編集可能

「僕のわたしの、新井素子」~個人的体験や、その後の影響などなど

実は、何がきっかけかわからないのだけど(冒頭に置いた太田忠司氏のツイートが契機でいいのかな?)少なくとも私のTLで「新井素子」がなぜか賑わってました。検索してみると、確かにツイートが多く、しかも専門家のツイートや興味ぶかい考察が多いので、ざっとまとめました(※連ツイの繋がりが粗いかも。多少整備します) カテゴリは「小説」で。
87
太田忠司 @tadashi_ohta

小説を書いて生活しています。

tadashi-ohta.in.coocan.jp

太田忠司 @tadashi_ohta

書棚整理をしていて久しぶりに手に取った新井素子さんのデビュー作。僕の人生を変えた一冊。この本を読まなければ、いや正直に言おう、この本にこのポートレイトがなかったら、僕は別に人生を歩んでいたと思う。 pic.twitter.com/cvoiaSAypp

2018-04-25 11:06:07
拡大
拡大
太田忠司 @tadashi_ohta

続いて吾妻ひでおがキャラクター化したことで新井さんは当時のSFファンにとってのアイコンとなったんだよ。名古屋で行われたSFコンベンションで当時まだアマチュアだった僕はゲストの新井さんにおずおずとサインをお願いして少し話した。何を話したか覚えてない。舞い上がってたから。 pic.twitter.com/XXuFFCyjjY

2018-04-25 11:20:21
拡大
高城悠紀 @yannyanya

かつて新井素子が編集者に「新井さんは新宿でも池袋でもご近所歩くみたいな格好してるんですね」と言われて「え? だって近所だもの」と返したことを思い出した。東京生まれ東京育ちの普通の感覚なのだろう

2018-04-25 11:23:34
太田忠司 @tadashi_ohta

今ではパーティなどで新井さんにお会いすると気軽にお話しできる立場にはなったんだけど、今でも実は、気楽に喋っているようでいて心の中では「わーわー、新井素子と喋ってる! わーわー」となっているのですよ。

2018-04-25 11:36:08
太田忠司 @tadashi_ohta

小説としても新井素子さんの作品は画期的だったし衝撃だった。あの独特な口語文体で語られる結構シビアな世界観とか読者をぶんぶん振り回すストーリーテリングの妙とか。同年代であれだけのものを書いてしまうひとがいるんだと知って、最初は絶望したな。彼我の差がありすぎて。

2018-04-25 11:39:00
太田忠司 @tadashi_ohta

一時期「伊藤計劃以後」という用語がよく使われたけど、「新井素子以後」という区分けの仕方も充分可能だと思う。それくらい日本のSFを変えた作家だから。

2018-04-25 11:42:07
太田忠司 @tadashi_ohta

久しぶりに『あたしの中の…』を手に取ったとたん思いが溢れ出てきて、ついいろいろツイートしてしまった。

2018-04-25 11:43:56
中西理 @simokitazawa

@tadashi_ohta 東浩紀さんが漫画・アニメ的リアリズム(つまりライトノベル)の始祖と位置付けていますよね。

2018-04-25 12:10:02
メグサン @Snokaihou

素子姫だもんね。吾妻ひでおとの交換日記もあったなー

2018-04-25 21:41:48
メグサン @Snokaihou

新井素子は小説の文体もそうだけど、必ず付いてくる「えっと、あとがきです」が私たちの心を捉えたと思います。読書一人一人に宛てられた手紙のような後書きを、いちいち小説の後ろにくっつけてもいいんだ!と、その自由さにめろめろとなりました。

2018-04-25 21:45:41
星野☆明美 @akemi_hoshino

10年前に福岡に居たときに置き忘れていたものが出てきた‼大事な本を忘れてた。新井素子さんの「・・・・・絶句」は吾妻ひでおさんの表紙絵です。 pic.twitter.com/vWY0YF0sNY

2018-04-25 13:44:53
拡大
芦辺 拓 @ashibetaku

零細探偵小説家です。仕事はbit.ly/jfXjYy またの名を森江春策Pと申しまして、ニコマス動画、ラブライブ!、AGC38、そしてポッピンQなど、どこでも平均年齢を押し上げてます。

芦辺 拓 @ashibetaku

太田忠司さんのツイートで思い出したが、新井素子さんの出現は僕にも影響甚大で、ミステリに軸足を移しつつも奇想天外(第二次)も時折買っていたところ、新井さんの出現に「身を要なきものに思ひなして、SFにはあらじ、探偵小説の方に住むべき国求めにとてゆきけり」となったのだった。

2018-04-25 14:06:48
芦辺 拓 @ashibetaku

そうか、新井素子さんの時代は、彼女たちの時代でもあったのか……。RT @hakusaii: @ashibetaku 少女漫画家の川原由美子さん 成田美名子さんが同年代で看板背負ってた時代

2018-04-26 01:06:54
芦辺 拓 @ashibetaku

新井素子さんや氷室冴子さん。そのほかの新世代作家が「小説に漫画的リアリズム」を持ちこんだとはよく言われること。しかし、その「漫画」に持ちこまれたストーリー性は、まちがいなく小説もしくはそれを原作とした映画からのものだったことを忘れていただきたくない。

2018-04-29 12:08:28
芦辺 拓 @ashibetaku

しかし、その「もともとは小説から持ちこまれた漫画的リアリズム」を小説側が排除してきたことも確かなんだよな。今ならライトノベルその他でざらに見るような、ちょっと誇張した人物や情景描写には、かつては編集者から「マンガみたい」という理由でチェックが入ったものだった。

2018-04-29 12:14:57
藥師寺 Yakushiji @YakushijiF

“根拠のない自信”。自分も #新井素子 先生の #星へ行く船 から貰った 「わたしね、誰が何と言おうと、絶対自分は運がいいって確信があるの」 「わたしにはあと二つばかり信念があるのよ。“不撓不屈”っていうのと……“誰が従容として運命に従ってやるものか”っていうの」 レイディの言葉に栞を挟んだ pic.twitter.com/YlCldHa029

2018-04-26 23:31:04
拡大
新井素子研究会 @motoken1989

新井素子ファンサイト「新井素子研究会」(もとけん)のアカウント。新井素子さん関連のツイートやリツイートをしています。ログはこちらに。→ http://t.co/mfjPyTykM2

http://t.co/Iz8cStzr1J

新井素子研究会 @motoken1989

「SFなんでもランキング国内終末SF」の投票結果、1位は『百億の昼と千億の夜』でなく『ハーモニー』 なんですね。時代は変わって行きますなあ。『ハーモニー』もすごく面白いです(コミック版も良いです)。『ひとめあなたに…』が3位に入っているのはうれしいですね。

2018-04-27 21:34:03
ライター佐藤友美(さとゆみ) @SATOYUMI_0225

フリーのエディター&ライター20年目。年に8冊ほどの書籍とコラムなどを執筆しています。 自著は『女の運命は髪で変わる』(19刷)など。元東京富士大学客員准教授。 主な執筆はこちら https://t.co/GRqDsii76z お仕事のご依頼はsatoyumi0225@gmail.comまで

https://t.co/K9QEfvuzfg

ライター佐藤友美(さとゆみ) @SATOYUMI_0225

【書きました】 40歳前後の出版関係女子って、小中学生の時に新井素子さんを読んで育った人がすごく多い気がするんですよね。そして、新井素子さん育ちの女子って、自己肯定感が高いというか、むやみやたらと明るくて自信家が多い気がするんです。 #telling, #朝日新聞 telling.asahi.com/article/115021…

2018-04-27 21:40:39
リンク telling, 女子が生きるために必要なことは全部「素ちゃん」が教えてくれた:telling,(テリング) 4月のテーマは「自己肯定感」。自分を好きになるためのヒントがつまった一冊を、書籍ライターの佐藤友美(さとゆみ)さんが紹介します。 1 user 83
新井素子研究会 @motoken1989

1980年代に『ファンロード』を読んでいた立場からすると何言ってんのという感じではあります。>女オタクなど存在しない

2018-04-27 21:42:28
残りを読む(103)

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2018年4月29日
えっと、コメント欄です。「誰でも編集可能」です
21
言葉使い @tennteke 2018年4月29日
そういえばみんなが読んだ文庫本の「星へ行く船」シリーズの続きがこちらhttps://amzn.to/2je97x6 に書かれたことを知らない人っているんだろうな。
2
agegomoku @nekofurio 2018年4月29日
『扉を開けて』がアニメになった時「なんでみんなこう、水着みたいな鎧着せられちゃうのかしら…」と言ってたのは覚えてる(笑)。当時はレダやコブラをはじめビキニアーマー全盛期でしたからね。
2
Haruka McMahon @regicat 2018年4月29日
tennteke 続きは単行本で書かれたわけではなく、ちゃんとコバルト文庫で完結まで出版されてます。単行本は単なるその復刊です。
1
Haruka McMahon @regicat 2018年4月29日
tennteke あ、追加の書き下ろしがあったか。失礼しました。
0
アオカビさん @Penicillium_ch 2018年4月29日
新井素子を読んだせいでぬいぐるみを捨てられなくなりました。
0
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2018年4月29日
最後まで読んで笑った。ああ、確かに『ファンロード』でそんなこと書いたような記憶あるわ(笑)。今の今まで忘れてたけど。
5
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2018年4月29日
『ファンロード』にこんなこと書いたせいで、ずっと後、2ちゃんねるで「山本弘は新井素子に言い寄ったけど振られた」というデマ流されたんだよなあ(笑)。新井さんは東京、僕は当時、京都に住んでいて、『奇想天外』の新人賞受賞パーティで会って以来、顔を合わせる機会すらほとんどなかったんだけど。
4
らむうる @ramuuru 2018年4月29日
「…絶句」はラジオドラマを録音したカセットテープを大学時代友人に貸したらそのまま退学して借りパクされたのが今でも口惜しい。ソフト化されてないし。 「グリーン・レクイエム」のイメージアルバムも凄く好きだったけどあれもCD化はされてないよね… 「扉を開けて」のアニメはレンタルショップが閉店する時にVHSテープ買ったなあw とにかく学生時代はほぼ全作品読んでたわ。懐かしい。
2
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2018年4月29日
そう言えば、この前、友野詳がLiveWireのイベントで、最近のライトノベルによくある業界ものについて、「現実には高校生の美少女作家なんておらんよ!」と笑いを取ってたけど、後で考えたら、デビュー当時の新井さんがまさにそうだった。
18
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2018年4月29日
新人賞受賞パーティで初めて顔を合わせた時はまだ初々しくて、『奇想天外』に掲載された「あたしの中の……」をすでに読んでた僕は、「この子があんなすごい小説書くのか!?」と驚いてた。
1
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2018年4月29日
その後、重いスランプに陥って小説が10年ぐらい書けなくなった僕に対して、新井さんは急速にメジャーになっていって、どんどん引き離されていったわけだけど。
1
野浦湘 @nora33371216 2018年4月29日
「グリーン・レクイエム」のイメージアルバムはCD化されていますが、すでに廃盤のようです。 https://www.amazon.co.jp/dp/B003N4TQ6O
1
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2018年4月29日
ゼネプロが発売した新井素子フィギュア(吾妻ひでおデザインのやつ)も、確か持ってた。
1
世の字@TeslaGirls @seta1128 2018年4月29日
小学生だった僕は、ファンロードでの「山本弘15歳」を真に受けてましたわ…。
1
えい @eizenstppp 2018年4月29日
当時は見下したような論調もかなりあったのね。 「赤川次郎と新井素子は読めば読むほど知性が磨耗する」とか書かれててさ、月刊OUT。 でも私はSFマガジンの、300号(だったかな)の日本SFベストアンケートに「ひとめあなたに…」を推しましたけどね。
0
まさかなまき @MASAKANA_MAK 2018年4月29日
そろそろ星へいく船、アニメ化しようか
3
くろい野干 @dakhanabarr1 2018年4月29日
(新井先生のX星人と皮ツナギのコスプレでドキドキしたと言ふのは絶対に隠さなければ 吾妻ひでお画の方でなくて写真と言ふのは絶対にばれてはならない 幸ひ「まるまる新井素子」などの新井素子特集は恥ずかしくて買へなかった)
1
辻マリ@にゃんもっく @tsujiml 2018年4月29日
新井素子、中学生の時に理数系授業の先生が「ひとめあなたに」をめっちゃ推してて、クラスの女子皆が本屋や図書館で探して読んだのを思い出す。そこから他の作品群に手を出したのはごく少数の子だけだったけど、今も良い思い出です(この当時ファンロードも毎月楽しみで読んでいたので山本弘氏と同じ地平にいるこの場所がなんだか不思議でもある)
3
いちか @urube_ 2018年4月29日
グリーン・レクイエム好きだった
0
水野修平 @mizunosyuhei 2018年4月29日
MASAKANA_MAK 去年の復刊と並行して第1巻のオーディオドラマが発売されていますね。
2
masano_yutaka @masano_yutaka 2018年4月29日
ドラマの「結婚物語」を読む>妹が「星へ行く船」「ブラックキャット」とかを持ってて貸してもらった>愛の交換日記を読んだ。 って流れだったかな。 「チグリスとユーフラテス」は新入社員の時にお花見の場所取りをしている間にずっと読んでた。
0
垂直応力 @normal_stress 2018年4月29日
最初に読んだのは「星へ行く船」だけど、嵌まったのは大学卒業前後に読んだ「おしまいの日」。
1
垂直応力 @normal_stress 2018年4月29日
新井素子と全く関係ない話ですが、人々に「アレなら自分でも出来そう」と思わせて多大な影響を与えたのは、ビートルズやストーンズよりもラモーンズですね。
0
岡一輝 @okaikki 2018年4月29日
新井素子も好きだったけど、どちらかと言えば大和真也派だったな。もう相当の年月、そっち方面は読んでないけど……
1
岡一輝 @okaikki 2018年4月29日
当時の自分はマニア気取りの痛キモいSFオタで、そんな自分でも好きな娘はできて……その子がコバルトの購読者で……ああヤバいコレ思い出せば七孔噴血する類の記憶ッ。そうだ、その恐ろしい過去を封印するために、俺は新井素子系の作品を自らに禁じたのだッ。
3
myz @myz_369 2018年4月29日
新井素子初体験は『チグリスとユーフラテス』だったので死にそうになりながら読んだ。
0
Daregada @daichi14657 2018年4月29日
ああ、今度実家に帰ったら本棚の「・・・・・絶句」(吾妻先生の表紙の方)を持ってこよう
2
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2018年4月30日
(これがある意味で醍醐味なんだけど)一度このまとめを作って、その反響でつぶやかれたツイートをかなり多めに追加収録しています
2
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2018年4月30日
書店で立ち読みしていた「スターログ」の書評で「いつか猫になる日まで」が紹介されていて、コバルト文庫を買って読んで……それを後輩(実はSF属性だった)に見つかって。というプロセスを経なければ人生迷走することもなかったかしれない。
0
くろい野干 @dakhanabarr1 2018年4月30日
山本弘と言ったら、BSマンガ夜話で山本先生が緊張しながら示唆的な批評をしてゐたのに対し、その前だか後だかの週刊ブックレビューで新井先生がキョドるでもなく、緊張もなく普通に有川浩作品の評論をしてゐたのが衝撃だった。
3
くろい野干 @dakhanabarr1 2018年4月30日
人間のアセンションと「選民としてのかたわ」とサイボーグと他を描いた作品が見たいけど旦那へ「謝れ!耕作地としても行ける関東ローム層へ謝れ!!」とか言ってる人はなぁと思ってゐたらその方が『あの懐かしい蝉の声は…』を描いてくださったので大変うれしい。
0
Kaede @nkaede 2018年4月30日
吾妻ひでお画の新井素子Tシャツ持ってたとか、知り合いで新井素子がいるというだけの理由で立教大学に行った人間がいたとかいろいろ思い出した。 そういえば、高校生のころ名古屋の地方SF大会で、新潮社の新入社員の「あぼ」という人が新井素子氏に名刺を渡してるところを見かけた覚えがあるのだけど、今思うと貴重な場面を目撃してたのかも
6
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2018年4月30日
nkaede あぼみくる! そ、それは本当に貴重な瞬間……。
3
さんのじ @sannoji 2018年4月30日
進学で上京する際、既に新井素子信者(&あ~る君好き)だったので迷いなく居住地に練馬区を選んだ。しばらくの間、休みの度に作品に出てくる地名を訪ねて回ったっけなあ。ええ、未だに練馬っ子です。ネリマ大好きw
1
そーまー @kunjisoma 2018年4月30日
「グリーン・レクイエム」の映画(今関監督の挨拶付き)を見たのは貴重な体験だった。
0
しゃーきち @sk_tak 2018年4月30日
扉をあけて、もゲーム出てたっけ?
0
たかのえ @takatakaya 2018年4月30日
コバルト文庫読んでいた者としては「いつか猫になる日まで」は衝撃でした。大和眞也さんも書かれてましたし、あの頃のコバルト文庫は凄かった。
1
うろん@リゼロ老人会 @wahoo_salad_re0 2018年4月30日
思春期に新井素子にどハマりしたはいいけど、新刊は出ないわ出ない苦しみを誰とも分かち合うこともできないわで悶々としていた経験があるので、数年新刊が出なくても平然としていられるファン力は鍛えられましたね。
1
うろん@リゼロ老人会 @wahoo_salad_re0 2018年4月30日
早川書房の「……絶句」の上下巻を見ると、小さな市立図書館の匂いとか、初めて出会う不思議な感覚とか、汗でぺったりとくっついたソファーの感触とか、いろんなものが蘇ってくる
2
まさかなまき @MASAKANA_MAK 2018年4月30日
wahoo_salad_re0 わたし、世代的には古本屋で新井素子の書籍を手にしているので、いくつかの物語を思い出すと、古書の何とも言えない香りが鼻腔に蘇る。
2
k_wakita ノンレム睡眠レム睡眠 ノンレム睡眠レム睡眠♪ すやぁ…… @k_wakita 2018年4月30日
ファンロード誌の特集で知って読みふけったなあ。 親しかった司書の先生に読ませて高校図書館に入れてもらおうという試みは失敗したけど。「悪徳なんかこわくない」とか「エスパイ」置いてた高校図書館だったんだけど早すぎたのかなあ。
0
くろい野干 @dakhanabarr1 2018年4月30日
つくば万博へ行って、干支一回りしたころ『公式ガイドブック』をぺらりめくって見たら、アリスがクローンだとかエコだとかの未来を彷徨ふ最初の話の端っこに「協力 新井素子」の文字があった。なんか文章はそんな感じだけど、ええっ!アレはびっくりした。
1
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2018年5月4日
Yabe_MiHiRo ちなみに、世に「おたく」という二人称が広まる2年ほど前ですけど、その一件後、二人での会話時にその後輩のことを「お宅」と呼んでいましたね。意識的に。あやかりで。
0
ロードランナー様(山川賢一) @shinkai35 2018年7月31日
ケイブンシャ『世界の怪獣大百科』、これ持ってた!小説に出てくる怪獣の項では、とにかく地球の長い午後と宝石泥棒のネタが多かった記憶
1