WBC世界フライ級王者の比嘉大吾、減量苦に苛まれ900gオーバーとなり王座を剥奪される!

比嘉大吾はフライ級(凡そ50kgくらい)の王者であるが、普段はその10kgプラスした60kgくらい体重があり、前回の試合から2ヶ月しかない間隔で大幅減量を強いられて減量中に気を失ったりパニックを引き起こしていたという。 日本人で世界王者の計量中止は初めてだという。 試合は行われるようで、当日午前8時までに4.5kg上回ってしまえば試合は中止になるとのこと。 しかし、ルイス・ネリの件もあったしここで試合をさせる訳にもいかんだろう。 人間はやっぱり嘘はついたりもするけど正直者で神様なんかになれないのだ。 続きを読む
ブーメラン 具志堅用高 日本人初 クリストファー・ロサレス 王座剥奪 比嘉大吾 フジテレビ WBC フライ級 ボクシング
kusamura_eisei 4463view 0コメント
5
ログインして広告を非表示にする
残りを読む(591)

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「ボクシング」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする