2018年5月6日

『クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~』が無茶苦茶変な映画だった件。

このまとめGW前に作っておくべきだったなと反省
16
あでのい @adenoi_today

映画クレヨンしんちゃんカンフーボーイズ油断してたら後半またぞろ怒涛の展開になって驚かされてしまった。相変わらずクレしん映画はイロイロと凝ったテーマを捩じ込んできおる。オチは若干引っかかったが。

2018-04-21 18:37:40
あでのい @adenoi_today

クレしん映画、割と頻繁に結構複雑なというか、厄介そうなコンセプトを捩じ込んでくるのが好例で、それがバシッと上手くハマったり逆にエンタメとしては破綻気味になってたりするんだが、今年はどちらかというと若干破綻気味な方だった。

2018-04-21 18:40:54
あでのい @adenoi_today

こういう振れ幅の面白さがクレヨンしんちゃんの映画を毎年必ず見る理由なのである。

2018-04-21 18:43:20
鈴木ピク @pumpkin_crack

『クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』初期クレしんが映画として神がかっているのは映画的なグルーヴ感を重視しているからで、逆にここ数年のしんちゃんは脚本単位でしっかりテーマを詰めていこうという意思が大きく、奇妙且つ他にはない「物語」が見られる事が多い その極み

2018-04-22 21:45:54
鈴木ピク @pumpkin_crack

敗北・特訓・そしてぷにぷに拳の奥義獲得、という謂わばカンフー映画の王道パターンをクレしん的なダジャレと下ネタ、変なダンス(最後のあの選曲は正直滑ってると思う。それこそ香港映画『ミラクル8』の大胆なSunny使いくらいの事はしてほしい)で彩る所までは予測出来るけれど、その先が意表を突く

2018-04-22 21:48:56
鈴木ピク @pumpkin_crack

本郷みつる監督が『雲黒斎の野望』の構成を反省してるとかいう情報を目にしたけれど、いや『雲黒斎』のサプライズは映画史に残るレベルのダブルプロットだったしあれで大正解だと思う 一方本作の場合、「え、そういう話になるの?」という部分を抽象的なテーマに頼ってて、正直置いて行かれてしまう

2018-04-22 21:52:15
鈴木ピク @pumpkin_crack

自分でさえポカーンだったから、子供たちはどうかといえば、場内明るくなって「怖かった」という声があちこちから上がっていたのは問題じゃないかと ヘンダーランドやアミーゴみたいにホラー描写がある訳でもないのに、要はキャラのシリアスなテンションに「引いて」しまったんじゃないか

2018-04-22 21:55:18
鈴木ピク @pumpkin_crack

マサオくんに注目しがちな伏線張っといてズラす感じ、うえのきみこ先生は「クレしんだからこう」なんて定石に甘えず、この変な町の変な奥義の変な特訓の物語を真剣に突き詰めるという虚無から逃げていなくて流石なのだけれど、うーん でもこれ演出如何でもっと面白くなれたような気もするし

2018-04-22 21:59:53
鈴木ピク @pumpkin_crack

最近の脚本主導型の有り様は応援したいけれど、やっぱり高橋渉・橋本昌和編成のままでいくと、クレしんはまだ黄金期に匹敵するブレイクスルーは生み出せないのかもと最近の好調の限界が少し見えてしまった気がする ガルパン最終章見ちゃった後だと余計に演出の「欲」が足りない気がしてしまって

2018-04-22 22:01:59
鈴木ピク @pumpkin_crack

「受け身でとにかく面白い黄金の12年間」を経て「明らかにテンション落ちててつまらない期間」も経ての、「見たことなくて受け止めるのに前のめりになる必要がある実験的な野心作」が続くこの数年間 クレしん映画史あまりにドラマチックだ とにかく今年イチ奇怪な映画でしたカンフーボーイズ

2018-04-22 22:05:02
あでのい @adenoi_today

クレヨンしんちゃんカンフーボーイズ、まだちょっと処理するのに難しさを感じている。

2018-04-23 12:10:10
あでのい @adenoi_today

クレヨンしんちゃんカンフーボーイズ、最後の方完全にエンジェルハイロゥだったからな。

2018-04-23 12:10:52
あでのい @adenoi_today

悪しき心を浄化されて無垢な赤子のようになったみさえとひろしの横で、しんのすけがひまの為に粉ミルク作るシーンとか普通にこええんだよ。

2018-04-23 12:12:21
あでのい @adenoi_today

まあでも単純に脚本的にも演出的にもあんまり詰めれて無かったくさいオーラは感じた。同じ話運びでももうちょっとスムーズに作劇できたはずのように思う。

2018-04-23 12:14:06
ケント-SUN @kentosan27

映画クレヨンしんちゃん爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~も見たんですけどまさかムカデ人間理念により世界が平和になる作品だとは思わなかったですね。他者と繋がり思いやりを持つことで世界は平和になる…

2018-04-24 19:44:47
ケント-SUN @kentosan27

導入は古典的なカンフー映画でそこから理念の対立になって、そこはすっごく好きなんですけどそれの落着のさせ方がなんかすごいドラッグムービー的でなんだかすごかったです。すごい…>映画クレヨンしんちゃん カンフーボーイズ

2018-04-24 19:49:07
赤木真紅朗 @shin_akagi

@kentosan27 あのクライマックス、どこまでマジでやっててどこまで「それ込みのギャグ」なのかまったく判断がつかなくて狂気スレスレでヤバかった……あのシーンは1分ちょっとしかないと思うんですけど今まで観ていた映画の全部が吹っ飛んでしまった

2018-04-24 19:45:57
ケント-SUN @kentosan27

@shin_akagi 僕はケツだけ星人対決あたりの画のバカバカしさがすごく好きで、そこからマサオくんの存在を回収して再起させてくる流れが良かったので見てる間はわりと「なんだこれ」と思いながらも受け止められたのですが見終えた後に思い返してみると「なんだこれ」がどんどん大きくなってきました。

2018-04-24 20:14:14
赤木真紅朗 @shin_akagi

@kentosan27 9個やって完了って言っておいて最後にアレ持ってくるのは馬鹿らしくてよかったですね。 いちばん成長が遅かったマサオが一番大切なことを学んでたのも大事な事だ… 最後に「話つながってるんやろか……」ってなるけど……

2018-04-24 20:16:49
ケント-SUN @kentosan27

そう、ぷにぷに拳の力を最初に学んだぷにぷに拳の心で乗り越えていく構図とかすごくロジカルに組まれていると思うのですがとにかくクライマックスの絵面が「俺はノードラッグだぞ!?」となるもので、すごいんです。>映画クレヨンしんちゃん カンフーボーイズ

2018-04-24 20:19:28
METHIE @METHIE34

@kentosan27 しかもあの曲は序盤に伏線として描かれていて、ランちゃんがおかしくなるのもそれなりにわかるので終始笑いが起きていたのに、あそこにたどり着くとみんな笑わないという。

2018-04-24 20:26:19
ケント-SUN @kentosan27

@METHIE34 一番弟子であるランちゃんが選ばれないの、同じく選ばれなかったものであるマサオと同じ地平に立たされながらも彼と違ってそこからぷにぷに拳の理念を学び直せなかった対比になっているんですよね。

2018-04-24 20:39:51
あでのい @adenoi_today

クレヨンしんちゃんの映画、とにかく本郷→原→水島でリレーした初期12年間はどれ見ても全く外れが無いというとんでもないクオリティなんだが、この12年間が興収はとにかく苦戦続きだったというのが何とも。

2018-04-25 11:21:03
あでのい @adenoi_today

いや本当に不思議な映画だったロジカルは分かるし凄い面白いテーマ扱ってるんだが。

2018-04-25 11:36:08
あでのい @adenoi_today

ドラえもんがどんどん真っ当にビルドゥングスロマンなエンタメ映画として熟成されていってるのとは対照的なんだよなクレヨンしんちゃん。

2018-04-25 11:39:56
残りを読む(13)

コメント

赤木真紅朗 @shin_akagi 2018年5月7日
序盤で「どこまでやる気なんだ?」中盤で「そこまで踏み込むんだ!」って驚くんだけど、終盤は「そういう話だっけ!?」となる
0