編集部が厳選した「いま、みんなに見てほしいまとめ」をイチオシとして紹介しています!グサッと刺さる良質まとめはこちら!
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
消印所沢 @KCin_Tokorozawa
#後世に残したい漫画の名言 「技術試験段階のロケットはトラブってなんぼのもんじゃ!!」 pic.twitter.com/x1esGABwt0
 拡大
しゅにっつぇる (和名:揚げたビーフ) @schnitzel_san
お客さまが来るとなると、まずおんじが張り切って前日から豚骨を煮込み、当日にわたしが製麺するという習慣が出来てしまったので、豚骨味噌ラーメンに超厚切りローストビーフを添えておもてなし。今回おんじは豚骨を煮込むときにホースラディッシュを入れるという実験をしたのですが、これは大成功。 pic.twitter.com/CuWcbeWcIN
 拡大
しゅにっつぇる (和名:揚げたビーフ) @schnitzel_san
おんじが麺を食べたあと「Bessere Konsistenz!」と言って、そうか!「(麺の)コシ」はKonsistenzと言えばいいのか!とものすごい勢いでガッテンする揚げたビーフ。こちらの小麦粉はグルテン含有量ではなく挽いた粒の大きさで区別されるので、様々な種類を配合して麺生地にしています。上手くいった!
しゅにっつぇる (和名:揚げたビーフ) @schnitzel_san
@violloncellist1 真夜中のウィーンからおはようございます。 日本からもって来たかんすい以外は、全て墺産のもので作っています。製麺機のおかげで自宅でラーメンを作ることが出来るようになりました。遊びに来て下さる方から、うちはよく「カフェ・おんじ」と呼ばれているので、ラーメンはおまけメニューですね(笑)
天翔@Elektroboote @Tensyofleet
戦時標準船用、甲50型蒸気タービン。戦標2TLの主機である。三菱広島では終戦までに6基が製作されたとの資料がある。 pic.twitter.com/WrzJ64eFuz
 拡大
天翔@Elektroboote @Tensyofleet
回想によれば、タービンの減速歯車室のフランジ面、要するに歯車カバーの合わせ面だろうが、これを加工する機械がないので動員学生がタガネではつり、ヤスリをかけ、何度もすり合わせを行って加工したという。
天翔@Elektroboote @Tensyofleet
蒸気タービン装備という結果からだけではなく、なぜそれを選定した(あるいは「せざるを得なかった」)かという経過を見ないと、本邦戦標船の評価は難しいように思う。
天翔@Elektroboote @Tensyofleet
甲50型蒸気タービンと減速装置の図面。二気筒に比して効率に劣る単気筒タービンと、過去に採用例のないロックドトレーン式減速装置を使用することになった理由が、当時の事情を示唆するものになるだろう。 pic.twitter.com/1toev78G7x
 拡大
 拡大
天翔@Elektroboote @Tensyofleet
@66av82 艦本式タービンとは何か、三菱式タービンとは何か、という辺りを少し整理されるとよいかと思います。
天翔@Elektroboote @Tensyofleet
@66av82 戦時標準船と呼ばれる船舶が建造された時期は短いものですが、この種の船がいきなり天から降って湧いてきた訳ではありません。それ以前から連綿と続く経緯を見て、各国それぞれの事情と全体像が把握できるものかと思います。
天翔@Elektroboote @Tensyofleet
@ranzosha この工作方法で何台を加工したのかは分かりませんが、なかなかに原始的な手法ですね。
天翔@Elektroboote @Tensyofleet
戦時標準船用、22号水管缶。三菱広島で終戦までに制作された23基のうち、第一号の完成式の写真。 pic.twitter.com/eGc8PGaaRF
 拡大
天翔@Elektroboote @Tensyofleet
22号は三胴型片袖式の水管ボイラで、戦時標準船2A型の一部と第三次戦時標準船の各型に搭載されたもの。位置づけとしては、「円缶の製造が困難になったため急遽制定された」もの。
天翔@Elektroboote @Tensyofleet
こちらが円缶で、戦標1C、2TMに搭載された3号缶。 dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid… pic.twitter.com/NYXtlS0rSf
 拡大
天翔@Elektroboote @Tensyofleet
こちらもなぜ円缶を諦め、戦前日本商船でわずかに十数隻しか搭載例のない国産水管缶(大水管缶及び輸入缶除く)を製造した(あるいは「せざるを得なかった」)のは、先の蒸気タービンと同じ背景。すなわち、当時の日本の限界を示すもの。
消印所沢 @KCin_Tokorozawa
国際インテリジェンス機密ファイル [まぐまぐ!] ◆森嶋通夫『思想としての近代経済学』を読み解く archives.mag2.com/0000258752/201…
消印所沢 @KCin_Tokorozawa
国際インテリジェンス機密ファイル [まぐまぐ!] ◆三木雄信『瞬速プレゼン:孫社長のYESを10秒で連発した』を読み解く archives.mag2.com/0000258752/201…
消印所沢 @KCin_Tokorozawa
国際インテリジェンス機密ファイル [まぐまぐ!] ◆奥山清行『伝統の逆襲:日本の技が世界ブランドになる日』を読み解く archives.mag2.com/0000258752/201…
消印所沢 @KCin_Tokorozawa
国際インテリジェンス機密ファイル [まぐまぐ!] ◆安達誠司『英EU離脱・どう変わる日本と世界』を読み解く archives.mag2.com/0000258752/201…
消印所沢 @KCin_Tokorozawa
国際インテリジェンス機密ファイル [まぐまぐ!] ◆猫組長『実録・仮想通貨の深い闇』を読み解く archives.mag2.com/0000258752/201…
消印所沢 @KCin_Tokorozawa
国際インテリジェンス機密ファイル [まぐまぐ!] ◆中野剛志『真説・企業論:ビジネススクールが教えない経営学』を読み解く archives.mag2.com/0000258752/201…
消印所沢 @KCin_Tokorozawa
国際インテリジェンス機密ファイル [まぐまぐ!] ◆須貝信一『インド財閥のすべて』を読み解く archives.mag2.com/0000258752/201…
消印所沢 @KCin_Tokorozawa
禁断の書『サイレント・インベージョン』徹底解説⑫ 他国の大学で思想闘争を展開する中国。豪大学の『魂』を改造する|奥山真司の地政学「アメリカ通信」 youtu.be/3CVWK34gu1Y @YouTubeさんから
 拡大
残りを読む(301)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする