義理の隙に付け込む悪意。

被害者意識がそれを生む。必要なのは寛容と敬意だ。
志向 試行 嗜好 指向 私行 デザイン 至高 思考 文化の盗用
0
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
義理とは、義、自らが美しいと思う物事、いわば理想だ。それに理想に向かうための、理屈、理由、理(ことわり)であり、それはその美しいというカタチ向かうため道理。
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
人は、義理を持って義務を務める。憲法や法律で語られる、義務とは違う。もう一度言うが、義理の義とは自らが思う、望む理想、ビジョンだ。 その義理を持って、義務に努める。それは至極身勝手なものだ。
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
ゆえに、人は基本的には義理堅く、義務を行う。これが常だ。 義という理想であるならば、技や進め方、言い方、やり方などのHOWでさえ、その義という言葉、そして義を「見る」人々は、
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
もっている。見方を、やり方を、言い方を、技を、 だから人々は個々であり、そもそも義というのは明らかに個人的なものだ。
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
だが、義というのがある以上、人々には共感というものがあり、義もある程度、ある場合、ある状況においては、義は収斂される。
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
そこが付け入る隙である、これから挙げていくのは、義理の隙である。だからこそ、学ばねばならないし、冷静にその悪意に対処しなければならない。
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
日韓慰安婦問題、えせ同和行為、ブルーノ・マーズは「文化の盗用」?、マイノリティの被害者意識、詐欺行為全般、などなど、他にも義理の隙に付け込んだ悪意の注流は多くある。
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
義理の隙への悪意は、義理、理想に向かう人を嘲る悪意が含まれている、だから恨みが生まれる。右傾化、右傾化と謳っている連中は、基本的にその悪意に気付いていないか、気付いていてもかつての恨みのまま、義理の人々にマウントを取って、悪意を注いでいる。それが新たな恨みを
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
本当に、被害を被っていて、新しい形や新しいデザインが必要な人々に対して、義理の隙を付く輩の言動は、差別を生み、溝を深くする。
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
もしかしたら連中も、最初は新しい形や新しいデザインが必要として、その言動を取っていたかもしれないが、もはやマウントを取って、人々の義理に付け込んで、マウントを取り、その猿山の大将にもなった気分で、その山のてっぺんで気持ちよさそうに悪意を注ぐ。
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
本当に新しい形を作ろうとする者や、新しいデザインを生み出そうとする者にとって、そういう猿山で喚いているだけのノータリンは邪魔者でしかない。 被害も被っていて、考える時間も削がれ、新しい形やデザインを生み出すとほざいたは良いが、猿山でギャーギャー喚き、それ以外の義理堅い人々の
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
恨みを買い、また挑戦するものの障壁を高くするだけのスピーカーは、さっさと消えてしまえば良い。
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
弱い人も、強い人も、アビリティがある人も、ない人も、ゴールを考える。義をどうするか、それだけを考えれば良い。そして義を考えるならば、今ある環境、状況のデザインがどうかそのデザインから何を思い、何を感じ、また何を考えていけるか、弱い人と強い人と分けるならば、
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
アビリティ(能力)がある人、ない人と分けるならば、お互いにどういう感覚であれば、今良いか、これからはどういう感覚で、どういう環境で、どういう考えで日々を迎えれれば良いかを考え(義理)、その義に向かい動け(義務)。それだけで良い。
shakauryauei_ha @JO_JO_t_kaoru
ただし「悪意」、おまえだけは駄目だ。

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする