【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!

弓指寛治 個展『四月の人魚』(ゲンロン カオス*ラウンジ 五反田アトリエ)感想まとめ

「ゲンロン カオス*ラウンジ新芸術校」第1期の最優秀者である弓指寛治が、第21回岡本太郎現代芸術賞にて次席である「敏子賞」を受賞しました。 自身の母親の自死について描いた巨大な絵画《挽歌》(新芸術校第1期成果展覧会出品、2016年)以降、弓指は一貫して「自殺」をテーマに制作しており、『Barrack Out』展(2016年)での壁画制作、『Death Line』展(2017年)のキュレーションなど、注目すべき活動を続けてきました。 太郎賞に出品した《Oの慰霊》は、80年代に社会現象になったとあるアイドル「O」の自死をモチーフにしています。これまで母親の自死のみを扱っていた弓指が、他者の自死と残された人々の存在に目を向け、それらの「慰霊」を試みたのです。 続きを読む
ゲンロン 五反田アトリエ 弓指寛治 カオス*ラウンジ
genroncafe 1004view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
残りを読む(152)

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「アート」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする