10周年のSPコンテンツ!
15
ツイートまとめ 大阪大学・牟田和恵教授らの科研費17百万円に無駄遣い、反日悪用疑惑 科研費は国民の税金です。学者が自由気ままに使える聖域にしてはいけません。特に文系は、政治的なイデオロギーが入り込みやすく、単なる無駄遣いに終わらず、反日活動に悪用されかねない。 104369 pv 4650 96 users 513
ツイートまとめ 科研費問題炎上・牟田和恵教授の反論 貴方は牟田教授の反論に納得しますか? この科研費1700万円は、国民の税金です。 56090 pv 3730 3 users 64
リンク 『メディアの権力』を監視する 2 users 31 教育特権と電波特権の闇 前川報道の裏を読む : 『メディアの権力』を監視する 昨夜(2018年3月15日)、NHKはニュース7とニュースウォッチ9で、前川喜平を擁護し政府を非難する異様な報道を行った。愛知県の公立中学校が文科省前次官の前川を授業の講師に呼んだことに関し、文科省が学校に問い合わせたことを、教育基本法16条に違反する「不当な干
リンク 『メディアの権力』を監視する 27 山口二郎教授は何故、巨額の科研費を獲得できたのか? : 『メディアの権力』を監視する 法政大学の山口二郎教授が、過去に約6億円の科研費を獲得していることが判明し、ネットで炎上状態になっている。これは、昨年末に産経新聞が「徴用工」問題に科研費が使われていると報じたことに端を発し、杉田水脈議員が国会で追及する事態になったことから、政治活動に
TK(きまぐれ) @dokidokidoki19
日本の教育の一応の大本山である日本教育学会の思想の偏りが半端ない。 結局、若手の教育研究者がいくら真っ当な研究しても発表の場が彼らに牛耳られている。故に業績が作れない→パーマネントの職が得られない→メジャー大学はおかしな学者に占有、以下ループ。この一番先の問題が科研費問題!
TK(きまぐれ) @dokidokidoki19
@schwartzkatze @CatNewsAgency 前川授業の異常さは教育学者の偏狭ぶりにあると思う。結局、科研費の前に同属集団としての学者村をどうにかしないと。理系のような国際学会での評価という明確な評価基準が乏しい中で、思想や政治的立場を中心とした「書物」の評価が中心となり、それに基づいて人事が行われているのが一番の問題。
CatNA @CatNewsAgency
@dokidokidoki19 TKさん、教育問題にかなり詳しそうですが、内部関係者だったんですか?
TK(きまぐれ) @dokidokidoki19
@CatNewsAgency 一応、内部関係者になるのかな?左翼系研究者の中にポツンといたりします。
JackRussellCrowe @JackRussellCrow
@CatNewsAgency 科研費審査は概ね同じ分野で行ってきました.学会は『分野の単位』なので,申請に対して同じ所属学会から審査員が選ばれることが多い.学会の会長ともなると,その分野では認められた業績を有しているであろうこと,および,審査員からの忖度を受けてもおかしくない.これが,採択率が高い理由でしょう
JackRussellCrowe @JackRussellCrow
@CatNewsAgency 良心のある審査員は常に判断が正しいか自問自答しています。また、科研費の採択率は高々20%程度であることを考慮すると、皆さんが問題点を指摘しネットで活発に議論する事は、審査員の心証にかなり作用すると思います。是非、科研費の使い方や成果に目を向けて、どんどん批判して下さい。
JackRussellCrowe @JackRussellCrow
@CatNewsAgency ただし、科研費そのものに矛先を向けるのは、心情的に、避けて頂きたい。例えば、地方大学の研究費は年間高々数十万円。それも年々減らされています。弱小大学にとって、外部資金なしでは、学生の卒業研究すら満足にできない現状です。科研費はその中でも主要な大学教員の研究費獲得限。是非維持したい
JackRussellCrowe @JackRussellCrow
@CatNewsAgency 私は、科研費を比較的多く利用させて頂いていますが、税金である事を十二分に承知して、国民の皆さんに説明できる使い方をしています。また、納得して頂ける成果を出す努力も惜しまず、批判があれば真摯に受け止めるつもりです。多くの研究者は同じ考えだと思います。是非、建設的な批判をお願いします
JackRussellCrowe @JackRussellCrow
『不利なエビデンスは隠す』煽動者の発言ですね。牟田氏編の論文集『架橋するフェミニズム』を見ても同じ事をしていることが分かります。科学では『客観的事実>自己主張』であり普遍的真実が正義です。不利な事実を隠して自己主張するのが文系研究のやり方なら、もはや科学研究ではありません。 twitter.com/CatNewsAgency/…
JackRussellCrowe @JackRussellCrow
@CatNewsAgency 以前は、科研費の審査範囲が狭く、学会内で審査をしているようなものでした。恐らく、文科省や学振もこの問題を認識していて、現在は大きな額の科研費ほど審査領域が広くなり、特定の分野で徒党を組んだとしても、学術的価値の低い提案は採択され難くなっています。基盤B,C,若手は以前とほぼ同じです。
CatNA @CatNewsAgency
@JackRussellCrow 『以前は、科研費の審査範囲が狭く、学会内で審査をしているようなものでした』→いつから改善されたのですか?
