ライトノベル作家・扇智史の掌編「リペア」

関連: ライトノベル作家・扇智史のつぶやき掌編「あのバカの長き不在」 http://togetter.com/li/143991
5
バーチャル後方見守り女/扇智史 @o_g_s_t_

雨が憂鬱な理由は人それぞれ。あたしたちの場合は、ガレージに戻ってきた機体の脚部装甲が泥まみれになってて、それを洗浄するだけで日が暮れてしまうことだ、比喩じゃなく。「こっち終わったー!」班長の叫びに答えて「こっちも終わりましたー!」大声出さないと、放水の音に負けてしまう。

2011-04-12 22:10:53
バーチャル後方見守り女/扇智史 @o_g_s_t_

少しだけ雲間に見えた夕陽も、もう沈んだ。照明灯の白色光の下、「よーし、中に移動!」「了解!」班長の声に、隊員がいっせいに応じる。装甲板は外壁に立てかけ、自然乾燥を待つ。明日の朝には、錆が浮いてないか確認する必要がある。また早起きしなくちゃならないってことだ。

2011-04-12 22:13:26
バーチャル後方見守り女/扇智史 @o_g_s_t_

「それじゃ、八番機と十二番機に分かれて!」「了解!」あたしは八番機のむき出しの脚部に貼り付いて、電機系のチェック。泥まみれの装甲より、雨水でショートしかねない配線の方が、ずっと危険だ。万一整備不良があれば、最悪、死亡事故まで起こりうる。細心の注意を払って、作業は行われる。

2011-04-12 22:14:53
バーチャル後方見守り女/扇智史 @o_g_s_t_

「まーさん、大丈夫ですか? 顔が土気色ですよ」とはいえ、雑談の余裕くらいはある。横から話しかける後輩をにらみつけ「そりゃ、こんだけずぶ濡れになったら寒くもなるよ。てか、その呼び方やめてよ」「えー、かわいいじゃないですか」「何か変」「私的には馴染むんですけど」

2011-04-12 22:16:22
バーチャル後方見守り女/扇智史 @o_g_s_t_

他と違って、整備の生徒はあまり上級生を過剰に敬わない。あたしたちが一番大切にするのは、目の前の機体だからだ。「でも、確かに放水洗浄は参りますね。作業服まで泥だらけですよ、まーさん」「あんたもね」装甲板から洗い落とした泥は、今度はあたしたちにこびりつくのだ。

2011-04-12 22:17:49
バーチャル後方見守り女/扇智史 @o_g_s_t_

「で、まーさん」後輩は服についた泥をハシゴの下に落としながら、上の段に座ったあたしを見上げてくる。「ほんとは、何でですか?」「……寝不足なのよ」「あの人と、また何か?」「……まあね」あたしが眠れないほどの問題なんて、同室のあいつのこと以外ない。

2011-04-12 22:19:52
バーチャル後方見守り女/扇智史 @o_g_s_t_

「また噂になってましたね、生意気な下級生をぶっちめたとか」「シメられかけたらしいけどね」青あざこさえて、部屋に帰って来るなり、壁をぶん殴っていたのを思い出す。有名な上に、一挙一動がいちいち騒ぎになる。本人は凡人を気取ってるが、傍から見れば紛れもなくトラブルメーカーだ。

2011-04-12 22:21:14
バーチャル後方見守り女/扇智史 @o_g_s_t_

「で、まーさんはどうしたんです?」「ちょっと話を聞こうとしたら、朝までつき合わされた」「大変ですねー」「部屋から放り出して、保護者のとこ連れてってやろうかと思ったよ」二人して笑い、ハシゴを登る。上半身はさすがにもう乾いているが、装甲についた模擬戦の傷跡は生々しい。

2011-04-12 22:23:14
バーチャル後方見守り女/扇智史 @o_g_s_t_

「実際そうした方がよかったんじゃないですか? まーさんが寝不足になることなかったのに」「そうなんだけどさ……」機械と違って、あいつは自力で助けになる人を探して、立ち直れる。それが分かっているのに、部屋の隅で三角座りしているあいつに、つい声をかけてしまう。

2011-04-12 22:25:12
バーチャル後方見守り女/扇智史 @o_g_s_t_

「恋だな」いきなり頭上から班長の声が降ってきた。「それは恋だ、まーよ」「何言ってんですか班長、あとその呼び方もやめてください」「かわいいのに」班長も美的感覚がおかしい。整備の連中は変わり者ばかりだ。「別に恥じることはない、女子同士の恋愛なんて珍しくもないし」

2011-04-12 22:26:58
バーチャル後方見守り女/扇智史 @o_g_s_t_

「そういう問題じゃないです」胸苦しいとか、切ないとか、その類の感情とは無縁のあたしだ。あいつが苦しんでる時に、それを共有してしまうような切迫感。それを恋と呼んでいいのか、よく分からない。「だいたい、恋だからいい、ってことでもないでしょう」「冷たいな、まーは……」

2011-04-12 22:29:00
バーチャル後方見守り女/扇智史 @o_g_s_t_

「悪かったですね」恋だから、ひどく不器用で不合理な立ち居振る舞いをしても許される、ってことはないと思う。「でも、冷たいくらいでないと、やってけないでしょう」機械を扱うってのは、特にそうだ。恋や愛でマシントラブルがなくなるんなら、誰も苦労しない。

2011-04-12 22:30:57
バーチャル後方見守り女/扇智史 @o_g_s_t_

そう考えてしまうあたしも、やっぱり整備の生徒らしく、ずれてるんだろう。あいつに限らず、戦術や操機の連中はみんな恋に生きてるように、あたしには見える。「あいつらと迎合して、色ぼけるつもりはないです。そうやって周りが見えなくなるから、練習機を壊して帰って、平気な顔して」

2011-04-12 22:32:58
バーチャル後方見守り女/扇智史 @o_g_s_t_

「気持ちは分かるけどな、まー」班長は苦笑いして、ハシゴを下りてくると、あたしの頭を軽く撫でた。「彼女らはそうやって、感情をむき出しにするから強いんだし、こんなデカブツだって操れる。私たちには、一生かかっても無理な仕事だ」「……ええ、まあ」

2011-04-12 22:34:42
バーチャル後方見守り女/扇智史 @o_g_s_t_

「で、そういう連中がいなきゃ、私たち整備屋の仕事もなくなる。持ちつ持たれつ、だよ」「はい」うなずきながら、あたしは自分の気持ちが少しほぐれるのを感じる。そして、気づく。「けど、日常生活まで同じ関係を持ち込むことはないですよね」あたしにとって、あいつは機体だった。

2011-04-12 22:36:11
バーチャル後方見守り女/扇智史 @o_g_s_t_

壊れた機体がガレージに戻ってきたら、ほっとけない。それだけのことだ。たとえ、もっと上等なレストアが必要だったって、とりあえず手元にあるもので何とかする。そんな発想で、毎回あたしはあいつに話しかけていたんだ。「そっか、あたし……あいつを直したかったんだ」

2011-04-12 22:37:46
バーチャル後方見守り女/扇智史 @o_g_s_t_

あたしのつぶやきに、班長と後輩は、二人揃って噴き出した。「な、何よ!」「ははは、いや、まーらしいよ」「まーさん、苦労しますよ。相手はじゃじゃ馬ですからね」褒められてんだか、バカにされてんだか。「けど、そんなふうに、変に責任感持つものじゃないぞ。相手は人間だ」

2011-04-12 22:39:29
バーチャル後方見守り女/扇智史 @o_g_s_t_

目の笑ってない笑顔を浮かべ、班長はむき出しのケーブルに触れる。「今は機体が壊れるだけだがな。この先、前線の連中はみんな壊れるかもしれない。そうしたら、ガレージには帰ってこないんだ」「……ええ」「そんな時に、空っぽのハンガー眺めてたら、こっちまで壊れちまうよ」

2011-04-12 22:41:34
バーチャル後方見守り女/扇智史 @o_g_s_t_

いつかはそんな時が来ると、可能性として、理解してはいる。部屋の隅っこにも、ガレージにも、訓練場にも、どこを探してもあいつの姿がなくなる時間。「……大丈夫ですか、まーさん」「……平気」あたしの薄暗い声は、しかし、屋内の喧噪に紛れて消えていく。

2011-04-12 22:43:47
バーチャル後方見守り女/扇智史 @o_g_s_t_

今はまだ、あいつもここにいる。なだめて、すかして、蹴飛ばして、そんだけのことで直してやれる。あたしたちに出来るのはせいぜいそこまでだけど、いつか、その一手間が、あいつを救うかもしれない。たった一つのネジを換えることが、機体と操縦者を救うことになるように。

2011-04-12 22:45:38
バーチャル後方見守り女/扇智史 @o_g_s_t_

「でも、あたしたちが助けてやってばかりじゃ、不公平か」深刻な未来予測を吹き払うみたいに、あたしはわざとらしく大声で言う。「たまには、あいつにも何かしてもらわないと……作業服の洗濯とか」「そんなんでいいんですか?」「そんなのがいいんだよ」あたしは片目をつぶる。

2011-04-12 22:47:35
バーチャル後方見守り女/扇智史 @o_g_s_t_

「あいつらはキラキラしすぎだから、たまには地味できつい仕事するくらいでちょうどいいのさ」「そうかもな」班長は微笑み、「さ、無駄口は終わり、もう一踏ん張りだ」「了解」声を掛け合って、あたしはまた配線とにらめっこだ。無茶な機動で切れかけた線を、丁寧に繋いでいく。

2011-04-12 22:49:16
バーチャル後方見守り女/扇智史 @o_g_s_t_

「あーあ」と、後輩がつぶやく。「まーさん、一生ものの仕事、受けちゃったわけですね」「何で?」「機械なら、時間かければ何とかなりますけど……」「ああ、なるほど」後輩の言葉を先回りして、あたしは苦笑い。「確かに、一生ものだ……バカは死んでも直らない」

2011-04-12 22:52:16

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?