【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!

明治にドイツ女性と結婚した留学生・長井長義の話~もう一つの「舞姫」や「マッサン」(ヤスキハガネ氏)

今だって国際結婚は色々大変。それが明治時代、特に西洋の女性と…となれば、関係者や実家と様々な摩擦が生じ、うまくいかないこともあります。それを描いたのが森鴎外「舞姫」ですね。しかし、それでも愛を貫き、幸せな家庭を築いた「もうひとつの舞姫」の実例があります。それが「エフェドリン」発見者・長井長義氏。歴史に詳しいヤスキハガネ氏が、twitterでその生涯を紹介。さらに「舞姫」の背景なども
歴史 マッサン 国際結婚 長井長義 明治時代 舞姫 ドイツ 伝記 評伝 医学 森鴎外
10237view 11コメント
34
ログインして広告を非表示にする
ヤスキハガネ @wiener_kongress 2018-05-24 20:40:15
森鴎外が書いた舞姫がバッドエンドでなくて、ハッピーエンドになったらどんな感じだったんだろうと学生時代ぼんやり思っていたんですが、明治初期にドイツに留学して現地の女性と結婚して2人で帰国し日本薬学の父と言われた長井長義という人がいたことを最近知ったのでもっと広まってほしい pic.twitter.com/uLZMhbVeMO
 拡大
 拡大
ヤスキハガネ @wiener_kongress 2018-05-24 21:30:56
長井長義の家族の写真をもう一つ。真ん中にいるのが長義。左にいるのがケルンで結婚した妻のテレーゼ・シューマッハ。後ろにいるのは子どもたちで、左から次男の維理(ウィリー)、長女のエルザ、長男の亜歴山(アレキサン)です。なんか森鴎外の子どもたちと似たような命名ですね・・・。 pic.twitter.com/pDaOf8ptYb
 拡大
ヤスキハガネ @wiener_kongress 2018-05-24 21:50:45
こっちは若い頃の長井長義。明治3年、27歳でのドイツ留学前に浅草に店を構えて当時東京一の写真屋と呼ばれた内田九一に撮ってもらった写真です。写真の下に「源朝臣」と書いてあるのですが、本当に源氏の子孫なのかめっちゃ気になる pic.twitter.com/m5Aj0q4Krt
 拡大
リンク Wikipedia 1 長井長義 長井 長義(ながい ながよし、1845年7月24日(弘化2年6月20日)– 1929年(昭和4年)2月10日)は日本の薬学者。号:朴堂。エフェドリンの発見者。日本薬学会初代会頭で、日本の近代薬学の開祖である。阿波国名東郡常三島村薙刀丁出身(現在の徳島県徳島市中常三島町2丁目)。明治時代における日本薬学の進展に寄与した。漢方薬の研究と成分抽出は特筆すべき業績である。マオウ属(麻黄)..
リンク www.aozora.gr.jp 1 user 森鴎外 舞姫
田代信久/白黒乃犬 @R103103 2018-05-24 20:55:11
@wiener_kongress ちょっと後の世代では 外務大臣になった東郷茂徳も奥様はドイツ人ですし,経済学者大塚金之助もたしか奥様はドイツ人だったと・・・
daideramone @daideramone 2018-05-24 22:00:34
@wiener_kongress 明治・大正期の外交官・青木周蔵もですね。日本にいた妻を離縁して留学先で知り合ったプロイセン貴族の令嬢と結婚しています。貴族といっても、外交官が外国女性と結婚するのは何かと大変だったようです。
絵式部 @kz20121101 2018-05-25 09:33:06
@wiener_kongress こんにちは、長井長義は、女子の高等教育に理解があり、丹下ウメや黒田チカなどの女性科学者を育てた人ですね。教え子のほうが有名ですが、長井の功績は大きいと思います。もっと知られてほしい。
@M_AntoinetteJLF 2018-05-25 11:12:19
@wiener_kongress え、奥さんドイツ人だったの?長井長義
ヤスキハガネ @wiener_kongress 2018-05-25 12:31:29
昨晩の長井長義とテレーゼのツイがえらく反応いただいているみたいなんですが、何も宣伝するものがないのでどうしたものか
ヤスキハガネ @wiener_kongress 2018-05-25 12:49:07
長井長義とテレーゼの話が朝ドラに向いてる要素挙げるなら、 ・長義の長崎留学中の下宿先は上野彦馬の写真館だった関係で、大久保利通や坂本龍馬など幕末の志士たちと顔見知りだった ・日本初の女性化学者の黒田チカや初の農学博士の丹下ウメなどの教授として有名 ・バニリンの発見 とかでしょうか
HKmoviefan☂ @HKmoviefan 2018-05-25 12:51:51
@wiener_kongress 朝ドラ化ケテーイ!主演はやはりシャロやんやろか…?(またかい!) #マッサン
アーサー・カックラキン @l_az8 2018-05-25 13:26:20
@wiener_kongress FF外から失礼いたします。 武士階級の場合、家来は主君と同じ姓を名乗ることがあります。 蜂須賀家が幕府資料では源氏になっているそうなので、そのため源朝臣になっている可能性があるかと思います。
谷田貝茂雄 @yarigaikun 2018-05-25 17:27:21
@wiener_kongress 私の母校の第六代校長先生で血圧を上げる「エフェドリン」を発見した人です♡ pic.twitter.com/1nrLgMjJ9i
 拡大
うらうらら @uraula 2018-05-25 17:31:42
@wiener_kongress 時代を下ると、源朝臣は「由緒ある武士ですよ」ぐらいの意味だったかと。
鬼月 @_Oniduki 2018-05-25 17:33:33
@wiener_kongress 鼻や喉に弱い方にとって救世主、エフェドリンもこの方ですし、いや本当、素晴らしい。
ヤスキハガネ @wiener_kongress 2018-05-25 17:45:44
@l_az8 リプライありがとうございます、主君の蜂須賀家にならって長井の家も源朝臣を名乗っているということなんですね。非常に興味深いです!
アミ @suwatanabe 2018-05-25 21:20:11
@wiener_kongress 舞姫の主人公と同じ境遇にありながら、エリートの道を放棄してドイツに永住した留学生もいたのです。同僚達は別れるように促しても拒絶したとか。この件は「国際結婚第一号―明治人たちの雑婚事始 (講談社選書メチエ) 」に書かれています。
ヤスキハガネ @wiener_kongress 2018-05-25 21:21:33
リプライで青木周蔵とか東郷茂徳もドイツの人と結婚したよねというお話も寄せていただいたのですが、長井長義の場合は森鴎外と同じ代々の医者家系で医学のためにドイツ留学してるところが非常に似通ってポイント高かったので取り上げました twitter.com/wiener_kongres…
ヤスキハガネ @wiener_kongress 2018-05-25 21:27:18
長義が結婚することになったのは、留学先のベルリン大学でドイツ化学の先頭を走るような活躍をしてたために大学としては手放したくなかったので、「ドイツで結婚してもらったら日本に帰国しないのでは」という思惑で周りがテレーゼと引き合わせたのではという感じっぽいですね
ヤスキハガネ @wiener_kongress 2018-05-25 21:33:17
長義の凄いところは、今と比べて交通手段が発達してないのにテレーゼと結婚すると決めたら一旦1人で日本に戻って実家とか問題を解決した後でドイツに戻って結婚式を挙げ、また日本にテレーゼと一緒に帰ってくるということを何ヶ月もかけてやり遂げたのでもうそれだけで凄い人です
残りを読む(58)

ブックマークしたタグ

あなたの好きなタグをブックマークしておこう!話題のまとめを見逃さなくなります。

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2018-05-27 03:01:18
@wiener_kongress 氏はじめ各氏に多謝 誰でも編集可能です
亞俄蛇 @agata_agahta 2018-05-27 03:53:39
このまとめで感動した人は過去の恋愛ゲームの名作『みつめてナイト』をプレイしてみよう! ルートは必ずライズルートだぞ! ニコニコあたりにプレイ動画も出回ってるので面倒臭い人はそれで。
亞俄蛇 @agata_agahta 2018-05-27 04:10:22
なお、『二股』、『修羅場』という概念を恋愛ゲームに持ち込んだのも『みつめてナイト』が初めてだと思われます。
bluemonkshood @bluemonkshood 2018-05-27 09:21:59
麻酔科医、脊椎麻酔(現在は正式には脊髄クモ膜下麻酔)をする外科医には、昇圧剤として、知らない人はいないエフェドリンですが、https://www.maiple-medical.com/products/detail.php?product_id=39045 「エフェドリンナガヰ」という商品名の「ナガヰ」は発見者の長井先生にちなんでいると教えられました。
bluemonkshood @bluemonkshood 2018-05-27 09:31:39
http://www.toku-seiyakukyo.jp/history/nagai.html 「エフェドリンナガヰ」の歴史。長井先生が麻黄から抽出したエフェドリンを発見し合成して、いまだに医薬品として、現役に使われているってすごいですよね。
saebou @Cristoforou 2018-05-27 11:30:34
鷗外の相手のエリーゼ、素性や階級はどうなってるんですかね?『舞姫』だとおそらくエリスのほうがかなり階級が下(それがあの小説のポイントのひとつ)ですが、小説のほうはかなり盛ってるのかな?竹鶴リタや長井テレーゼはたぶんミドルクラスの教育がある女性ですよね。
眼鏡猫 @scope_cat 2018-05-27 13:22:16
六草 いちかさんという人が「鴎外の恋 舞姫エリスの真実」 https://www.amazon.co.jp/dp/4062167581/「それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影」 https://www.amazon.co.jp/dp/4062185954/ という本を上梓しているようですね。…。いや、まだ読んでないんですが…。1953年と、わりと最近まで生きてらしたようです。>エリーゼさん。
眼鏡猫 @scope_cat 2018-05-27 14:02:45
あと、林尚孝さんという人が、 http://ntk884.blue.coocan.jp/ 鴎外は結構本気でエリーゼと結婚するつもりで彼女と示し合わせて日本に同時期に帰国したんだがおぼっちゃまだったので上の決めた縁談に逆らえなかったんだとする説を提唱していてこれも興味深く読みました。どこまで本当かはわからないんですけどね~。
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2018-05-27 19:14:35
日本語だと五石散みたいな響き<亜歴山
渋谷ぷらぷらランチ @shibuyapurapura 2018-05-27 23:40:48
渋谷にある日本薬学会長井記念館のカフェレストランの店名が「テレーゼ」なのはそういう理由だったのか…!
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2018-05-28 06:12:21
ヤスキ氏@wiener_kongressが、さらに補足のツイートをされているので追加収録しました
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする