残業はなくならないんだろうな、と思う。
  • きんだいち @kanedaichi1 28日前
    よいとこばっかしか見ないのは出羽守っていってバカにされそう
  • ZIMBA @zimba_dqx 28日前
    昔と息苦しさが違うのは、昭和では飲み屋で愚痴るのがネットになると、必ずしも見たくないものを見てしまうからか。
  • モノクロームたばさん @monocromtabasan 28日前
    まー、半世紀前でも職種によっては残業徹夜があったと思うな。でも、昔より、社会全体が若い人にものすごく不寛容になってるのはどうなのだろう?全体的に不寛容になってきているのは感じるが。
  • mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 28日前
    1990年、現場実習で製造ラインにいた時は製造ラインの人達は定時で帰っていたかな。設計職場に配属された後は深夜残業当たり前だったけど。
  • 未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 28日前
    https://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2018_0126.html 30年前の1988年って、「24時間戦えますか」の時代なんで、まとめられてるのは、そういう職場もあったんだろうな、ぐらいの感想です。戦争中は南方に行かなかったので死ななかった人の証言、みたいな?
  • ZIMBA @zimba_dqx 28日前
    24時間戦えますかの時代だと、潰れた人は話が出来ないと言うことにもなる。
  • nesus-B @NesusB 28日前
    なぜこの様な変化が起こったのか。グローバル化による競争の激化とは別に、日本の効率化が他国に比べて劣っているから。という事だろう。情けない話だ。教育や研究開発の弱さから相対的に能力が落ちたのもあるだろう。あとはマスコミが国を貶めているのも大きいと思う。
  • おくら納豆のり @okuranattonori 28日前
    とても考えさせられるアラフィフ目前の自分。
  • catch__23 @catch__23 28日前
    長期トレンドだと、統計上の労働時間は短くなり続けてますよね。 銀行の休みで、日曜と第二土曜日だったのが、加えて第三土曜日も休みにしますというCMに記憶がある。 昔の小説に「土曜日は半ドン」とか。大企業でも30年前は週休2日制は標準じゃ無かったみたいだし。
  • ふるたか @furu49144635 28日前
    30年前で人余りで残業なんてしてなかったというなら、かなり大きなホワイト企業では?今時60歳で定年だし。
  • gx9900 @GX9900GUMDAMX 28日前
    Ton_beri いちばんでかいのは土曜が休日になったことだね。
  • 鹿 @a_hind 28日前
    滅私奉公っていうのもそれなりのリターンがあったから出来た話であってね。 今じゃ滅私してもいつ掌返されるか分かったもんじゃないし会社じたいがいつひっくり返るかも解らんしな。
  • 迷子屋エンキド@小説家になろう @kamijousinja 28日前
    何だかんだテキトーな部分が余裕を持たさせたりするんやな。正しいことが正解ではなく、合理性が効率的なわけでもない。 上手い感じでやる。そこそこが大事なんだな。
  • 鹿 @a_hind 28日前
    これが当時の社会の全て、とは思わないけど今こんな会社ある?っていったら聞かないよなー。 後ね、パソコンが悪いとは思わないけど昔は待ち時間があったものがなくなった分楽になる代わりに余裕がなくなったのもあるんだろうね。書類持って遠隔地まで泊まり出張で旅行気分なんて今じゃありえんものな。 メール送れば済む話。時間短縮すると同時に余裕も短縮されちまったのだろう。
  • MSどす@TL40 @msdos148 28日前
    大手コンピュータ会社の場合、30年前なら平常時で残業70H、繁忙期で130H位。残業代は全部出た。 バブル崩壊後から歪みが出て、残業の上限が設定。さらに成果主義が導入されたので、逆に残業する気力は減退して行った。 大手企業での成果主義が失敗なのに、中小に波及する際にさらに歪んで残業代が出ない異常な事態となる。
  • metys @metys 28日前
    30年前は日本がまさに先端工業国としての地位を謳歌してた。冷戦終結後のグローバリズムで月給取りの中間層が没落していったのは日本のみならず先進国共通では。その代わりに新興国に中間層が育った。先進国からの富の再分配ですかね。
  • 電子馬 //もう大学生らしいですよ。 @Erechorse 28日前
    あぁ、コンピュータか...。アメリカでも、仕事を効率化させて労働時間を減少させるものとして積極的にコンピュータや携帯電話が導入されたものの、結局それが休みをどんどん削っていったって言う話があったなー。資本主義の生み出したコスト削減魔にどんどん人間が侵されてる気がするよ。
  • KIMATA RobertHisasi @robert_KIMATA 28日前
    企業戦士 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%81%E6%A5%AD%E6%88%A6%E5%A3%AB モーレツ社員とか過労死とか50年くらい前からあったよ
  • 潛狸 @senri_gusuku 28日前
    約20年前までは、と言ってたから阪神淡路とオウム事件で『失われた20年』を実感する前のバブルの余波が残っていた時期を語ってたるんじゃないかな。もちろん、業種や会社によって差違はあるだろうし、バブル前はまたゆとりのない競争が苛烈な時期だったろうし。
  • フローライト㌠ @FluoRiteTW 28日前
    そのあたりの時間間隔は会社によって違うんだろう。ただ一つ共通するのは「残業代で稼がないとな」という感覚が昔はあったが、今の現役世代には失われたという点。家を買った、子供が高校・大学受験だ、娘が結婚する、そういうカネが必要な時期にオヤジがバリバリ残業して給料を上積みして乗り切った、パパすごーい、コレが今の世代には無い。残業代は出ないのが当たり前、みなしでコミコミ、タイムカードをつけるな、そういう空気があるので、どんなに頑張ろうとカネはもらえない。疲弊するし組織への帰属意識も消える。
  • 真砂 @okayasumasa 28日前
    「戦争は数だよ、兄貴」は企業同士の戦争にも当てはまる。というか、万事において数は力。精神論や質を高めたりといった話は最低限の戦力を担保した前提だ。
  • きたはら @kitahara220 28日前
    30年前って88年だから記憶の一番奥だけど、かすかな記憶で24時間戦えますかとかやってたような ああでも五時から男のグロンサンとかいうのもあったな
  • きたはら @kitahara220 28日前
    あと男女の場のセッティングとかそういうのはマジいらないです
  • ephemera @ephemerawww 28日前
    抜本的な話をすれば、戦中世代がリードしていた時代はこの社会にまだ互助意識と共同体主義があった。団結と全体の向上が出来た。それが左翼勢力の拡大と個人主義の蔓延、グローバリゼーションの普及で失われたのが大きい。日本が再起するには、これらを奪回する必要がある。80年代以降の日本の衰退から反省すべき材料を一つ挙げるなら、個人主義はあくまで日本共同体の豊かさのゆとりの範疇でのみ成り立つ理想論だということだ。社会の基本は共同体主義であるべきだ
  • きたはら @kitahara220 28日前
    脱成長みたいなのあんまり信じてないんだけど、このへんの問題を最終的に解決するためにどうすればいいのかって考えると、そのへんに解が出ちゃうような気がしないでもない つまり人類はすでに詰んでるんだよ!!(AA略
  • ephemera @ephemerawww 28日前
    要は共同体主義とはワンフォアオール・オールフォアワンだ。家庭、学校、企業、自治体、そして国家までに適用される普遍のルールであり、逆に言えばこのような思想のない共同体が発展するはずがない。スポーツチームの勝利がないのと同じだ。共同体の発展、成功と個人の発展、成功は互助関係であり、またそうあらねばならない。日本は戦前の全体主義を忌避するあまり(またその価値観を流布する左翼の跋扈のために)この当たり前の考え方が失われている。私達は共同体主義に回帰すべきである
  • きたはら @kitahara220 28日前
