孝凰140字SSまとめ

裏垢で書き散らしたもののまとめ。
1
美桜 @shootandsay

「おーか」 「酒臭い。あまり近寄るな。」 「おーかぁ」 「だから寄るなって。あんた、そんなに酒に弱くないだろう」 「お〜〜か〜」 「さっきから、いったい何度」 「凰香」 振り返った瞬間、真っ直ぐな紫水晶に射抜かれる。避ける間も無く、柔らかな唇が俺の言葉を奪い去った。

2018-02-28 23:46:00
美桜 @shootandsay

嘘がつけないから好きじゃないとは言えないしだからって素直に頷くのも癪だから「あんたはどうなんだよ」って精一杯虚勢をはるものの、ふっと笑みを深められて「どっちだと思う?」って聞かれてそれ以上なにも言えなくなってしまう。

2018-03-03 18:22:07
美桜 @shootandsay

じわりじわりと四肢の熱が高まっていくのが指先からばれてしまいそうでいたたまれない。せめて爪を隠そうとシーツを握ったものの、無情にも指が開かれ絡め取られる。離せ、と掠れた声の代わりに視線で訴えても紫色の瞳が楽しげに細められるだけで。屈辱を噛み締めながら、俺は顔を背けるしかなかった。

2018-03-09 20:00:07
美桜 @shootandsay

全く飲めないわけじゃなくかなりお酒に弱い凰香さんがもらったお酒を自分に横流ししてきたときに、「味も香りもわからないんじゃ、くれた奴に礼を言うとき困るだろう?」って、一口含んで嚥下したのちに凰香さんにキスする孝明さん。

2018-03-26 17:55:18
美桜 @shootandsay

「香りと味は、少しくらい伝わっただろ?」って笑う孝明さんに呆れた眼差しを投げて「あんたの匂いで、わかるものも分からなくなっているに決まってるだろ」って返す凰香さん。

2018-03-26 17:57:36
美桜 @shootandsay

「なぁんだ、そんなに俺のこと、意識してくれてるんだ?」「は?」「苦手なものが気にならないくらい、俺の匂いに意識がいってたってことだろ?」「なっ……違う!」「そうかー、凰香はそんなに俺のことが好きだったのかー」「だから、違うって言ってる!」

2018-03-26 17:59:44
美桜 @shootandsay

帰すのが惜しいだなんて感覚初めてだ。身支度を整える後ろ姿を眺めながらぼんやりとそんなことを考える。離れるっていっても隣の部屋だし、起きたらどうせ共有ルームで顔を合わせる。それなのに。細い腰に腕を伸ばしてベッドに引き倒す。淡い紫の瞳に俺が映っているのに安堵して罵倒を唇で封じ込めた。

2018-04-23 23:20:50
美桜 @shootandsay

肌に馴染んだはずの寝具なのに、何故か妙に落ち着かない。やけに広く感じられるベッドの端で丸まって、溜息を噛み殺した。原因は分かりきっているのにそれを認めたくない。認められない。まるで帰りを待っているかのように思える自分にイライラして、俺は引き上げた布団の下に頭まで潜り込んだ。

2018-04-23 23:40:54
美桜 @shootandsay

「この程度のことで愚痴を吐きだすようになったなんて、俺も弱くなったな」「それは違うよ、凰香」「なにが違う」「強くないと、自分の辛さには気づけないものさ。凰香は強くなったんだよ。」「……本当に、口だけはうまい男だな」

2018-04-26 21:55:04
美桜 @shootandsay

「凰香は意外性の塊だよな」「……バカにしてるのか」「いーや、予想外の反応がいっぱいで楽しいなってだけ」「楽しんでどうする」「そう?俺は嬉しいけどな。凰香、見てて飽きないし」「俺は珍獣か」「こんな綺麗な珍獣なら、それこそずっと見ていたくなる」「お前っ……もういい。勝手に言ってろ」

2018-04-26 23:46:49
美桜 @shootandsay

「そういえば、お前の好みはなんなんだ?」「どした、いきなり」「孝明ばかり俺の好みを知ってるのは、不公平だろ」「別に不公平とかはないと思うけどな」「いいから。で?」「んー、凰香」「なんだ?」「いや、呼んだんじゃなくて、好み」「……は?」「だから、凰香」「っ……茶化すなっ」

2018-04-26 23:52:20
美桜 @shootandsay

「そういえば、俺はソフトドリンクなのにあんたは一人で飲んでて、その、寂しかったりしないのか?」「いーや、別に。旨い肴がいつもあるからな」「そうなのか?何かつまんでいた記憶はないんだが」「目の前で綺麗な顔が百面相してるの、見てるだけで楽しいだろ?」

2018-04-27 00:09:36
美桜 @shootandsay

「ほら、おいで」「……」「えぇー、隣?膝の上でも良かったのに」「誰が座るか、子供じゃないんだぞ」「そぉ?凰香なら細いし軽いし、膝の上に座られても脚が痛くならなさそうだけどな」「あのなぁ……」「冗談、じょーだん。……今日は1日お疲れさま、凰香」

2018-04-27 18:13:31
美桜 @shootandsay

柔らかな視線が俺を呼ぶ。自分からは動けないことを知っていて、それでも俺から動くように仕向けてくる。ずるい男だ。本当に、腹が立つ。それに流されそうな自分にも苛立って仕方がない。それなのに。 「凰香」 俺はその声には抗えないんだ。

2018-04-28 01:15:58
美桜 @shootandsay

「凰香、こっち」「……誰が」「えぇー?いいだろ。拗ねてないで、こっちこいって」「別に拗ねてない」「そう?ならこっち来るのになにも問題なくない?」「あのなぁ」「いいだろ、俺がくっつきたいんだよ。ほら、な?おいで」「……」「あぁ、やっと落ち着いた」「あんた……疲れてたなら、そう言え」

2018-04-29 15:22:54
美桜 @shootandsay

触れる指が、少しだけ熱い。ライトの下では誤魔化されていた疲労が、落ちた影で少しだけ分かりやすくなった気がする。余裕がないなら、俺のことなんて気にしなくていいのに、本当に、この男は。引き寄せて、自分からキスを仕掛ける。驚きに見開かれた紫闇の瞳が、次の瞬間欲に含んだ色に煌めいた。

2018-04-29 15:44:41
美桜 @shootandsay

触れるほど近い距離にいるはずなのに、体温が離れたままなのが落ち着かない。何故と問うことも自分から動くことも出来なくて投げ掛けた視線には、どこか楽しげな、俺を試すような煌めきを宿した眼差しが返される。本当にむかつく。眇められた瞳に誘われるように、俺は思い腰をあげた。

2018-05-03 00:12:17
美桜 @shootandsay

腕の中で眠る凰香の無防備な寝顔を見下ろしながら、言いようのない達成感に胸を踊らせる。俺に対して妙な対抗心と警戒心を抱いているのが嘘のようだ。時折四肢を擦り寄せてくるのが可愛くてたまらないだなんて、以前の自分なら信じないだろう。が。今はこの幸せな空間がないよりも大切、なんだよな。

2018-05-04 00:46:46
美桜 @shootandsay

強引に腕を掴まれ振り向かせられる。顎を捉えた手が、顔を背けることも許してくれない。紫に瞳に射抜かれて目を逸らすことも出来ない。悔しい。苦しい。たったそれだけのことで動けなくなる自分が腹立たしい。 「逃げるな」 あぁ。その声が、言葉が、俺を────。

2018-05-06 09:08:39
藤原美桜 @sovereignsorrow

美桜の孝凰への妄想語り用お題 1毒を贈る 2潤いたっぷりの果実を食む 3上半身ばかり触れる 4争奪戦大勝利 5寝惚けた相手にされたこと 6戦う理由 7力が無くなったら 8軍人だったら 9命の危機なのに相手を思い出す 10どれだけ好きか言葉以外で伝える shindanmaker.com/782973 8がやばい

2018-05-07 20:06:08
美桜 @shootandsay

@sovereignsorrow じわりじわりと。本人には気づかせないように。それでいて全身を蝕むように。 さりげなく手を貸す。機を見て声を掛ける。自室に呼んで手料理を振る舞って、対応に苦慮していたら助け舟を出して。 ゆっくりと、でも確実に。『依存』という名の毒が指の先まで回ってしまえばいい。

2018-05-08 00:47:15
美桜 @shootandsay

@sovereignsorrow 差し入れだという白桃は、皮を剥くのも一苦労なくらい柔らかく瑞々しかった。真ん中の種をくり抜き、食べやすいサイズに切り分けて差し出す。漂った甘い香りに綺麗な顔がぱっと輝いた。 薄く艶やかな唇が汁の滴る果肉を食む。てらりと果汁に濡れたそれを行儀悪く舌で舐めとる仕草が卑猥だ。

2018-05-08 00:51:49
美桜 @shootandsay

@sovereignsorrow 熱心に鍛えているというわけではないのに、孝明の体は綺麗だ。 踊ることが多かったからか、筋肉のバランスがいい。特に肩から胸元にかけてのラインにメリハリがあるから、どんな衣装を着ていても映える。 鎖骨から胸元へと指を這わせると「くすぐったい」と笑われた。それくらい、我慢すればいいのに。

2018-05-08 00:55:17
美桜 @shootandsay

@sovereignsorrow 「俺、凰香さんの隣がいい!」 「え~、俺も凰香の隣がいいな」 目の前で繰り広げられる直助と二葉のやり取りに知れず溜息が漏れる。移動車の席順なんてどこでもいいだろうに、どうにも二人は譲る気がないようだ。 「凰香おーか」 見かねた孝明に手招きされる。二人を尻目に俺は彼の隣に腰を下ろした。

2018-05-08 01:00:02
美桜 @shootandsay

@sovereignsorrow 共有ルームのソファで寝落ちるなんてだらけすぎにもほどがある。呆れより苛立ちが先に立って彼を起こそうと肩に手をかける。とその手が取られ、やけに真剣な表情が俺を見つめた。 「お前は、俺を置いていくなよ」 一瞬息が止まる。しかし答える前に孝明は俺を抱き寄せると再び夢の世界に落ちて行った。

2018-05-08 01:03:44
残りを読む(243)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?