10周年のSPコンテンツ!
23
佐川・抜け首・なん @nankuru28
多分母親の愛情信仰の方とは、相性が悪いと思うけど、受容一辺倒ってちょっと危険だと思ってる。気持ちは理解するがその行動は許せんとか、応えてやりたいとは思うが人間の能力の限界超えてますとか、絶対あるもんね。ママのばかー!ママのせいだ!はどっかで折っておいた方がいいと思う。
佐川・抜け首・なん @nankuru28
発達段階とか経緯とか色々あるから、一概には言えないのだけど、ある段階以上になったら、物理法則とか人間の限界とか、知る必要があるから。これねぇ、他の人間にはしないけど、母親にだけはやるってな場合もあって、生け贄主義の母の愛情論者がいて怖いと思うんだけどなぁ。
佐川・抜け首・なん @nankuru28
「ママはサンドバッグにしていいものじゃない」は、くっきりはっきり教えておかないと、サンドバッグが必要な大人になる可能性が高くなって危険だと思うんだよね。愛着形成の話と、ここの話、割と混ぜられがちで、母親生け贄主義のアドバイスには時々怒りを感じるんだよね。
佐川・抜け首・なん @nankuru28
これ実行する時は、かなーり「鬼母」なイメージになるので、そこに耐えられない方も多いかもしれないのだけどさ。母親がサンドバッグになってあげるのは、人間をそのように扱っていいって教えちゃうこと、だからね。鬼母になる親切ってあると思うよ。
ばじる@おーるうぇいず崖っぷち @Basil1127
母への無理難題や暴力を「お母さんに甘えてるのよ〜」論者は専門職にもしばしばいて、じゃあ何かいハハオヤは"母の無限の愛"とやらで顔がボコボコになるまで殴られても骨折するほど蹴られても受け入れろってことかい、と苦々しく思う。 twitter.com/nankuru28/stat…
ばじる@おーるうぇいず崖っぷち @Basil1127
自分が失敗したこと、不可抗力でうまくいかなかったこと、思い通りにことが運ばなかったことである種のパニックになってその怒りが母に向かいやすいという点ではそれは確かに幼児的な甘えではあるのだけど、それを際限なく受け入れねばならない何故なら母だから!というのは絶対いけない。
ばじる@おーるうぇいず崖っぷち @Basil1127
母は意思も人格もあるひとりの人間であってあなたのサンドバッグでもなければ全ての感情を無限に飲み込むゴミ箱でもないことを教えないといけない。これは幼児的な万能感、からの卒業、母子の精神的な分離がきちんとできていないということであり、甘えてるのね〜とか呑気に放っておいてはいけない。
ばじる@おーるうぇいず崖っぷち @Basil1127
理不尽なこと、納得できないこと、うまくいかないことは人生にはたくさんあって、というよりむしろ理想通りに行くことの方がまれで、その度に母に暴力を振るって自分の万能感を温存することがどれだけ本人にとって危険なことか、周囲の大人は知っておかないといけない。
ばじる@おーるうぇいず崖っぷち @Basil1127
「お前のせいだ!どうしてくれる!」「死んで償え!」とか言いながら激しい暴力を振るっておいてこれで母が大怪我でもして入院しようものなら自分の不安を引き受けてくれる人がいないので泣き言を言いだしたりする。甘えと依存は確かに裏返しであるけれども、だから仕方ないというものでもない。
ばじる@おーるうぇいず崖っぷち @Basil1127
思うに任せないこと、理不尽なことは確かにあるのだけれど、たとえ自分のせいではなかったとしてもその不満や怒りは自分で引き受けていかなければならない。誰かに聞いてもらうとか助言をもらうという形でコーピングできればより良いのはいうまでもない。
ばじる@おーるうぇいず崖っぷち @Basil1127
また"子育てのセンモンカ"みたいな人(先生を含む)がよく「お母さんの愛情に飢えてるのよ。お母さんが大好きなのね!大好きよ〜って抱きしめてあげて❤️」みたいなクソバイスをするんだよ。でもそれで満たされるのはごく幼児期までだと思う。そしてスキンシップが苦手な子も(親も)いる。
ばじる@おーるうぇいず崖っぷち @Basil1127
子どもにとっては残酷な事実になるかもだけど「母の人生は母自身のものであってあなたのものではない」ことにどうやって直面させてあげるか、というのも大事な親の仕事なのではないかな。愛着形成との兼ね合いは確かにあるので言うほど容易なことではないが"無償の愛"幻想からの脱却は必要だと思う。
ばじる@おーるうぇいず崖っぷち @Basil1127
これは母自身にも義務感として生じやすいワナなので(子どもの"問題"はただでさえ母の自責に繋がりやすい)、周囲、特に専門職といわれる立場の人間が積極的にパラダイムシフトを促すくらいでちょうどいいと思う。罪悪感を利用して母を追い詰めたり"母への甘え"で思考停止すべきでもない。
ばじる@おーるうぇいず崖っぷち @Basil1127
ただ"母の愛"至上主義の大人って、自分自身がその幻想にいろいろ仮託してる人も多いように感じていて、それはそれで母的な万能感みたいなもので全て解決できると信じて疑ってないのだろうなとも思う。子どもには母親の愛情が一番!それはその通りかもしれないけど、それで全てが解決するのか?
ばじる@おーるうぇいず崖っぷち @Basil1127
あとこれって、子どものことを母に全被せするってことでもあってすごく危険だと思う。子どもの周りには母親以外の大人は存在しないのか?ってこと。産みの母以外にはできないこと、ってそんなにたくさんは無いよ。つか、母乳あげることだけなのでは(それさえ昔は"乳母"って存在がいた)。

コメント

カイパパ @kaipapa2shin 2018年5月18日
「何でもかんでも受容」その結果「母親が八つ当たりのサンドバッグに」。これは現実に多々あるので危険。
nesi @41sb_nesi 2018年5月18日
逆も言えるよね。「子は親のサンドバックじゃない」自分の人生の叶わなかった願望を子供に押し付けたり、愚痴をひたすら子供に言ったり。むやみに相手の言うことを受け入れる・押し付けることは愛ではないよ。
出汁こんぶ @Asakabelen0s 2018年5月18日
他所の母親をサンドバッグにしていい風潮、誰も突っ込まないが疑問でしかなかったよ。
evacuated_man @evacuated_man 2018年5月18日
あえて受容に絞って言うけれど、僕は子どもが「ああ、私は受容された」と思えるようになるための道が、本当に受容一辺倒しかないとは思えない。僕は母親というか親の愛情信仰が強いけれど、経験上、ボコボコになるのを諌めつつ、その子がそうしたくなった気持ちや考えていることを聴いて、そいでそれを受け止めたり作戦会議したりして、それを試行錯誤して……っていうその過程の中に、自分の気持ちの収め方と共に、情緒的かかわりとか受容が行われていると思ってる。
evacuated_man @evacuated_man 2018年5月18日
受容一辺倒でなくとも、きちんと話を聴いたりその子を観察して、その子の想いを理解した上で対応していけば、強度のある受容された感は作られる。分離は痛みでもあるけれど、分離した上での受容の仕方はある。というかそっちの方を学ばなせないとマズイと思います。
ワーオ @budou_mikan_moc 2018年5月18日
すぐに手が出がちな引きこもりと老親思い出したポヨ
evacuated_man @evacuated_man 2018年5月18日
これって、子どもも「親になるって、どんな理不尽なことでも無条件に受け止めることなんだ、それが大人ってことなんだ」みたいな誤学習にならないかな?子どもが親になった時に、自分の子どもや他人からの暴力を受けすぎたり、逆に親になることを躊躇したりしてさ。「母親」「大人」になるハードルを上げまくってるから。
@nikoneko99 2018年5月18日
わかるわかる。子ども産んだらわかったけど、子どもは親の言うことを聞いてるんじゃなくて親の背中を見てるんだよ。欠点を引き継ぐこともままある。
@nikoneko99 2018年5月18日
でも子ども産むまでは「全部育て方次第でしょ」と思ってた。だから実際育ててない人がそう思うのは無理もないと思う。それをナイフにして世のママを無用に責めない限りは。