黒瀬陽平×梅沢和木×藤城噓【ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校 第4期#2】「アートの現場を見る1──ツアー1」#新芸術校

アートの現場を見る1 – ゲンロンカフェ http://genron-cafe.jp/event/20180422/ ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校 – ゲンロンスクール http://school.genron.co.jp/gcls/
1
リンク ゲンロンカフェ アートの現場を見る1 – ゲンロンカフェ 株式会社ゲンロンが運営するイベントスペース
リンク ゲンロンスクール ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校 – ゲンロンスクール ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校 標準コース/上級コース開講中!2017年2月成果展開催 26 users 1194
藤城嘘 @xlie_

本日は新芸術校第4期最初のツアー。国立近代美術館のコレクション展を観ます。国立の日本近代美術の拠点であり、日本美術にとっての近代の区切りを考えるには重要な美術館の一つ。川合玉堂の作品からスタート。 #新芸術校 pic.twitter.com/ZwjvmpQaUG

2018-04-22 15:14:27
拡大
林修平 @shu_h_b

新芸術校のツアーを終えました。バスが18時なのでそれまでいくつか展示を回ります。

2018-04-22 15:29:57
藤城嘘 @xlie_

美術には、縄文から弥生へ、平安から鎌倉へ、明確に様式が変わるタイミングというものがあって、そのもっとも分かりやすいひとつは「近代化」=モダンへの変化と言える。重要なのは「モチーフが変わった」だけではなく、「時間や空間の認識や思想そのものが変化」したことだ、と黒瀬。 #新芸術校

2018-04-22 15:32:39
藤城嘘 @xlie_

今回出ている川合の作品は典型的な所謂「水墨画」の表現を用いながら、地面に立った一つの視点=カメラの視点で描かれていて、近代以前の日本の絵と比べればとてもおかしい。西洋には近代化に(仮にも)連続したストーリーがあったが、日本には必然性がないため強引に折衷しようとした。 #新芸術校

2018-04-22 15:36:19
藤城嘘 @xlie_

近代美術館おなじみ、原田直次郎の騎龍観音。キリスト教絵画を発端とした宗教画の文法で日本の歴史的事物を描こうとするが、マンガのようにしかならず、当時から不評。技法やメディウムは果たしてその土地から切り離して使うことが可能なのか、当時の西洋でも議論を巻き起こしていた。 #新芸術校 pic.twitter.com/VbxiGh50Cw

2018-04-22 15:40:18
拡大
藤城嘘 @xlie_

こちらも近美おなじみ、安井曾太郎《金蓉》。アヴァンギャルドがすでに輸入されてきている時代になると、前衛表現と画家それぞれの画風や思想に対立がおこり、その調和が目指された。別の目線で見れば、"植民地の女性"を好奇の眼で描いた危うい作品でもある。 #新芸術校 pic.twitter.com/tNAWW2XgT3

2018-04-22 15:47:53
拡大
藤城嘘 @xlie_

坂本繁二郎、須田国太郎。西洋絵画の様々な様式が出揃ったあとから洋画を学ぶと、本来の積み重なりがあるリニアな歴史が解体され、ランダムにアクセスすることで絵画が描かれる。日本近代絵画の特徴。 #新芸術校 pic.twitter.com/74hPIESjNF

2018-04-22 15:52:44
拡大
拡大
藤城嘘 @xlie_

大正から昭和初期にかけて、あとから振り返れば「戦間期」にあたる文化的にインターナショナルな時期。美術は文学運動と歩みを同じくし、共同体を作り、個人の苦悩や内面をいかに表現するかに苦心していました。その際、ロマン主義や印象主義が参照されました。 #新芸術校 pic.twitter.com/pj6x4QEqPr

2018-04-22 16:20:21
拡大
拡大
拡大
藤城嘘 @xlie_

第一次世界大戦は、ヨーロッパに大きな傷跡を残し、知識人や芸術家はアメリカなどへ亡命。ダダやシュルレアリスムという美術運動へ繋がっていきます。国内が戦場とならなかった日本ですが、一方で関東大震災を経験。関東大震災を受けた美術の研究でまとまったものは、未だあまりありません。 #新芸術校 pic.twitter.com/OPETs37SK1

2018-04-22 16:24:18
拡大
拡大
藤城嘘 @xlie_

写真の作品は十亀広太郎です #新芸術校

2018-04-22 16:25:56
藤城嘘 @xlie_

パウル・クレーと古賀春江。産業が機械化や重工業化を迎えた時代、西洋美術もだいたい相対化されました。しかし、拭い去れない"ズレ"もある。並べるとクレーの劣化コピーでしかない古賀の作品だが、そこにある"ズレ"を明確に言葉にしていくのが研究課題だ、と黒瀬。 #新芸術校 pic.twitter.com/m6NRkxtfcX

2018-04-22 16:40:14
拡大
藤城嘘 @xlie_

戦争画のフロア。第二次世界大戦中、軍部の指令で作られた作戦記録画は、戦中にも画材が支給され多くの人に見てもらえる機会があり、無数の画家が携わる。空中戦や異国の地など、抽象的な絵の実験の場にもなり、日本近代絵画の成果を発揮する機会だと正当化されていた。 #新芸術校 pic.twitter.com/S7rqt8MZNu

2018-04-22 16:44:51
拡大
藤城嘘 @xlie_

しかし戦後、状況は一変して「戦犯探し」となり、例えば藤田嗣治は自主的に国外へ逃れないと活動ができなくなる。そのような中、岡本太郎の下の世代である山下菊二等による、社会運動や社会事件を取材しそれをシュールレアリズム絵画としてアウトプットする「ルポルタージュ絵画」が登場。 #新芸術校 pic.twitter.com/RY6P2AI5ss

2018-04-22 16:49:39
拡大
藤城嘘 @xlie_

@syu_h_b おつかれさまです。。!

2018-04-22 17:35:36
藤城嘘 @xlie_

@oratnir アートブック的にまとまっているものは敷居が高いからゆっくり売れていくものと思っていましたが、失礼な考えでした^o^。。そうですね、もし機会があるようでしたらそのお知らせを楽しみにしています。。

2018-04-22 18:20:19
藤城嘘 @xlie_

今回の黒瀬さんの個人的なイチオシポイント。荒井寛方の《観音摩利耶》。日本とインドの美術交流先駆者の仏画家。 #新芸術校 pic.twitter.com/xhDWiQCQ60

2018-04-22 18:49:21
拡大
拡大
拡大
藤城嘘 @xlie_

下村観山の《木の間の秋》。過去様々な日本の美術様式で一本ずつ違う木が描かれて奥行きを作り出すという、大変知的な作品。明治期、岡倉天心の実践がいかに思想的奥行きを持っていたかを裏付けるような作品。 #新芸術校 pic.twitter.com/4YwzOo1Cpt

2018-04-22 18:54:15
拡大
藤城嘘 @xlie_

今回は展示替えが大胆で、7,80年代以降の作品は以前と違う感じが強かったし、李禹煥ルームができてましたね。。本日はこれにて。 #新芸術校 pic.twitter.com/lYsO77YBCg

2018-04-22 18:56:37
拡大
🌨️ @yukiito0

昨日は第一回目の授業。途中用事でぬけてしまったのですが近代からの美術史について分かりやすく近美の常設展をみながら解説してもらえました。あとで復習+聞けなかった箇所は自力で勉強しよう.... #新芸術校

2018-04-23 09:59:42
残りを読む(4)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?