    その時代リアルタイムじゃないからあれだけど、むしろ「左翼勢力がしぼんだ」から今こんなになってるんでないのだろうか 労働組合とかがくそ強ければ、IT化で起きたのは仕事が増えただけみたいな話も解消されたかもしれないし
  • きたはら @kitahara220 28日前
    祖母は元電電公社の社員なんだけど、そのころ(6、70年くらい前か)は交換手を自動化したら人が減らされるっつってんで反対運動とかあったと聞いた それはそれであれだが……
  • ヘンコオヤジ @senbayasiimaiti 28日前
    半ドン消滅週休2日制あたりから狂いだした説 仕事量も人員も変わらないのに時間だけ削った。 昔は土曜ごとにデスクワーク集中処理できてたのが 日々の仕事量が増え直帰もしにくくなった。
  • Mill=O=Wisp @millowisp 28日前
    ひとつの会社にずっと勤めた人の話である以上、その企業固有の問題も、社会全体の問題も混じってるだろうことは留意しないといかんな。まぁ、コメント欄なんかを見ると「要するに日本全体が不景気に陥って、いまだに脱していないだけだな」となるが。
  • 走れ @cyh4UVDDV7p8KsM 28日前
    週休2じゃなかったし残業もあるところにはあったんじゃないかな。但し残業代が確実に出てて銀行の利息だけで食べていけて消費税もなかったとか(伝聞でしか知らない)
  • barubaru @barubaru14 28日前
    http://kochi-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/library/kochi-roudoukyoku/topics/topics222.pdf 労働者1人平均年間総実労働時間の推移(年度、確報)を見れば分かるように、年々労働時間は減っている。88年なら2100時間のものが16年だと1700時間と大幅減。無責任男シリーズのころとか2400時間だから現在は3/4だ。ただし職場によりばらつきがあるんで、まとめられた人のとこが昔はヒマだったというだけだろう。
  • 成瀬京太郎 @yuugekisen 28日前
    夫が死んだら妻はシングルマザーになることが多かったしかし当時は女性の社会進出が進んでいなくて裁判を行うことは経済的に難しく泣き寝入りが多かった。そのため結婚後も職場復帰が出来て安定した経済状況を維持できる教師(職場結婚が多く夫妻で教師というケースが多い)の過労死認定はこの時代から高い
  • 成瀬京太郎 @yuugekisen 28日前
    日本は幸福(しあわせ)か―過労死・残された50人の妻たちの手記 1991/11/1 発行 ここに多くの証言が書かれているが様々な理由で泣き寝入りを余儀なくされた人たちや いまなら簡単に認定されるにもかかわらず長い裁判で苦しむ様子が描かれてる 近年増えた訳でなく過労死・過労自殺は増えたんじゃない可視化されたに過ぎない
  • りんこ・エレオスキー @linco_motte 28日前
    リーマンショックが原因とか言ってる人いて草。その前から社会全体が過重労働だったわ。 明らかに働き方が変わったのはインターネットが普及した頃だよね。昔は原稿を届けに行くだけのアルバイトとかいたなぁ。
  • りんこ・エレオスキー @linco_motte 28日前
    教員だった親は6時には帰宅して食卓囲んでたんだけど、同じ教員になった弟は過労の末に癌になった。最期の数年間はまともに寝ることもままならなかったみたい。 「30年前でも残業は当然だった」との反論もあるみたいだけど、この人の言うとおりのように感じるなぁ。業界次第なんだろうけどね。
  • ざわ @zawayoshi 28日前
    epouvante 「5時から男のグロンサン」(87年)と「24時間戦えますか?」(88年)がほぼ同年代なんだよなぁ。
  • 麻樹・あるいはまお @maki_miquette 28日前
    私の両親は市役所の職員だったけど残業上等で8時過ぎ帰宅なんて当然だったしたまに早く帰ってきても大抵仕事持ち帰ってきて持ち帰り残業してたよ。結果父は心臓壊したし母は定年直前に脳出血起こして(後で二度目の出血があったからだけど)現在寝たきり。そして公務災害も認められなかった。まあ母に関しては福祉職で自宅に電話来たり実際家に相談者が来て相談もしてて休みなんてあったもんじゃなかったのも事実なんだけど(それはそれでおかしい)
  • かつま大佐(生食用) @kamiomutsu 28日前
    「モーレツ社員」なんて言葉もあったからみんな楽だったわけではない。男女差別は今よりひどいからみんな幸せだったわけでもない。(特に働き続けたい女性にとっては障壁だらけ)ただ閉塞感は間違いなく今よりなかった。それだけは間違いない。
  • いぬだわん @InuWang 28日前
    高卒だから30年前は働き出した頃だけど月の残業199.5h(書類上は200hを超えないように…)とかしてた。 プロジェクトの人達が次々と辞めて行くのを見た。 入社から数年は残業80hとかだと今月は少ないなあ、とか思ってて色々と麻痺してたが、新人で何が普通か分からなかったから耐えられたんだと思う。 大手だから付けた残業は払って貰えたしね。
  • いぬだわん @InuWang 28日前
    残業して上司に飯とか出して貰ったのは第三次オンライン稼働前日にDBすっ飛ばすバグ対応で銀行に呼ばれて徹夜した時だけだ。 皇居を見下ろしながら牛丼食った。
  • こねこのゆっきー @vicy 28日前
    「俺は違った」って言ってるジジイ。苦労自慢じゃなくて無能自慢だからなそれwww
  • Rocky @pontaboxz 28日前
    ケータイ、PC、ネットによって、時と場所を選ばず仕事に追われるようになったのは間違いない…
  • ざわ @zawayoshi 28日前
    つか20年前と30年前なんて携帯端末の普及具合の差で世代的に隔絶してるからなぁ。
  • Denullpo S. Hammerson @denullpo 28日前
    単純な話、景気悪くなると仕事選びにくくなってブラックで我慢させられる、そんだけ
  • kan3945 @Kannchen00 28日前
    30年前というとプラザ合意後の円高不況の頃ですね。会社によっては仕事が無くて定時で帰れてたかも。そのあとバブルに突入します。
  • mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 28日前
    「昔は良かった」から「日本を、取り戻す。」という人達にとって、昔は良くないと理屈が合わない
  • goya9 @goya9 28日前
    公立中学校の英語教師してた父は、自宅から片道1時間のマイカー通勤だったので表面上残業は無し。ただ同和教育には熱心に参加してたから、夕飯を一緒にした記憶はほぼ皆無。
  • oshow2001 @oshow2001 28日前
    デフレになってその環境に適応した結果であって、パソコンの普及は時期が一緒なだけ。
  • 宇 宙@space_in_space @space_in_space 28日前
    会社の無駄をカットして、従業員に残業という人生の無駄を押し付けてるだけやん。
  • Épouvante @epouvante 28日前
    kitahara220 90年代のいつころだか、労働側が経営状況を鑑みて妥協して春闘やら賃上げ闘争を今年はしないとかし始めた時期があって、ネットで「一度後退し始めたら崖から蹴落とされるまで押し戻されるぞ!」みたいな議論をしていた記憶がある。あれは時代の大きな流れの変化として大きかったと思うのだが、ほとんど言及されないので首を傾げている。
  • 浩次 @macaco1205 28日前
    よーし、オッサンも昔話しちゃうぞー。昔はコンビニに高校生バイトが5人ぐらいいて、レジ前に2人、無駄話以外なにもしてないのが2人、品出しゴミ出ししてるのが1人だったんだ。5人の中に女の子がいると大体ミニ合コンで盛り上がってて『すみません、お会計・・・』とか声かけると迷惑そうにジロッと睨まれたもんだ。今はワンオペが普通だし、そんな対応したら速攻本部にクレームだよね。スマホの普及でサボリをすぐ本部にチクれる(なんなら写メで証拠保存)ようになったのも閉塞感の理由の1つかもね。
  • 宇 宙@space_in_space @space_in_space 28日前
    正直、今の時代「労働組合」という名前を聞くだけで嫌悪する層いるし、そういう風潮を作った経営者の作戦勝ちみたいなところあるよ
  • FFR31 @FFR31 28日前
    tennteke >この記事「『もしもインターネットがなかったら・・・昭和のビジネスを再現してみた』>すごく良い記事ですね
  • Toku @to970 28日前
    実感として分かる。90年代前半は課に1、2台オフコンがあっただけで、手書きの書類が大半だったから量質ともにできる仕事に限りがあった。それがワープロ、表計算ソフトが一人づつ使えるようになると、複雑な書類が求められて仕事が一気に増えた。
  • Toku @to970 28日前
    あとはメール。電話なら相手がいないとそこで終了だけど、メールなら真夜中だろうが休みだろうがやり取りできるからね。
  • togetsen @togesen1 27日前
    space_in_space 風潮を作ったんじゃなくて、権利の名の下に好き勝手暴れた連中の自業自得なんですがそれは
  • 七海@脱煙草に一票 @nanamiutena 27日前
    昔は残業がなかったという話のどさくさに紛れて、「セクハラとかが言われ出した」のが「とにかくどんどん窮屈になっていった」と表現するのがアウトでしょ。セクハラを我慢していた女性達から見たら、その頃の方が『窮屈』だったんだよ
  • yoshiko @yosii_0609 27日前
    建築業の父はこの世代だけど、帰宅はいつも9時すぎで夕飯を一緒に食べることはなかった。しかしバブルでものすごく給料は貰っていたと言ってたなあ。24時間働けますかのリゲインのCMもこの当時だよね。
  • 暗黒饅頭 @ankokumanju 27日前
    万人が幸せになれる社会を目指した結果幸せの総量が減った上に極限まで薄まってみんな不幸になった
  • 暗黒饅頭 @ankokumanju 27日前
    なんか会社の上司とか配偶者とかを敵にして成敗するのがいいことみたいになってから色々おかしくなっていった気がするわ、組織ってそういうもんじゃないだろ
  • 暗黒饅頭 @ankokumanju 27日前
    環境に適応できない弱者に合わせようとすると社会は滅茶苦茶になる。そして滅茶苦茶になった社会ではなおのこと弱者は生きていけないんだ。今の社会を見ろ、確かにセクハラ被害なんかは受けなくなったかもしれないが生きていくだけでも精一杯だろ
  • ベアロ @bear_rode_stone 27日前
    ちなみやにうちの親は高校教師だったけど毎日6時に帰ってきて夏休みは家でごろごろしてた
  • HB㌠@日緬友好協会フレンズ @HB27624303 27日前
    ソビエト赤軍式の人海戦術こそが最強。はっきりわかんだね
  • なちゃ @nachakey 27日前
    昔は残業したらし多分しっかり割り増し残業代出たし、各種手当が今とは比較にならんくらい出たし経費で落ちたし、社会保障費は格段に安かったし、って辺りの違いが単純な数値の差以上にでかい。
  • 大山椒魚(ちょっと辛いんだ) @beszamel 27日前
    うちの親父の頃だともっとのんびりしてるらしい。
  • ナニコロ @nanikoro 27日前
    24時間戦えますかー。ビジネスマーン、ジャパニーズ、ビジネスマーン。 今思えば、あれ酷い歌ですよね。と話をしていましたらば、 「違うのだ。昔は、ちゃんと残業代が出て、働けば働いただけ給料が出ていたんだ」 本当に、いつの間に残業とサビ残が当たり前になったんだろうねえ。
  • 齊藤明紀 @a_saitoh 27日前
    「5時から男」(グロンサン)ってCMが、成り立つ程度には、5時で終わって赤提灯、って人が普通の存在だった
  • Sonemi @sonemi13 27日前
    休みがどうこうより、マルチタスクが多くなりすぎて、それがすごくしんどい。一つの業務を延々と残業するのは耐えられても、あれをやらなきゃこれをやらなきゃと同時並行ができないひとは振るい落とされる
  • shueea @aasheud 27日前
    知識と経験の耐用年数に対して寿命や雇用期間が長くなりすぎてるんだろうね。 昔と今の単純な比較に意味はないだろうけど、30年程度続いている漫画やらドラマ・・は あんま思いつかないがそういうのの登場人物といまを見比べたら隔絶してるのはもう感じてるだろうし。 自分たちが後世や部下に覚えて欲しいこともきっと賞味期限ぎりぎりなんだろう。これが進化とか適応なのかもねえ
  • Harusame @Harusamehuman 27日前
    自分らは上の人からの恩恵を受けてた反日団塊が、下に対しては搾取しかせずにいいとこ取りで逃げただけ?
  • はりぼうず @kasiwanezumi 27日前
    ちょっと関係ない話かもしれないんですが、エクセルで仕事を二秒で終わらせる話の関連で、ダラダラやっていた仕事を効率化したら余剰人員が削減された話をたしかどこかのトゲで見まして、何となくなるほどなあと思ったことです。
  • きたはら @kitahara220 27日前
    nanamiutena それ、なんで元発言者が言及したのかほんと謎 ツイート文全体を見ると、お見合いもどきセッティングしてくれる「アットホーム」職場いいなあってことなんですかねえ
  • きたはら @kitahara220 27日前
    リゲインのCM,「カイロ・モスクワ・パリ・ニューヨーク」だから、そういうモーレツな働き方は高給エリート(商社マンあたりが想定されてる気がする)のものというのはあったんだろうな、とは 今はそれが全体に下りてきて「客先・会議室・吉野家・仮眠室」とかでしょ
  • きたはら @kitahara220 27日前
    歌詞検索したら本当に商社マンだった(歌詞の地名はちょっと違ってたけど) http://j-lyric.net/artist/a04add5/l005d75.html しかしこの歌詞で時代論をやるなら、キモは二番な気がするな
  • きたはら @kitahara220 26日前
    「日替わりで飛び込むどこかの国の新しいrevolution」「外車に乗れダイヤ送れって僕にもウルサイ」「どこかの虐殺への怒りさえ置いてけぼりだよ」これ30年前のB'zの歌詞だけど、断絶っていうか時代劇だな…… 2番目は言うまでもないとして、あとの二つは多分ソ連崩壊と天安門
  • 夏越丸@ねんくり引き取り先募集 @nagoshimaru 26日前
    これ30年前じゃなくて、土曜日が半ドンだった時代なのでは(なお製造業などだと土日休みの代わりに祝日に出社)
  • kartis56 @kartis56 26日前
    土曜半ドンだった時代の土曜が思い出せない… ライオンズナイターが始まった頃に帰ってきた親と見てた記憶があるけど、電車で1時間半+自転車で少々だと定時退社で7時に間に合うからナイター中継が番組として成り立ってたのか。
  • goodmoon @goodmoon 26日前
    いまは残業代が出ないのが普通という流れになっていますが、うちは働いたぶんだけもらえてますよ。というのと同じことですね。
  • 猿沢亀 緊縮反対・ヤミ民泊撲滅 @sarukame999 26日前
    meltyblue 昔の金融機関は、締めの帳尻合わせを手仕事でやってたから、大晦日なんかは大変だったのはたしかだと思いますよ。ただ、今の人手が少ない状態での残業などとは別の話かと。
  • Toku @to970 25日前
    金融機関の話だけど、大晦日から正月三が日は銀行法施行令で休日と決まっているので、12月の締めは30日。大晦日ではない。2000年問題のときでもあるまいに、金融機関が会社で除夜の鐘を聞いた、というのは本当かねえと疑ってしまう。
  • kartis56 @kartis56 25日前
    銀行法って81年の法律だから普通にありえるでしょう >会社で除夜の鐘を聞く
  • 空弁者 @scavenger0519 24日前
    30年前?その定年した人の記憶違いじゃないかな?40年くらい前の話なら判る。それでも30年くらい前、となると、大手とかその系列だな。60才定年の人が4年生大学卒なら22歳入社で38年勤続か。30年くらい前と言うよりも40年くらい前の方が妥当。
  • hamp@横浜山中 @32hamp 24日前
    30年前ってバブル真っ盛りだったから、残業した分だけ金になって、タクチケ使い放題だったから、むしろ自主的な残業だらけだった記憶がある。
  • わつきおばちゃん @redsunredstar 23日前
    今の薄情な会社とはえらい違いだ。
  • 転倒小心 @tentousho 23日前
    正直に申し上げて、コメント欄に並んだ30年前って「どれもあった」が正解に近いと思いました。混沌としてたんですよ。ベクトルがほぼ同じだった列島改造論の時代ほどには社会はわかりやすくは無く、ビル一つ隔てれば全く違う在りようが転がってたようなそんな時代だったと思います。
  • しゃるる @takumix28 21日前
    zawayoshi 仕事の振りしてに行けた(場合によっては経費で落とした)人とそこで本当に仕事してる人が同時発生してた感じだったように思います。
  • もりじゃ @morija44 21日前
    nanamiutena 「若い男女の場をセッティングするような風潮があったが、それも無くなった。セクハラとかが言われだした頃だと思う。窮屈になった」でしょ。悪意のある切り取りだなあ。 そういう年配者の「お節介」を文字通り不愉快に思う若者だっていただろうけど、それが出来なくなった結果が今の婚活ビジネスの蔓延じゃないの。「セクハラ」の指摘が生んだ弊害だってあるよ。

カテゴリーからまとめを探す

「総合」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする