西郷隆盛の生涯と西南戦争を少しまとめてみた

大河ドラマ「西郷どん」の主役でもある明治維新の立役者・西郷隆盛の生涯と西南戦争をまとめてみました。
20
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

1877年(明治10年)9月24日 西南戦争が終結。薩軍の盟主・西郷隆盛は別府晋介の介錯で自刃して果てます。享年50歳。共に戦ってきた篠原国幹 桐野利秋 村田新八らも戦死し、ここに西南戦争は明治政府の勝利に終わるのです。#西南戦争 #西郷隆盛 pic.twitter.com/aEbZkYHu1E

2017-09-24 09:39:16
拡大
拡大
拡大
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

1828年(文政10年)1月23日 西郷隆盛は、御勘定方小頭の西郷九郎隆盛(のち吉兵衛隆盛に改名、禄47石余)の第1子として鹿児島城下の下加治屋町(現・鹿児島市加治屋町)に生まれました。 西郷家の家格は御小姓与で、下から2番目の身分の下級藩士でした。 #西郷隆盛 #幕末 pic.twitter.com/tGPCAAPdyH

2017-09-24 10:15:17
拡大
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

薩摩藩(鹿児島城下)には、藩士の子弟を教育する「郷中(ごじゅう)」と呼ばれる教育システムがありました。 現在の青年団のようなもので、町内のおよそ4~500メートル四方の区画をひとつの「郷中」とし、そのグループの中で年長者が年少者の教育を行うのです。 pic.twitter.com/KdmAKmSceD

2017-09-27 20:11:06
拡大
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

鹿児島市内を流れる甲突川の対岸の高麗町で生まれ、下加治屋町に引っ越してきた大久保利通は、7歳で西郷と同じ郷中に入り、以後、西郷・大久保は共に手を携えて幕末・明治の時代を作っていきます。 pic.twitter.com/Hopwh6LchX

2017-09-27 20:55:18
拡大
拡大
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

1839年(天保10年)郷中仲間と月例のお宮参りに行った西郷は、他の郷中と友人が喧嘩しその仲裁に入った時、上組の郷中が抜いた刀が西郷の右腕内側の神経を切ってしまいます。 3日間高熱に浮かされた後、一命は取り留めますが刀が握れなくなった為、西郷は学問で身を立てようと志します。

2017-09-27 22:36:16
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

1851年(嘉永4年)西郷25歳の時に、薩摩藩の藩主が島津斉彬になった事が西郷の運命を大きく変えてゆきます。 当時はまだペリー来航前でしたが開明的な斉彬は日本の将来を深く憂い、西洋文明を取り入れて富国強兵を図り、幕政へも積極的に参画する方針をとったのです。 pic.twitter.com/iemb002EIz

2017-09-27 23:51:40
拡大
拡大
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

斉彬は同時に藩政を一新する為に若い才能の発掘にも力を入れました。そしてペリー来航後、藩への意見書を提出していた西郷を見いだしお庭番として使うようになったのです。 西郷は名君・島津斉彬から直接薫陶を受け、斉彬の手足となって藩外交に携わるようになっていきました。

2017-10-19 01:18:13
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

ところが、安政5年(1858年)に彦根藩主・井伊直弼が大老になると、井伊はかねてより懸案だった将軍継嗣問題に関して、次代将軍を徳川慶福(後の14代将軍家茂)と決めてしまいます。 また、これに反対する者たちへの弾圧(=安政の大獄)を始めます。 pic.twitter.com/PGkb95l9mE

2017-11-22 16:04:53
拡大
拡大
拡大
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

将軍に一橋慶喜(後の15代将軍徳川慶喜)を推していた斉彬は、井伊への抗議の為に藩兵を率いて上洛を決意しますが、その矢先、斉彬は急死してしまいます。 西郷にとって斉彬は神にも等しい主君でした。京都で斉彬の訃報に接した西郷は絶望し、殉死しようとします。 pic.twitter.com/dRx9wpSNCj

2018-01-18 21:38:26
拡大
拡大
拡大
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

しかし、知己で勤王の僧・ 月照から説得されて思い留まり、主君・斉彬の遺志を継いで国事に尽くす事を決意します。 ところが、その決意をしてからも「安政の大獄」はますます激しさを増していきます。

2018-01-26 00:45:48
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

月照は尊皇攘夷に傾倒して京都の公家と関係を持ち、徳川家定の将軍継嗣問題では一橋派に与した事で、時の大老・井伊直弼から危険人物と見なされ、追われる身となります。 1858年(安政5年)12月に月照は西郷と共に京都を脱出。 pic.twitter.com/2g8rPUAEQr

2018-01-26 00:45:49
拡大
拡大
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

2人は西郷の故郷・薩摩藩に逃れますが、藩では厄介者の月照の保護を拒否し、日向国(現:宮崎県)送りを命じます。 しかしこれは薩摩と日向の国境で月照を密かに斬り殺す事を意味していました。 「事ここに至ってはもはや生きる甲斐は無し」と、西郷は月照と共に鹿児島の錦江湾で入水自殺を図ります。 pic.twitter.com/7CNgVuYeKy

2018-01-26 00:45:50
拡大
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

月照はこれで亡くなりますが、西郷は奇跡的に一命を取り留めます。西郷は藩によって奄美大島に送られ、3年間の潜伏生活を送る事となりました。 鹿児島市南林寺町の南洲寺にはこの時、命を落とした月照のお墓が在ります。

2018-01-26 00:45:51
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

2017年3月に訪ねた月照のお墓です。 元々は鹿児島市郊外に西郷家墓地に在ったそうですが、1882年(明治15年)ここ南洲寺に移転してきたとの事。 pic.twitter.com/bIGkm80zwF

2018-01-30 21:11:30
拡大
拡大
拡大
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

1860年3月24日(安政7年3月3日)大老・井伊直弼が江戸城桜田門外で水戸浪士たちによって暗殺されると、幕府はそれまでの幕府主導型強硬路線から、朝廷の力を借りる公武合体へと大きく舵取りを変えます。 薩摩藩の事実上のトップ・島津久光は、こうした公武合体の主導権を握ろうと上洛を決意。 pic.twitter.com/EsX2WyS6h5

2018-01-30 21:11:31
拡大
拡大
拡大
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

この時、大久保利通らの進言で京都での周旋役として西郷が呼び戻されます。しかし鹿児島に召還された西郷は 久光に「人望のない『地ごろ(田舎者)』では、京都に行っても何も出来ないでしょう」などと批判し、久光を怒らせてしまいました。 pic.twitter.com/UqLio3XP3Y

2018-01-30 21:11:33
拡大
拡大
拡大
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

また西郷は久光上洛に際し、命令違反の単独行動をとって在京の過激派藩士たちと接触した為「西郷は攘夷の過激派を煽動している」という噂が流れてしまいます。 実際は西郷が過激派藩士たちの暴発を鎮めようとしていたようです。

2018-01-30 21:11:34
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

過激派藩士らは直後に伏見・寺田屋で上意討ちに遭い、粛清されました。 西郷の突出した行動に激怒した久光は、彼を捕縛し徳之島(のち沖永良部島)へ遠島処分にします。 西郷が流罪先で忍従の生活を送っている時に、鹿児島では薩英戦争が勃発します。 pic.twitter.com/fSQT6fyOyO

2018-01-30 21:11:34
拡大
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

久光は引き続き京都政局で薩摩藩の影響力を高めようとしますが、以前西郷が指摘した通り、久光の外交力では歯が立ちませんでした。 さらに薩摩藩は攘夷を標榜しながら裏では密貿易を行って利益を上げ、その為に日本国内の物価も上がっているという悪評もたち、政局運営がままならなくなってきます。

2018-02-01 21:52:57
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

こうした背景のもと、1864年(元治元年)3月に西郷は赦免され、実質的な薩摩藩のリーダーとして幕末の表舞台での活躍が始まります。 1864年(元治元年)8月20日 禁門の変が起こります。京都での勢力回復をはかる長州の軍兵が御所に向けて進攻したのに対して、薩軍司令官の西郷はこれを撃退。 pic.twitter.com/QVQL4IR00C

2018-02-01 21:52:57
拡大
拡大
拡大
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

幕府が長州懲罰の為に第一次長州征伐を起こすと、西郷は征長軍参謀に就任。しかし西郷は長州と軍事的に戦闘を起こすつもりはありませんでした。 禁門の変の責任者の切腹・長州が匿っている五卿の出藩・山口城の破却を条件に停戦・撤兵に決します。

2018-02-01 21:52:58
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

長州藩が西郷の出した条件を受け入れて一応の降伏をしたのは、禁門の変や対四カ国連合艦隊戦と惨敗続きの状況下で、藩政の主導権を親幕府の保守派に奪われた為でした。 しかし1865年(元治元年)1月 奇兵隊創始者の高杉晋作が下関でクーデターを起こします。 pic.twitter.com/JXKueHCmHl

2018-02-01 21:52:59
拡大
拡大
拡大
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

政権を保守派から奪回した後、長州藩は完全に倒幕を目指す事となります。 こうした長州藩の動きに対して、幕府は第二次長州征伐を決定しますが、西郷はもはや幕府の時代でなくなる事を見越し、幕府への協力を拒否。逆に長州との繋がりを模索するようになります。 pic.twitter.com/oR7Ux9Z52C

2018-02-02 22:51:13
拡大
拡大
拡大
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

1866年3 月7日(慶応2年1月21日)薩長軍事同盟の密約が結ばれます。 その半年前から土佐浪士の坂本龍馬や中岡慎太郎らの仲介により、長州が欲しがっていた軍艦や武器弾薬を薩摩名義での購入を認め、 また薩摩が必要とする兵糧を長州から購入するなど、両藩は関係改善に向けて動き出していました。

2018-02-02 22:51:15
◇もえ◇日本史と近代史◇歴女と呼ばないで @MoeK20060408

薩長同盟の会談は、京都の二本松藩邸で始まりました。 西郷隆盛と桂小五郎の薩長のトップ会談は、当初は互いに面子にこだわり同盟の話を切り出せずにいましたが、危うく破談になる寸前で坂本龍馬が西郷を説得し、ようやく西郷から同盟を申し込む事で、話がまとまったといわれます。※諸説あり pic.twitter.com/JcOokSG9Ss

2018-02-02 22:51:15
拡大
拡大
残りを読む(51)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?