2018年4月2日

機動戦士ガンダムSEED感想

ガンダムSEED全50話+スペシャルエディション3部作の感想を予定しています。本放送時本編は見ていましたが記憶はあいまいです。なおリマスター版ではなく本放送版を取り扱っています。
13
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

さて、Gのレコンギスタから代わりまして、今回からガンダムSEEDの視聴感想を始めましょう。おしどり右京捕物車をレンタルする際の成り行きで急遽レンタルで借りる必要があるロボットアニメがもうSEEDシリーズしか残っていなかった為、Gレコをみおわったことでもう視聴していない #ガンダムSEED pic.twitter.com/5T9KHDVYSk

2018-04-02 20:26:33
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

ガンダムシリーズがSEEDシリーズしかなかったので今回取り上げることにした。ぶっちゃけDESTINY、スターゲイザーまでそのまま直通で取り上げる予定。これでガンダムシリーズの視聴感想もクライマックスということになります、多分。とりあえず長丁場ですが80年代の #ガンダムSEED

2018-04-02 20:27:59
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

とある人気ロボットアニメともども抱き合わせで2年分書いていきます。スペシャルエディションも含めて基本DVD1枚ずつ見ていくことにする。なので今回は第1~4話までを。ちなみにリマスター版が存在しているのだが流石に本筋が同じもので実質4年分となる両方を見る余裕が流石に #ガンダムSEED

2018-04-02 20:29:08
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

なかったので、以前投票を行った際本放送版の方を取り上げてほしいとの声が多かった(その為レンタルでしか見ることが出来ない)リマスター版は取り上げる予定は現時点ではないが、反響なり私のモチベなり次第でもしかしたら取り上げるかもしれない。 #ガンダムSEED

2018-04-02 20:30:11
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

早速本題だが、序盤の導入に関しては1stガンダムをベースにしつつ、ガンダム強奪ネタはZガンダムを彷彿させ、同規格の複数のガンダムが一斉に登場して敵味方入り乱れる辺りは平成三部作の要素があるかもしれない。その中で21世紀の1stガンダムとのコンセプトから #ガンダムSEED

2018-04-02 20:31:56
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

1stガンダムを彷彿させる要素は多いと思う。その辺りで賛否両論は多いかもしれないが、SEEDシリーズが個人的にガンダムシリーズ中興の祖となった作品ではないかと考えている。美形キャラクター関係などで若い女性層を中心にブレイクしたとの見解もあるが…… #ガンダムSEED

2018-04-02 20:33:58
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

個人的にそれだけではないかもしれないとも今のところ思うので、その辺りを見つけられたら良いかと思う。ぶっちゃけ本放送時私はSEEDシリーズを好きではなかったのだが、その辺りの思う所も含めて結構本編について覚えていない。以前1stと抱き合わせで取り上げた際は #ガンダムSEED

2018-04-02 20:34:59
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

ほったらかしたまま今に至ってしまった。先がどうなるかわからないが今年の山場の1つとして2年分以上頑張って取り上げていきたい。そんな訳でとりあえず今回は各話ずつ触れていきたい。 #ガンダムSEED

2018-04-02 20:35:55
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

第1話……中立地点のコロニーで平穏に過ごす主人公たちが、敵襲に巻き込まれる。それも中立地点のコロニーには新型兵器が開発されていたからだといったネタは1stの導入を彷彿させる所。ただいきなり敵襲で始まった1stに対してSEEDの方は若干余裕があるような様子で #ガンダムSEED

2018-04-02 20:37:17
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

キラ達の日常を触れている。ごく普通の学生で友人と遊んだり、勉強したりとこの辺りだとキラ・ヤマトが思っていたより普通の少年だったと思ったりもする。ただニュースでMS戦が近い場所であったようなことについて触れられており不安視するものの中立地点なんだから大丈夫だといった #ガンダムSEED pic.twitter.com/lnk3aLSWLF

2018-04-02 20:39:35
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

近い国で戦争が起こっていたとしても、その辺り平和な場所に住んでいる自分たちには関係ないだろうと危機感があまりない様子。その後彼らの様子を目にしたナタルが「あのぐらいの年でもう前線に出ることもあるのに」と彼らが平和ボケしている様子へ苦言を呈している辺りは #ガンダムSEED pic.twitter.com/wSKxjeg6l9

2018-04-02 20:41:26
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

1stでアムロがガンダムに搭乗した際、パオロが「古来、15や16で初陣を迎える例もあったから」とコメントしていたのとは対照的だ。アムロが戦うことについてイレギュラーなことだと描写されており、その例に対して”昔はそういう時代もあった”と太平洋戦争辺りを #ガンダムSEED

2018-04-02 20:42:46
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

意識したような台詞だった。SEEDで日常を謳歌するキラ達を見て、ナタルが「あのぐらいの年でもう前線に出ることも」と思う場面は、子供が戦うことは世界規模で見ると珍しくない。あまりこの手の話をするのも何だが近い時期にあった同時多発テロ事件やアメリカ、イラク戦争などの #ガンダムSEED

2018-04-02 20:44:24
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

世相を反映したような台詞かもしれない。この辺りはVガンがベトナム戦争を意識していたようなことを以前何処かで聞いたことがあったが、その頃から子供たちがゲリラやレジスタンスに身を投じることもあると触れられ始めていたが、SEEDを契機にダブルオーや鉄血などで少年兵の概念へ #ガンダムSEED

2018-04-02 20:45:35
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

入り込もうとしている様子も感じさせる。そんな折にヘリオポリスへザフトが新型兵器強奪を目論んで攻撃を開始した。連合がMSを開発していないと思わせるような、この時点ではミサイルバギーや戦闘機などでジンと応戦してボロボロに敗れる辺り1stの導入部を彷彿させる訳だが #ガンダムSEED pic.twitter.com/ULVAO9JOuV

2018-04-02 20:48:46
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

キラたちは避難していたが、彼はカガリがMSデッキの方へ向かう様子が気になって仲間たちから離れ彼女の後を追ったらストライクら新型兵器を発見する。カガリがお父様の裏切り者ー!と兵器開発の件で嘆いていたことも含め、序盤から結構カガリが重要な存在のように #ガンダムSEED pic.twitter.com/hOMzIraiBG

2018-04-02 20:50:57
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

描かれているのは結構意外だった。ボーイ・ミーツ・ガールのテンプレかもしれないが、ただキラとカガリがどういう関係だったかあまり記憶がなく(アスランとの絡みの方が多かったような)、確か次の登場まで結構間があったような気も。謎の少女を追って主役メカを発見したネタとしては #ガンダムSEED

2018-04-02 20:52:18
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

若干唐突かもしれない。その傍らイザークらザフトの面々はデュエル、ブリッツ、バスターと次々と新型MSを起動させて奪取する。何やらアスランと行動を共にしていたラスティというストライク強奪を目的としていたパイロットだけはマリューに射殺されてしまったそうで #ガンダムSEED pic.twitter.com/1i7BPUwZyE

2018-04-02 20:54:54
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

本編ではどんな人だったか藪の中(特別編で一応出番があったらしい)……運が悪かったと言おうか(汗)マリューが撃たれた様子にキラは思わずストライクのもとへ急いだ際に対面したのがアスラン……キラにとって幼少時からの親友だった彼が何故!?と戸惑う所で幕を閉じる #ガンダムSEED pic.twitter.com/J5iZTxnWXC

2018-04-02 20:56:37
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

第2話……ストライクが起動、ミゲル・アイマンが駆るジンを相手に最初の戦いが繰り広げられる。ミゲル・アイマンは最初にストライクの餌食になった男として1stのジーンポジだと思うが、美形寄りの点と第1期OPを歌唱されていた西川貴教さんが演じられていたこともあってか #ガンダムSEED pic.twitter.com/3RYmstF9V1

2018-04-02 21:02:30
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

ファンの方も結構多いような気がする(SEEDはタイアップがそこそこあったような)SEEDでのザクポジがジンだが、名前の由来はひょっとしたら1stのジーンと関係あるのだろうか?マリューが操縦するもOSが不完全だったからかまともに戦えないとのことでキラが代わりに操縦し #ガンダムSEED pic.twitter.com/vc6pKV3mBl

2018-04-02 21:05:18
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

OSを書き換えることで本当の性能を発揮する。この辺りのソフトウェアの性能が強さに関係あるとのネタは、1stでガンダムの教育型コンピューターが最新型なのも強さの秘訣と触れられていたものと通じるものがあるかもしれない。ただ意外とソフトウェアの重要性に触れていた #ガンダムSEED pic.twitter.com/e4qnoS8CTo

2018-04-02 21:07:12
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

ガンダムって当時1st以外あまりなかったような気がする。かろうじて0083で宇宙戦闘用のプログラム云々のネタがあったぐらいで。ただそれはそうとマリューがストライクをまともに動かせなかったのは、本来のパイロットではない点とか、ストライクのOSだけ完全ではなかったとか #ガンダムSEED

2018-04-02 21:08:31
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

思われるのだが、ナチュラル寄りの連合では果たしてこの5機のガンダムを扱いこなすことが出来たのだろうか?と気になるところもある。キラがOSを書き換えた訳だが、第1話でイザークやニコル、ディアッカらザフトの面々、コーディネーターが容易くプログラムを書き換えており #ガンダムSEED pic.twitter.com/FKicDYfCac

2018-04-02 21:11:02
拡大
拡大
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger

これ、もしかしたらコーディネーターでなければ扱いこなせないのではないだろうか(ムウさんのような規格外のナチュラルでない限り)と思うと、実際にそのまま連合の戦力としてこれらのガンダムが運用できたのかになると怪しいかもしれない。ただ第3話の時点でアスランがイージスの #ガンダムSEED

2018-04-02 21:12:55
残りを読む(502)

コメント

フルバ @furubakou1 2018年4月3日
ガンダム中興の祖というのは本当にそうだと思う。
0
AstLayer @Cyrfy_AstLayer 2018年4月3日
私SEED世代ですけど本当にSEEDがなかったらガンダム好きかわかんないです、そういう大切な作品ではあります、私にとっては、きっとかなりの人数にとっても、だから中興の祖というのは極めて同意します
0
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger 2018年4月25日
想いと力に駆られたキラ・ヤマトはもう後戻りが出来なかったのかもしれない。第45~50話までの感想を追加しました。
0
今泉圭介 @suparobomasterK 2018年4月25日
完走お疲れ様でした!終盤はディアッカとアスランの成長が好き。DISTENYもお楽しみに!
0
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger 2018年4月25日
最高のコーディネイター、彼は想いと力に駆り立てられていくのだろうか……
0