背景移動

0
timekagura @timekagura

これが最初に撮影した1番目の写真。 視線方向に見えた被写体。赤紫の花弁群。 トウモロコシのような、花弁群塊(かたまり)を 正面に見ている。撮影者の俺。 背景右端に 大木が見える。 pic.twitter.com/EG19ZYygvv

2018-04-29 14:01:03
拡大
timekagura @timekagura

時計回りに移動し停止し、 被写体 赤紫花弁群トウモロコシ型を 写真フレーム枠「中央中心」に写(うつ)るように構図設定した 撮影2番目の写真がこれ。 pic.twitter.com/xKJlPj7eav

2018-04-29 14:45:44
拡大
timekagura @timekagura

背景に見える大木が、右から左に動いてる。 pic.twitter.com/BHNtW1YeTN

2018-04-29 14:19:21
拡大
zionadchat @zionadchat

赤紫花弁群は、写真フレーム枠 ほぼ中央中心。 中央とは、写真枠。額縁の左右の中央。 xy平面座標なら y軸が中央縦線。 中心は、視野の中心。 上下感覚も入っている指示言葉とする。 pic.twitter.com/dKMm0IJxzl

2018-04-29 14:23:18
拡大
timekagura @timekagura

説明なしに、この絵図も、ここで添付しとく。 後で解説する。位置関係を把握する補助絵図。 pic.twitter.com/cxYBjvETaZ

2018-04-29 14:49:29
拡大
timekagura @timekagura

赤紫花弁群と背景に見える大木は、 地面に対して動いていない。 撮影者の俺だけが、 俺が名前 知らない植物花弁を中心にして、 時計回りに 動いただけ。 あっ、時計回りというのは、 地面を宇宙から俯瞰しての右回り。 pic.twitter.com/AlpyEOwSxl

2018-04-28 18:40:54
拡大
timekagura @timekagura

ヒトの視野は 横に広い。 物理には関係ないけど、 ローレンツ変換の正体に、100年も気付かず、 特殊相対性理論を祭り上げて、 アインシュタイン氏の偉大な間違いによって 見えてくる新世界、真世界を、封印してきたのは、 ヒトの認知特性。 pic.twitter.com/Aq1oD20ezP

2018-05-01 03:51:58
拡大
timekagura @timekagura

だから、まずは 思い込みの検証を 徹底的にやる。 イメージを見るとき、己の身体を忘れる。 戦場カメラマンが勇敢になったわけじゃなく、 撮影に夢中になって、自分の身体を忘れるアレだ。

2018-05-01 03:55:45
timekagura @timekagura

理論物理学者がカメラアイの位置を 座標空間に書き込まなかった失態が、 どんなものであるか徹底的に、 まずは習得してもらおう。

2018-05-01 03:57:35

続き

まとめ 正面横切り幻想の始まり この続き https://togetter.com/li/1223110 927 pv 2

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?