2018年4月1日

黄金勇者ゴルドラン感想

ゴルドラン全48話についての視聴感想になると思います。
2
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そんな訳でVS騎士ラムネ&40炎に代わりまして黄金勇者ゴルドランの視聴感想を今回から始めます。ギリギリ3月に間に合った。大体6話ずつの全8回でまとめる予定。なので触りの第1~6話までを少し #黄金勇者ゴルドラン pic.twitter.com/YP30DKkd3C

2018-03-31 23:09:33
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そんな訳でU-NEXTのポイントを利用して、バンダイチャンネルでしか見放題がないものとしてゴルドランを今回選んだ。勇者シリーズはマイトガインを今見ているところだが、ちょっとポイントの有効期限が迫っていたので重複するのを承知で始めたい。ぶっちゃけ視聴スケジュールの #黄金勇者ゴルドラン

2018-03-31 23:10:47
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

兼ね合いからゴルドランの方へしばらく専念します、お許しを。と前置きはさておいてリアルタイムでの視聴以来となる。「さらば黄金勇者」が本当に最終回なのか!?と10月ぐらいの時点で当時子供だった私が1年続くシリーズがまさかここで終わるとはと不安だったが #黄金勇者ゴルドラン

2018-03-31 23:12:22
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

正直勇者シリーズの中で最もはっちゃけた快活でユルいノリの漂う作品ながら、突然変異的なものではなくそれまでの勇者シリーズを総括したような味わいもある所にも魅力を感じられる。高松監督時代の三部作のトリになるところだが、それだけでなくエクスカイザーからの #黄金勇者ゴルドラン

2018-03-31 23:15:37
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

谷田部監督時代の三部作の要素も結構見られる。それまでの勇者シリーズを総括する試みとしてもだが、当時の勇者シリーズが何かピークに達したような時期とも感じる。マイトガインやジェイデッカーなどバラエティ性豊かなエピソードながら、時折シリアスでハードな作風の #黄金勇者ゴルドラン

2018-03-31 23:17:12
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

エピソードも見られたが、ゴルドランでは極力快活な路線へシフトしているようで……また勇者たちが前2作のような人の手で作られた存在ではなく古代のパワーストーンから目覚めた神秘的な存在として #黄金勇者ゴルドラン

2018-03-31 23:18:42
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

再び描かれるようになった。8体の勇者が眠るパワーストーンを探して世界各国を飛び回る設定はダ・ガーンの勇者探しを彷彿させるところである。ただダ・ガーンの星史が勇者たちの隊長として地球を守るために勇者を復活させるといった使命にシリアスな要素が存在していたが #黄金勇者ゴルドラン

2018-03-31 23:20:36
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

ゴルドランはパワーストーンを手に入れてドランを目覚めさせたタクヤ、カズキ、ダイの3人が主としての務めを果たす義務があるとのことだが、タクヤ達3人はその使命について元々冒険したい年ごろとして楽しんでいる。ダ・ガーンの勇者探しで星史が楽しむ辺りについては #黄金勇者ゴルドラン pic.twitter.com/XFyFa0zcfG

2018-03-31 23:22:37
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

勇者探しをそっちのけで自分の欲を優先しがちな時で、その辺りを戒めて成長していくといった、勇者探しは楽しいものではないといった少し厳しめのスタンスで描かれていたが、タクヤ達がパワーストーンを探すことは、自分たちも冒険したかった願望と一致するもの #黄金勇者ゴルドラン

2018-03-31 23:23:53
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

冒険が楽しいと思えることはそれでよいと肯定している感じだろうか。世界各国を飛び回って勇者探しの使命は同じだが、この辺りの心構えは結構異なるかもしれない。またパワーストーンとの観点で物探しの争奪戦との点ではエクスカイザーとも通じるかもしれない #黄金勇者ゴルドラン

2018-03-31 23:26:13
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

その一方でメカニック面だが、人から作られし者から神秘的な存在になった今作の勇者たちだが、勇者たちのキャラクターはジェイデッカーを彷彿させるものになっているかもしれない。特にシルバー3兄弟はマクレーン、パワージョー、ダンプソンの面影が大分ある(笑) #黄金勇者ゴルドラン pic.twitter.com/XflbbN8C2v

2018-03-31 23:29:14
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

また一方、レジェンドラの勇者たちが神秘的な存在として描かれているのだが、同じパワーストーンを探すワルザック共和帝国のメカニックは兵器として製造されたものと対照的。後で書くと思うがワルター様は執事のカーネルともども頻繁にギャグをこなす愛嬌ある男だが、#黄金勇者ゴルドラン pic.twitter.com/D1U7PSkiz0

2018-03-31 23:33:56
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

国家が軍事兵器を開発している設定については、マイトガイン、ジェイデッカーだと様々な犯罪組織が軍事兵器や戦闘ロボットを開発している設定が発展したものではないだろうか。それら2作と比べハードな要素は薄めだと思うが、マイトガインから人が開発したロボットが存在する #黄金勇者ゴルドラン pic.twitter.com/besD3PBmnK

2018-03-31 23:37:28
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

世界観を描写していたが、ゴルドランでもその要素は踏襲されていたのだと思う。またマイトガインやジェイデッカーでは同じ人の手で作られた存在として時折心を持つもの同士のドラマなどにも触れていたが、ゴルドランは神秘的な勇者と、軍事兵器として製造された敵は対照的な #黄金勇者ゴルドラン

2018-03-31 23:40:54
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

存在との印象を与える。また各話のゲスト敵メカ以外にもカスタムギアという量産型のやられメカが登場することも多く、彼らの大軍をドラン達が無双するといった合体前のコアロボットの活躍を描写する点として、勇者たちのヒーロー性をアピールする点として #黄金勇者ゴルドラン pic.twitter.com/rpBUudMP1S

2018-03-31 23:43:34
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

ちょっとした見せ場にもなっている。それまでの勇者シリーズでは宇宙や古代などの神秘的な概念と、人の手で作られた概念の境界線が曖昧(ファイバード辺りが顕著かと)になっていたと思うが、ゴルドランで意外と敵味方の違いとしてキッパリと分けた試みに挑んだのではないかと #黄金勇者ゴルドラン

2018-03-31 23:45:22
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

思えたりもする。またこの辺りの神秘的な勇者(ヒーローロボット)と兵器として製造される敵メカの構図は、イデオン対重機動メカと通じる所があり、ワタルやグランゾートでは召喚され、意志を持つ存在として主人公側のメカが描かれ、一方敵側は同規格のようで軍事兵器として #黄金勇者ゴルドラン

2018-03-31 23:48:07
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

製造されている対照的な存在としても描かれていた。ある意味サンライズロボットアニメらしい試みかもしれない。谷田部監督時代を彷彿させるライトで長閑なノリに回帰しつつも、勇者たちのキャラクターや人の手で作られたロボットなどのマイトガインやジェイデッカーで #黄金勇者ゴルドラン

2018-03-31 23:50:03
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

試みも継がれているのは面白い。アップデートしつつ原点回帰ともいおうか。また今作で初めて勇者たちと心を通わせ行動を共にする主人公の少年が集団になっている。彼らが冒険グッズを駆使しつつパワーストーンを探すための冒険に挑む訳だが #黄金勇者ゴルドラン pic.twitter.com/VqOTKIQSI9

2018-03-31 23:52:42
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

この少年たちの集団が冒険に挑む点は、次回作のダグオンで高校生勇者として、集団ヒーローものへと継がれている所かもしれない。その辺りがガオガイガーの凱にも継がれ、人の手で作られた勇者たちと宇宙からの未知なる勇者たちとそこで第2の集大成ともいえそうだが、#黄金勇者ゴルドラン

2018-03-31 23:57:39
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

それはまた別の機会に触れたいと思う。あと20年以上前の作品ながら昔の作品との印象があまりない。この辺り個人的に高谷浩利氏のキャラデザが凄い洗練されているものと感じる。一時参加されていたこともあったからかどことなく名探偵コナンのような面影もあり #黄金勇者ゴルドラン pic.twitter.com/4d2YvQM9rp

2018-04-01 00:01:08
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

その辺りでコナンが現役で放送されていることもあるが、過去のデザインという印象をあまり感じさせないのかもしれない。崩しやすくデフォルメが効きやすいデザインなのもよい。ワルター様……いいよね #黄金勇者ゴルドラン pic.twitter.com/0UFeQUr9xs

2018-04-01 00:04:56
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

第1話……掴みとしてはジェイデッカーに匹敵する出来だと感じた。酷い(誉め言葉)パワーストーンをタイムカプセルを掘り出していた際に見つけたタクヤ達にワルターがよこせと迫る。パワーストーンからドランの声が聞こえれど勇者を復活させる呪文を知らなければ #黄金勇者ゴルドラン pic.twitter.com/BavjcgTvZM

2018-04-01 00:07:15
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

どうしようもない訳だが……タクヤがワルターを挑発して逆に彼から復活の呪文を聞き出してしまう辺り……いやぁ良い性格してるね彼(笑)泣いて情に訴えてから小馬鹿にするような芝居をするあたり、タクヤの中の人が同じせいか、「はれときどきぶた」の十円安を思い出させる #黄金勇者ゴルドラン pic.twitter.com/2zQejd7ocJ

2018-04-01 00:08:57
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

ものがあり、大変腹筋によろしくない(笑)その後タクヤがワルターから聞き出した呪文が長すぎて覚えていなかったオチを経て、ワルターたちの攻撃から二人を担いで必死に逃げるダイ、呪文を暗記していたカズキなどタクヤの機知だけでなく、インテリのカズキ、体力派のダイと #黄金勇者ゴルドラン pic.twitter.com/wqpCZr1UxY

2018-04-01 00:11:11
拡大
拡大
拡大
拡大
残りを読む(242)