JackRussellCrowe @JackRussellCrow
@CatNewsAgency 平成28年12月22日に科学技術・学術審議会学術分科会科学研究費補助金審査部会にて決定され、平成29年に公募が行われた科学研究費ら適用されています。つまり、今回の交付分からです。 mext.go.jp/a_menu/shinkou…
CatNA @CatNewsAgency
@JackRussellCrow 『つまり、今回の交付分から』→では、山口二郎教授が巨額科研費を獲得した当時は、科研費の審査範囲が狭く、学会内で審査をしているようなものだったので、政治学の分野で徒党を組んだ審査が行われていた可能性がありますね。
JackRussellCrowe @JackRussellCrow
@CatNewsAgency 山口教授が代表となり採択された学術創成研究が、同分野の審査員のみで審査されたとは思えませんが、似た分野の研究者が比較的多く審査に加わったことは想像に難くありません。また、仮に似た分野からの申請がなく、かつ申請分野の権威が名前を連ねていれば、採択されやすかったのであろうと推察します
CatNA @CatNewsAgency
@JackRussellCrow 科研費にお詳しいですね。ひょっとして、研究者さんですか?
CatNA @CatNewsAgency
@JackRussellCrow なるほど。木村幹教授の発言『学会の組織的活動費狙いで組織的に科研費を出してくる』について、どう思われますか? 学会の組織的活動費って、完全に流用ですね。
JackRussellCrowe @JackRussellCrow
@CatNewsAgency 私が所属するような母体の大きな分野ですと、大きな規模の科研費であっても、申請がいくつも出てきます。この場合、概ね、正しく競争が行われますが、それでも、徒党を組んでいる小分野の申請が採択されやすくなる傾向があります。母体が小さな分野では、この傾向がいっそう顕著になると思います。
JackRussellCrowe @JackRussellCrow
@CatNewsAgency 研究活動は学会活動でもあります。大型予算がとれると、人件費や公募研究予算がとれますので、分野に参画する人を増やす事ができます。また、研究会を開催する為の予算(旅費、会場費、資料費)を獲得できます。その分野を発展させるために大型予算の獲得を目指すことは、どの分野でも行われています。
JackRussellCrowe @JackRussellCrow
@CatNewsAgency つまり、木村幹教授の発言『学会の組織的活動費狙いで組織的に科研費を出してくる』については、彼の言う組織的活動が研究活動とみなせるのであれば、私は違和感を感じません。
TK(きまぐれ) @dokidokidoki19
@JackRussellCrow @CatNewsAgency 個人的には「申請者が分かる」状態での審査と「審査後に審査者が公開される」状態での審査が同時に行われることに疑問を感じます。どちらか一方だけならば忖度的なことは生じないと思うのですが。両方同時だとその分野のお歴々が並んでいる大型申請は領域が小さければ、正当な評価は難しいかなと。
残りを読む(14)

コメント

言葉使い @tennteke 2018年4月5日
蓮舫の「二番じゃ駄目なんですか」騒動で、予算を獲ってきて分配する部門の人が研究の意義を解っているのかを聞かれたのに、研究者が口出しして問題の可視化のチャンスを潰したことについて、騒いだ連中は糾弾されるべき。
huziyama_EX @huziyama_EX 2018年4月5日
理系の方が分配された税金について、現在、将来に国民に返しうる恩恵をプレゼンできる方々が多いのでしょうかね。こんな研究してるんだぜと。対して特定の界隈から飛んでくる呪詛ときたら。今後日本の研究についてより大きな支出が必要ということに異論はありませんが、巨額さに関わらずリソースの分配からは逃げられません。山口氏に6億等と聞きましたが、支出を巨大にした結果、彼らの研究の看板をつけた政治活動が3倍になったという事態では笑い話以下でしょう。税金に使途について、国民や国民の代表による透明化・検証は当然です。
もこ @mocomb 2018年4月5日
出てきたものの不正を探る仕組みなどは必要だけど、それが暴走して逆転し、「この研究は是か非か」みたいな方向へ向かってしまうと怖い。
わななき @wananaki 2018年4月5日
この研究は是か非かは現状予算分配という形で行われているわけだが。だからこそ研究の不正が相次ぐわけで。
徳本 @tokumoto0 2018年4月5日
学会を牛耳る勢力に審査員が忖度し科研費をせしめる一方で真っ当な研究者は置き去りにされるような構図は科研費が対象とする「独創的・先駆的な学術研究」の妨げにしかならない。科研費は理念は正しく、説明責任の義務や不正へのペナルティはひと通り規定しているのだから、運用を徹底して厳格化すべき。自浄作用がなければ政治による是正も当然。
yaya @yakumokumaneko 2018年4月5日
同分野の人がほとんど活動家だったら永遠にそのままだろうよ
Kora @KORA_T 2018年5月14日
https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000070143352/ これ見てたら、某 #反日 恫喝教授は ありとあらゆる研究活動に背乗りして 「オラに #科研費 を分けてくれ」って やらかしてたんじゃないのかな (個人の感想です、エビデンス?ねーよそんなもんw)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする