0
Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein
これから、2日ほど出来なかった放射線本の残り、縦書き部分のゼロ稿を書き上げてしまう積もりです。正しく怖がる上での一つのお勧めは線量をグレイGy単位で知る事かも。0.15Gy浴びると一時的に生殖不能になるのは卵や精子が死滅するから。2.5-6Gyだと精原&卵原細胞が全滅といった数値
Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein
例えばガンの放射線治療では20-60グレイのX線などを照射して治療します。これは、そうしないと生命が危ない、という患者さんに選択を問うわけで、一桁少ない2-6グレイでも生殖能力は失われます。そういうぎりぎりの選択での生の数値を見ながら報道を見直すと別の現実的な怖さが感じられます
Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein
「情報」というのは基本的につねに精度に限界のあるものです。これは専門的になればなるほどそうで、誤差の幅などを厳密に考える必要があります。文字や言葉あるいは画像などの表層ではなく、複数の、信頼水準の高が知れたデータを見比べて、状況を正しく判断し続ける必要があると思います。
Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein
尊敬するある金管楽器プレーヤーは、年を重ねる事に(一方で老いる自分があり)本番をきちんと吹ききることに緊張感を覚える、という。自分の持分でも似たような事を痛感する。放射線情報も全く同様で、そのつど緊張感をもってきちんと理解・判断し続けてゆくことが、一番難しいけれど最も大切と思う。
Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein
本の打ち合わせで貸して貰った原発報道30年という週刊誌記者本。スリーマイル島事件直後からチェルノブイリ20周年まで放射能に関する基礎知識が欠如したままの状態は何?疑問を持つ。内容など判らなくても記事さえ出ればよいという姿勢か?30年前生まれた赤ん坊が当該専門で学位取ってると思うが
Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein
今年2月までの状況なら放射性物質なんて判んなくてもいいというホンネが大半でも正直不思議ではないだろう。マスコミも同様に思う。日常的に線量が各種マスコミに報道される現状をよく見据えて、かなり本腰を入れての根起こしが必要だと思う。なんかよく判らない数字言ってる。で済む様な話ではない。
Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein
結局夕方から始めた放射能本の残り、新書版131ページまで来て「福島第一原発で起きた事」の手前に到達。あとは事故経緯と今後注意すべき事などサクサクまとめ「小学生の算数を面倒がらずに」と3章を結ぶ所までで今日はストップ。明日短い「終わりに」を書いてからお待たせしてる幻冬舎本に戻る目算
Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein
本で考えるとやや細かいかもしれない質量欠損とか熱中間子などの言葉も平易に噛み砕きつつ、最初は何も見ず一冊ひと通り通して打ってみて(どんな仕事も皆んなそう、でないと自分のモノが出て来ない)後から資料を参照して手直しして改善を目指すつもり。途中段階の稿を各連載に出してゆく予定です。

コメント

注目の記事 - トゥギャッチ

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする