10周年のSPコンテンツ!

振り返る日本のメイドイメージ 2000年まで

1990年代のメイドブームを、多様な作品やファミレス・カフェの文脈、そして「家政婦」作品を軸に考察した『日本のメイドカルチャー史』に基づき、 #メイドの日 を記念して、つぶやきました。 ※18/05/11 「戦うメイド(家政婦)」イメージを追加。 ※19/05/09 ご指摘いただいた「土曜日のタマネギ」と、ディズニーランドのメイド、めるへんめーかー氏のメイド作品を追加。
歴史 平成時代 家政婦 メイド
147
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
日が変わったぐらいから、 #メイドの日 を記念して、#振り返る日本のメイドイメージ タグにて、日本のメイドイメージを振り返る連続ポストをしていきます。ただ、時間的に、2000年までが限界にて。
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
#メイドの日 が作られるぐらい広まった「メイド」。20年以上のブームを研究してきた立場として『日本のメイドカルチャー史』紹介作品をベースに「1990年代に至るまでのメイドイメージ」を年表にまとめました。 少し長めの解説をしつつ、徒然と。 #振り返る日本のメイドイメージ pic.twitter.com/79vDn8fQbM
拡大
拡大
拡大
拡大
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
「脇役」としてのメイドは作品で珍しい存在ではありませんでした。お金持ちのキャラクターがいれば、仕える存在として家事使用人が常に描かれていたからです。名前があったり、名前がなかったりと、ほとんどの場合、物語の主人公ではありませんでした。 #振り返る日本のメイドイメージ #メイドの日
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
昔書いたテキストも参考に。 [特集]第1期メイドブーム「日本のメイドさん」確立へ(1990年代) spqr.sakura.ne.jp/wp/archives/985 出版時に相当改訂しているので非公開にしたいところですが、今はまだこのままで。 #振り返る日本のメイドイメージ #メイドの日
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
「日本のメイドさん主役化」は1993年を転換点としており、『黒猫館』のメディア展開、小説続編、アダルトゲームでのヒロイン化などでメイドのメインキャラクター化が進み、雑誌などでも特集が組まれていくことが観測されています。 #振り返る日本のメイドイメージ #メイドの日
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
1993年は『ああっ女神さまっ』8巻で「洋館・幽霊・メイド」を描いています。同年永野護氏も『CHRACTERS 6 / BASIC ART OF THE FIVE STAR STORIES / TWIN TOWER』でメイドの解説をし、私はここで「午後服」を初めて知りました。 画像は8巻巻頭から。 #振り返る日本のメイドイメージ #メイドの日 pic.twitter.com/HhWQkfATht
拡大
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
同時期、「職業性に基づくメイド」の文脈は「かわいい制服・コスプレ化」と重なっていきます。 [特集]第2期メイドブーム~制服ブームから派生したメイド服リアル化・「コスプレ」喫茶成立まで(1990年代) spqr.sakura.ne.jp/wp/archives/11… 参照。 #振り返る日本のメイドイメージ #メイドの日
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
「三次元のメイド」と「二次元のメイド服」は相互に影響しあい、作品のコスプレが行われたり、レストラン制服が作品になったりと関連していくのが日本のブームの特徴です。後に「メイド喫茶が舞台の漫画」が出るのもこの自由さを象徴しています。 #振り返る日本のメイドイメージ #メイドの日
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
「かわいい制服の飲食店」は珍しいものではなく、たとえば鹿島茂氏『モモレンジャー@秋葉原』(2005年)は「1867年パリ万国博覧会」周囲で「民族衣装を着たエプロン姿の若い娘が給仕するブラスリ(飲食店)」をメイド喫茶との関連で考察しました。 #振り返る日本のメイドイメージ #メイドの日
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
「万博」はメイドイメージに関連しました。英国でメイド服店員の事業を広めた「ジョー・ライオンズ商会」もイベント会場での飲食業に従事し、日本の「カフェー・ライオン」(1911年)は、この商会をモデルとしたといわれています。 ginzalion.jp/company/histor… #振り返る日本のメイドイメージ #メイドの日
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
Lyonsの制服画像を。左が1920年代の少し古いメイド服、右が有名な新しいメイド服。 #振り返る日本のメイドイメージ #メイドの日 pic.twitter.com/pnKsdGYdGw
拡大
拡大
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
万博繋がりは、まだあります。考現学の祖で「当時のカフェ女給の制服」を描いた今和次郎氏は、1970年に「大阪万博の協会及び日本政府館の歴代ユニフォーム」を事業に含める日本ユニフォームセンター nuc.or.jp/result/ の初代会長でした。 #振り返る日本のメイドイメージ #メイドの日
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
考現学の観点で職業服の考察を行った『アンナミラーズで制服を』を森伸之氏が刊行したが1994年(画像は文庫版176-177、再販希望)。ファミレス普及契機は大阪万博と言われ、「制服は万博へ回帰する」というのは @calcite_caco3 さんの考察にて。 #振り返る日本のメイドイメージ #メイドの日 pic.twitter.com/UIEIrLMNqK
拡大
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
余談ですが『出版指標年報 1994年版』によれば1993年に英国関連書の出版ブームでした。盛んに紅茶CMが流れた年とも。 同年に英国執事スティーブンスが主役の映画『日の名残り』が製作され、1994年に日本公開となりました。至高の作品です。 #振り返る日本のメイドイメージ #メイドの日
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
こうした1990年代前半から半ばを経て、大きな変化が生じていくのが、1996年『殻の中の小鳥』(ヒロイン全員がメイド)と、1997年『Piaキャロットへようこそ!!2』(ファミレスが舞台の作品でメイド服を人気登場で取り入れる)の登場です。 #振り返る日本のメイドイメージ #メイドの日
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
いずれの作品も人気があり、前者は単独の同人誌即売会やコミケなどで、複数名のあわせによるメイドコスプレをリード。後者も発売パッケージにメイド制服のコスプレ衣装の通販チラシが封入され、コスプレイベントでも観測されるものでした。 #振り返る日本のメイドイメージ #メイドの日 pic.twitter.com/GFjBA36ZSg
拡大
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
そして1998年、東京キャラクターショー1998に「Piaキャロットブース」が飲食提供を行い、1999年に「Piaキャロレストラン」が誕生します。 詳細は"秋葉原におけるメイド喫茶・コスプレ喫茶の歴史”をどうぞ。  sotokanda.net/his_cafe.html #振り返る日本のメイドイメージ #メイドの日
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
この1990年代後半がブームの転換点として大きな意味を持つのは、同時多発的に様々な事象が生じているからです。コスプレで言えば、1999年に制服系「コスチュームカフェ」が始まり、メイド人気を受けて2000年に番外編「帝國メイド倶楽部」が独立します。 #振り返る日本のメイドイメージ #メイドの日
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
同人で観測された「メイドブーム」についてや、ここに書いていあることは全部『日本のメイドカルチャー史』に書いてあるので、詳細は省きますが、まだまだ1990年代後半は出来事が続きます。 #振り返る日本のメイドイメージ #メイドの日
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
なお、ファミレスのイメージを取り入れた『V.G. ヴァリアブル・ジオ』も1993年の作品で、アンナミラーズ風の制服や、登場キャラクターの楠真奈美の制服が、ほぼメイド服でした。私が雑誌記事調査で最初に見たメイド服コスプレは、このキャラでした。 #振り返る日本のメイドイメージ #メイドの日
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
次の転換点は1997年です。『Piaキャロ2』に続き、『To Heart』でメイドロボのマルチが、『デスクトップのメイドさん』でアイコンとしてのメイドさん化が進みました。1998年『With You 〜みつめていたい〜』で自宅喫茶店で妹がメイド服店員に。 #振り返る日本のメイドイメージ #メイドの日
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
1997年、ゲーム『プリンセスメーカー ゆめみる妖精』でも、主人公のバイトに「メイド」が加わり、かつ「メイド」エンディングが追加されました。『ゆけゆけ!!トラブルメーカーズ』では、メイドロボが主人公になりました。 #振り返る日本のメイドイメージ #メイドの日 pic.twitter.com/uKOJ09i5M0
拡大
拡大
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
『PuchiCarat』、『スーパーリアル麻雀P7』もメイドキャラがいました。前年1996年には『エターナルメロディ』と『わくわく7』(メイドロボ)がありつつ、『サクラ大戦』のアイキャッチでメイド服がでてきています。 #振り返る日本のメイドイメージ #メイドの日 pic.twitter.com/UWceUTnWFO
拡大
拡大
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
家庭用ゲーム機では、1998年『デビルサマナー ソウルハッカーズ』、『慟哭 そして…』でもメイドが見られています。 #振り返る日本のメイドイメージ #メイドの日
久我真樹@執事本発売中 @kuga_spqr
1997年はメイドがテレビでも目立ちました。三谷幸喜氏脚本『総理と呼ばないで』では官邸にメイドが働いていました。同年『理想の結婚』でもヒロインがアンナミラーズでバイトをしていました。他に『三菱鉛筆uni ballシグノ』のCMにもメイドがいました。 #振り返る日本のメイドイメージ #メイドの日 pic.twitter.com/TykvsIfCb8
拡大
残りを読む(60)

コメント

(あ) @MutsuniNaruBeam 2018年5月10日
メイド服を着てないとメイドと認識されない不思議。和風な使用人や奉公人もいいもんですぜ?
@taiheyou 2018年5月10日
南ピル子が歌う『メイドさん○○シリーズ』と、MMMこと『もっともっとメイドさん』は入っていないのか
永遠の初見さん @Eternal_NewMan 2018年5月10日
MutsuniNaruBeam それじゃあメイドじゃなくて女中とか下女になっちゃう
@taiheyou 2018年5月10日
よくみたら2000年までか。失礼失礼
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2018年5月10日
『電車男』が流行った頃(2004年以降か)、作中で話題になった「ベノアの紅茶」を飲みに高島屋に行ったらロングスカートのメイド服を着た中年女性が給仕してくれてメイドってこんな感じなのかなと思いました。
脱臼 @pratula_twi 2018年5月10日
琥珀さんやんけ!
ちら男 @vegykebexok 2018年5月10日
個人的に最初にメイド服を可愛いものだと認識したのは、「はいからさんが通る」のアニメ
山本進(Susumu Yamamoto) @vasrung09289 2018年5月10日
メイドのイメージをぶっ壊してくれたのは、コガラシ=サンくらいだなぁ……他は◯◯系のメイドにしか見えん。(言い過ぎか……💦)
木犀劇場 @former_TY 2018年5月10日
武内崇のメイドを見て月姫のリメイクって今どうなってんだろうと思った
羽毛ふわりん @umofuwafuwa 2018年5月10日
メイドじゃないけどメイド服を着てる系統については、頭にメイドカチューシャを付けていない場合エプロンドレス(不思議の国のアリスみたいの)との区別はどうつけたらいいんだろう。でじこはオタク文脈での生まれだからメイド服だろうとは思うけど
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2018年5月10日
メガネドジのイメージになったのは平野耕太センセイ辺りからか?(その前はメカっぽいイメージ)
アル @aruhate 2018年5月10日
旦那様に叱られて晩御飯抜きにされた坊ちゃんにこっそりパンとスープ持って行く黒人メイドみたいなイメージ有るんだけど
雨男 @ameot0k0 2018年5月10日
昔の漫画の金持ちキャラの家はたいていメイドがいる描写だったと思う。ちびまる子ちゃんの花輪くん家とか
文月ケイ ཾཫཾ 💚💙新たな装い @jc2sj5geh4 2018年5月10日
パニエ盛り盛りミニスカートとかの、それで仕事できるんかい的なのはメイドじゃなくてメイド「風」と呼びたい面倒臭いこだわりを持っています(自分語り)。
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2018年5月10日
柴田昌弘が合同誌でメイド専門の18禁本「RED EYE」を出してたのはいつごろだったかな。シリーズがけっこう続いてた記憶がある。
kn @darks508 2018年5月10日
らんまのあかねや父たちがメイドになった回って、大食貴族にらんま(女)が見初められて屋敷で優雅な大食訓練をしなきゃいけなくなった回だよね。グルメ・デ・フォアグラの回。大きな帽子がかわいかったな
kn @darks508 2018年5月10日
あゆみゆい先生のチム・チム・チェリーが挙がってる。そうかメイドだね https://www.mangaz.com/book/detail/45991 作中では「乳母(ナニー)」で一貫されていて、メイドだと思って読んでなかったな
Destroyer Rock @hondapoint 2018年5月10日
former_TY 弓塚さつき「そうだ!そうだ!早くしろ!」
ふじこ @hujikodesu 2018年5月10日
翡翠と琥珀懐かしすぎ。月箱売らないでおけばよかったな…
トリニガス @torini311 2018年5月10日
日本においては大正の女給・女中萌え/モチーフ/要素が文学や漫画で生き続け、エロゲの隆盛で急速に「メイド市場」の規模拡大が起きたってトコじゃなかろうか。切欠的な作品が優れてなかったとは勿論言わんが「新しい媒体の急速な普及」と「規模拡大とブームを同一視した層が乗っかった結果〝ブーム〟として加速した」部分は無視できないと思う。海外でも小説分野で恋愛モノや推理モノが多く存在したってのも「途中絶滅しなかった」のを後押しした要因か。
いとけい @itokei_ 2018年5月10日
メイド風の服装の、というのはもっと前から漫画等であったけれど、あれはメイドではなくアリス(不思議の国の)と……あとは赤毛のアンの影響が大きいのかな
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2018年5月10日
その後「サライ」を描かれたんでしたっけ?(柴田昌弘先生、カムバックプリーズ……) RT _Nekojarashi_:柴田昌弘が合同誌でメイド専門の18禁本「RED EYE」を出してたのはいつごろだったかな。シリーズがけっこう続いてた記憶がある。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2018年5月10日
萌えオタ的には、やっぱり「Piaキャロ」ないしそのモデルになったアンミラ制服が最初のメイドイメージになるのかなあ。ただ「メイド」って存在をハッキリ意識したのは漫画の「エマ(2002年~)」だったと思う。結構最近で、「Piaキャロ」から考えるおtかなり遅め。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2018年5月11日
『椿町ロンリープラネット』のふみは絶対メイドの血が入ってる。住み込み家政婦ではなくメイド。だからこそ普段からセーラー服にエプロンで家事やってる。着替えればいいのにね。
amamori @rainywoods2001 2018年5月11日
戦う戦闘メイドの起源は『鋼鉄天使くるみ』『サライ』『まぶらほ』あたりということでいいんでしょうか。
hararitto @sseg14 2018年5月11日
斉藤由貴が「土曜日のタマネギ」をメイドさんコスチュームで歌ったことがありますね(動画がどこかにあったはず) 時期は80年代中頃なのに完成度がかなり高い。だから、もっと以前にメイドさんイメージは出来上がってるということかも。