20

はじめに。

このまとめでは、元総理である鳩山由紀夫さんの意外な一面を紹介します。
鳩山由紀夫さんは東京工業大学助手だった1979年に、専門分野である「オペレーションズ・リサーチ(OR)」によって野球をゲームとして考察した論文を発表しています。
その論文を取り上げた下記の記事を元に、自分なりの解説を加えたまとめとなっています。

↓(日本プロ野球記録統計解析試案「Total BaseBallのすすめ」)
http://www16.plala.or.jp/dousaku/hatoyamaOR.html

鳩山由紀夫さんの論文への直リンクはこちら。
↓(社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会1979年4月発行「経営の科学」24巻4号)
http://www.orsj.or.jp/~archive/pdf/bul/Vol.24_04_203.pdf#search='プロ野球のOR 鳩山由紀夫'

キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
今日は私がフォローしている一人、元内閣総理大臣、鳩山由紀夫さんの凄いところを一つ紹介したいと思います。 題して「鳩山由紀夫さんとセイバーメトリクス」。 野球ネタですが、少しお付き合い下さい。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
鳩山由紀夫さんは東工大助手だった1979年に専門分野である「オペレーションズ・リサーチ(OR)」によって、野球をゲームとして考察した論文を発表しています。 私はその論文を以下の記事で知りました。 ↓(日本プロ野球記録統計解析試案「Total BaseBallのすすめ」) www16.plala.or.jp/dousaku/hatoya…
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
その記事を元に、自分なりの解説を加え鳩山由紀夫さんの凄いところを紹介したいと思います。 鳩山由紀夫さんの論文への直リンクはこちら。 ↓(社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会1979年4月発行「経営の科学」24巻4号) orsj.or.jp/~archive/pdf/b…
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
前置き1 初めに、鳩山由紀夫さんの経歴について。(画像参照) 凄い経歴ですね、戦後日本の首相の中でもトップクラスの学歴でしょう。 pic.twitter.com/Cxw9cqgS55
拡大
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
前置き2 次に、オペレーションズ・リサーチ(OR)について。 ↓(Wikipedia「オペレーションズ・リサーチ」) ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA… ORは、主に軍事分野において研究され発展しました。 現在では経営学、金融工学、生産技術等に応用されています。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
ORの使用例としては、第2次世界大戦中のイギリス海軍によるドイツ潜水艦に対する護送船団方式に見られます。 独海軍の潜水艦(Uボート)に悩まされた英海軍は、ORの手法を用いて輸送船の被害を解析し、輸送船の被害は護送船団の規模でなく、護衛艦の数に依存していることを突き止めました。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
その結果、大きな護送船団を組んで船団の数を減らし、それぞれの船団に十分な護衛艦をつけることによって、輸送船の被害を減らすことができました。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
前置き3 最後に、セイバーメトリクス(SABRmetrics)について。 ↓(Wikipedia「セイバーメトリクス」) ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB… 野球において、データを統計学的見地から客観的に分析し、選手の評価や戦略を考える分析手法です。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
1970年代に、野球ライターで野球史研究家・野球統計の専門家でもあるビル・ジェームズ氏によって提唱されました。 2000年代初頭に、MLBのオークランド・アスレチックスがセイバーメトリクスを取りいれた球団経営で躍進し注目されました。(映画「マネー・ボール」を参照)
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
鳩山由紀夫さんの論文は、日本はもとよりアメリカでもセイバーメトリクスが一般的でなかった時代に、ほぼ同じアプローチで、ほぼ同じ理論を導き出した先駆的研究と言えます。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
ここから、論文の解説に移ります。 鳩山由紀夫さんの論文の構成は画像を参照して下さい。 まず第1章で、1979年当時のプロ野球界の状況と、野球をORで考察するにあたっての前提を記しています。 pic.twitter.com/wAuSP1WI1s
拡大
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
当時のプロ野球界の状況は以下の通りです。 ・ヤクルトスワローズが初優勝、日本一。(広岡監督の管理野球) ・王貞治選手の800号ホームラン。(ホームラン王は山本浩二選手(広島)) ・1978年ドラフト会議前日の「江川事件」。(空白の一日)
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
野球をORで考察するにあたっての前提は、以下の通りです。 ・手計算で論じられる程度まで野球モデルの単純化を進める ・「バントはいかなる状況のもとで行うべきか」「盗塁は効果的な作戦か」等、野球の基本的な作戦に関して考察を加える。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
第2章で平均得点の導入を行っています。 つまり局面に応じて「1イニングに平均何点の得点を挙げることができるか」を計算しています。 単純化するために、画像1のような前提を設定しています。 また、打撃の局面として画像2の24ケースが考えられます。 pic.twitter.com/0bhybgJs8B
拡大
拡大
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
それぞれの局面で打撃結果1~6が発生し、その結果別の局面が発生します。 3アウトになるまで打撃結果1~6と局面の変化を繰り返し、結果何点入ったか集計すれば、それぞれの局面における得点期待値(そのイニング終了までに何点の得点が期待できるか)が算出できます。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
また、1点入った時点で計算を打ち切れば、得点確率(そのイニング終了までに1点入る確率)が算出できます。 理論上は3アウトにならず、延々と攻撃が続く可能性もありますが、各打撃結果の実績値を当てはめる事で得点期待値と得点確率を確定させています。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
得点期待値および得点確率の算出結果は、画像の通りです。 参考にMLBでの得点期待値・得点確率も付けています。 MLBの結果と比較すると、ランナー二塁と三塁、一二塁と二三塁で同じ数値が並んでいることがわかります。 これは、1ヒットで必ず二塁ランナーが生還する前提によるためです。 pic.twitter.com/twyg2VIpaT
拡大
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
第3章では、いかなるときに盗塁すべきかを考察しています。 たとえばノーアウト・ランナー一塁で盗塁を試みると、得点期待値・得点確率は画像のように変化します。 これを見ると、盗塁はリスクの大きな作戦と言えます。 (成功した際の利益よりも、失敗した際の損失が大きい) pic.twitter.com/oGRJWzIRS6
拡大
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
どの程度の盗塁成功確率があればリスクに見合うか計算すると、ノーアウト・ランナー一塁の場合は成功率7割5分となり、盗塁王クラスの選手でないと有効でないと結論付けています。 ただしアウトカウントが増えるほどリスクに見合う成功率は低くなり、盗塁が有効になります。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
第4章では、バントやヒットエンドラン使用の効果について考察しています。 たとえばノーアウト・ランナー一塁でバントを試みると、得点期待値・得点確率は画像のように変化します。 これを見ると、バントは多く得点するチャンスを自ら捨てる作戦であると言えます。 (成功しても得点期待値は下がる) pic.twitter.com/fUjVnmnrlA
拡大
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
但し1点を得る確率は僅かに上昇するため、どうしても1点が欲しいケース(試合終盤で1点負けている)では有効と考えられます。 また現実の野球では、この論文の前提のようにチームの打撃能力が均一ということはあり得ないので、打撃能力が極端に低い選手(ピッチャー等)では有効な戦術と言えます。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
ヒットエンドランについても同様の考察ができますが、データが入手困難なため、あまり触れられていません。 またこの論文の前提では、走者が二塁にいるケースと三塁にいるケースでは得点期待値・得点確率に差が出ないため、走者が二塁の場合の盗塁やバントは意味がないという結論になっています。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
第5章では、四球、本塁打などの重要度について考察しています。 四球、単打、二塁打、三塁打、本塁打の発生確率がそれぞれ増加した場合、平均得点がどれだけ増加するか、実績値を当てはめて計算しています。 結果、各打撃結果の得点への貢献度は画像の通りとなります。(単打を1とする) pic.twitter.com/Tr3ZlZJYBx
拡大
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11
これによると四球は単打0.83本分の価値があり、本塁打は単打2.25本分の価値があると言えます。 本塁打は4塁打のため、単純に単打4本分の価値と思われがちですがそうなっていません。 むしろ、四球や単打は意外に得点に貢献していると結論付けています。 これは現代の感覚とほぼ同じです。
残りを読む(16)

コメント

さとうあきひろ @akihirosato1975 2018年5月20日
ホント世の中には「適材適所」ってあるんやね…(遠い目
木犀劇場 @former_TY 2018年5月20日
政治家じゃなくて学者になってればよかったのかなぁ
reesia @reesia_T 2018年5月20日
道を踏み外さなければ一角の人物になれた逸材だったのではってのはそれ一番言われてるから
遮光昏人 @KREHITO 2018年5月20日
両親・親族一同全員が「政治家には絶対向いてないからやめろ」って猛反対したのに当選した弟が煽るから・・・
いかおとこ @mororeve 2018年5月20日
未来トランクスの世界線にいるような悔しさ。
やし○ @kkr8612 2018年5月20日
政治家を選んでしまったばかりに本人含めてみんなが不幸になったパターンだもの
甘党猫が通りますよ @Future_Men 2018年5月20日
実際に点を取って勝利した(政権を取った)ところはすごかったと思う。問題はその政権で何をしたかったのかというところ…。
おつらら @otsuraraa 2018年5月20日
人間的には「いい人」だったと思う。これで政治家やってなければなぁ。
この同人ゴロめ二度とコミケから出て行け @Akaneko801609 2018年5月20日
一番すごいのはこれだけの経歴が有りながら政治家としては何も銑十郎や近衛文麿以外のゴミと言う事実
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11 2018年5月20日
まとめを更新しました。 「解説」の解説を追加しました。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11 2018年5月20日
otsuraraa 確かに「素直」で「いい人」なんだと思います。素直すぎるのが玉にキズなのかも・・・。
生き残った墺太利伊太利帝国さん @NotAustralia01 2018年5月20日
鳩山さんが「NPBはおろかMLBでも注目されてない時期にセイバーの視点で野球を研究した」ことはこのまとめで分かった 「その視点は間違いなく独自のもので先駆的であった」のも冒頭でリンクされた記事で分かった するとあとは「鳩山さんが学究の徒として優秀であった(優秀になる片鱗はあった)」ことを理解したいんだけど、 それってやっぱり論文の引用回数なのかなぁ 「先駆的な視点さえ持っていれば学者として優秀と言えるんだ」と言うのであれば、ああそうなんだ、だけど
びりぃ@C97日曜日西P11bでした @slowlifeeeeeee 2018年5月21日
なんでも出来る天才が唯一向いてない仕事をよりによって選んだからなぁ
だいすけ @yu_skv719 2018年5月21日
政治家やってなければって言われすぎてて草
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11 2018年5月21日
NotAustralia01 そうですね、学者としての実績が乏しいので、学者として優秀だったかはよくわかりません。 しかし冒頭の記事にもあるように、統計学的見地から野球を解析するという新しい発想に価値を見出し、それを一応の形にした(しかも現代でも通用する部分もある)能力はかなりの物だと思います。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11 2018年5月21日
今思うに、鳩山由紀夫さんは野球の数理解析モデルを作る所までで満足し、そこから先にはあまり興味が無かったのかもしれませんね。 鳩山由紀夫さんの専門は、あくまでもORであってセイバーではないので、自分の作ったモデルで野球を解析し、モデルの改良を行うのは、ビル・ジェームス氏のような野球「研究家」の仕事だと思っていたのかも・・・。
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11 2018年5月21日
しかし、日本では野球「評論家」はいても、野球「研究家」はなかなか現れなかったため、セイバーメトリクスの発展が遅れたのでは、と思っています。
HWS Mk-1 @HWShosii 2018年5月26日
どっかでみた”一番向いてない政治家という分野でさえ総理にまでなった男”って表現は好き。
Kojimasa816(大サトークラスタ&本人喪中開け) @masa95816 2019年3月11日
そのまま学者やってりゃあーだこーだ言われず専門分野の大家になってたろうに・・・
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする