10周年のSPコンテンツ!
5
草間 敬 @KeiKusama
若いMIX師の発言や記事を読むと「いや、それ違うって」と思うこともよくある。カッコよきゃ何やってもOKと言いつつも、エンジニア的観点では結局は電気工学や物理学の理系的な世界だから、明らかな間違い、というのもあります。
草間 敬 @KeiKusama
しかし、そういう若い人の間違いにいちいち目くじら立ててネガティブなツイートしてるおっさんエンジニアもあまり近づきたくない存在ではある。だから僕は「あー、みんな色々考えてるんですねー」と、どっちのツイートも傍観することにしてマウス。
草間 敬 @KeiKusama
僕が書くときは、そういう誤解をうけないように実体験を元にしつつ、注意して書いてるつもりなんですが、世の中にはこちらの意味を真っ逆さまに読み取る人とかもいて(^_^;)あなどれない。

【まずは生音を録ってみましょう】

草間 敬 @KeiKusama
またミックスのツイートしますね。
草間 敬 @KeiKusama
以前、EQ, コンプのお話でしたが、音作りは大抵この二つで行います。しかし全然良い感じにならない!と悩む人は多いかと思います(僕もそうでした)。単純に個々のエフェクトの使い方を勉強するだけでは限界があります。どうやって習得すれば良いかを書いてみます。 #mix考
草間 敬 @KeiKusama
まずは生音(声)を録ってみましょう。話はそれからです。ミックスの話ですけど、録り音が基本となるのは皆さんもご存知かと思います。だからミックスの技術を学ぶ前に、まず良い音が録れるようにしましょう。 #mix考
草間 敬 @KeiKusama
エレクトロな人たちは「なんだそこかよ」と思うかもしれませんが、声入れたりフィールドRecもしますよね。あとシンセの音作りについては録音の考え方がとても役立つ(というか同じ)のでオススメですよ(^o^)。
草間 敬 @KeiKusama
録ってみると、当然の事ながら自分の理想とするような音では録れません。じゃあ、その理想の音って何だ?!音作りの勉強は「録ってみた音」と「理想の音」の差を埋めるための技術なのです。だから色々音楽を聴いて、自分の中で理想の音はコレ!と思える事も超重要です。 #mix考
草間 敬 @KeiKusama
必然的に音楽をいっぱい聞く、というのも大事になってきますね。これは理想の音を見つけるためだけではなく、ミュージシャンから「〜な感じ」と言われて、あーそれだったらこういう感じかな?、と感覚を共有できる能力は職業音楽家、エンジニアにとっては重要です。 #mix考

【録音概論】

草間 敬 @KeiKusama
生音を録ろう!と書いたし、録音のお話をしましょう。この辺りはサンレコなんかにも分かりやすく書かれてたりしますが、プライベートスタジオ全盛の今、過去の良い知恵が薄れてる感じもします。でも明らかに時代遅れだと思う慣習もあります。 その辺も含めて私感を書いておきます。 #mix考
草間 敬 @KeiKusama
まずは道具を用意しましょう。とりあえずマイクとマイクプリアンプが必要です。マイクプリアンプは「HA」(ヘッドアンプの意味)と言うとプロっぽいです(これこそ時代遅れな慣習笑)。以前は高級品ばかりでしたが、今は安価なものでも十分使えるものが多いです。 #mix考
草間 敬 @KeiKusama
「高級品じゃないと良い音が録れないよ」というのも、時代遅れな慣習の一つだと思います。 とはいえ、高いものにはやっぱりそれなりの良さもあります(この辺は後日)。でも、駆け出しの頃、素晴らしいエンジニアがSM57使ってて「こんな音録れちゃうの?と」驚いた人も多いはず。 #mix考
草間 敬 @KeiKusama
僕は小西さんの録った音聴いて「すげぇ!」と驚きました。 さらに、その音にメサブギーのディストーションかけてて、さらにビックリしました笑
草間 敬 @KeiKusama
では、SM57でスゴい音を録っちゃうエンジニアは一体、何をしてたんでしょう?。 1) マイクの立て方が良い 2) HAのゲイン設定が良い まずはこの二つ。生音を聴き、これらをササっと音楽的に良い塩梅にセットします。この辺は経験がモノをいう部分です。 #mix考

【なぜHAのゲイン調整が大事なのか】

草間 敬 @KeiKusama
マイクの立て方については後ほど詳しく書きますが、僕はHAのゲイン調整というのも、同じくらい凄ーく大事なポイントだと思っています。ダイアル合わせるだけでしょ?と思われるかもしれません。でも、ここを適正なレベルにする事で、後の回路を通るときのS/N比や歪率が変わってきます。 #mix考
草間 敬 @KeiKusama
大きめの音で録るとノイズも少ないし。ちょっとドライヴがかかってアツい音になります。でもあまり大きすぎるとドライヴしすぎて、悪い歪みになる可能性も出てきます。またその後につなぐ機材の悪影響も考えないといけないので、むやみに大きくする必要は無いと思います。 #mix考
草間 敬 @KeiKusama
HAのゲインを上げた時、音はどうなって行くか?周囲の反応と一緒に表にしてみました笑。上に行くほどゲインが高い状態です。音が良い感じになるからと言って、むやみに上げ過ぎちゃうと失敗するチキンレースみたいな感じです(^_^;)。 #mix考 pic.twitter.com/EWlWTvyVXQ
拡大
草間 敬 @KeiKusama
ゲインがオーバー気味だと倍音を付加され良い感じの音になるわけですが、それが過ぎれば今度は逆に歓迎されない「ひずみ」になってしまいます。(大歓迎の人も僕の近くに何人かいますけど) 絶妙のポイントを探すのはマイクとHAの特性を熟知して得られる技と言えるでしょう。#mix考
草間 敬 @KeiKusama
結局「場数を踏め」という話になっちゃうので、どうやったら習得できるかも書きます。まずはとにかく歪まないようにさせましょう。そして同じ楽器(声)を録る時、もうちょっと冒険して上げてみましょう。それが良い感じだったら、次はそれをデフォルトにしましょう。 #mix考
草間 敬 @KeiKusama
あと、スピーカーの話の時と同様、「マイクやHAを使い込んで慣れる」というのも重要です。僕はVintech X73というのをVo Recでいつも使っています。これならばボーカリストの声量でどの辺にセットすれば良いかすぐ分かってるので、最近はそんなに失敗しません。 #mix考

【マイクの選び方】

草間 敬 @KeiKusama
そういえばミックスツイート、マイクの立て方の話の前で止まってた。来週、若き音楽家とRecするから、そこで質問されたところを書くネタにしよう(^o^)。
残りを読む(44)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする