編集部が厳選した「いま、みんなに見てほしいまとめ」をイチオシとして紹介しています!グサッと刺さる良質まとめはこちら!
30
ログインして広告を非表示にする
新井紀子/ Noriko Arai @noricoco
もうひとつあまり知られていないことだけど。 著者プロフィールは、実は著者が自分で書きます。例えば、「○○界の第一人者」「世界が注目する才能」というようなプロフィールは「自称」です。
新井紀子/ Noriko Arai @noricoco
一方、帯の文章やAmazonの宣伝文句は、出版社が書く場合がほとんどではないでしょうか。
安達裕章 @adachi_hiro
ツッコんだら負けのような気もするけど、こんなことあるわけないからな。この業界に20年以上いるけど、著者が自分で著者プロフィール書くなんてのは聞いたコトない。新井氏の界隈でそれが常識だとしたら、少なくともそっちのほうが少数派だと思ってくれい。 pic.twitter.com/vH1LufXJ7E
 拡大
安達裕章 @adachi_hiro
田中さんにせよ、横山さんにせよ、天野さんにせよ、著者プロフィールは編集者が書いてくる。で、著者なり秘書の私なりに「これでいいですか?」とチェックを求めてくる。これがふつうの流れだと思うよ。
遠藤遼 @endouryou
@adachi_hiro そんなことないですよ。編集さんが書く場合と著者が書いてる場合と両方あります。私は自分で書いてばかりです。
安達裕章 @adachi_hiro
@endouryou えー、そうなんですね!それはしらなかったです。自分で書くのって、けっこう難しくないですか?
遠藤遼 @endouryou
@adachi_hiro 難しいです。自分で第一人者やら、大家やらは書けるわけないですからw適当な近況報告的になります。だから私も、「期待の書き手である」とか書いてるプロフィールは、よく自分で書けるなあと思ってましたw書いてる人もいるかもしれませんがw
安達裕章 @adachi_hiro
@endouryou 心中、お察し申し上げます! でも、自分のことだから自分のほうがよく書ける、という人もいるでしょうしねえ。難しいなあ。
安達裕章 @adachi_hiro
訂正、訂正。 自分で書いてるという小説家の方がいらっしゃった! うーん、編集担当もしくは出版社によるのかなあ。
安達裕章 @adachi_hiro
いい機会だからアンケートとってみよう。 とりあえずは商業出版をしたことのある方を対象にお伺いしたいです。 ★著者プロフィールですが、おもに……
田中桂 お仕事・熱烈募集中 @TanakaKei
数少ない私の出版作では、著者プロフィール、全部、自分で書かせていただきました。 いやあ狭い世界で申し訳ないですー。 twitter.com/adachi_hiro/st…
日高トモキチ@『ダーウィンの覗き穴』ハヤカワnoteにて隔週連載中 @mokizo
@adachi_hiro どちらも経験あります。最近は自己申告がやや多いかもしれません。何やってるかいまいちわからない人間だからかもですが。Wikipedia丸写しされるよりはマシかなとも思います。
安達裕章 @adachi_hiro
@mokizo なるほど!たしかにwikiを丸写しされるのはがっかりですよね。田中さんも、SF作家クラブはずいぶん前に退会したのですが、いまだに「SF作家クラブ会員」とか書かれますから。
安達裕章 @adachi_hiro
著者プロフィールで思い出した。横山信義さんがデビューしたとき、徳間書店の担当編集さんが「期待の大型新人!」と帯に書いてくれたのね。で、それを見た笹本祐一氏が「俺はこんな風に書かれたことないぞ」と私と共通の友人に愚痴ったら、彼は「あなたは中型で勢力が強いんだ」と答えてた。台風か!
竹田裕一郎 @yuichiro_takeda
@adachi_hiro 個人的に見聞きした範囲ですが、ルールがあるというより……著者がさっさと書いたらそれが使われるし、書かずにいると編集さんがやってくれるという印象です。自分は書いてしまいますが、代表作の選定を自分でやりたい程度の気分です。
安達裕章 @adachi_hiro
@yuichiro_takeda なるほど!そういうこともあるかも知れませんね!
エイハブ@Gレコの片隅に @ahabu
ITの専門書を複数の出版社から出させて頂いてますが、毎回プロフィール自前です。専門書だから? twitter.com/adachi_hiro/st…
安達裕章 @adachi_hiro
@ahabu 専門書の場合は事情がいささか異なるかも知れませんね。編集者のほうによほど知識がないと、紹介文を書くのも難しいでしょうし。
エイハブ@Gレコの片隅に @ahabu
@adachi_hiro なるほど、20年以上ずっとそういう慣習でやってきたので、てっきり自前だと思ってました。出版業界と一括りには出来ないですね。
安達裕章 @adachi_hiro
@ahabu そうなんですよ。私も悪かったのですが、文芸業界しか頭になかったので、つい攻撃的な書き方をしてしまいました。
高井うしお@金の星亭二巻発売中 @usiotakai
自分で書いてます。 しかも1巻の著者紹介誤字ってる(∀\*))キャハ♪"
ジョー猫 @korenkan
ぼくが編集した本の著者プロフィールは、だいたいぼくが書いています(つまり著者本人は書いてない)。
変脳コイル猫 @ROCKY_Eto
@adachi_hiro 200字以内でとか指定されて、著書に自分の略歴や代表作を書いたことが何回もあります。みんなそうなのかと思っていました。
安達裕章 @adachi_hiro
@ROCKY_Eto なるほど。どうも小説とそのほかの場合で「著者プロフィール」の扱いというか、考え方が違うみたいですね。
安達裕章 @adachi_hiro
ちなみに私が対象に考えてた「著者プロフィール」ってのは、こんな感じのもの。これは田中さんの親友、故連城三紀彦さんの「戻り川心中」のカバー袖にあるもの。 pic.twitter.com/vlVdGPFUkg
 拡大
残りを読む(42)

コメント

nakatsu_s @nakatsu_s 2018-05-06 19:37:41
著者プロフィール、私の経験だと、基本的に編集者が書いて作家にチェックしてもらうが大半ですが、たまに作家ご本人が書きたい(あるいは公式プロフィールがある)という方もいらして、その方にはお任せという感じでしょうか。一般文芸とライトノベルでも、私の周辺では作家の要望があるとき以外は編集者が書くイメージ。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith 2018-05-06 19:46:06
自分の知り合いだと、漫画家はたいてい自分で書いている。そのかわり近況報告みたいなナゾの文章になることが多い。自分に関していうと、雑誌掲載される文ではプロフィールを書いたことはない。もちろん近況報告は除く。
しの @_sieraden_ 2018-05-06 19:56:41
著者プロフィールもあとがきも廃止してほしい。つらい。
(あ) @MutsuniNaruBeam 2018-05-06 20:51:31
ヒラコーの著者プロフィール「趣味:ちんこいじり」を、編集者が毎度どういう気持ちでスルーしてるのかいつも気になる
白墨 @kayakari_ 2018-05-06 22:29:39
作家ごとに違う、というのは大前提で、ジャンルによって傾向があるような。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2018-05-06 22:54:58
僕の本の場合はほぼすべて編集者がプロフィール書いてますね。間違いがあったらゲラの段階で訂正を入れる程度。例外は『SFマガジン』と『映画秘宝』の著者近況ページで、あそこだけは著者が自分で書くことになってます。
しの @_sieraden_ 2018-05-06 23:09:44
yukichi 自分で書く人、書かない人もいて、人それぞれ。そして編集者は売るために作家を持ち上げるように書く。それを自分が書いたと思われるとつらい。
田中 @suckminesuck 2018-05-06 23:51:26
_sieraden_ 自分で書いて出せばええやんけ
liatris @liatris_blog 2018-05-06 23:53:25
毎回思うけど、やっぱ視野狭すぎる話する作家が結構出てくるな。 同じ業界内ですら認識一致してないんやな~。 雑誌ごとのルールとか下手したら自分の担当編集者が言ってるだけのことをさも業界内では当然のルールのように語る人が後を絶たない。
アドマイボー @admaiboh 2018-05-07 00:46:03
yukichi その人と同じ理由かはわからないけど、自分もつらいタイプ。何を書いていいのかわからなくなって、すごく時間がかかります。フィクションは書けても、自分の事が全く書けない。他人の後書きなどを読むのは好きなので、勝手な言い分だとは思うのですが。
九十九 @hakqq 2018-05-07 01:39:19
N=1の話は危険ということか。山本夏彦が恩に着て、生涯略歴の第一作に「年を経た鰐の話」(しかも消えた版元に遠慮し再版させなかった)を欠かしていなかったことを思い出す
mori @kmori299 2018-05-07 01:49:14
一番発端の新井紀子氏は研究者ですから、文芸分野の話とはまた違うと思うんですよね。最初のツイートの安達さんが途中で訂正入れてますけど。一般人向けだけど図書館だと900番台に所属しない書籍はどうなのか、知りたいです。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2018-05-07 06:06:06
業界に二十年以上いても自分で書いてる例に遭遇しない…というのは面白いなあ。色々と推論できるけど、古い時代は編集が書いてて、ここ十年、二十年以内で自分で書くところが増えた、昔からいる作家先生にはそういうことはやってもらわない…とかあんのかもね。
変脳コイル猫 @ROCKY_Eto 2018-05-07 08:45:52
>著者がさっさと書いたらそれが使われるし、書かずにいると編集さんがやってくれるという印象です いやでいやで仕方がないけど、編集さんは書いてくれないし、ほったらかしておくと早く書け書けと催促して来るし、絞り出すように脂汗掻きながら自己紹介を書いています。いろんな出版社、いろんな編集さんがいるもんですねえ。
変脳コイル猫 @ROCKY_Eto 2018-05-07 08:48:34
「書きたくて書いてんじゃねえぞ!」とは強調しておきたい。
臨床思想士ぼろんじ @itinerantjudge 2018-05-07 17:28:16
需要があれば手書き原稿だって引き受けて本にできるし、名義貸しのゴーストライター(編集協力)だって可能なので、互いにどこまでおもてなしできるかって話なんでしょうね。
endersgame @endersgame3 2018-05-07 17:38:31
当然ながらプロフ分のギャラを出すわけではないから、素案作って直すか全文書くかしてもらうなあ。まあ著者となれば細かくギャラ計算しないことのほうが多いけども。 自分で書くのが当たり前になってる分野は著者がプロフにうるさい人が多いとかかなぁ。
Daregada @daichi14657 2018-05-07 18:24:17
学術論文の著者紹介(どこに所属していて、略歴はこうで、どの学会員で〜みたいなやつ)は自分で書くよね
臨床思想士ぼろんじ @itinerantjudge 2018-05-07 18:34:23
著者プロフィールを外からの印象や評価と捉えるか、名刺や宣伝のスペースと考えるかなんですが、おちゃらけた内容にするのは真面目な著者プロフィールを典型にしたパロディだろうし。
ワス @wsplus 2018-05-07 21:34:52
出版社や編集部の考え方でいろいろ違いがあると思う。
テレジアさん(Theresia) @Theresia 2018-05-08 01:18:02
家族が専門書の翻訳をしたときは自分でプロフィール書いてた。学術系は自分で書くんじゃないかな?
寿命 @hisa_ino 2018-05-08 11:23:25
「こんなことあるわけないからな。」「聞いたコトない。」とかすっげえ偉そうに非難してるくせに「そんなこと」がいくらでもあると判明しても特に悪びれもず「ああそうなんですね!」ってシレーっと。何なのこの人。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする